お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

困りごと

あさ 

三番目の娘が

この 動画 を見ていた。

私は 音声だけ 聞いていた

あっちこっち 聞き取れなくて

直接見てみた らヴぁ とっても 耳に残った

まる一日 同じフレーズが 流れ続けた

と いう 話を 家族にしてから

リズミカルな 動きを 再度見ていたら

妻に 怒られた

「うるさい」 と

どうやら 頭の中で なり始めてしまったようだ

 

表題は

赤ちゃんが 泣きやむ cm だそうな

 

https://youtu.be/7sP7MHMWFC0

 

kincho の 困りごと

えひめけん

IMG_0302.jpg

大和市からお持ちくださいました お人形さんです。

もとは、えひめけん。

地元を離れてから、なかなかお飾りできませんでしたが、

自分の成長を見届けていただけたので、

むすめとしての おひな様としては、ありがとうの気持ちと共に

元の形にお戻りいただく ご供養をつとめさせていただきました。

そして、むすめさんも年を重ね、母となり、

次の世代の為の おひなさまは、

今の環境に即した形の品で 

見守ってくださる模様です。

 

時代は、どんどん 流れるもの

しかし、善き成長を願う親心は

変わらぬ ものですね。

 

想いを受けて、

想いを贈り、

想いが届く

ご供養を

うつりかわり

IMG_0175.jpg

朝は、晴天。

前日の雨が空中の埃を落とし

スカッと、キレイな大山がみえます。

 

IMG_0184 (1).JPG

日没には、おおやまのシルエットと共に、

雲が夕日に照らされます。

 

IMG_0179.jpg

ふと、後ろを見れば、お寺の裏側まで、夕焼けの美しさが

満ちておりました。

 

何気ない一日も、じっくり、ゆっくり観察すると

驚く日々の積み重ね

 

うつりゆく今をかみしめる。

弓矢も

IMG_0150.jpg

ひさしぶりにおかざりです。

昔を思い出しながらの

おかざりです。

小さいころに、

おかあさんと

いっしょに

丁寧に

思い出しながら、

IMG_0153.jpg

背中に背負う、弓矢も

誰が どれだか

思い出しながら

最後のお飾りです。

 

いままで、ありがとう。

そして、これからも

せいいっぱいに

 

観音様に、願いを託して。

つみき

平成28年12月禅

IMG_0112.jpg

IMG_0113.jpg

年度末、 こころの ふしめとして

御来寺くださり、共に禅を組むことができました。

ひさしぶりの方もおられ、はじめての方もおられましてさらに 

 

IMG_0126.jpg

終わってからは、けん玉による、積み木を披露してくださる

達人までおこしくださりました。

(日本シニアけん玉連盟 監事さんです)

 

IMG_0129.jpg

完成形が、これ

見事にバランスを保っています。

しかも、金に塗られているけん玉は

摩擦抵抗が少なく

厳密な補正を、いともたやすく

こなすところが、達人さんです。

 

心をとぎすまし

こころを、解き放てば

こころ、ひろく

あんじゅう す。

頼まれて

IMG_6260.jpg

持ち主さんはどうしても来寺できなくて

頼まれて おもちくださいました。

 

羽子板の板は桐でできていて

お飾りを外して、板の部分だけ

先にお焚き上げをいたしました。

 

お人形様は、しばらくお寺でお預かりし

燃やせるものと分別してから

お焚き上げいたします。

おつかれさま

ずいぶんと時間がかかりましたが、

ゆっくり はなし ができたことは

ほんとうにうれしいことです。

 

そして、発案を実行、実行、実行

したことは、本当にスゴイことです。

 

人生は、思うようにいかないもので

だからこそ、やってみる価値があり、

やってみたけど、出来なかったこと

それをふまえて、考えて、さらに

やってみると、案外、道がひかけます。

 

話が深くなり、核心に触れた時

気付かないように心にブロックがあって、

それを開くには、やっぱり時間と

忍耐力が必要で、強力なブロックとは

心に深い傷があることで、つらいけど

見つめなおすことが必要です。

 

