お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

あしもと灯

12月31日 真夜中の行事です。

 

除夜の鐘

おまいりいただく皆様の

あしもと を 灯すランタンを

点灯いたしました。

らんたん2.jpg

キャンドルは のちほど 点灯予定。

10本

発煙筒を購入いたしました。

ボランティア という おせっかい

をしていますと、車両常備の発煙筒は

あんがい、頻繁になくなります。しかも時間が短いので

連続して使うことも多く、必要でしたので まとめ買い。

発煙筒10.jpg

緊急時には 誘導用棒では 役に立たないことも多いので

がっちり本物を用意。本職用の長いタイプではなく普通サイズ。

 

 


 

厚木警察署より電話あり、 「年末 年始の パトロールは

いかがしますか」 との問い合わせがありましたので

ちからいっぱい 「やります!」と 答えておきました。

 

あくまでも、地域 貢献活動。

抑止力(よくしりょく)として

安全の安心を みなの手で。

白線の担当者

日々是メンテナンス。

という言葉が先にでてしまうほどの毎日ですが、

補修はとっても大切。

今回は、 お寺の駐車場 のラインが 消えてしまって

ナインです。

無地.jpg

ホウキで清掃していますと、駐車場の白線さえも きっちり

掃除してしまい、ほぼ 消えてしまいました。ので

まずは、ラインを入れる前にガイドとして、養生します。

無地にガイド.jpg

本来は、道路で使用する専用のペンキもあるのですが

担当者への優しさを加味して、水性をチョイス。

あとは、制服を着こんだ 担当者がキレイにヌリます。

ぬりぬり.jpg

新調した手袋がまだ、なじんでいませんが

ヌリに関しては 一級の腕前です。

(養生テープの幅を大きくしておいて正解!)

メンテナンス

いろんなもの を やりたがり なので

いろんなものが目につきます。

 

そして いろんなものの改善点が見えますが

いろいろできる時間はなく

ひとつずつ おこないます。

今回は、ぬいもの です。

法衣というものは、一般的には和装に入ります。

そして 特殊用途限定でありますので

おのずと、高価な品となります。

ちいさいお寺では、1品を 「使いまわす」

ということになり、生地がコスレテ 薄くなる

なんてことも多々あります。

 

こんかいは ほつれ の修理です。

おさいほう.jpg

生地がくたびれているのがよくわかりますが 

気にし(てはいけ)ません。

針に 紺色の糸が通っていたので 

そのまま使いました。

裏側なので 着ている時はみえません。(たぶん)

 

頭の中では

「日々これ精進」ではなく

「日々是メンテナンス」という言葉がいつも流れています。

 

年末ですので

衣類のメンテナンス、

お寺のメンテナンス そして

「こころのメンテナンス」も 致しましょう。

年末ですから。 

地域支援

地域支援青.jpg

歳末パトロールを実施。今回は、清川村までの工程

長谷 愛名 森の里 それから 宮が瀬へ移動。

清川村役場前にて全員で撮影をいたしました。

地域にできるボランティア。 

あなたもできるボランティア

利他の心を行動に!

未来の計画は?

おかね に関する エネルギー理論

 

セミナー小林.jpg

ご連絡は 上記へ (残席 わずか)

ふうりん

初夢ゆらぎコンサート

世界でひとり、プロの風鈴演奏家による

四季を通じて聴ける癒しの風鈴サウンド。

ゆらぎこんさーと.jpg

日付 2014年1月17日(金)

時間 19時〜21時

会場 長谷寺本堂(長谷1288)

出演 日向真 ユンイ  ree&miyuki 

内容 風鈴演奏 http://www.lifeact.jp/kazaoto/

    ありがとうの唄 http://www.lifeact.jp/yungyi/

    クリスタルボウル http://ameblo.jp/ree1779/

    シンキングボウル http://ameblo.jp/miyukiue/ 

料金 3500円

申込 ticket@lifeact.jp

生死に悩む

 私たち人間は、日々「死」に向かって走っている。生きる者は、死ぬ者でなければならない。死ぬために生まれてくる人間の一生。

 では、「死」とはいったい何か?そしてこれに向かって生きている私たちの「生」とは何か。この問題を徹底的に究明することが、仏教の一番大切な目的なのです。

 では「すべて生きとし生けるものは、必ず死ぬものである」という真実を、私たちは常に忘れてはいけない。限りある一生を精一杯生きてあとの事は観音さまにお任せする。

 私たちを生かし、死なせているのは、この宇宙全体を支配している永遠の真理。大いなる生命の力なのだ、仏のお導きによるものなのだ。生死の問題に悩む人は多いけれども、このことを理解し体得して、生死はみ仏の力だとなれば、別にこの問題に悩むことはない。

