お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

静穏効果

御法事の際に個々に奉納をなされる物に

「 おとうば 」があります。

個人個人が、それぞれに、あの人へ願いを込めて奉納します。

する先は、 お墓です。が、この おとうば がお墓の雰囲気を

増幅いたします。 一般的に いわれる、 「こわい」という感情。

 

斜めに立てかけてあったり、割れたり、風が吹くと バタバタと

音を立てることも多いのです。 

 

おと? まずはこの案件から解消するために

おとうばから、音が鳴る理由を調べます。

風が吹き、板状の とうばにあたると、風でシナルように

振動をはじめる。その振動で、塔婆たて のガイドに

当たるときに、ガタガタと音を立てる。

とうばたて、(ガイドの)幅は、4本入る幅があり、

そこに1本、2本、3本だと、余裕があるので

揺れることができる。 ならば、

揺れないようにすればよろし。

当初は、クサビ型に木を削って個々にはめていく案も

あったのですが、 制作に手間がかかるので断念して

はや、20年。

 

先日、近隣の霊園へ法事に伺ったところ

簡単な方法で、解消していたので早速

マネること にしました。

結果は、以下の通り。

ファイル_001.jpg

結束バンドで しめるだけ。

(写真の墓地は我が家のです)

 

斜めになっていた おとうば も直立で固定でき

剪定ばさみなどで切断することで簡単に開放することもできて、

 

なにより 安くて 簡単。

 

 


 

もしも 当HP御覧の御寺院様は、ぜひともご検討を!

効果絶大。 静穏(←清音)効果抜群

地域への 騒音防止 

(ただし墓地の怖さ感はなぜか激減します)

 

なお、長さは、30センチ程度十分です。

耐候性あるものが良。 (耐候性ないものは、意外と簡単に切れました)

100本が1セットでも千円程。 ご検討

あつも

IMG_2098.JPG

広報あつぎ 

http://ikouhoushi.jp/p/8524

ろぼっとでまちづくり を行っている 厚木市は

ロボット産業特区

師匠と成る

IMG_2089.JPG

お隣の御寺院様で 得度式がありました。

 

白い着物の方が、息子さんです。

背中を向けている人 お師匠さん

横を向いている方が 作法の補佐をしてくださっています。

 

 

私自身が、この場所で、同じように

親子の縁を切り、師匠と弟子として

生活を始めた場所でした。

お師匠さんとなる方丈様も

感、きわまって、言葉を詰まらせることもあり

 

己の時を、自分のお師匠さんの事を

思い浮かべていたのでしょう。

 

自分も、年を重ねました。

そして、自分も次の世代を

見守り、やがて交代するまで。

 

成るまでを 精いっぱい。

暖を入れます

IMG_2079.JPG

修行道場でもおなじですが、

堂内が寒すぎる場合には

暖を入れます。

おなじように、今回長谷寺でも

炭に火を入れました。

 

暖房としては、基本的にファンヒーターを使っていますので

事実上。見た目の暖かさということになります。

 

しかし、道場では本当に 「練炭」だけて

温度を上げますので、スゴイ量を積み上げたりいたします。

 

ふきとばせ

花粉の季節です。

話題は、事欠きません。

症状は甚大です。

 

実感のない 私には、

対策をしても、やはり実感がない。

が、対策をせっせと行います。

 

通常の掃除に加えて

空気清浄機の フィルターを掃除機で

 吸引すると、とんでもない量の花粉を吸い取ることになり、

そのすいとった、花粉は掃除機にへばりついて、

まるでチョークの粉を吸い取った如し。

そこで、登場するのが、ブロアー 君です。

IMG_2076.JPG

サイクロン掃除機内部の遠心分離の部分にへばりついた花粉も

見事に吹き飛ばすこの威力。 10年前の製品とは思えないほど高性能。

 

ただし、屋外でご使用をおすすめいたします。

一瞬にしてチョークの粉(のように)舞い上がり

一面に花粉が飛散します。

スクラッチ

スクラッチ

その昔、父親が言っていた事に

「生涯で車を持つことが夢だった」

そんな時代 があったという事を忘れぬように。

今は、免許さえも持たない時代になりつつあります。

 

運転免許取得も難しかった。

これからの時代、腕につける技能としては

プログラミング が入っているのではないだろうか?

