お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

ことば

目に触れ 

耳に聞こえるすべてが

仏道の道しるべであり、

生きた文字である。

この世のすべてのものが

あまねく仏道の真理を語っている。

 

過去を追うな。

未来を願うな。

過去はすでに捨てられた。

そして、未来はまだやって来ない。

だから現在のことがらを

それがあるところにおいて観察し、

揺らぐことなく動ずることなく、

よく見きわめて実践せよ。 

 

悟りは修行の先にあると思いがちだが

修行と悟りは一つのものであり

悟っているからこそ修行をする。

「修証一如」

仏にお任せすれば、仏が私たちを育ててくれる。

だからそれにしたがっていけばよい。

仏に育っていく。

 

努力をすれば幸せになるのではなく、

幸せだから努力できる。

 

お寺を大きくすることが目的ではなく

お寺を作っていく過程が楽しいのです。

 

勉強を極めることが目的ではなく

知らない事を知る過程を楽しむ。

木をくばる

IMG_5535.jpg

午後、植物がはいりはじめました。

午前中は、カロートの上に、名板(みょうばん)が乗りまして。

墓石としては完成です。

この区画の長所は、

緑が豊なこと。 ええ、職人さんが、ガッチリと作りこんで

くださっています。この地に生えていた植物を念頭ですが、

果実がなるのも要望にいれてみました。

大小さまざまな高さで、自然を演出。

そのために、まずは仮の配置の最中です。

 

庭師の職人さんたちも、

とっても、楽しそうに、木の向き、角度、

あっちに置いたり、こっちにもって来たり、

以後の剪定が楽なように、三脚が立つ場所には

ちょっと、高くなる木を 考えてくださっています。

 

気配りとともに、木を配っています。

かたよる

IMG_5536.JPG

海老名中央図書館に 本を返し、また本を借りてきました。

建物を外からみると、屋上にプラネタリウム用の

ドームがあるので、4階にあがると、

子ども用のコーナーでした。

ドーム型のスクリーンはそのままなので、

機材を持ち込むと、天体放映ができるそうです。

現在も企画として、放映をしている模様です。

 

さて、本日借りました本は10冊。

 

わかりやすいほどにかたよっています。

一冊だけ、ジャンルが違うのが

本命か?(他はカモフラージュ?)

 

2週間で 読み切ることはできずとも

延長や、返却することで、

自分の中の興味を膨らますことができます。

 

ひさしぶりに、 図書館

いってみませんか?

まだまだ

IMG_5500.jpg

まだまだ、途中です。

まだまだ、変化します。

まだまだ、植栽がはいります。

まだまだ、ご迷惑をおかけいたします。

まだまだ・・・・。

 

まだかな〜。

Rの法則

先日NHKのEテレ(旧教育テレビ)さんが

来寺され、人形供養の撮影を致しました。

守秘義務の為、放送2週間前からしか

告知ができないそうで、

本日、放送日が決定したそうです。

10月6日 18時55分からの30分の中のひとコマ。

番組は 

http://www.nhk.or.jp/rhousoku/

です。 

 

小こけし多

IMG_5480.jpg

厚木市森の里から おこしになられた、おひなさまです。

むすめさんは、無事に成長され、

このたび、結婚をなされ、 おひなさまたちは

お役目をしっかりと果たされましたことも

お話しいただきました。 それよりも、 凄かったのが

IMG_5502.jpg

ちいさな、こけしの 数々です。

旅行の思い出なのでしょうか?

さまざまな、木の置物からも

ひとつひとつたましい抜きの式をしたところ、

 

IMG_5501.jpg

もの凄い 数になりまして、本堂が けむり で真っ白に・・・。

 

そして、合わせて仏壇の閉眼供養もつとめさせていただきました。

メンテ職人

IMG_5481.jpg

 

元気にうごいていた コマツPC−03 

エンジンスターターの電磁クラッチ故障で

不動産物件に・・・。 販売店に電話すれば

速攻で、メンテ職人さん到着、

アッという間に、故障個所の特定 分解、交換 取り付け

これで、 元気に うごいてくれます。 

 

ちいさくても、人力にくらべると、ものすごい働きです。

感謝しながら、つかっております。

たからものを

IMG_5385.jpg

 

おかあさんと、むすめさんの宝もの。

おとうさんが、預けにこられました。

かんのんさまに 願いを託し

ゆっくりででも、あゆみをねがいます。

ご供養をつとめさせてただきました。

 

次回は、ぜひとも 先に046−247-7884へ

お電話を お願い致します。

蒸たまねき

IMG_5383.jpg

比較的、キャンプ(野宿)はすきです。

幼い頃から、たき火が 身近な生活をしてきたからでしょうか?

