お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

お問合せ・ご相談はこちら

DSCF7113.jpg悩みの相談、葬儀の方法、先祖供養について、

わからない点やご相談などございましたら、

お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

  • ご先祖様への供養はどうやるの?
  • 私のお葬式お寺でできるの?

  ● 人生をたのしみたい。

  ● 今日、だれとも話しをしていない。

  ● なんかつまらない。

         このようなお悩み相談でも結構です。

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 046-247-7884
受付時間 : 9:00〜17:00(法務優先の為何度かかけてください)
担当 : 住職(加藤英宗)

お問合せフォームはこちらへ

 


 

長谷寺蓬莱山倶楽部

倶楽部?


↓ ここから下は更新したページが「順次」表示されています ↓

2016年09月23日

蒸たまねき

IMG_5383.jpg

比較的、キャンプ(野宿)はすきです。

幼い頃から、たき火が 身近な生活をしてきたからでしょうか?

とっても、大好きです。

 

火を使うことは多かったのですが、

食事にまでつながることは少なかったのかもしれません。

 

しかし、火を使う以上

無駄にすることはもったいないので、

その昔、購入したのが、ダッチオーブン。

サビていたので、メンテナンスを行って

久しぶりに調理です。

 

とっいっても、玉ねぎを まるまる 蒸した だけですが

お野菜キライの 次男 君が、ホクホクの

玉ねぎを2個 たべてくれました。

 

うーん。

ダッチオーブン 偉い!

 

ということで、ちょっと 間違えて ひと回り 大きな

IMG_5386.jpg

物も、購入してみました。 

外箱ボロボロの12インチを5000円で。

使い続ければ 安く、 使わなければ、無駄遣い。 

 

お寺のみんなで食べれるように、 何度も繰り返し練習して

 

おいしく いただけますよう、精進します。

2016年09月21日

9月21日はヨガ

9月21日 本日はヨガの日です。

IMG_2232.JPG

季節を感じることができる 四季のヨガ。

秋は身体を動かすのに最適なきせつですねぇ。

IMG_2229.JPG

これは、8月17日の画像ですが、

住職の私も参加して、硬くなった身体(と頭)をほぐします。

 

 

IMG_2225.JPG

この日は、ヨガ常連の方が、自宅で作ったスイカを

お寺に御奉納してくださいました。

 

IMG_2226.JPG

うーん いっぱい!

 

IMG_2236.JPG

ヨガ終了後、皆さまに手渡され、 作り手 と 受け手 

 

いただく感謝の心と 

差し上げる布施の心が

結ばれたひと時でした。 

 

財施と法施と無畏施(むいせ) これを合わせて 布施といいます。

財施とは、財産である金品であったり、スイカなど、物を贈ること

法施とは、先に知りえた知識や、ヨガの方法等を伝えること

無畏施とは、敷居が高く思ってしまう、お寺も怖くないから来てみてねと、背中を そっと支え、応援すること。


四季のヨガが素敵な笑顔が生まれます

素直な笑顔は、人々を喜ばします。

貴方の笑顔は無畏施です。

無畏施の布施を してみませんか? 

 

四季ヨガは、事前申込は不要 午後7時(の10分程前)に

御来寺ください。 

料金は、千円(初回だけ蓬莱山倶楽部入会金千円が別途)

 

(以後の日程は、長谷寺HPのカレンダーをご参照ください)

 

2016年09月20日

分けて解る

分解 

わけて わかる。

 

VHSの プレーヤー 生産を 止めてしまった

という、記事を思い出しながら、

 

故障してしまった機械を分解(廃棄)しました。

IMG_5264.jpg

今から思えば、デジタル チックでもあり、

アナログ 風でもあり、

古き良き時代が 終わったのかと、

考え込んでしまいます。

テープに斜めに録画するために

傾斜してつけられた、回転式のヘッドには

安価の製品でも、正確に回転続けるモーターが

内臓されていたことを分解して 初めて目にしました。

 

IMG_5267.jpg

古き良き時代の

高性能な品を私たちは知らずにどんどん 捨てて しまう。

そのまえに、 ちょっとだけでも、中を見る

先人たちの智慧が

 

よくわかる だからこそ、

わけて、わかる。

分解 

2016年09月13日

雨でも

IMG_5246.jpg

お墓づくりの作業は 雨でも続いています。

本日は、お寺の屋根のある場所で、

雨を避けて組み立ての作業です。

雨の日は、雨の日なりに工夫して

どんどん作業が進みます。

 

