お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

開運お寺カフェ

名称 開運 お寺カフェ

日時 5月29日(月)10時30分〜16時

(入退場時間は自由)

場所 厚木市長谷1288番地 長谷寺 本堂

主催 お寺カフェ 実行委員会(みんなのえがお応援団)

連絡 たぶんここ

費用 千円(参加費=お茶やお茶菓子会場費含)

内容 お茶をのみながら ゆっくり 

各種セラピーやワークショップを楽しむイベント

昼食 各自持参(又は予約注文できます500円)

ON001.JPG

お問合せ・ご相談はこちら

DSCF7113.jpg悩みの相談、葬儀の方法、先祖供養について、

わからない点やご相談などございましたら、

お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

  • ご先祖様への供養はどうやるの?
  • 私のお葬式お寺でできるの?

  ● 人生をたのしみたい。

  ● 今日、だれとも話しをしていない。

  ● なんかつまらない。

         このようなお悩み相談でも結構です。

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 046-247-7884
受付時間 : 9:00〜17:00(法務優先の為何度かかけてください)
担当 : 住職(加藤英宗)

お問合せフォームはこちらへ

 


 

長谷寺蓬莱山倶楽部

倶楽部?


↓ ここから下は更新したページが「順次」表示されています ↓

2017年05月21日

何が出来るの?

高校生になったお兄ちゃんに質問されました。

パソコンは何ができるの?

と。

 

その場では、答えにつまりましたので、

あらためて、一人で考えてみました。

出た答えが、「秘書」という単語でした。

何か依頼をすると、清書してくれたり

何か探し物をすると、調べてくれたり

考えをまとめる協力をしてくれたり

忘れないように、覚えておいてくれて

一日の予定を正確に教えてくれる。

最近は少なくなりましたが、突然ダダをこねて

フリーズをしたりします。

 

小学校、中学校 高校 までは手書きが優先されます。

しかし、大学や社会人となると、提出物のほとんどが

パソコンなどで清書された、印刷物(またはメール)

 

私自身が学生の頃、残念なことに記憶力の弱さから

成績をとることができなくて、普及以前だった

パソコンに憧れを持ち続けた時代でした。

とても高価で、デカくて、融通の利かない機械でしたが

こんな世の中になるとは想像もできませんでした。

 

現代は携帯電話の性能が向上し

大半の事は、置き換えられてきましたが、

やはり、パソコンの効能は十分にありますので、

高校1年生から、自分なりのパソコンの活用方法を

習得してもらいたいと考えています。

 

自分用にパソコンという「秘書」を持つ。

一日は24時間。この時間を有効に活用する方法として

パソコンに分担して やっていただく。

そんな 用法を お兄ちゃんに伝えました。

 

人々の心を豊かで活力あるものにするために。

(スターバックスのミッションから)

2017年05月20日

目標

個人の目標

好きで 得意なことを 何か人の為にんなること。

自分に何ができるのか、

何を目標にできるのか。

 

どんな仕事でも

喜んで引き受けてください。

やりたくない仕事も、

意に沿わない仕事も、

あなたを磨き強くする力を

秘めているからです。

稲盛和夫

2017年05月19日

やりきり

IMG_3513.jpg

井戸ほりの失敗は心に響いてしまい

HPが停止しておりましが、

諸先輩からの助言により、抜く方法の指導をいただき、

実際にやってみました。 脚立を使い、チルホール

引き上げるという方法。 

手動で最大800キロ引くことができる装置で

おそらく500キロ程で引いたところ、

堀鉄管の 中間より破断し抜けてきました。

 

 

IMG_3517.jpg

これ以上の方法はなく、十分にやり切った感と共に

心を整えることができました。

2017年05月13日

とまる

一旦 終了。

 

井戸ほり ですが、5月12日

をもちまして、一旦 終了です。

 

地質が変わり、土の感触が硬くなったため

撞木を採用。今までの速度の数倍で

掘削が進み、撞木の位置を頻繁に

移動させていた最中のことです。

 

通常は、管をすべて駐車場に露出した状態で

調整をしていたのですが、あまりの推進速度で

官を、入れたまま、30センチほど浮かせた状態で保持し、

撞木の場所の調整を行い、 掘削を始めたのですが、

締めつけが少し弱かったので、再度 ネジを締める

浮かせていなかった、10秒間 

 

掘り鉄管の部分が抜けなくなってしまいました。

地下7メートルの地点です

 

その後2時間の格闘の末、

断念。

 

新たに、掘削部分を作成する所から始まりです。

練習 1回目は、これで終了。

 

いろいろと、経験を積むことができました。

大切な経験と 掘れる!という事。

 

次回(練習2回目)、

いつから始められるか 未定でございます。

2017年05月11日

遠くへ

IMG_3182.jpg

友人からおくられた お人形さん

このたび、遠くに引っ越すこととなり

御供養をつとめることになりました。

 

2017年05月11日

印 18年超

IMG_3356.jpg

18年を超えても

ユーザー車検です。

 

2日前には、泥地の点検もこなし

IMG_3329.jpg

(うーん、サスペンションストロークが短いから

リアタイヤが高々と持ち上がってしまう・・)

 

前日には、全力で下回りの洗車につとめ

無事に検査を合格することができました。

 

日本の車はとにかく丈夫です。

2017年05月10日

堀器修理2

IMG_3365.jpg

えーと。逆止弁

再度、壊れました。

プラスチックの厚み不足と

接続部分の銅線の硬さが原因か?

写真で言うと、左側の部材に取り付けて

いたのですが、右側の部材に

取り付けを変更しました。低価格な

素材として 4ミリの合板を適当な形に

加工して、銅線で取り付けたのですが、

引っかかるようで 逆止弁としての

動作が安定しないので、「ひも」に変更してみました。

IMG_3366.jpg

そして ひも を むすぶ のが

難しそうだったので、

リングスリーブを使って

圧着することにしました。

これで、地下に落とす可能性は

すくなくなるハズです。

2017年05月09日

はしら?

IMG_3357.jpg

お散歩は 夕方になってから。

という季節が近づいてまいりました。

涼しい頃は、わんこの足の裏にも

やさしいのです。

さて、毎回、ごみ が、どこにあるか?

と、わんこ を見ないで、違う場所

ばかりみている私は、ひょっ! と、

新しい場所を見つけてしまいました。

IMG_3361.jpg

暗かったので、画像処理で明るく見えておりますが、

実は、かなり暗くなってから撮影。

もう、おわかりのように、フェンスの

IMG_33610.jpg

柱が ほとんどありません!

これは、完璧なる。お散歩 わんこ が

作用していると、感じた次第です。

 

普段、気にしない場所が、意外と劣化している事があり、

保護するはずのフェンスも、意外と もろ くなっている事も

あります。 

 

知らないということ、おしゃかさまは、無明(むみょう)と

言い表しました。明らかになっていない こと。

または、すでにあるのに、見えていない事。

 

人生の道を 明らかにすることは、楽しいことでもあります。

わんこの 散歩も たのしいのです。

2017年05月08日

静音録

IMG_3355.jpg

静寂につつまれる長谷寺の本堂の奥で(地下で)

繊細な音色の録音会が開催されました。

2017年05月08日

旅ではない旅

IMG_3342.jpg

 

旅ではない旅は

 

自宅で手にした一冊

さっと開けたページが

今の自分を写す

 

さあ、腰を

おろしていないで

 

次の一歩を 踏み出そう

▲このページのトップに戻る