お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

歩いていると

IMG_0354.JPG

英語の時間10月号の報告です。

少しずつ着実にすすんでいるのを

みまもることができています。

席に余裕がございます。

平成27年11月は20日です。12月は18日

共に 金曜日の午後8時から午後9時半まで。

お誘いあわせの上 ご参加ください。

英語の時間201510.pdf

学術大会

IMG_0337.JPG

学術大会があり、参加してまいりました。

http://www.sotozen-net.or.jp/soken

多岐にわたる項目を一人ひとりが丹念に研鑽した成果を

ぎゅっとまとめて発表されました。

寺務所を7

IMG_0319.JPG

床材は、B級品を使用しましたが、今回はあらたに、ワックスというものを

してみました。(いままでやったことがなかった)

この部屋は、四方が襖(ふすま)や障子戸ですので、

隠し釘をあえて 「なし」 で施工してみました。

「なし」にするために、微調整を重ねて、隙間をつくることなく仕上げました。

これは 素人でも時間があるからできる 方法でもあります。

寺務所を6

IMG_0271.JPG

捨て貼りとして、9ミリの合板を敷設しました。

実は12ミリの合板も購入していたですが、

敷居からわずかに1ミリ盛り上がってしまうので

ベコベコ感のある9ミリの合板を使用しました。

ベコベコ感の理由は桟木が36ミリ、断熱材が30ミリ

ということで、6ミリ分ベコベコなのです。

なにか、6ミリ補強できないか?と探すと、

その昔、カナディアンカヌーを作っていた時代の3ミリ合板が3枚あり、

これを、2枚重ねにして、ベコベコ感を解消することができました。

しかし、基本的には、上張りだけでも十分な強度があるのですが、

見えないこだわり。という やつです。

寺務祖を5

IMG_0262.JPG

各方面から、「いらない」という意見が多いのですが、

しっかり、断熱材を敷設します。 専用の品もありますが、

低価格をもっとうに、汎用品を幅にあわせて、やっぱり

「手切り」(今回は、カッター)です。幅よりも約、4ミリ大きく切って

4ミリは圧縮するように、押し込みますので、基本隙間はありません。

無駄なことはわかっているのですが、これだけで、まるまる1日を

かけてみます。(楽しみでやってますから・・・)

寺務所を4

 

IMG_0251.JPG

畳の暑さを計測しましたら、56ミリでした。

ホームセンタに は36ミリの桟木がありましたので、それを

床下の根太と並行ではなく、直角に敷設します。

 

基本的には、全部室内で行ったという事と

整音性を優先しましたので、すべて木材は

手切り(のこぎり)しました。古い刃と新しい刃で

切れ方がずいぶんと違うのは、あたりまえですが

まずは、それを実体験してみることで、新品の

ありがたさを実感できるものでもあります。

ただすわる

IMG_0276.JPG

IMG_0275.JPG

はじめて 行った坐禅はいかがでしたでしょうか?

 

自分を見つめる時間を 持つ

心を休める時間を とる。

ゆるめる 時間が ここにある。

寺務所を3

IMG_0249.JPG

手作りの 醍醐味(だいごみ)として、

みんなで、おもいおもいに 書き込みをいたします。

 

おにいちゃんは、猫を書きたいみたいですが、

うんまく かけなくて、悩んでるの 図です。

寺務所を2

IMG_0246.JPG

まずは畳を持ち上げてみます。

畳は呼吸する品ですので、

とっても風通しがよいのが日本の建築物。

床下には、グラスウールがはいっていましたが、

断熱効果よりも、換気を優先した時代の構造です。

 

とりあえず、養生テープで強引に、マスキングして

床下からの風の流入を防ぎました。

寺務所を1

IMG_0177.JPG

寺務を行う場所も お寺ですので、和室です。

この和室に、事務机をドーンとおいて作業しておりますと、

椅子を動かすたびに、古くなった 畳が「ささくれ」まして

とってもよろしくなく、 机を移動しなければ、畳干しもできず、

 

他所に炉も切ったので、この場所を板間にすることにいたしました。

もとどおりに

IMG_0103.JPG

続いておりました境内整備ですが、

一応の目途が立ちました。

土嚢袋(がらぶくろ)200枚を使用しての

(手作りだと)大工事です。

IMG_0122.JPG

完成形は 「フタ」が増えただけでございます。

IMG_0242.JPG

3週間、苦労し、学びながら 続いた工事も、終わってしまえば

もとどおり。

 

また一つ、知識を経験という智慧につなげることができました。

(今回の知識は土木施工管理技師です)

 

この身体 使える時間には限りがある。

どんな事柄も、この身体があるから

経験できること。 

「どうせ無理」という頭の中にある制限を解除して

無理を有理にする方法を考え、じっくり時間をかける。

行いながら考えると、知識ある方から、ダメだしという

アドバイスをいただき、何度でもやり直しながら進むことができるものです。

 

さあ、あなたは、何を やってみますか?

