おねえちゃん

IMG_1239.jpg

お姉ちゃんへのご供養です。

長女として大きくなったけど

お姉ちゃんが居たこと。

お姉ちゃんが欲しかったこと

いっぱいあそびたかったこと

一緒に旅行に行きたかったこと

たくさんたくさんつめこんで

御供養です。

 

今は、ママをやっています。

家族の大切さ

いのちの大切さ、命をさずかる神秘さ

いのちを育む大変さ。

素直についてきてくれた息子への感謝や

パパへのありがたさ。

ぜーんぶ つめこんで

 

おねえちゃんのハートを胸に

 

手動の箱

駐車場の「コンテナ」を移動しました。

 朝から庭の木の枝を多量に切り、コロを制作。そして、ジャッキで持ち上げて、コロを敷く。赤い車を起点としてチルホールで引く作業を繰り返す。(コロ「転」重い物を動かすとき、下に敷いて移動しやすいようにする丸い棒。)

 途中、2トンガレージジャッキが崩れるように曲がってしまったため、分解して、ハンマーで修正する時間に30分程かかったりと、ゆっくりと作業をすすめ、夕方には子供たちに手伝ってもらいながらすすむ、終了は雨が降り始めた、夜になりました。

 まあ、動力を使わずとも、それなりに物(者?)があれば何とかなるものです。重すぎるので、荷物を軽トラ荷台に仮置き移動するだけでかなりの時間を要したり(戻すにも時間がかかる)。軽量化したつもりでも、2トンのジャッキが壊れる程の重さだったりと、やってみないとわからないことが楽しいです。

 作業時は安全を優先します。優先するということは、不具合の原因を探る時間が必要ということで、その原因を特定。対応策を考えてから、今度は対応策を実行していると、「あれ、今日は何をやるんだっけ?」などと迷宮に入り込むのもまた、実際にやっている人の楽しい特権です。

IMG_1225.jpg

今回ガレージジャッキが曲がったのは、持ち上げたままコンテナを曳いたからであって、主原因は作業工程のミス。そして遠縁として重さ、結果曲がった。

 まさに、仏教「因縁果(いんねんか)」。当たり前を素直に受け止め、それをふまえて「ならどうする?」と、自分で考えて相談して「やってみよう」いう教え。行を修(おさめ)るのが、修行(しゅぎょう)。

 長谷の観音様は私たちの修行を笑顔で見守ってくださいます。

しあわせを

IMG_1180.jpg

令和2年10月15日 コロナ禍で中止しておりました写経会。ご予約制としてではありますが、はじまりました。

10月1日は、広報がならず、1名様での開始でしたが、本日は4名様(住職合わせて5名)にてお写経をつとめることができました。

 なんでしょう? 書く事のしあわせ。 書けるだけで、幸せを感じるのはなぜなのか、書きながら考えました。が、考えても浮かびません。実際に幸せを感じたから・・・。

 お写経が終わって 小さな茶話会で、その謎がとけました。お集まりくださいました一人ひとりが、再開を心待ちにしていたことを。ご自宅での自粛生活の中、集まることを控え続けた日々の事を思い出しながら、いかに普段の生活が楽しいことだったのか。

 お釈迦様が受けた感動。苦行だけでは さとることは出来ず。苦行をぬけたからこそ、普段の生活が しあわせ だと感じられるということ。贅沢を尽くすのではなく、ゆっくりと普段であった生活に整えていくことができればと実感したお写経会でした。

 

 窓をあけ、換気に気をつかったり、間をあけたり、そして人数調整のために予約制とさせていただいたりと、時代に対応しながら。お写経会、はじまります。

 遭えるしあわせを 友として。

御円成

IMG_1162.jpg

弟さんが お姉ちゃんのご供養として 水子像をお持ちくださいました。おかあさんが、毎日ご供養なされていたのでしょう、お線香の色に染まっています。

 ご自宅を次の皆さんに贈るため、思いたくさんのお人形様をご供養をつとめさせていただきました。合わせての水子さまのご供養でした。

 私たちの身体もあっという間に返す時が来ること。ちょっと先に進まれた水子様。おかあさんが贈ったお線香の香りは、やさしさにあふれ。やさしさと共に御円成(えんじょう)です。

ピクニック

IMG_1018.jpg

水子さま へのご供養には、すこし多めにお菓子をもってきていただいております。あの子と一緒にピクニック。そんな気持ちでお菓子をもってきていただいております。一緒にすごした日々。そして一緒にすごせなかった今。さびしさを たのしさに変えて ママの笑顔をこの子に贈る時間を大切に・・。

 今回、粘土をかえてみました。

広いヨガ

IMG_1107.jpg

ひろーく 開くように、人数を抑えてはじまりました、四季のヨガ。今回はお線香の香りよりも、畳の香りが気分を調えてくださいました。クリスタルボウルの清らかな音色が本堂に広がり、ストレスという尖ってしまった心と身体を、やさしくつつみます。観音様のやさしさと共に 広くゆっくり四季のヨガが始まります。

じゆうな縁を

IMG_0913.jpg

携帯電話でひさしぶりに撮影してみました。

 

さて、なんでしょう?

 

平等院の鳳凰堂ですね。 

 

ええ、10円玉です。

 

(ちょっと傾いてますね)

 

自粛もあって、極端に拡大して見てみました。

 

10円を じゆう円 と読みたく。

自由な縁が戻るよう。

10月から小さく「観音様の寺子屋」を再開いたします。

はじめは、少人数を守るために、

かんのんさまに 前もって ご連絡をと。

(ご予約いただきながらの再開です)

 

 

不便をおかけいたしますが、

choukokuji@gmail.com 


「いきますー」 っと一筆。

 

(名前もつけてくださいね。笑 )

▲このページのトップに戻る