 

スクラッチという 言語があることを知ったので

ひとり事として、記します。

 

時代の変化がはやすぎて。。。。

ミッチェル レズニック

プログラミングはコンピュータの専門家だけのものではなく万人のものであると、MITメディアラボのミッチェル・レズニックは言います。この楽しいデモ満載の講演で彼が示しているのは、子供達にプログラミングを教えるメリットは彼らが新しい技術を使うだけでなく創造できるようになることにあるということです。(TEDxBeaconStreetにて収録)

新車

IMG_2057.JPG

わんこの散歩の最中は、ゴミ拾いの時間です。

ビニール袋をもって行くのですが、

途中で、袋がいっぱいになることが

多々あり、

さらにいうと、意外と 重くなり

袋を持つ手がとても痛くなるほどで

散歩の途中で、拾い続けるどころか

持ち帰るのも 嫌になるほどです。

 

そこで 探し始めたのが

タイヤがついていてゴミを運べる装置、

夢は、自動でついてくる

ラジコン自動車みたいなものですが、

現実には、 一輪車(ねこ?)

いや、いや、それはあまりにも

お散歩というより 建築にちかく

 

次に考えたのが、シルバーカート を

ホームセンターで見ていたら、娘さんに

「やめて〜」と懇願されて断念。

 

こんなのも、よかったのですが、

 

こっちにしたら、 散歩という概念が崩れるので

 

これに 落ち着きました。

IMG_2060.JPG

なにをもって

IMG_1724.jpg

何をもって動物供養なのか

何をもって人形供養なのか

 

ともに 精霊がやどり、 

ありがとうの気持ちと ともに

念ずる。 

さとる

すべてのものには かならず 原因があり

その原因を なくす ことができれば

その原因から生じてきたものも なくなる。

 

苦しみの原因は 欲望であり

より根源的には 無知 である。 

 

 

欲望があり、無知であるから、

私たちは不安で苦しむ。

 

欲望をなくし、無知でなくなれば

私たちは 苦しむことは ない。 

 

成道

 


欲望をなくす と言うよりも、 執着(しゅうちゃく)から離れる。

離れるためには、知らない事を減らすことすなわち、学ぶこと

 

自分が ナニ に執着 こりかたまってしまっているのか、

もぐる士

IM_1574.JPG

 

水の中と、坐禅中の 状態が 同じだったことを

思い出す。 

竜宮城

IMG_1797.JPG

用事がありまして、栃木県にきております。

そして、開いた時間を使って

日光東照宮に いってきました。

ひょっとすると、小学生時代の修学旅行以来かな?

と、記憶をだどっても、鳴き龍 ぐらいしか覚えていない気が・・・。

が、あちらこちら、大改修中で

写真を撮れる場がみつからなかったので、

奥の 寺院で、一枚パチリ

 

竜宮城を基にして作られた門で

この先に お墓が あるそうです。

 

かけあし すぎて、よくわかっていませんが、

雪がのこっていて、寒かった。

養生俳諧

歳を取ったら

筋力維持の為

出来るだけ身体を

動かすこと

でも、心は休ませて

ストレスを溜めないように

 

老いぬるは

 立てみ居てみ 身をつかい

 心は常に やすむるぞよき

 

俳諧(はいかい)によって

医学の知識を世の中に広め

一人でも多くの人を健康にしよう

 

まなせどうさん

ボカシます。

黒カビ.jpg

 

とてもではないですが、

ボカシをいれないと 出せない程の

洗濯機の汚れ。

なんとか する方法は知っているのですが、

 

今回も、たわしと 洗剤と、ねじ回しで

分解、清掃をいたしました。

おわってしまうと、とっても キレイ

 

なのですが、 要は、

ならない ようにすることが大切で

ならないようにするには、

置いてある 場所という

環境を変えること

 

仏教的に言えば

原因があるから、結果になる

普通に言えば

湿気があるから、カビが増える。

 

もとを変えることがなによりの対策。

(と、いいながら、もとの場所に戻す・・・)

ダメじゃん・・・。

 

最近分解清掃が、とっても早いのよ。

(電気工事士の資格もとれたし(笑))

ないしょのはなし

海老na.jpg

じいちゃん ばあちゃん から贈られた お人形の数々。

「あなたに そっくりだから」 と渡された かわいいお人形さま。

 

