お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

考える 2

IMG_4324.jpg

りべるたさんに、記事がのりました。

おぼうさんと考える その2 でございます。

http://www.liberta.co.jp/

 

初夏秋桜

S__24805405.jpg

初夏に、すでに秋桜がさいております。

2906禅

IMG_4288.jpg

 

一か月はアッという間

静かにすわり

改めて 思い返す。

 

チャレンジをいっぱい すると

経験がいっぱい ふえて

失敗もいっぱい 重なって

ちょっと凹んてみるもの

 

禅のいいところ。

さあ、あなたの一か月はいかがでしたか?

 

長谷寺の坐禅会は毎月1回でございます。

つばめのおやど

S__24805378.jpg

小さかった つばめ さんも、6羽 すくすくと育ち

巣の中は、満杯です。

写真を撮影した その後、

突然全員が「飛び立つ」という

サプライズと共に

今では、元気に、飛び回っています。 

 

さらには、御両親(というか、去年の子達か?3匹で)

は 増築を始めました。

S__24805403.jpg

垂直の壁には、足場があるわけではないのに、

 

懸命に張り付いて、強固な足場を築いていきます。

来年の為に、子ども達のために、増築がすすんでいます。

雨の日は

久しぶりの大雨で

500リットル雨水タンク4個は

満杯になりました。

それでも。降り続く雨

なぜか「もったいない」

という思いが強まり、

 

雨合羽を着込んで早速、屋外へ。

 

雨の日に出来る作業があります。

それは、水たまりができないように

流れる路を作ってあげること。

 

地面をすこしけずって、流れるかを試す

これがもしも晴天ならば、

水をもってきて、流してみて確認

しなければなりませんが、

まるで集中豪雨のごとく

(新幹線が止まりましたね)

どんどん流してくれるので、

確認しながらの

作業がとてもはかどりました。

 

雨の日に、デキル作業があります。

(防水のカメラがないので、写真は割愛)

更新は?

IMGP6471.JPG

HP作成 業者様から、連絡をいただきました。

「更新しないのですか?」

「でしたら当社のHPを」

うーん。更新しているように

見えないみたいです。

 

IMG_6917.JPG

こんな二人も、日々更新され、

デカい

高校1年生と中学2年生をやっています。

(H29年現在)

 

当 HPも 更新 がんばります!

夏至ないと

長靴(タイヤ)

IMG_4031.jpg

軽自動車のタイヤ(長靴)を注文しました。

タイヤだけやってまいりましたので、

ホイールに取り付けます。

20年ぶりの作業です。

工具は25年前のタイヤレバー3本です。 

youtubeで「タイヤ手組み」とか検索すると

いろんな方のやり方が参考になります。

 

20年前には、

ほぼ日常か?というほど、手組みで

タイヤを交換していましたので

意外と簡単にできました。

当時は、解体屋さんから

タイヤをもらってきて

自分の車に取り付けていました。

 

「今回は新品を購入です(笑)」 

 

IMG_4035.jpg

タイヤをホイールに取り付けたのですが、

自転車用の空気入れしかお寺にはありません。

ホイールにタイヤを固定するためには

高圧空気が必要です(ビートをはめる作業)

ということでガソリンスタントへ移動です。

スタンドに到着し、燃料を入れてから、

エアコンプレッサーの借用です。しかし、

空気を入れるバルブを絞める工具がありません。

車内にあった家庭用 電気配線の切れ端を

適当に切って 曲げて、造ってエア注入。

3本は調子良く完了しましたが、

1本は空気を入れるバルブ部分に不具合があり

漏れるので、バルブを分解、清掃 組み付けて

エア注入、漏れを確認し、OKとなりました。

 

 

本日の作業はこれにて。

昔はなんでも手作業ですが、今は専門店をお勧めいたします。

8回寺友圓成

第8回 てらとも 無事に終了いたしました。

 

午前中は、ご参加のみなさんは

少なく 「どうなるか?」

と思ったのですが、

昼ごろから、徐々にご参加が増えだし

S__24805387.jpg

午後には、お寺にも慣れ、

本堂正面 畳に横になり、熟眠されているかた

S__24805394.jpg

観音様の塗り絵されているかた、

 

