お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

スイッチ 

3495.jpg

こりゃ。本物!

底から、自力で 上がりきった 人の話はスゴイ。

ーーーーー 

やる気のスイッチを 入れる方法を知る人。

これぞ、本物の先生。

だれに対しても、現在の学力レベルに合わせ、

小技をちりばめ集中力を落とさない。

 

英語ができなかったからこそ、

経済学部卒業後に英文科を再履修し 教員免許取得

学習指導要綱の欠点を超越して

学ぶ上での落とし穴を的確にフォロー。

どの子が、どの穴で苦しんでいるのか

どこで、あきらめて しまったのか、

そしてその 補強方法を完璧に習得している。

10年。3千人の実績。

 

高校3年の10月に 買った筆箱は

どんな状態からでも「やる気のスイッチ」を

いれることができることを。 そして

たとえどんな状況でも、「前進力」=やる気

を知れば、何歳からでも、再起動できることを

教えてくれる。

 

英語 という 

日本語圏で生活する者が落ちる穴に焦点をあてた講義には、

心を動かす「ちから」がある。

 

次回2月27日は個別形式で、個々に落ちた穴に対応してくださいます。

今回は5名でしたので、現在10人の空席があります。

 

英語の時間PDF.pdf

充電中

3318.jpg

押し込む

th_3096.jpg

朝のお経そのままに、

天上裏に 押し込み作業開始

5束 入れた所で

汗ダク。

 

半分で一旦停止。

おふとんを

th_3081.jpg

化石燃料をガンガン使うのに気が引けます。

な。ら。ば。

 

温(ぬく)みが 引かないように

おふとん をかけましょう。

ということで、マットエース 13本購入。

ちょっと。なにかすると

 

おおごと になります。

おちゃわんを

th_3062.jpg

相模原の石井家様より

お茶碗を奉納していただきました。

ありがとうございます。

 

 


 

お寺で お寺以外の行事が拡大し、

多くの皆さんに おこしいただいております。

が、 お茶碗を洗う時に、割れてしまうことも多々あり、

急激に減少の一途をたどり、

このたび、あっちこっちにの皆様に

なきついておりましたところ、

相模原の陶器市で ごっそりと購入してくださいました。

 

あったかい。おはなしと、

あったかい。おちゃで、

あったかい。おてらを

ん?

さむーい。ストーブ ガンガンだぁ。

最上の

満足して 教えを聞き

真理を見るならば、孤独は楽しい。

人々に対して害心なく、

生きとし生けるものに対して自制するのは、楽しい。

世間に対する貪欲を去り、

もろもろの欲望を超越することは楽しい

「おれがいるのだ」という慢心を制することは、

じつに最上の楽しみである。

 

ムチャリンダ樹のもとで

(ゴータマブッダ中 P12より)

 

 


 

おしゃかさまが さとり をひらかれた時、樹の日陰で

坐禅をされていた時の心境が

パーリ文「律蔵」と「ウダーナ」と

サンスクリット語の「四衆経」に同様に記述があると

中村元氏が研究結果を記されている。

 

 


 

以前、大学病院に二週間入院した時、

入院理由を 理解して 

今のままではどうにもならないことを納得して

病棟に入院する孤独は 楽しい。

すべての事柄へ自分の感情を鎮めたなら、楽しい

(他人にすべてを任せて)もっとやりたい

という欲望を去りを超越することはたのしい。

「オレしかできない」という慢心を制することは

最も落ち着くことができる。

 

コミック版から

hazimeno.jpg

難しいと思うなら、

簡単な本からはじめるべし。

いうことで、コミック版を購入。

ガーバーの言いたいこと。

 

「あんたは、修行してきかもしれないが、

住職にはまだまだ・・・」

 

僧侶から 1寺院をまかされれば、住職。

住職なら 宗教法人の代表 

法人なら 起業の目線が必要。

必要なら 習得すべし。

習得なら コミック版から〜。


日本では毎年8万人の女性が起業し、予備軍は46万人控える時代です。スモールビジネスで起業を目指す多くの人たちに、経営に関する問題点を提起し「やるべきこと」を示すのが本書です。(裏表紙のオビより)

39・6度

インフルエンザ A型が完治いたしました。

 

ひさしぶりの、高熱の「ふわっ」とした間隔。

その後の悪寒。

はしりすぎぬようにと、年度のはじめに

御先祖さまからの伝えと解釈して

まずは、ゆっくり。

 

この「からだ」

つかわせていただける 「期間」を

大切に。 

 

各位 ご自愛ください。

本家からの想い

th_2743.jpg

41年間 みまもってくださったお人形さんです。

御本家さんから託された願い。

無事に成人をむかえ、

結婚をされ、

このたび、 新築 一戸建て

 

これからは旦那さんと

なかよく、笑顔を深めてね。

 

御本家の おおじいちゃん。おおばあちゃん

からの おもい。 円成です。

 

ご供養つとめさせていただきます。

精悍なる

th_2684.jpg

いままでで一番迫力があって大きい

5月人形さんが きんたろうさんと

いっしょにやってきました。

 

写真としては、お顔が白トビしてしまっていますが、

とても精悍(せいかん=ちからづよいこと)な眼を

しております。

 

ながきにわたって、家族を見守り 無事に成長を

されたのか、持参された本人様にはお会いできませんでしたが、

ご供養をつとめさえていただきます。 

 

善き歳を重ねる

th_2570.jpg

謹んで 皆様の ご多幸を 祈念致します

未来への努力

1 四つの真理と八正道 の教え(中道について)

2 縁起 無我 輪廻  基本思想

3 平等感

 

中道の実践 欲を否定しないが、欲への執着を戒めた。

極端に執着した欲から「離れる」こと。

 

輪廻は業の法則による。無我説が縁起説の論理的帰結

すべてのものが縁起しているのは、ものに本来、永久・恒存の実体がない。

 

業とは カルマン

人間のなす行為 ふるまい。 

行為の働き、行い。動作。

意思にもとづく身心の活動。

行為の残す潜在的な余力。

努力して積み重ねた事柄のこと。

努力すること。

 

業の本来の意味は、単に行為を言うが、因果関係と結合して、前々から存続して働く一種の力とみなされた。つまり1つの行為は、必ず善悪・苦楽の果報をもたらすということで、ここに業による輪廻思想が生まれた。本来は、未来に向かっての人間の努力を強調したもの。

▲このページのトップに戻る