とっても、大好きです。

 

火を使うことは多かったのですが、

食事にまでつながることは少なかったのかもしれません。

 

しかし、火を使う以上

無駄にすることはもったいないので、

その昔、購入したのが、ダッチオーブン。

サビていたので、メンテナンスを行って

久しぶりに調理です。

 

とっいっても、玉ねぎを まるまる 蒸した だけですが

お野菜キライの 次男 君が、ホクホクの

玉ねぎを2個 たべてくれました。

 

うーん。

ダッチオーブン 偉い!

 

ということで、ちょっと 間違えて ひと回り 大きな

IMG_5386.jpg

物も、購入してみました。 

外箱ボロボロの12インチを5000円で。

使い続ければ 安く、 使わなければ、無駄遣い。 

 

お寺のみんなで食べれるように、 何度も繰り返し練習して

 

おいしく いただけますよう、精進します。

定期的な

IMG_5375.jpg

定期メンテナンスです。 

三菱の洗濯機、プラスチックの上蓋は

劣化が進んでいますが、

今回も、内部の清掃です。

 

IMG_5376.jpg

開けてびっくり、 いつものごとくですが、

影になっていると思えば・・・。

ただの よごれです。

今までは、ブラシや たわし、など、手作業で掃除を進めていましたが、

ふと、 持ち物検査を(頭の中で)しましたところ

 

 IMG_5378.jpg

あるじゃん。 高圧洗浄機が!

さっそく、 ブシューっと 清掃をすると

 

IMG_5380.jpg

あっという間に、ぴかぴかです。 (これは洗濯スクリューの裏側)

洗剤を使わず 水だけ

しかも、毛先の長いブラシを使わずとも

 

狭いブロック状の個所の奥の汚れまでキレイ。

 

が、しかし、飛び散る量も、ものすごく、

外へもち出せる個所のみ使用。

 

そして欠点としては、洗浄機の設置、洗浄、撤収も含めると、

以前の2倍以上の時間がかかってしまいました。

 

(奥深くに、洗浄機を保管しているので、時間がかかりました)

9月21日はヨガ

9月21日 本日はヨガの日です。

IMG_2232.JPG

季節を感じることができる 四季のヨガ。

秋は身体を動かすのに最適なきせつですねぇ。

IMG_2229.JPG

これは、8月17日の画像ですが、

住職の私も参加して、硬くなった身体(と頭)をほぐします。

 

 

IMG_2225.JPG

この日は、ヨガ常連の方が、自宅で作ったスイカを

お寺に御奉納してくださいました。

 

IMG_2226.JPG

うーん いっぱい!

 

IMG_2236.JPG

ヨガ終了後、皆さまに手渡され、 作り手 と 受け手 

 

いただく感謝の心と 

差し上げる布施の心が

結ばれたひと時でした。 

 

財施と法施と無畏施(むいせ) これを合わせて 布施といいます。

財施とは、財産である金品であったり、スイカなど、物を贈ること

法施とは、先に知りえた知識や、ヨガの方法等を伝えること

無畏施とは、敷居が高く思ってしまう、お寺も怖くないから来てみてねと、背中を そっと支え、応援すること。


四季のヨガが素敵な笑顔が生まれます

素直な笑顔は、人々を喜ばします。

貴方の笑顔は無畏施です。

無畏施の布施を してみませんか? 

