お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

いいんじゃない?

IMG_3880.jpg

今年も無事に咲き始めました。

あわく

濃いピンク、ピンク 白

キレイ

キレイに開いている。

 

それでいいんじゃない。

ぴよぴよ

2F7.jpg

つばめさんは、遠く台湾や、オーストラリアなどの海外から長谷寺に

やってきてくださいました。

ぴよぴよぴよ

猫にも襲われず、カラスにも、邪魔されず、台風にも負けない場所に

お家をつくり、 卵をあたため

ひよこがうまれました。

 

お口を ちからいっぱい広げて

おかあさん(おとうさん?)を待つ姿に

 

自分は、しっかり親を出来ているか?

と、考えてしまいます。 

 

元気に育て!

そして、何百キロ、何千キロの旅を

無事に渡りきってほしい。

御奉納2

IMG_3786.jpg

6月座禅会の日に おもちくださいました。

ヤマモモ です。

 

御主人をなくされ、荒れていた庭を

在りし日にくださった恩を返すため、

日々剪定をされている方が、

 

「住職わかんねーだろー」

ということで

お持ちくださいました。

はい、食べたことなかったなぁ

 

座禅会の時、来寺くださった方々と一緒に

頂戴しました。ありがとうございます。

 

それに気をとられて、右下に見えるお供物を忘れてしまいました。

座禅会のお菓子にとお持ちくださった品を

うっかり、 そのまま、本尊様においてしまいました。

 

翌朝、確認すると、 昨日お話しされていた大雄山最乗寺近くの

天狗茶屋さんの 道了餅でした。

IMG_3787.jpg

大変もうしわけないことをしました。

つつしんで、ごめんなさい。

背を正す

IMG_3780.jpg

IMG_3782.jpg

平成28年6月25日

6月の座禅会を開催させていただきました。

 

静かに座る。一か月を見直す。

やり過ぎていないか、怠けていないか?

常に自分を見つめ、共に学ぶ者と座ることで

自分の位を確認する。 

 

背筋の伸ばし方の相談を受けました。

通常は壁に向かって座りますが、

たとえば、壁を背にして座ってみる。

和の部屋の場合は、柱に背をつける間隔。

 

骨盤(おしり)と

背中と

頭を壁にあててみる。

これが、なかなか、あたらない。

私自身も、気をつけないと、頭が前傾していることがあります。

 

 

背を正す

補強してこそ。

IMG_3764.jpg

三姉妹を見守り続けた お雛様。

ご供養をつとめさせていただきました。

お雛様はもちろんですが、

大切に補強された 段ボール箱。

 

毎年、誰が お人形様を出すのか

そして、誰が、お人形様を仕舞うのか

 

毎年、話し合っていたそうで、

大切な家族を見守ってくださったお人形様です。

 

頑張りすぎたかな?真面目すぎたかな?ちょっと悲しいけれど

上でゆっくり されてください。

ご供養をさせていただきました。

 

合掌

向上心もつ友人

IMG_3772.jpg

本気で英語。

次回は、平成28年7月22日です。

本気で英語201606.pdf

前傾と後傾を補正

IMG_3751.jpg

事務椅子には2種類がある。

座面が前傾のものと座面が後傾のものが。

現在座っている椅子は、後傾のようで

どうもしっくりとこない。

新規で購入することも考えたが、

今回、矯正できるであろう補助器具を買ってみた。

効果 は、まだ わからない。

しかし、たしかに、骨盤は固定される。

これが、どれほどの効果を生むのかは

これから、時間をかけて 体感するとする。

永い想い

IMG_3738.jpg

お人形様ではありませんが、

長年 想いを込めた品は、

ご供養をした方がよいものもあります。

 

今回は、お人形ではありませんが、

丁寧に、供養をつとめさせていただきました。 

ちがいます。

2016-06-13

IMG_3888.jpg

桑田二郎さん著です。


年代が違います。

大きさが違います。

単色と二色刷りで違います。

 

IMG_3889.jpg

 

・・・・・・違います。

 

インターネット経由だと、

中身を見ずに購入すると

こんなこともあります。 

 

とっても勉強になります。

住職系

2016-06-12

住職系女子

IMG_3887.jpg

私にはちょっと難しいかな?