無事に 私も 大きくなることができました。 

 

「ありがとうの気持ちをこめて」

ご供養を つとめさせていただきました。 

 

おままごとに つかっていて 壊してしまった

あの日の事を教えてくださってありがとうございます。

 

物を大切にする心 は

心を大切にする事 として

今、受け継がれている事を

あなた様をみていて 感じました。

ばあちゃん じいちゃんからの 思いを

そして、失敗しても、ただの失敗ではないことを

 

次の世代の子たちへ、小さくても多くの失敗を通して

経験する場を育んでいただければ ありがたいです。

 

失敗という経験は、とても大切なことで

その時にどうするべきなのかを学べるから。

木の上で見守る 親という文字は 

真を打つ。

白灰

IMG_1710.jpg

千枚の束が2冊 

二千枚の般若心経の おたきあげ がおこなわれました。

 

今回は要望により、御本人が

自ら 行いたいということで、

御祈祷の後、良き日を定めて

おこなわれました。

 

 

その昔は 千枚目のご供養を いたしておりますので、

今回は 1001枚から3000枚まで。の2千枚分

 

書くには時間がかかるけども 燃やすとなると

 

「あっという間だなぁ〜」

 

という心境を話されておりました。 

 

紙を大量に燃やすという作業は

実は、難しいものです。

 

大量の燃えカス や

大量の燃え残りが 出てしまうものですが、

 

70の歳月を重ねる おかたですので、

私よりも数段 いや数十段も火の扱いは心得たものです。

 

最後には、美しい白い灰だけが残っておりました。

 

 

ゆっくりと 丁寧に 

自分で志(しる)した お経 を

一枚、また 一枚と。

 

 

現在は さらなる高みに向かって

3001枚から ご自宅にて続けておられます。

 

まことに尊い 行を修める 修行でございます。

合掌 

キットできる

きっとデキル.jpg

鈴木さんにお手伝いをいただきながら

本堂の窓を(簡易)二重サッシ化

作業をしています。 できあがりは

十分な性能が出ていると

なんの、実証試験もすることなく

体感から、報告します。(本当か?)

 

キットでも、できる 二重サッシ化(簡易版)

 

あたたかい おてら めざして

(まだまだ・・・か?)

午後のぬくもり

わんこといっしょに.jpg

午後の 温かいひざしの中

わんこといっしょに すごしていると

先の 奥のほうに、おおやまが見えまして

よーくみてみると、なんだか寒そう

寒そうで、しかも、太陽の光で輝いて

みえましたので、カメラを持ち出して

撮影してみたのが この写真

 

山頂は極寒.jpg

 

樹氷か? という 極寒の世界が 撮影できました。

 

長谷は雪にならなくても

大山山頂では、雪になり

溶けることなく、木々を

覆っています。


生まれた者であっても

これから生まれる者であっても

一切の生きとし生ける者が

幸福であるように

 

スッタニパータ 147

 

この世に生まれた以上

誰もが必ず幸福になることができるし

また幸福になる努力をしなければならない

たとえどんな境遇であったとしても

どんなにつらいことがあっても。 

 

 

 

素直がいちばん

配信中の.jpg

 

長谷寺で「素直が一番」 ユーストリーム番組の会場となりました。

観音さまといっしょに すなおな会話がすすんでいます。

http://www.ustream.tv/channel/A56XnhcUQhQ

ぬくもり写経

冬わ狭く.jpg

お寺は寒くて当たり前。

誰に聴いても言われる言葉

 

いやいやいやいや、・・・否

ながねん お寺に住んでおりますと

やはり あたたかい お寺が いい・・・。

と 軟弱なことばかり 考えております。

 

ので、やはり、2月1回目の写経会

寒さ真っ盛り。 襖を付けて 狭寺での

お写経会を させていただきました。 

 

途中、「熱い」 という意見と共に

エアコンの温度を下げたり、

「寒い」という思いに、「囲炉裏に炭火」を入れたり

調節に余念がありません。

 

もっと 適格に 温度の調節ができるといいなぁ。

(もっと早くから調節しておけばいいのはわかっているのですが・・)

 

今回は3人でお写経をさせていただきました。

 

なお、人数が増えても 大丈夫でございます。

心が整う 長谷寺のお写経会

次回は、 2月15日 月曜日 午後1時からです。

 

▲このページのトップに戻る