 悩むことがなければ、あなたは悟った人だ。あなたは迷いの生死を離れて、悟りの生死を知った人だ。生死にこだわることなく、真の生き方を知った人だ。

 仏教で一番大事なことが、この悟りであるから、さらによくこのことを学んで、少しの迷いもなくすことが大切

5月人形 供養

5月人形20131217.jpg

法事からもどると 本堂にドーンと 5月人形が飾ってありました。

ことしもあとわずか、願いを届けることができたお人形さんを

おあずかり いたしました。 ひとばん かんのんさまと

ごいっしょ いたします。 

(明朝 抜魂式をつとめいたします)

給油

青パト給油.jpg

お寺に とまっている 青パトですが、

歳末 パトロールを実施しています。

ほぼ毎日、分担して見回りを実施

しています。今回担当日でしたので

玉川球場(というのも厚木にある)

厚木テクニカルセンターから

愛甲石田駅 そして

アクストメインタワーなど1時間半にわたり

パトロールを担当いたしました。

http://ameblo.jp/blueline2011/

 

燃料補給で ひとやすみ中の写真です。

ななめ

午前中 三浦半島の 突端の霊園にてご供養

午後に  藤沢で、ご供養があり、ひさしぶりに

江の島をながめながら、大渋滞にはまってみました

行楽でうきうきしている多数の車窓をながめながら

ゆっくり移動です。

移動しながらひさしぶりに海を横目に見ると

広いなぁ〜 青いなぁ〜 と感心

ならば 写真を一枚 パチリ

斜波.jpg

移動しながら撮影すると

デジタルカメら でも、シャッターの関係(画像処理の関係)で

まっすぐのはずの、手すりのさく が ななめに見えたりします。

 

広さも 青さも 消し飛んで ななめ ばかりが目立ちます。

 

( なんでも やってみよう )

人形うさぎ

usa人形供養.jpg

すこし多めの お人形さんです。

40年になるのでしょうか?

僕が生まれたころにはあったお人形です。

とのことで、 20年間は天上裏に保管されていたようです。

このたび、整理することになり

お寺におもちくださりました。

 

大きな うさぎ さんが トレードマークです。

 

ありがとうのきもちと 共に・・・。

横浜瀬谷から

人形 昌1.jpg

横浜の瀬谷区から、お人形さんが届きました。

とても大切にされていたお人形さんです。

人形 昌2.jpg

どこを見ると 大切にしていたか、わかるかと言えば

人形 昌3.jpg

三人官女のふわっとした髪の下側に綿をあてて型崩れ

せぬようにしてありました。

いままで、このようになっていたのはありませんでしたので

おどろきました。

もちろん型崩れしないように、「たもと」にも、

綿をさしこんでありました。 

 

今晩。月明かりのふりそそぐ中、

ゆっくり、観音さまと いっしょに

おかざりです。

明日 朝、 抜魂式を執り行います。

 

ありがとうのきもちをたいせつに・・・。

伊勢原のお人形さん

人形伊勢原1.jpg

神奈川県伊勢原市の市内から やってきたお人形さんです。

まめまめのおひな様と 木目込み人形の先生だった母の品

そして、つくりかけだったお人形さまの備品もあわせて

ご供養しました。 あちらの世界で、作りかけて心残りの品を

完成してもらうためにも ごいっしょに供養いたしました。

 

まめまめの お雛様は

人形伊勢原2.jpg

そのむかしのお写真も同封していただきました。

かわいい ケースに(茶だんす?)に収まっています。

古きよき時代。 節約 倹約 そして 娘の成長を願い

しっかりとしたお人形様。いっしょに遊んでも壊れない

頑丈さ。

 

人形伊勢原3.jpg

7段飾りで なくとも、 幸せを願う親の心は深い。

ご供養をつとめさせていただきました。

 


なお、お人形さんが到着した日の夜、 

 

ゆるりヨガの時間がありましたので お人形さまも

みなさんと ヨガをたのしんでいただきました。

初参加の4名、 うち2人は、相模原で偶然ご近所!

んなことがあるんですねぇ。

▲このページのトップに戻る