電話いろいろ

永く使いすぎた携帯電話。更新することなく約5年間使い続けていた模様でして(内部の不具合部品は交換していましたが)、今回AUさんからUQさんへ変更することになりました。AUさんの時代には、転送料金は無料でしたが、UQさんになると、転送料金が有料になるもようなので、悩みの電話相談等、超超長電話には対応できなくなりますのでご了承ください(結構なお値段なので)。な、場合には、来寺くださるか、wifiをつかった連絡方法になってくるとおもいます。ちょっと調整しながら、思案中。

霜の柱

IMG_2548.jpg

寒くても雨も雪も降らず。霜柱にもなれなかった土たちも、グングン伸びました。硬く締まった土の部分も多い為、水分が浸透することができないので霜柱になれない箇所もまだまだ多いのが現状です。これからお寺に緑を増やす予定ですので、もうすこし霜柱の箇所が増えるよう土をやわらかく、水がしみわたるように工作をしていきます。まだまだできること、やりたいことがいっぱいな、途上のお寺です。

やってみる発条

IMG_2508.jpg

おくるまの話です。

長年つれそったビッツ君も12万キロを超え交代したのが現在のお車です。それも無事に1年の点検を終えまして、ここからは少しじぶんなりに調整します。

(販売店では、以下の件製作店に伝えますと言われましたが対策はできないとのお達しでした(泣))

 基本5人で乗ることを考えての1000ccなので車体の大きさは十分ですが、軽量化に特化したのか後部ドアは全面プラスチックだったりと、とにかく軽いことが最優先。軽い状態が前提のサスペンションに大人が5人乗ると、後席のばねが縮んで凸凹を直接伝えてしまいます。それをなんとかしようということで、ゴム板をタイラップでいろいろしながら実験開始です。

写真で見ると「ひげ」みたいに見える箇所はキレイに切り取って干渉しないようにしてあります。

左右合わせて1500円で、さあて効果はいかに!

換気を交換

IMG_249-0.jpg

現在お寺は小さいながらもトイレは2か所あります。一か所は皆さま用。そしてもう一か所は事務さん用です。今回は事務さん用のトイレの換気扇が年季をむかえまして、定期交換です。軸の油が切れたまま使い続けた結果、軸の摩耗許容範囲を超えたのか異音がでるようになっていました。5か月前に分解して注油して延命を講じていたのですが、2度目の異音で交換を決断。

dvf10j2の移行版 DVFT10Lへ 大きさはおなじ。しかし30年の間に多くの改良が重ねてあって驚きの連続です。 主に驚いたのが、気密性へのとりくみ。 初期型のフラップは付いてます的な。新型のフラップは逆流はさせません的にピッタリ密着。気密への考え方も進化したのをおなじ形式でも時代の流れを実感できました。

 私も観音様も新たな時代に対応しながら(できてないけど。。)前にすすみましょう。

令和3年1月禅

IMG_2481.jpg

IMG_2482.jpg

令和2年1月 坐禅会

 

照明の関係でとても明るく見えますが、室内は減灯中です。障子の外側を照らすライトの為に日中のになっています。(というより暗くないねえ)

 夜7時から坐禅ですので、外は真っ暗です。まだ冬ですね。一月の31日間のことを 正月というのが正式ですが、お正月の気分も抜けた1月27日の記録です。一か月を振り返り、年越しを思い出すと深夜の鐘を前倒ししたため、年を越した実感がなく、あっけなく1月1日になったような気分でした。毎日の掃除は欠かさず。(三が日は福を掃いてしまうので掃除をするなと師匠からは言われていたのも忘れて毎日せっせと。)

 年頭祈祷も無事に重ね、おふだの発送。ステイホームもあって、スキーは辞退。ストーブの部品を正確したり、日常とかわらぬ日々を思いだしながら、禅を組む。後戻りはできないけども、ふりかえって、確認をして、改善できた点を参考に前に進むためには、まずはふりかえること。立ち止まることが大切で、次の目標が見えてきます。さあ、2月の節分からが本格始動を

常夜灯を

IMG_2479.jpg

長谷寺駐車場に 街頭を設置しました。夕方になると自動で点灯します。常夜灯モード約10%の出力でお迎えをします。そして、お車が入ってくると100%に変わることで安全安心と省エネを実現(と書けば良い感じ。まあ一般的には防犯灯というもので、2ワットから12ワットに移行します)支柱をありあわせの品で作ったので(ゼロ円)見栄えが悪いのがたまに傷。これから予算計上の上、しっかりとしたポールに昇格するのはいつの日か?

