お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

写経サークル

http://densuke.biz/list?cd=QGzrX3Mg2dyKGF3J

長谷寺の写経会が深化して

サークルになりました。(担当 しばた さん)

そして場所は南毛利公民館の和室です。

守破離1.jpg

筆と すずり と 墨は100円ショップで購入等 御持参ください。

 

しばた さんは、 長谷寺写経会と坐禅会に

必ず参加されている方ですので、ご存知の方も多いかとおもいます。

会を大きくすることが目的ではないので、

今のところ広報はここでの 

このお知らせのみの模様です。

ですので、それこそ 静かに写経が、できそうです。


毎週 木曜日 午後6時10分からの予定ですが、

スケジュールはリンク先をご確認ください。

http://densuke.biz/list?cd=QGzrX3Mg2dyKGF3J

 

 


 

なお、坐禅のサークルも 深化して 玉川公民館で開催されています。

こちらは、もうすこし しましたら 発表いたします。

おたのしみに・・・。

宿題

浄慈寺 の事を調べよ。

という 宿題が 出されています。ので、

各位、おつきあいください。 

道元と浄慈寺 
「禅宗五山」 と呼ばれた径山萬寿禅寺、浄慈寺、天童寺、阿育王寺は全て浙江省内にある。その中で953年に呉越王の勅願によって建てられた浄慈寺は杭州にあり道元の正師である如浄の墓はそこにある。浄慈寺の鐘楼には明代に重さ約10トンもある大釣鐘があり、その音が杭州城内まで響いたことから西湖十景の一つ「南塀晩と呼ばれるようになった。

 

ゴミ多

ゴミだ.jpg

お寺に毎日停車していた 志民パトカー

(市民ではなく こころざしのあるひとたちで点検する車)

 

通常 青パト は、地域を狭く限定されて活動しますが、

この 車は、なんと、厚木警察署管内全域が範囲です。

厚木市 のみならず、 愛川町 と 清川村も守備範囲。

と、いうことで、厚木に定住してある必要はないので

週ごとに、定置場所を変更することになりました。

今回、長谷寺に常駐時に見回りを行った時に気になった場所

それは、愛甲にある、東名高速道路厚木バス停を使用する方へ

設置された、一般道路からの無料駐車場 ゴミいっぱいです。

 

エタイの知れない液体が入った 缶 とか、・・・・。

うーん。 どうよ・・・。どうする?

かたずける方法は、市役所に相談するべきかい?

管轄は道路公団かい?

 

という、ゴミ がある場所パトロール。の報告です。

低学年用

三帰戒

おしゃかさまは教えの先生です。

法とは 良く生きるための教えです。

住職は いっしょに学ぶ友達です。

 

三聚浄戒

1 悪い事をしない

2 良い事をする

3 命を大切にする。

 

十重禁戒

1 すべての命を大切にする

2 盗みはいけない

3 好きな人は1人にする。

4 ウソをつかない。

5 お酒で仕事を休まない。

6 人のまちがいをせめない。

7 えばって、人を傷つけない。

8 物でも心でも分け合う。

9 怒りに燃えない

10 仏 法 僧 を悪く言わない。

ウソをつく

修了証 布.jpg

とんでもなく深い所を見せていただいた。

 

ある意味 曹洞宗の ど真ん中。

5日間を3セット。就寝時間になってから

はじめて持てる自分の時間。眠る人などだれもいない。

眠れないんだ。眠らないと明日の講義や貴重な法話を

見逃すことになるかもしれないのに、ねむれない。

 

今回81人 机を確保できた人は、延々とかじりつき、

机を確保できなかった人は、部屋の脇だろうが、

廊下だろうが、とにかく個々に全精力をかけて

集中している。 

 

なぜ本気になるのかが わかった。 入口を見せていただいた。

人の前で話す。ということを もっと 学ばなければならない。

今回 修了証をいただいたが、

もし来年度、2度目の養成所を修了出来たのなら

「布教師養成所に行きました」と言うことにする。

 

現在、力量が伴わない自分は、あえて 嘘をつく。

(要するに ブログの停止理由が終了しました)

寒川と愛甲と旭町

お人形供養が続いております。

旭町から.jpg

ケアマネージャーさんから。 手作りのお人形さんの

ご供養を依頼されました。90の歳月、ひとはり ひとはりに

おもいを込めて手作りされたこの子たちも、ばあちゃんの

手元におくられます。ありがとうの気持ちを込めて。

 

 

愛甲より お二人でおこしくださいました。

愛甲から.jpg

見守りいただきこのたびお孫さんが生まれる。

みまもってくださってありがとうの気持ちを込めて、

ご供養です。

 

 

寒川町から.jpg

寒川町からは、郵送いただきました。 

かわいい サイズの おひなさま と友をつれてです。

むすめさんが、このお寺を見つけてくださったそうです。

ご供養をつとめさせていただきます。 

 

0歳の

写経は0歳.jpg

写経来寺者の最低年齢が更新されました。

なんと。4ヵ月!

