24節

立春 2月4日-2月17日頃 梅の花が咲き始め春のきざしが感じられる

雨水 2月18日-3月4日頃 雪が雨へと変わり、雪解けがはじまるころ

啓蟄 3月5日-3月19日頃 土の中で冬ごもりの虫たちが目覚める頃

春分 3月20日-4月4日頃 自然をたたえ、生物を慈しむ日

清明 4月5日-4月19日頃 すべてのものが清らかで生き生きとする頃

穀雨 4月20日-5月4日頃 穀物に天からの贈り物の雨が注ぐ頃

立春 5月5日-5月20日頃 爽やかな風と美しい緑が茂りはじめる頃

小満 5月21日-6月4日頃 太陽の光を浴び、生命がすくすくと成長する頃

芒種 6月5日-6月20日頃 稲や麦など、植物の種を蒔く頃

夏至 6月21日-7月6日頃 一年で一番日が長い頃

小暑 7月7日-7月22日頃 セミが鳴き始め本格的に暑くなる頃

大暑 7月23日-8月6日頃 一年で最も暑さが厳しく感じられる頃

立秋 8月7日-8月22日頃 秋の始まり、残暑見舞いに変わる頃

処暑 8月23日-9月6日頃 朝夕には涼しい風と虫の声が聞こえる頃

白露 9月7日-9月21日頃 夜中は大気が冷えて草花に朝露が宿る頃

秋分 9月22日-10月7日頃 昼と夜の長さが同じになり、秋が深まる頃

寒露 10月8日-10月22日頃 夜が長くなり露が冷たく感じる頃

霜降 10月23日-11月6日頃 北国や山里では霜がふり始める頃

立冬 11月7日-11月21日頃 木枯らしが吹き、初雪の知らせが届く頃

小雪 11月22日-12月6日頃 雪がふり始める頃

大雪 12月7日-12月21日頃 大粒の雪がふり始める頃本格的な冬の頃

冬至 12月22日-1月4日頃 一年で最も昼が短く夜が長い頃

小寒 1月5日-1月19日頃 更に冬が厳しくなる頃

大寒 1月20日-2月3日頃 一年で一番寒さが厳しくなる頃

 

あらためて 一年の短さを実感し、旧暦だと、今がどんな頃なのかと、自分で確認したくて記載しています。あっという間でございます。

ゆっくり

彼岸花は定例で咲くのが常ではございますが、今年はちょっと遅れぎみ(なにがあったんだろう)9月23日現在の写真です。まだまだ芽が出始めた時点ですね。

IMG_5852.jpg

そして!

IMG_5935.jpg

そして9月27日現在です全開です満開です。写真撮影は今でございます。長谷寺で、彼岸花がおまちでございます。

ご質問に

ご質問がありまして、

その船はなあに?

これだよ

と報告をしたかっただけでございます。

べつには

こんなものもあるけど

やっぱり未完成で

あと数日分の気力が・・。

 

というムダなる御回答です。

雑巾がけ

明日は秋彼岸供養の日です。午後2時からですが、事前準備をおこないました。具体的には本堂の清掃。掃除機をかけて雑巾がけ、椅子を用意し、窓を拭き、外回りを高圧洗浄し、芝の手入れを行いました。(草むしりまでは届かず)

 台風の影響なのか、床がザラつくので、雑巾がけを行うのがマイブームな状態でして、たくさんの雑巾を用意して実行しています。基本は水にぬらして拭き始めるのですが、途端によごれまして、汚れた面は裏返して掃除はするのですが、再度バケツで洗うのではなく、ちょっと贅沢なる使い方として、そのままに次の雑巾を使用します。となると、大量の雑巾が必要なのですが、これがまた、たくさんあるものですから、ひとりでたくさん使います。たくさん汚れた雑巾は、以前分解清掃していた、洗濯きが屋外用となりましたので、活用です。雨水タンクも常備ですので、雑巾と雨水と洗濯き(洗剤はつかいません)で一度に洗い、天日で干して、明日また使うを繰り返す。雑巾がよごれた分だけ、キレイになった部分が増えたという ちょっとした充実感のために、 雑巾がけが嬉しい(マイブーム)です。(洗濯きの「き」は検索をかけるときに、このページを除くためです)

 

IMG_5828.JPG

ubuntuにて画像編集の練習をかねて、UP そーいえば、本堂外まわり清掃の時に邪魔だったのでカナディアンカヌーを移動しました。(こうやって見るとデカイなぁ)

電源部分

旧式のノートパソコン G475 にOSをubuntuにて作動させていたのですが、引っ越し時に電源コネクタ部分をぶつけて充電不良のため動かなくなったのですが、PC裏フタのネジを全部取り外し、分解、電源コネクタ部分を確認したところ、自分修理が可能でしたので、整えて修理完了。約1年ぶりの起動で、OSのアップデートがとにかく長いこと。そんな時は、一晩そのままに。明朝に再起動することで運用できる状態になっていました。旧式のパソコンですが、キーボードが手になじんでいるのか、とても気持ちよく入力ができまして、うれしくて 記事としてUP こんなちょっとしたことで、ブログ再開のきっかけになるか?、という電源部分の修理のお話でした。

寺院改善

携帯電話用表示の方法が把握できず、UP作業が停滞しています。しかし、本日も寺院内改善は続いており、不具合箇所の補修を実施しました。長谷寺本堂は敷地の関係で、二重構造になっており、地階があります。地面の下ですので、湿度調整の為に常に風が流れるようになっていますが、うまく作動していない箇所があったため大幅に改善作業を実施中です。

 見えない箇所ではありますが、寺院改善は続いております。

▲このページのトップに戻る