これは、お骨が入る箱(カロート)の部分。

4枚の御影石を組合わせ固定することで

十分な強度と耐久性を発揮する模様です。

 

この部分は、土の中に設置されるので、

一般には、納骨の時にしか見ることがナイ

部分です。

 

2016年09月13日

通路が確定

IMG_5229.jpg

お彼岸会のご案内をお手紙にて郵送いたしました。

今年は9月19日午後2時から開催いたします。

その手紙の中に、

「お彼岸前後に完成します」と記しましたので、

おてらに来たみなさん、

「大丈夫?」と声をかけてくださります。

 

だいじょうぶです。 

前後です。

「前」も含まれますし、「後」も含んでいます。

 

だから だいじょうぶです(なにが?)

確実に前進していますから・・。

 

さて現状のお写真です。

通路をかたどる ピンころ石の設置が完成です。

2016年09月12日

夕涼御話会報告

8月27日に開催された

第3回 夕涼みおはなし会の報告です。

S__9166850.jpg

小雨まじりの天候に

一時はどうなるか思いましたが、

時間となり

徐々にみなさんがあつまりまして

 

楽しいお話と共に

有意義な時間を

みんなですごすことができました

あらためて

おはなしポケットピースのみなさま

おつかれさまでした。

 

S__9166851.jpg

2016年09月11日

母の思いを継いで

IMG_5249.jpg

お母さんが、おとうさんのご供養を毎日していた仏壇です

娘さんの代に変わっても、欠かさず毎日ご供養を

なされていました。が、

純和風な姿が、現在の部屋に似合わず、

悩んだ末に

デザイン仏壇にへんこうされました。

ので、

お寺で抜魂式をつとめさせていただき

あらたなる仏壇に移っていただきました。

 

例のごとく、この仏壇も

お寺の本尊様の前に一昼夜

お飾りをさせていただき、

明朝さらなる回向をつとめ

 

しばらく後に、おたきあげをさせていただきます。

2016年09月10日

とびらをつける

IMG_5217.jpg

長谷寺にも 法事の後にお食事ができるように

庫裏といって、お寺の隣に家があり、

そこの一階で食事や、待合等に使える部屋があります。

が、

住職等が住居している2階へ直通でして、

一階をより活用できるように区切りを入れてほしい

という要望があり、 自作でつくってみました。

IMG_5224.jpg

まだ未完成ですが(取っ手がついてない)

あかりは通りますが、音や風が抜けないように

区切りをつけることができました。

 

(いろいろと考えながら作っていたら、2枚目の撮影が夕方になりました)

2016年09月09日

更新は?

営業さんが来寺されました。

お寺のホームページを見てから

おこしでした。

ここを詳細に読むと、どこで生まれて、どこの学校で

などと、全部読めますのでリサーチ済みでした。

 

営業に来た種別としては、

現在、お寺で活用する予定が

ない品でしたので

ご遠慮をさせていただきました。

 

しかし、飛び込みの営業でも

しっかり調べてからアタックを

なされる姿勢に凄さを感じました。

 

最後に、ホームページは

更新しないのですか?

 

と質問でしたので、

それをネタにかいているよー

(みてるかー??)

 

また来てねー(笑)

2016年09月08日

ピンコロ

IMG_5176.jpg

歩道にピンコロがならびます。

その通路を横切るように棒が入っているのがわかるかな?

石原デザイン設計、自動散水システム用の水道管です。

 

とりあえずは水道を使用することになりますが、

やがて(1年後?)、手作業で、(業者さんに任せず)

井戸を掘ることになりそうです。

(水道料金も連続して使用すると、バカにならない金額になりますものね

(笑)

 

お寺の屋根に落ちた雨を活用する方法も考えたのですが

お寺の屋根は、銅板で出てきています

のて、 緑青(ろくしょう)といって、酸化することで

銅板は時間がたつにつれて、七色に変化していきます。

変化するときに、薄くても毒性を持ちますので、

残念ながら、散水にはつかえないのです。

 

ーーーー

って、田の地面の高さから、約10メートルも

上がっているので、水脈まで、何十メートルになるのか?

(そもそも水脈はあるのかな??)

▲このページのトップに戻る