まあ、 寝かせつけてから、お母さんは写経を開始

猛烈な速さで サクッと お写経をいただきましたので

赤子は写経していないのですが・・・(あたり前だ)

 

なんか、補習をしているようにも見える(か?)。

(写真を写すタイミングが遅れた)

 

平成26年 2月は、7日と 13日。

どうぞよろしゅー(永平寺ではこんな掛け声)。

ミロード記事

お寺で 雑誌の取材がありました。

ミロードの1.jpg

と、書けばかっこ良い?

 

お寺のヨガの教室に ミロードむすめ さんたちが

レッスンをうけて、心が清らかになる という企画です。

東京から 取材クルーがごっそり と。

 

ミロードむすめ.jpg

本堂内では、ヨガの基本から、応用まで

撮影しながら、実践されていました。

大心1

ここでいう大心とは、その心を大山のようにどっしりとさせ、大海のように広々とさせて、一方に片寄ったり固執したりすることのない心である。たとえ10グラムほどの軽いものであっても、軽々しく扱わず、30キロもある重いものに対しても特別に大げさに重々しく取り扱ったりしない。うららかな春の陽気に誘われても、それに心引かれてフラフラと春の野山にうかれ出るようなことなく、落ち葉が敷かれた秋の景色を見ても、ことさら物寂しい心を起こさない。いうならば、春夏秋冬の四季の移り変わりも、これを自然のあるべき姿として、大きな眼で一つの景色の中に一緒にとらえ、また、軽い思いということについても、これに心惑わされることなく、差別をつけずに見るのである。このように、何物にも迷わされtらり、心ひかれたりしないという眼のつけ所において、大の字を書き大の字を知り、大の字を学び、よくよく大の字を知り尽くすのである。

 

春のために

1月によく読まれたのが。

これ

この記事を書いた時

いろいろ問題があった。

読むはずのない子への

メッセージ。

 

まだ、聞く耳はナイかもしれない。

3年後でも5年後でも、あきらめない。

私でさえ 40歳をすぎてから建築士を目指した。

 

ただ、 基礎を抜くと

後で苦労する。

換気で部屋の容積の計算から流量計算

地震の強度計算式、台風など風圧計算など

わからんくて、本屋さんに行って

参考書を中学1年から探して、買ったり

図書館で基礎から始めたり

かなり遠回りもした。

 

不足している知識は おぎなえば いい。

時間をかけて・・

立春雪.jpg

やがて来る 春のために・・

(平成26年2月5日早朝 長谷寺より 写す)

老心

 ここでいう老心とは、父母の心、つまり親の心である。たとえば親がわが子を想うような心である。典座は、三宝に供養する食事を作るという思いを常に持ち続けること。あたかも親が一人の子を想い続けて、片時も忘れないようなものである。どんなに貧しい者も、困っている者も、親というものは我が身をも顧みず、ひたすらわが子をかわいがり育てる。そのような心の働きとは、一体どのようなものであろうか。それは他人には分からないが、父となり母となってはじめて知ることができる。自分が貧しいとか裕福であるとかにかかわらず、一途にその子が大きく成長することだけを思い続ける。親というものは、自分が寒いことも熱いことも忘れて、子供の熱さをかばい、寒さから守ってやる。思うにこれこそ親が子を思う、この上もなく深い心である。このような親の心を起こした人にして、はじめて老心というものを知ることができ、子供のことを思い続けるような心にいつもいつも自分の心を置いておく人にして、はじめて老心の何たるかを悟ることができる。こういうわけであるから、典座が水かげんを点検する時も、穀物類を扱う場合も、すべて親が子どもを養うときのような、慈しみ深く、ねんごろな心を持つべきものである。釈尊は、御自分の寿命を20年縮めることにより、後世の私たちにその恩恵を分け施してくれた。その釈尊の心とは何か。それはほかでもなく、父母の心を私たちに垂れてくださっただけである。釈尊はこれによって、何か見返りとしての果報を求めたものでもなく、富を求める心もなかった。