24の ありがとう

IMG_0215.JPG

10月18日(日)午後に おいでくださった とても品のある、お人形様です。

法要の為に欠寺し失礼いたしました。

 

24年の歳月。無事に大きくなることの大変さ。

先日「こうのどり」テレビ番組を見ました。

命の誕生。なんて簡単に言える事柄ではなく。

命懸け 命を授かる。まずは無事に生まれてくれたこと。

それだけでも、それだけでもありがたい。

さらには、こうして 大きくなり、

無事なる成長を託した お人形様に満願成就できることは

まことにありがたいことです。ご供養をつとめさせていただきます。


自灯明 法灯明。

見守ってくださったお雛様がいなくても、自分で振る舞いを自分で確認し、

悪い事はしないよう。善い事をするように。そして万物の命を大切にするように。

当たり前のこと(おしえ)を、当たり前にできる成人になれた事への 満願成就です。

災ボラ サポート

IMG_0186.JPG

土曜日の午後は、あつぎ災害ボランティアのお手伝いです。

難波代表と共に森の里3丁目にある自治会館に行ってきました。

が、目的地の住所がわからない。

近所の公民館で質問をして、地図で教えていただきました。

ここで生活をされている方にとっては、自治会館は 「あそこ」

と、定着していますので、実はだれも住所を知らなかった。

というスゴイ オチがあったり・・・。

 

今回の内容は、

森の里にお住まいのみなさまの意識の高さを見ることになりました。

自分の里は自分で守る。守るためには基礎知識が必要で

その基礎知識のアドバイザーとして、参加いたしました。

IMG_0184.JPG

大人の粘土

IMG_0172.JPG

お寺の雨どい(床面にあるけど、雨どいかな)を補修しています。

丸い石が敷き詰めてあるのですが、その下側は土になっていまして

浸みます。このお寺の場合、多く浸みすぎてしまうと不都合があるので

しみこむ量を調節するために、コンクリートを敷設しています。

来寺された方は、

「あーあ。またやってんぞー」

 

という感じでしょうか?

今回、やってみて、感じたことは、コンクリートを練るということ

そして、それをキレイに塗りこむという事は

幼稚園で行う、粘土細工そのまま である。

ということ。いやー。娘の方が上手いぞ?

 

コテを使ってならすのですが、

その前に砂と砂利とコンクリートと水の配合が

上手いと、コテでならす時にとっても、ラク

逆だと、難なんです。

 

こんな 当たり前のことが理解できるのは

施工の後半。しかも、日時も後半

終了は、夜間になってしまいました。

 

完成まで あと すこしかかります。

来寺される時は、足元を・・・・。

2015-10-17

炉を

IMG_0177.JPG

炉を切ってある和室ですが、

現在は寺務を行うために

寺務所として使用しています。

が、事務机やら事務椅子やらで

畳では不具合がでてまいりましたので

板間にすることにいたしました。

為 命輝幸願

IMG_0182.JPG

10月15日 お写経の日だったのですが、

朝からコンクリート練りを始めてしまい

写経の時間になっても、全然終わらず

大変失礼をいたしました。

 

お写経にお越しくださった方々は

願いを込めて1時間かけて 

成就することを願いつつ。

 

応援することが、願うこと。

誰かにの為に、未来の為に

自分の時間を、

命の時間を、詰め込む。

1%

生きた時間の長さではなく

いかに自分が乗り越えるべき課題をクリアしたか、

また、大切な人に与えるべき課題を上手に与えたか?

IMG_0156.JPG

39のありがとう

IMG_0151.JPG

お父さんは、 息子さん二人を連れてお寺にやってきました。

じいちゃんから 無事な成長を託され

39年間、自分を見守ってくださった お人形さん達と

お別れをするためです。

立派に 大きくなれた感謝の気持ち、ありがとうの気持ち

そして、これからは、次の世代をボクが見守る立場として

 

どうか、どうか、二人の息子さんの成長を見守ってください。

じいちゃんから、託された想いのように。

 

ご供養をつとめさせていただきます。

そらの不思議

赤線.jpg

なんと、不思議な 夕焼けでです

お寺の横は ココ数日掘りまくって

ガラ袋だらけです。

そんな中、雲の下側だけ夕日に輝く

さらに、なぜか 一本のスジがまっすく

最大積載は

積載の.jpg

ほぼ毎日 使用中の軽トラ君ですが、

境内の整備用に、砂や砂利、そしてコンクリートなど

一日に使用する量 だけ購入します。

明日は、また、一日使用する分だけ購入。

理由は 最大積載量が350キロなので

この量で、制限いっぱいなのです。

 

楽しみながら、施工するには

自分の体力に合わせた量に抑える。

明日に備えて、同量を購入します。

ものおいる

ものおいる.jpg

お葬儀には 使いませんが、御法事の行き帰りに 防犯活動を兼ねて

使用することもある、古車です。今回はエンジンオイルの交換をしました。

モノタロウブランドのオイル缶も 2個目に突入です。

試験書き込み中

テスト 思うようには動かない。みたいです。 イロイロやっています トライアンドエラー

試験書き込み中

テスト

電気の免状

許.jpg

お寺内の電気工事の許可証を取れました。

(もちろん、一般家庭も可)

技能試験も もちろんでしたが、

筆記試験の為に勉強した時に学んだ点として、

いかに自分が、電気に関して間違った、知識であったのか

わかりました。 

例えば、電気掃除機の電源コードは、

黄色の場所まで引き出して使用しなければならない事

発熱の原因になります。 

 

早速取り組んだのが、軽トラの荷台を照らす作業灯の容量アップ

コンナのを 注文し、設置したのですが、とっても、明るく

屋外での作業が遅れてしまったときに、重宝しそうです。

 

さて

電気工事を行う際には、携帯することが義務づけられている免状ですが、

届いた物は、ビニールのカバーはあるのですが、

基本的には、紙製でして、

耐久性がとてもきになりました。(再発行かな?)

▲このページのトップに戻る