純粋に話に花を咲かせているかた

梅をザラメで煮込んでお持ちくださるかた

そして

抹茶を大量投入したシフォンケーキを

めしあがりいただきありがとうございました。


中には、

「うわさに聞いていた、この会に参加したかったの!」

という かたもおられ、まだまだ、広報が至らない点も

実感したところでございます。 


ゆっくり おてらで お友達を つくる。

「笑顔のてらとも」 

長谷寺へ御来寺 ありがとうございました。

 

IMG_4042.jpg

熊さんに

IMG_4041.jpg

神奈川県厚木市から 静岡県へおひっこしです。

長年住み慣れたこの地から、新規一転。

娘さんの子。お孫さんを見守るためにも

お引越しです。

40年みまもってくださった 熊さんに

感謝の気持ちをこめて。

ボウフラ抑制

IMG_kkk.jpg

雨水タンクの中をじーっと覗(のぞ)くと

ぼうふら さんが くいくい しているのが

みえました。

これは、いけない ということで、

梅雨入りの最中 乾燥注意報が出る中

散水を行い、タンクの水を使い切り

高圧洗浄機で 洗い流しました。

 

何年も努力して、水たまりを減らし

お寺周辺から、蚊の発生を抑える

努力をし続けてきたのに、

今年、増やすわけには、いきません

定期的な洗浄 そのまえに、

原因の特定です。

じつは、この写真に原因が隠されて

いました。

理由は、蚊は、水面に卵を産みつける

のですが、流れの止まっている水面に

限定されるもようです。

常に流れを作るわけにはいきませんので

タンクに蚊が入れないように

フタをする というのが、正解。

 

洗浄して、早速フタをしました。

さて、どうなるか?

あたりまえ

自主性

自己主張が弱い私たちは外部の影響を受け、

それに執着してしまう。

自分の人生を自分の眼で見て、自分の頭で考えて決める。

世間一般の尺度、他人の尺度で測るのをやめる。

 

物事の本当の姿がわからず、

欲に執着する人を仏教では凡夫という。

 

菩薩は修行中の意

「さあ修行をしてオレも仏になるぞ」というような

ことは考えなくてもいい。仮に「仏」となるのに

ふさわしい功徳を得たとしても、その功徳は

自分が成仏するためではなく、世の中の自分以外が

成仏するために分け配る。

これが 大人(菩薩)の姿。

 

生きるための実践

自分の人生を見つめ、今の人生をどう生きるか考え

具体的に行動する。

仏教を信じてない人も

「自分の生き方を模索する」

という仏教は実践できます。

 

あたりまえ(行)をやってみる(修)

観音様と行を修(おさ)めてみませんか?

積極修繕

IMG_3954.jpg

雨どいからの 水を タンクに貯めています。

(水道ホースは、裏側のタンクに水を送っています)

タンクを置いたので、その上に乗ると

空き巣さんが入りやすくなったようで、

面格子を2本 すっかり、「やられ」ています。

 

ガラスは無傷でしたが、

ナニを盗まれたのかは

わかりません。

(治安を盗まれた?)

 

 

とりあえず、修理です。

IMG_3955.jpg

分解できる場所は分解し、

リベットで かしめます。

 

まあ、同じ事をされてしまうと

外れてしまいますが、

修理することで

 

盗み人さんが

入ったことは

承知。

 

それには対策もしたよ。

と、わかるように積極的に

修繕をしておくことが

大切です。 

変更点

相模自動車検査登録事務所にいってきました。

IMG_3940.jpg

2年に一度の点検の日です。

今回も ユーザー車検を実施したのですが、

変更点が数点。

 

1、相模の場合だけなのか、

専用の用紙、ユーザー車検窓口(正式名わすれた)横に用意があり、それを使用すると、用紙代が不要になることを、初めて知りました。(今まで通り窓口で購入することも(なぜか?)できます)

 

2 納税証明書の証書持参が不要に

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p889424.html

によりますと、条件が整っていれば、不要な場合があり、今回持参しましたが、チェックされませんでした。

 