喜心

そもそも、禅院の諸役である知事達や頭首達というものは、順番がきて役職につき、その仕事を務めることになったのなら、喜心、老心、大心という3通りの心構えをしっかり持つようにしなければならない。ここにいう喜心とは、よろこびを以てことを行う心である。自分がもし天上世界に生まれていたなら、そこは苦しみがなく、楽しみばかりある世界であるから、楽しいことだけに心が奪われて、悟りを求める心も起こすことができないので、修行などとてもできる環境ではない。ましてや、仏、法、僧の三宝に供養する食事を作るなど、どうしてできようか、ということを想い起してみなさい。ありとあらゆるもの事の中で、最も尊いものは仏法僧の三宝であり、最もすぐれたものはやはり三宝である。かの天上世界の三十三天の中で一番尊い帝釈天でさえ、譬えにならないし、この世で最高の理想の王である転輪聖王も比較にならないほどである。「禅苑清規」にも「この世の中で最も尊く、俗世間の外に超越しゆったりして、この上もなく清らかで、何者にもとらわれないということにおいては、修行僧(三宝の中の僧宝)というあり方が最高である」と言っている。現在自分は、この人間世界に生まれて、しかもその上、尊い三宝を受け食べてもらう食事を作るということは、どうして素晴らしい巡り合わせでないことがあろうか。だから典座は、とりわけ喜ぶべき仕事である。

 

 また、もし自分が地獄、餓鬼、畜生、修羅などの、人間世界以外の悪道世界に生を受けたり、その他、仏に会うことも教えを聞くこともできないとされる8種の境界に生まれたなら、僧としての威神力で自分の身を守ってもらおうと願っても、自分から三宝に供養するための清らかな食事を作って差し上げることは決してできない。ということを想い起してみなさい。悪道世界は肉体的なことで苦しみを受け、身も心も縛りつけられているからである。今の自分は、人間世界に生まれ、しかも三宝供養のための清らかな食事を作っているのである。まったく喜ぶべき身の上であり、喜ぶべき自分自身である。これこそ、永遠に尽きることのないよき巡り合わせであり、朽ち果てることのない善い報いである。どうか、千生万生と永遠に続くこの身を典座としての仕事を通してこの一日一時一瞬に集約して、三宝供養の食事を調え作ってほしい。それは永遠のこの身を、良き巡り合わせの縁に結ばせたいためである。このように深い道理を見ぬいて事にあたる心。これが喜心である。実にたとえ転輪聖王の身の上に生まれたとしても、三宝に供養する食事を作ることもないなら、結局は何の役に何の立たない。それはあたかも、水の泡や、かげろうのように、はかないだけの身の上である。

真赤の唇

くちべに.jpg

かわいい お人形さんは、今までで 初!の 

くちびるにワンポイント が はいりました。

 

この子が完成するのに、約3時間。

時間をかけて 丁寧に、想いをこめて

ちょっと 先に 行っててね

 


わたしたちも やがて・・・。

10年先か、30年先か。。。100年は生きられないから

そしたら、いっぱいお話しましょ。

いっぱいお話しできるように、

こっちでは、精一杯、いろんなことをやってみる。

あの子と いっぱい い〜っぱい お話 できるように。

それまで、 もうすこし・・・・。 待っててね。

 

ゴミ箱の深さ

PMTVで検索をしていたら

世界一深いゴミ箱 というものがあり

それをいかに手作りするか、という思考。

お寺でなにができるか?簡単な点からはじめるには?

ということで まずは ↓これ。

http://www.youtube.com/watch?v=vbDGSsP2nO0

というものは、過去にも知っていたのですが

すっかり忘れていました。

 

電源、基盤、センサー、アンプ、スピーカー。

という 程のものでしょうか?

基本は安価ということ、簡単な事。

耐久性を持たせること。

なんとかできないか?と探すと古い記事を探しています。

リンク先1

まずは見つけたのは、こんな記事

効果音が出るICを使えば良い?

リンク先2

たぶん記事の元の本がこれ

 

ムダな事にちょっとお手伝いしてくだされ。

情報。または、技術や、智慧をくださいませ。

(というか、おしえて!)

http://www.marutsu.co.jp/user/led_ic555.php

わから〜ん!

 

 

出来たら、お寺と、

小学校に設置できたらうれしいゾ。

 


 

(お賽銭箱にも流用できる?)

春がきた!

春が来た.jpg

お寺にも 春がやってまいりました。

ちいさい花びらが 元気に春を告げています。


ぎゃくむき?

▲このページのトップに戻る