お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

ナンノの着物

平成26年5月23日 NHK 2チャンネル Eテレにて

長谷寺 友禅教室で先生をしていただいております

「成田華仙」先生 作の着物を南野洋子さんが 

着て出演されていました。

 

http://www.choukokuji.jp/article/14620903.html

 

 

ナンノの着物.jpg

http://www.nhk.or.jp/koten/arts/kimono.html

ナンノの着物0.jpg

 


本日は、友禅染教室。 

4人の生徒さんが全部、バラバラの作業をしていますが、

今回 注目するのが、葉を転写する技法。

昔からある技法なのだそうですが、、

一度 転写すると、10年 経過しても

着物に、色あせることなく、定着します。

 

葉をよく見ると、 葉脈とよばれる

葉の中にある、枝みたいな、筋。

これを正確に写す技法を伝授されていました。

葉脈0.jpg 

葉の油抜きには、漂白剤が入っていない 洗剤を使います。

枝からどのように葉が出ているのかを確認しておく。

これは葉を立体的に表すのに役に立ちますし、

自然に見えます。

(間違うと、100年以上笑われますから・・)

葉先をきれいに見せるための処理。

色の液体へ定着剤入れる割合や 粘度の確認

ガラスへ 色液 をどのぐらいの厚さで

均等に重ねることを目の前で、見せてもらえる。

これは、実際に 見て会得しないと伝授が難しい。

ローラーのちから の入れ具合で色の厚みはいくらでも

変えることもできるし、どんどん乾燥していくから、

色液の粘度の調節も常に行い、濃すぎればは、葉脈を

布に転写できない。これを、丁寧に、教え 質問、回答

練習し、調整、確認、そして会得して作品になっていきます。

友禅教室中.jpg

 

技術が伝わっていく、手から手へ。

 


仏教ではこれを、相承 という

http://www.sojo.jp/

弟子が師より、正法を受け、さらにこれを続く弟子に伝えること。

相互に継承するという意味です。 

 


南野陽子さんは、心意気 を伝えておりました。

かとり 器

かとり 器

今年は これを つくってみよう。

旅行について

電話でのご相談 ありがとうございます。

 

今回は、娘さんの 行動を見守ることだと思いました。

22歳という 大人として 見守る。

 

おそらく、お母様の 意見が正しいのだと思います。

客観的に見ることができているはずだからです。

しかし、本人が経験しなければ わからないことが

いかにたくさんあるかも、 ご存知ではないでしょうか?

やはり経験値が大切です。

 

おじょうさまは、 今回の件を 親に相談する素直な子です。

行きたければ、誰にも言わずに行くことも、友人と行くと

言うこともできますが、しっかりと伝えてくださいました。

 

親の意見は 反対。理由を述べても 行くのなら信じてあげる。

20歳を超えれば 大人として 本人の判断を見守る。

親の想いは伝わっているハズだと。

 

そうして、傷つくことも予想されますが、その時にフォローを

考えておくことが、 

「木の上で 立って 見ている」 という意味の 「親」の役。

自分で決め、歩ませる。 

 


釈迦族の王子であった お釈迦様は

 

贅の中で育ちました。 疑問をもって出家をし

命を懸けた 苦行を行い、これも違うと納得し

中道という 生き方を今に伝えているのが

仏教です。

曹洞宗の開祖道元禅師も、日本での修行に異を感じて

中国へ渡り、正しい教え(法)をもって帰国しました。

 

行動し、経験を積み、善悪の判断をしっかりできることが

大切だと信じます。

 


 

私も3人の親として、悩む所です。

たのしもう

本日は、お寺へおこしくださいましてありがとうございます。

 

会話力 向上を希望されていましたが、

十分以上にあなたは そなわっております。

自信をもちましょう。。

 

不足しているとするならば

なんでも「たのしむ」という チカラ。

今は、5月。

大学を卒業し、入社して、右も左もわからぬのは

当たり前。

わからない ということさえも、楽しんでください。

先輩から、叱るように、教えられる事は、

おそらく同じように、その上の先輩から、教えられたことだったりしますし、だれもが、どこかで、苦労したことを、伝え方は厳しくとも、教えてもらえているのは、ありがたいこと。 

学生時代の環境と大幅に違うでしょう。

学費を払って、学んでいた頃から

給料をもらって、学ばせてもらえる。

 

今、この5月は、大量な新しい知識を詰め込まれている時期を

楽しんで ください。きっと来年は伝える側になっていますぞ。

 

ガンバレ

特許証

特許電子図書館

 

お写経の日です。

参加いただいた方から

お預かりしたものがあります。

本物の特許証

特許.jpg

高校生、または大学生に やれば できる という事を

この証書を持つことで実感してほしい。

ということで、 お寺でおあずかりしました。

 

日本は資源がないんです。新たな付加価値を

新たな見かたで、世の中が良くなる。そんな 

特別に許可される 産業に貢献する技術。

ついこの前まで、ありえなかったスマートフォンや

フェイスブックなどの、繋ぐシステム。

次世代の君だからこそ。おもいつく物がきっとある。

 

世に伝えるためにも、特許という、お寺の発想と

真逆な分野の提案でございます。

指導者講習

PTA指導者研修講座

 を受けてきました。 諸先輩方がいるんですね。

昔、お世話をしていただいたみなさまが、教育の現場の現役で活躍しているのを目の当たりにして、久しぶりに、昔の感覚、ムリしてやっていた時代の事を思い出しました。(というか、みんな、バリバリに偉くなってる・・・)

今回は、竹本靖代  横浜市立奈良中学校元PTA会長の講演でした。

2時間 飽きることなく、いかに集中してもらい、想いを持ち帰ってもらうか。

すごい 技術だなぁ〜と感心しながら 

受講したのですが、今回、駐車場はナシという場所でしたが

はい、軽トラです。 止めるところはありませんので、

近所の ブックオフに止め(課金あり)ましたが、

そのまま、帰るのでは 気が引けますので、書籍を購入

7冊 で 750円 と駐車料200円でした。

 

指導者講習.jpg

積んどく(読)にならぬように、努力 しましょう。

(おまえは、話すのが本職じゃないのか?という突っ込みは受け付けません(笑))



なお、ブックオフの 店員さんに少し 質問、「景気はどうですか?」

店員さんは、「消費税があがりましたが、何もかわりません。もっとも、単価が安いですからね(笑)」とのことでした。

つねに、ムダに質問しまくっております。

スタンフォード

自分教室.jpg

今も昔も、より良い 人生を送るために

努力し、学ぶ人たちがいる。

今回は、 スタンフォードの教室を読む。

禅入門

2014-05-07

zen入門.jpg

誰かと比べたりマネしたりせず

自分らしく生きればいいl

命はホトケ様からの預かりもの

与えられた状況を一生懸命生きる。

生きる意味がある。

意味を考えることには意味がない。

今日をしっかり生きれば、

死ぬべき時に 悔いなく死ねる。

               (裏 表紙より)

013 半端な心

粗荒に 葺かれたる 屋舎に 雨ふれば

漏れやぶるべし かくのごとく 心ととのえざれば

貪欲これを破らん。

 


 

適当に造られた屋根の家に雨が降れば

雨漏れするのが当たり前であるように

反省することない人は 欲の雨で ずぶ濡れになる。

 

 


 

勉強もせずに、大学に行きたいと受験しても

落ちて当たり前。同じように半端な作業では

よいものなど できるはずがない。

▲このページのトップに戻る