3 車検の後にリコールの案内を渡された。

はじめて、「リコールですよ」と書かれた用紙を車検後に渡された。

 IMG_3941.jpg


時代の流れなのでしょうか、そのままディーラーに直行して、リコール整備の予約をしました。

ということで、お寺の車も 車検を通過し、2年間継続して使用致します。

寝てます。

IMG_3917.jpg

日々、きもちよく 寝ている ねこさん。

静かに近づいても、うっすら目を開けますが、

知らんぷり。

それでも、直近で凝視していると、

全身で伸びをして、ついでに爪を出して

出したまま、指を置くのもだから、

力を抜いても、爪が引っかかったまま。

(で写真をパチリ)

 

能ある鷹は爪を隠し、

我が寺猫は爪を隠せず・・・。

 

真っ黒だった その毛色も、白髪だらけとなり、

指においては、むしろ白い! という事実。 

 

寝て待つ 猫でした。

芝も法則

IMG_3874.jpg

鈴木さん。

毎日 点検してくださっております。

 

カチカチでコンクリートの下だった 元の土には

そう簡単に、芝がつきません。

水をまき

栄養を加えて

草をとる。

 

まだまだ、芝にムラがありますが

一年目の芝づくりは 続きます。

 

ムラには原因があり

それをふまえて、

対策を調える

やってみて

また 調整。

やがて、美しく。

 

まるで、仏教そのものです。

因果の法則は

芝にもあてはまる。

新緑の季節

FullSizeRender (2).jpg

新緑の季節。 緑がそだってまいりました。

ふりかえってみますと、

2013年には、↓この状態でした。

DSC_0004.jpg

わずか4年間で激変です。

そして4年後には!!(わからん(笑))


今、新緑の長谷寺を 

ご覧になりませんか?

かぞく

IMG_8340.jpg

二年目の春。

つばめ さん達は2度目の子育て

今年は、6匹の こどもたち

 

一番まえの 子つばめ さんだけ

ちょっと小さめ。 

 

無事に大きく、そして

大海原(おおうなばら)を

飛び越え また、来年

きてほしいなぁ。

 

がんばれ ちびっこ!

やってみよう

やってみよう。


朝、家族を起こすのに、

https://youtu.be/UzMamUEdlMI

を 携帯電話で流す。

 

いっしょに歌いたいけども

私は、とてもじゃないけど、

口がまわらない。

 

しかし、元気に 起きることができます。

(笑)

 

(長谷寺の電話回線は、KDDIで、AUの携帯電話に無条件転送されており、何時でも、住職が対応しております(ので法事中は、いきなりお経が流れたりします。(笑)))

桐の箱

IMG_3200.jpg

住職不在時にお越しくださりました。

いつもは 須弥壇にこうして

持参してくださった方にお飾りをしていたいておりますが、

不在時でしたので、桐の箱に収まった

おひなさま を 住職の私がお飾りをさせていただき

ご供養をつとめさせていただきました。

 

阿夫利神社

IMG_3778.jpg

大山 阿夫利神社 本参拝 に初めて行ってまいりました。

日の本(ひのもと)は神が宿り、宿る神を奉(まつ)り

広く 雨を降らし国土の安穏(あんのん)を祈願す。

 

式の最中に豪雨になるのが阿夫利(あめふり)神社ならでは。

それよりなにより、気象状況の厳しい場所に鎮座している社殿は

最高の技術と惜しみなく厳選された材料を使われてありますので

小さな わが お寺には、最高の見本でもあります。

ということで、目線は あらぬ方向へ。

IMG_3774.jpg

階段も 重厚感のかたまりで、

IMG_3767.jpg

廻り廊下も雨水対策で、石でできていました。

 

IMG_3769.jpg

高い目標はまずは かかげる。

そして、長谷寺では どのように改良(低価格化)するか?

思案は続きます。

0%完了

IMG_3781.jpg

定期的に壊れる。

こわれると、今までの努力という経験値が

ゼロになる感覚になる。諸行無常。

なんでも、かわりゆく ということ。

うーん。文明の利器 も。

予備パソコンがメインになりそうです。

(これもウインドウズ8だったりする・・)

▲このページのトップに戻る