 

四季ヨガは、事前申込は不要 午後7時(の10分程前)に

御来寺ください。 

料金は、千円(初回だけ蓬莱山倶楽部入会金千円が別途)

 

(以後の日程は、長谷寺HPのカレンダーをご参照ください)

 

分けて解る

分解 

わけて わかる。

 

VHSの プレーヤー 生産を 止めてしまった

という、記事を思い出しながら、

 

故障してしまった機械を分解(廃棄)しました。

IMG_5264.jpg

今から思えば、デジタル チックでもあり、

アナログ 風でもあり、

古き良き時代が 終わったのかと、

考え込んでしまいます。

テープに斜めに録画するために

傾斜してつけられた、回転式のヘッドには

安価の製品でも、正確に回転続けるモーターが

内臓されていたことを分解して 初めて目にしました。

 

IMG_5267.jpg

古き良き時代の

高性能な品を私たちは知らずにどんどん 捨てて しまう。

そのまえに、 ちょっとだけでも、中を見る

先人たちの智慧が

 

よくわかる だからこそ、

わけて、わかる。

分解 

ニトリの

IMG_5504.jpg

本日の 一冊

鈍重でもいい、一歩一歩前へ進め。

 

ロマン

ビジョン

意欲

集権

好奇心

 

が、あれば、だれでも成功できる。

(おび より)

雨でも

IMG_5246.jpg

お墓づくりの作業は 雨でも続いています。

本日は、お寺の屋根のある場所で、

雨を避けて組み立ての作業です。

雨の日は、雨の日なりに工夫して

どんどん作業が進みます。

 

これは、お骨が入る箱(カロート)の部分。

4枚の御影石を組合わせ固定することで

十分な強度と耐久性を発揮する模様です。

 

この部分は、土の中に設置されるので、

一般には、納骨の時にしか見ることがナイ

部分です。

 

通路が確定

IMG_5229.jpg

お彼岸会のご案内をお手紙にて郵送いたしました。

今年は9月19日午後2時から開催いたします。

その手紙の中に、

「お彼岸前後に完成します」と記しましたので、

おてらに来たみなさん、

「大丈夫?」と声をかけてくださります。

 

だいじょうぶです。 

前後です。

「前」も含まれますし、「後」も含んでいます。

 

だから だいじょうぶです(なにが?)

確実に前進していますから・・。

 

さて現状のお写真です。

通路をかたどる ピンころ石の設置が完成です。

夕涼御話会報告

8月27日に開催された

第3回 夕涼みおはなし会の報告です。

S__9166850.jpg

小雨まじりの天候に

一時はどうなるか思いましたが、

時間となり

徐々にみなさんがあつまりまして

 

楽しいお話と共に

有意義な時間を

みんなですごすことができました

あらためて

おはなしポケットピースのみなさま

おつかれさまでした。

 

S__9166851.jpg

母の思いを継いで

IMG_5249.jpg

お母さんが、おとうさんのご供養を毎日していた仏壇です

娘さんの代に変わっても、欠かさず毎日ご供養を

なされていました。が、

純和風な姿が、現在の部屋に似合わず、

悩んだ末に

デザイン仏壇にへんこうされました。

ので、

お寺で抜魂式をつとめさせていただき

あらたなる仏壇に移っていただきました。

 

例のごとく、この仏壇も

お寺の本尊様の前に一昼夜

お飾りをさせていただき、

明朝さらなる回向をつとめ

 

しばらく後に、おたきあげをさせていただきます。

とびらをつける

IMG_5217.jpg

長谷寺にも 法事の後にお食事ができるように

庫裏といって、お寺の隣に家があり、

そこの一階で食事や、待合等に使える部屋があります。

が、

住職等が住居している2階へ直通でして、

一階をより活用できるように区切りを入れてほしい

という要望があり、 自作でつくってみました。

IMG_5224.jpg

まだ未完成ですが(取っ手がついてない)

あかりは通りますが、音や風が抜けないように

区切りをつけることができました。

 

(いろいろと考えながら作っていたら、2枚目の撮影が夕方になりました)

更新は?

営業さんが来寺されました。

お寺のホームページを見てから

おこしでした。

ここを詳細に読むと、どこで生まれて、どこの学校で

などと、全部読めますのでリサーチ済みでした。

 

営業に来た種別としては、

現在、お寺で活用する予定が

ない品でしたので

ご遠慮をさせていただきました。

 

しかし、飛び込みの営業でも

しっかり調べてからアタックを

なされる姿勢に凄さを感じました。

 

最後に、ホームページは

更新しないのですか?

 

と質問でしたので、

それをネタにかいているよー

(みてるかー??)