原因がわかれば、あとは対処を考え

具体的にやってみること、

ただし、やわらかく ね(笑)

 

おしゃかさまは

因果の法則 縁起を説きました

 

今日は疲れたと思うけども

ぜひとも調べてみてくださいね。

荒彫りの

IMG_0039.jpg

郵送の前にお電話をいただき

「どうぞよろしく」とお願いされた

お人形様たちです。

一体一体が和紙にくるまれて

大切に箱づめされてやってきました。

 

荒く削られた木彫りのお人形様には

なにか、深い思いを感じました。

 

丁寧にご供養をつとめさせていただきました。

自分をみてみる

IMG_6131.jpg

IMG_6132.jpg

当たり前ですが、禅を組んでいる自分の姿は見ることができません。

だからこそ、写真で撮影した自分の後ろ姿を

こうしてみてみると、客観的に感じることができます。

 

静かな本堂での坐禅の最中、

「・・・カシャ」と 鳴る音は

自分の姿を映す音。

映った姿が

心を表す

 

己を静かに見つめる時間

 

この日に障子張りを

無理やり 完成させたので

 

写真うつりが好いので

個人的には障子に目がいってしまいます。

 

(すぐに穴が開くのですけども・・・)

ことばは?

IMG_6164.jpg

お送りくださいました、りかちゃん人形

無事にとどきました。

 

さんた さんは 台からはずしたからか、寝かしたままで

おかざりをさせていただきました。

 

りかちゃん人形さんも、観音様とおはなしをしていただきました。

(サンスクリット語?日本語?)

小さな草

IMG_6211.JPG

 

やってみたかった 芝生 です。

今回 造園やさんにお願いをしましたので

冬を迎えますが、順調に 根をはっています。

 

冬をむかえますので、芝生は茶色をしています。

 

みなから 「手入れが大変だよ」

 

と言われた、手入れを しています。 

小さな時に、ちょっと 抜くと、後が らくちん。

 

遠くにカスミがかかったお寺が見えますが、

実は、とっても、近い場所。

写真てえのは、不思議なものであります。

 

小さな草に目線を合わせると

小さなお寺が、巨大に見えてまいります。

いまふうの?

IMG_6099.jpg

お寺の正面が見える場所ですので

意外と良いところに、あります。

樹木葬墓

しかし本堂からですと、

樹木にかくれて、

どこにあるか

わかりません。

 

 

洋風?和風? 

・・・・・・今風? 

優しい子

IMG_6180.jpg

この子はとっても優しい子。

いっぱいシンパイされて

たくさんお友達を作ってもらいました。

ゆっくり時間をかけて

おもいを込めて 

作り上げました。

午後1時からはじまったご供養も

終わってみると、夕日がキレイ

IMG_6184.jpg

「あー。たびにでる時間だなぁ。」

と実感しました。

 

本堂の扉を閉めると

IMG_6182.jpg

おなじ景色が映っていました。

 

私たちの世界の裏側(表か?)も

きっと同じなのかもしれません。

 

だからこそ、今できることを精いっぱい。

なるべくならば、悪いことをしないように

きょくりょく よいことをするように。

できれば ほかの方々の為になることを

 

あっちの世界でも、同じように、

見ててくれている かな?

 

どうか、精いっぱいの人生を!!

押入れがテレビ台

IMG_6003.jpg

押入れを改造してみます。

棚を外し、壁を塗り 今回はカラーボックスを

大量に買い込み、裏の板は接着剤で強固に固定

ならべて、テレビを乗せれば完成形です。

IMG_6004.jpg

必要にして十分な、空間ができあがりです。

(今回はニトリの製品をつかってみました)

人形3箱

IMG_6157.jpg

届きました3箱

お人形さんが綺麗に並び、

包まれるように

大切に送ってくださいました。

IMG_6160.jpg

観音様といっしょに

おかざりを いたしまして

 

ご供養をつとめさせていただきました。

▲このページのトップに戻る