お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

お問合せ・ご相談はこちら

DSCF7113.jpg悩みの相談、葬儀の方法、先祖供養について、

わからない点やご相談などございましたら、

お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

  • ご先祖様への供養はどうやるの?
  • 私のお葬式お寺でできるの?

  ● 人生をたのしみたい。

  ● 今日、だれとも話しをしていない。

  ● なんかつまらない。

         このようなお悩み相談でも結構です。

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 046-247-7884
受付時間 : 9:00〜17:00(法務優先の為何度かかけてください)
担当 : 住職(加藤英宗)

お問合せフォームはこちらへ

 


 

長谷寺蓬莱山倶楽部

倶楽部?


↓ ここから下は更新したページが「順次」表示されています ↓

2017年02月23日

2902禅

実に、このお寺の電気スイッチは不可解です。

消そうとすると、別の所がつきます。(笑)

坐禅の前に東司(トイレ)までの通路の

電気をつけると、なぜか消せなくなる

直観的には消せない

微妙な場所にスイッチがありまして、

今回は、廊下の電気が点灯した状態で つとめましたが

これも、また良いものです。

IMG_0689.jpg

障子の不思議さ、部屋を仕切れるけれども、

あかりが届く。

常にみていると、もっと使える方法があるはずなのに

まだまだ、楽しみつくせていないことのひとつです。

 

IMG_0690.jpg

身を調えることは、案外むずかしいことです。

こうして写真でみていただき

各自が自分で調整するのも

また 一つの方法

 

IMG_0691.jpg

 

おわりましてから、 座談会ですが、

午後7時から午後9時までの座禅会ですが、

はじめの40分が坐禅で

のこりの80分は座談です。 

 

囲炉裏にあこがれて創った手作りの火鉢の炭で

おもちくださった おもち をあぶって

いただきました。

 

禅の後で 火力が落ち着き(弱って)すぎていて

それこそ、ゆっくりと、膨らむ姿をみながら

 

おはなしをいただきました。

これが、80分。あっという間に

すぎてまいります。 

 

一カ月に 一度の座禅会。

坐禅は自分をみつめなおす時間。

できたこと、できなかったこと

こころのもやもやも

かくにんしてみる。 

 

7人 7色。普段の普通の生活も

他人にとっては、ものすごく新鮮な事で 

悩みをポンとうちあけてみたり、

納得できないことを話してみたり

それをサラッと受けて答えたり。

 

こんなことやってみた、または

こんなことをやってみたい。

 

御自分へのご褒美が 

長谷寺の ざぜんかい 

2017年02月20日

優心

IMG_0681.jpg

御実家で ながくしまわれていた おひなさま

今は、住む人もおられなくなり、

今回、ご供養をつとめさせていただきました。

 

人生 山あり、谷あり。

思うとおりに行かないことも多いですが

できることを、ひろげる練習を

おひなさまたちは、

たくさん 

応援してくださいました。

 

ばーちゃん の想いと

おひなさま。

 

ご供養をさせていただきました。

 

ものを粗末にしない ことは

自分を粗末にされないこと。

あなたの優しき「こころ」を

どうぞ大切になされてください。

2017年02月19日

gazou

自分の知識がやっとここまできた。

出来るハズの事が出来なかったけども

あきらめ ないで、続けていれば

やがて できるようになる

 

はず。

携帯電話のカメラで撮影

すると、アプリが勝手に合成

全天球の撮影ができました。

 

こんかいは とってもうれしい。

2017年02月18日

残したい

IMG_0677.jpg

急用の為に、お施主様とおあいすることができませんでした。

お詫びもうしあげます。

 

じいちゃんとばあちゃんに買っていただいた

おひなさま。

お二人のむすめさんも、無事に巣立ち

残しておきたい気持ちも大きいのですが

部屋の都合と、飾る機会のすくなさもあり

 

観音様と お飾りをしていただきました。

 

ご供養をさせていただきました。

2017年02月13日

そばとパン

IMG_0655.jpg

海老名図書館で借用してまいりました。

大きくかたよっていますが

ソバ系とパン系です。

それをつなぐのが、お寺ごはん。

 

このお寺では、何が善いのか、

やってみる。

その前に、まずは、下調べ

図書館は

知識の宝庫。

2週間 

10冊。借りることができます。

2017年02月11日

設置1

IMG_0630.jpg

タンクに穴をあけます。

雨水が入る穴と

あふれて出ていく穴。

 

 

IMG_0633.jpg

完成形が このとおり、

雨水 縦樋に、分離装置(雨ポイント)を入れ込んで

分岐、付属のホースでタンクに招いて入れて、

あふれる前に、戻すホースもとりつける。

戻り用の、ホースは直径が細すぎるから

改善の余地ありありです。

 

下側の穴には、蛇口をつけてみました。

蛇口が使えるように

ブロックを 2段ほど使っています。

さあ、これで、効果は いかほどか?

 

やってみるとわかる問題点は

改善するための 智慧のづくり

 

まずは、やってみる。

 

参考として 横浜市

http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/gesui/tankjosei/

 

大阪府

http://www.pref.osaka.lg.jp/kankyohozen/amamizu/jyosei.html

2017年02月10日

寺とも報告

寺とも 報告です。

はじめて来寺してくださったみなさんが多く。

お寺の周りで、迷うこと 2周 

屋根はみえても、それからが・・・(笑)

 

ゆるく あつまる てらともですが、

本日はセンターに机を並べました。

S__17334288.jpg

トン汁を持参くださいましたので、

みんなで、いただきます。

 

 

S__17334284.jpg

音楽を奏でる方、

茶道をつとめるかた

 

S__17334292.jpg

そして、あゆころちゃん体操

指導できる方もおられたり、

かなりむずかしくて、

頭の体操になりました。

 

 

S__17334282.jpg

最後は、観音様にごあいさつ。

ゆっくり お経がながれ

ひとりひとり、ゆっくりと

お焼香と、今日まで、元気にやれたこと

さらに、これから、元気にすすむことが

できますように、 ごあいさつです。

 

いつもは静寂の寺院も、楽しく

おはなしが ひろがり、

隣接する、写経室にまで

かなり 音が響いていたもようです。

 

おてらを楽しむ。

小さなお寺なりの

楽しみ方を。 

 

次回は、あなたも ゆるりと

おこしくださいませ。 

2017年02月07日

家ポンプ

IMG_0597.jpg

雨水タンクを移動するのにも、

最大500リットル入りますので、

約500キロ。 動くハズもありません。

水を移動してから、本体を移動します。

 

ということで、購入したのが

ホームポンプ。

真水用の 低価格品。

必要にして十分です。

ホースつないで、コンセントにさすだけ

(始動用のスイッチもありません)

 

あたりまえですが、とっても ラク に

水を移動することができます。

(モーターの性能上、少し時間はかかります)

2017年02月06日

移動(設)中

IMG_0605.jpg

樹木のための、雨水を溜める

タンクをあっちこっちに 

移動しながら、固定箇所を

検討しています。 

 

あっちにもっていって

こっちに移動して、

そっちにいっても、

やっぱり、もとの場所に

戻ったりしますが、

置いてみる。 

しっくりくる場所は

置いてみないと

わからない。

2017年02月05日

さくらさく

IMG_0581.jpg

 

桜さく、樹木葬墓 

キレイに咲いております

が、その奥の、芝生が気になっております。

 

枯れるのか?

▲このページのトップに戻る