 

また来てねー(笑)

ピンコロ

IMG_5176.jpg

歩道にピンコロがならびます。

その通路を横切るように棒が入っているのがわかるかな?

石原デザイン設計、自動散水システム用の水道管です。

 

とりあえずは水道を使用することになりますが、

やがて(1年後?)、手作業で、(業者さんに任せず)

井戸を掘ることになりそうです。

(水道料金も連続して使用すると、バカにならない金額になりますものね

(笑)

 

お寺の屋根に落ちた雨を活用する方法も考えたのですが

お寺の屋根は、銅板で出てきています

のて、 緑青(ろくしょう)といって、酸化することで

銅板は時間がたつにつれて、七色に変化していきます。

変化するときに、薄くても毒性を持ちますので、

残念ながら、散水にはつかえないのです。

 

ーーーー

って、田の地面の高さから、約10メートルも

上がっているので、水脈まで、何十メートルになるのか?

(そもそも水脈はあるのかな??)

歩く道

IMG_5171.jpg

白いラインの内側を均等に掘ってから、

砂利を入れて固めてます。

これが、歩く道になります。 

 

歩道の周りに、お墓ができますが、

まずは、しっかりとした、歩道をつくり、

歩道の両サイドに、ピンコロという石を巡らします。

この小さくて四角い石だけでも、何百もあり、

トラック付属のクレーンで、駐車場に

パレットでおろし、そこで梱包をはずして、

少量を一輪車に乗せて、作業してくださっている

みなさんが、動力なしで、降ろします。 (人力にて)

IMG_5172.jpg

今回、かなりの石量を一気に搬入しています。

8トントラックと2トントラックに積載ギリギリの

重さの量を、 手作業でおろすのは

見ていて ハラハラするほどに、大変そうです。

 

いつもありがとうございます。

頭を柔軟に

9月6日

IMG_5175.jpg

小学校 3年生の 宿題がむずかしくて、

どうしよう 考えこんでしまいました。

 

答えは漢字が一文字入ります。

 

頭が固くて、 なかなか、答えにたどり着かなくて、

難儀をしてしまいました。

久しく車検

2016-09-05

IMG_n5162.jpg

あゆころちゃん から 仮ナンバーをお借りして 行ってきました

車検場(8月は忙しく車検が切れてしまった)

IMG_5164.jpg

あまりにひさしぶりなので やり方をすっかり忘れていて

市役所と愛川町にある車検場を3往復 

書類の確認や、車の確認を怠ると逆に時間がかかります。

IMG_5163.jpg

13年経過した軽トラもまだまだ現役で

あちらこちら指摘をうけながらも、

無事に合格

 

まだまだお寺の護持に活用させていただきます。

残念ですけど

IMG_5183.jpg

おうち(家)が、手狭になりまして、

残念ですけども、 ご供養をお願いします。

 

ご近所さんから、お願いをされまして

ご供養を務めさせていただきました。

 

とてもしっかりとしたひな人形で

ケースも、桐の箱に整然とならび

気品ただよう お人形さんです。

 

ご供養をさせていただきました。

もんちっちは

IMG_5121.jpg

バスに揺られて 電車に乗って、さらにバスに乗って

段ボールを抱えて 長谷寺の階段を上がり切った時には

汗だくで来寺くださいました。

 

ミッキーは おとうさんが

モンチッチは おかあさんが

送ってくださったお人形さんだそうです。

 

もんちっち が居ないと

ミッキーは 前に倒れてしまうので

 

おうちで飾っていた時も

同じように、いつも一緒の

飾り方で 整えていただきまいた。

 

ひとつひとつに 思いがあり

ひとつひとつに 愛がある。

 

一つひとつを ご供養させていただきました。

描くように

2016-09-02

IMG_5119.jpg

コンクリートがはがされて平らになった場所に

絵を描くように、ラインをいれます。

ここに柔らかな曲線を描いた墓所ができます。

(曲がったのではなく、曲げているのです)笑

 

今回お願いしました 業者さんは

石原デザイン研究所 さんです。

http://www.kaza-hana.jp/

英国チェルシーフラワーショー6年連続金賞受賞

(イギリスに行くだけで大金だが、

花や植物を持参するので大金がかかる)

 

お寺の墓地が劇的に変わるのを

たのしく見守ります。

▲このページのトップに戻る