お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

お寺カフェH3011

11月7日 午前10時30分から16時

http://smile-happy2.wixsite.com/otera-cafe

電池は交換部品

IMG_2066.JPG

携帯電話の電池を交換しました。

している最中、子どもたちが興味を示しまして、ならば、「お願いします」と一任したところ見事に修理完了です。3年使っているので保障期間もすぎておりますし、内部が見れた子ども達にとってはお楽しみだった模様です。(ここのHPの写真は、この携帯電話で撮影しているものばかりですので、交換最中の写真はありません)

 

なお、お寺に電話をすると、この携帯電話がなります(たぶん)

 

 このバッテリーは法用を間違うと大変危険ですので十分注意してください。最大限注意しても危険を判断出来ないという件もあります。「リチウムイオンバッテリー発火」で検索を

のんびり

のんびり てらとも 

お寺でゆっくりとすごす。 そんな日でした。ゆっくり薪を焚いてお湯をつくり、お芋をふかす、炭でお餅を焼いてお昼ご飯。ゆっくり、昔の生活をなつかしみながら、すごす至福の時間でした。

 みんなで、「昔、食べた物。今、食べなくなったもの」というお題目には、肝油 クジラ角煮 ぐらいまではついていけたのですが、山菜系になると、私は全くの無知だということがわかってきました。食料がない時代、子ども頃は、おやつの代わりに山でいろんな物を食べたなつかしきお話を、みんなでお話をしながら、ゆっくりとすごすことができました。

 来寺くださったみなさま。これなかったみなさま、次回をのんびりとお待ちください。ありがとうございます。

IMG_2169.jpg

ながらく

ながらく おやすみをいただいておりましたHPの更新をはじめたいとおもいます。いろいろなことがもりだくさん。さて、なにを書き始めたらよいのやら。病院にてMRI検査やら、別の案件で別の病院で入院したり、さまざまでございます。まずは、少しずつ、過去に戻りながら、HPの造作(?)をしてまいります。

 スマホからHPを見るとリンク切れの報告が多数あがっており、これも対処していきます。

自分用に

IMG_2179.jpg

パソコンですが、ノート型を使っています。文字を打ち込んでいる最中、左手親指あたり(拇指球?)がタッチパッドに触っているらしく、誤変換を繰り返すので、段ボールを張り付けてみました。右側には、竹串を張り付けて デカいはずのenterキーの打ち間違いを防いでいます。上の方に張り付けてある 「戻 再 先」 は このソフト用です。

 

同じパソコンでも、内部ソフトは人それぞれ、そして、外見も自分用にしていくと、快適に使えるようになりますね。まずは自分の不便の理由をしっかり確認して、それに対応する方法を考える。いろいろ考えた結果、コンナ形に変化する。より使いやすいようにどんどん変化させていくことが、仏教の 苦(不便) 集(不便の理由を調べる) 滅(不便の解消方法を考えて) 道(実際にやってみる)。

 うまくいかなかったら、何度でも改良しましょ。

ふねさん

IMG_2034.jpg

一年かけて作っておりました、「ふねさん」ですが、屋外に出せるところまでこぎつけました。まだまだ、座席ができていなかったり、デッキハッチ(ふた)が取り付けられていなかったり、底面を白色で塗っていなかったり、デッキにロープがついていなかったり、いやいや、オール(漕ぐやつ)も手作りするつもりだから、まだまだだけど、工作室が荷物室に変更されてしまったので、屋外に出た記念に撮影をしてみました。

 お寺横の包み紙に収納されている↓のは

IMG_2045.jpg

そんな未完成な品でございます。(あと50時間はほしいなぁ〜)

せきがえ

IMG_2019.jpg

駐車場に設置してある JRコンテナ(中古品)ですが、場所を移動することなりまして、ゴソゴソと一人でやってみました。フロアジャッキ(車用)でちょっともちあげて、木の枝でつくったコロを入れて、地面が意外にガタガタだったので、合板を敷いて、引っ張る先(アンカー)に、赤い軽自動車を置いて(エンジンはかけない)ワイヤーと、vit wire rope winch800という手動式の機械(チルホール)をつかって、ゆっくりと動かしました。(なにか抵抗があると、軽自動車が引っ張られて移動するから案外安全。) 

 日本には曳家というむかしながらの技法があることも エジプトのピラミッドの作り方も参考にしながらも、昔の人たちはやっぱりスゴイなぁと実感した日でした。

つめあと

IMG_2152.jpg

今年はたくさん台風が生まれましたね。おてらにも直撃でしたが、被害は最小限に。以前飛ばされた瓦は、自分がねじ止めして補修しておいたので大丈夫だろうと思っていたのですが、いや。今回の台風さんは強烈だったようで、改めて点検すると、留めてある瓦をめくりあげるように浮かせていきました。幸いネジ止めしておいたので、飛散することはなかったのですが、重い瓦も次回は再考する時なのかもしれません。

 ちなみに、瓦はJIS規格ですので、色(産地)を気にしなければ、意外とハマります。しかし、なかなか売っていないんですよねー。

▲このページのトップに戻る