マンガ図書にいたしました。

しったかぶった。

おてらとしょかん

IMG_3762.jpg

しったかぶった。

 

うーん。まだ、読んでない。

ロングセラーの三部作。

心にズドーン

おにいさん

おてらとしょかん

 

 

IMG_3750.jpg

 

2006年に刊行されたものなのですねぇ。

事前に読んだこともなく、

おとながいです。 

いいのか? という内容に、

読んでいて、

「これにこれだけの時間を費やしていてもいいのか?」

と、ただ、単に笑っている自分。

 

早速、お寺に置いたところ

かなりの方が読んだことがあるようで、

 

「あっ セイントおにいさん だぁ」

 

と ほぼ、100%女性から 

お声をいただいております。

映画化もされているんですねぇ。

てらとも28年度

EPSON00410.jpg

寺友28.pdf

今年もやります!

おてらで おてらを たのしむ

ゆったり のんびり お気軽に

おこしに なってね

青い講習会

青パト防犯講習を行いました。

http://patrol.blue/

長谷寺(の駐車場)は、青パトの停留場でもあります。

一台の青パトを運用するためには、多くの皆さまのお力が必要です。

長谷の自治会さんと協力をしながら、防犯活動をしています。

今回、自治会の防犯担当者の入れ替えもあり、

厚木警察署の尽力により、お寺で講習を行いました。

IMG_3664.jpg

この講習会は、以前までは、2年に一度再講習が必要でしたが

これからは3年に一度の講習で済むことになりました。 

 

安全を観音さまも みまもり中です。

蛍袋

IMG_3650.jpg

本堂の 目の前に、

ほたるぶくろが育っています。

雨の中、とっても美しく、元気に広がってきました。

 

その昔、この長谷寺の 長い谷と書くがごとく、

山の中でしたが、開発がすすみ、蛍が住めるだけの

清き水がなくなり、現在は、ほたるのかわりに

ほたるぶくろ さんが、輝いております。

 

時代を超えて、環境にあわせ、見方を整えて、いまを照らす。

私は 他の為に照らすことができているだろうか・・。

 

自灯明法灯明

てづかおさむ

送られてきた誌面にこんな記事がありました。

「おてらの漫画図書館」

長谷寺にも、皆さまが 読めるように本棚を用意してあるのですが、

ちょっと、カタい。 そして自分自身が、ちょっと古い感覚なので

マンガ なんてのは・・・。という、自分の中のズレもあり、

この発想にたどりつくことができませんでした。

 

コンセプトは「仏教をマンガでわかりやすく」

 

良いことは、さっそくやってみよう。

ということで、大人買い というやつです。

IMG_3682.jpg

ちょっと 旧式の時代のものです

(映画化決定とは、いつごろだろう・・?)

基本はここから、集めはじめました。

御来寺の時は、時間的な余裕をもって

仏教を読みにきてください。

手塚先生ありがとうございます。

少なくも紫陽花

2016-06-04

IMG_3595.jpg

他のおてらさんにはかないませんが、

小さな長谷寺でも

あじさいを育てています。 

毎日手入れをしてくださる鈴木さんに感謝しながら

梅雨のこの時期を笑顔に変えてくださいます。 

 

この密度は、お寺の敷地に由来していまして

本来はもっと、空(す)くほうがいいのですが、

敷地と、珍種をおもちくだる 皆さまからの 想いが

もりだくさんで、現在の状態を生み出しております。

 

過密状態で、湿度がこもり、目が届かないので 一層

蚊が発生しないように、そして、蜂(はち)が巣を作らぬように

点検することが大切でもありますね。

 

裏方の美学 隠れた作業、鈴木さんいつもありがとうございます。

日中、お寺におこしの際には、鈴木さんにも ご挨拶をお願い致します。

ゆっくり書

IMG_3574.jpg

写経会は午後1時からはじまります。

だいたい午後3時にはみなさん書き終わります。

 

ゆっくりと 山をたのしみながら 一歩(一筆)いっぽ 登る気持ちです。

がぁ、

あっちバタバタ、こっちバタバタとしていると、私の場合

つい、開始するが午後1時40分あたりになってしまい、

みなさんが書き終わる時間を逆算すると

猛烈な勢いで書き込む。そんな写経も

写真を斜めから写し、画像を小さくすると、キレイに見えたりします。

 

お寺からのお願いとしましては、

住職の都合もあり、ゆっくりと 書いてねぇ(笑)

▲このページのトップに戻る