もってて良かった電気工事士

午前1時に

いそがしくない。なのになぜ午前1時に更新しているんだろう??忙しくはない。はずなのに、1つの事をきっちり行おうとすると、時間がかかる。効率?悪いかも。でもね、時間をかけるとかけた分だけ、品質が上がるんだ。横文字にするとクオリティーなんて言うと、品格が上がったように見えるものです。

 手間をかけてゆっくり深く実行する。これがまた楽しいもので、他人からは無駄に何回も同じことをくりかえしているようにしかみえない。むしろ進んでいない。いやいや、後退しているようにしかみえない。しかし、行っている本人は真剣そのもの。こうやってみよう、ああやってみよう。こうした時にはダメだったから、その場所ではああやってみよう。なんてことばかり。

 やることないなら、深く掘ってみると、すごくやることが増えます。

IMG_2471.jpg

 今回は、壁にネジを打ち込んで、パソコンモニターを設置する件です。壁面テレビと同様の方法ですが、アタッチメントは手作りで問題ありません。しかし、ああでもないこうでもないと工夫していると、壁は穴だらけになりますが、穴をあけた分だけ、下地の木材が確認できて、より強固に設置ができたりします。

 今回は、立ったまま、パソコン操作がやりやすいようにと、かなり高めに設置しました。高くしたはずが、意外に低くて何度も取り付け、取り外し。繰り返しながらより善くなってきています(ほんとうか?)

 時間をかけていると、午前1時なっていた件。

 

ならば最速で!

献血は予約を

IMG_2455.jpg

午前中、街中に行く用事ができたので車を駐車場に停めてお使い。終わって時間がありましたので献血ルームに行きますと、予約制になっていました。蜜を避けるために、制限をしている模様でした。残念予約をしていない為、席が確保できるのは2時間後。今回は断念しました。話を聞くと、午前中は満席になっている事は多いですが、午後の時間帯は空きが多く予約なしでも可能な時が多いとのことでした。みなさま、午後がおすすめでございます。

 まあ、写真はその12時間後に撮影したものです。今夜も1時間、青パトでパトロールを実施。深夜の時間帯でありましたが、出歩いている人数はかなり少なく 安全安心にちょこっと貢献できたかな?

 

献血はご予約を

分解清掃

IMG_2435.jpg

3回目の分解清掃です。

ご愛用中の携帯電話ですが電池の持ちが悪くなりましたので、定期交換です。今回も標準仕様ではなく増量タイプ(要するに社外品の格安タイプ)を選択。接着テープをはがすのに手間取りましたが、(正規の方法ではとれなかったので、ドライヤーであぶって、接着力を弱めたところで、引き離そうとしている写真だね)無事に分解、交換、修繕。した結果、電池の持ちは変わりませんでした。

 持ちが悪くなったのではなく、常駐アプリケーションが電池を消費していることがわかりました。その後、ちょとした隙に60センチ程のところから硬い地面に落としてしまい、ガラス類は問題なかったのですが、振動モーターの固定が外れたようで、マナーモードにすると揺れるのではなく内部で踊っているような盛大な異音がするようになり、家族から「変えた方がいいよ・・・、本体ごと」と、くぎを刺される状態であります。(モーターだけ交換しようとしていることを見透かされている・・・)

 まだ動くもん!治せるもん!と心の中で思いながら、無言で原因究明を仮想で調べています。現状になるには必ず原因と要因があって、それを修正や補正すれば元の性能を発揮できる。これを仏教では、業といいます。結果にはすべて行為が伴います。 原因があって結果がある。という、あたりまえをあたりまえとして受け止めて、んじゃあ どおするよ?となるのであって、仏教とはそれを素直にうけとめることが一番大切で、いちばん基本の考え方だったりします。まさに日常そのものです。

 モーターを交換しようと見透かされたのはなぜだろう?

必要な分だけ

IMG_2429.jpg

駐車場の暗さが気になりまして、電灯を増設しています。常夜ではなく、必要な時に適所を明るくなるように工夫してみます。

雨が吹き込んでも漏電しないような品を選択

 日本のみならず、世界的に 活気が薄れています。いや、明るすぎたのかもしれません。暗くなったのではなく、必要な所に必要な分だけ明かりを灯す。観音様ならどうするか?ご先祖様なら何を云うか?足元が照らせるように身を引き締めて。今できることを 少しずつ。

 

電気工事士試験

新入りさん

新入りさん.jpg

新入りさんがやってきました。工場の路地から保護されていた女の子です。ご縁がありまして、お試し期間を無事に経過し、家族になりました。先輩わんこは、興味津々。しかし、猫さんは、わんこが怖いみたいです。さて、もうすこし、もう少ししてから、観音様の招きねこ さんとして皆様にお披露目する時が来るとおもいます。コロナが早く収まりますよう。まずは、新入りさんのご紹介でした。

 

茶トラ女子

超自然観?

宗教とは ういきぺであ によりますと、

人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念 とあります。

 

少し違和を感じるのですこし。

おしゃかさまは、ありのままを受け止める 

それができないから 悩む。 その

悩みをほどく方法をわかりやすく伝えた人。

(自分が中心とは思っていない) 

(素直に観る。自然を超えない)

(超自然に観じて受け止めるかな?)

なるほど と思える方法が整っているけども

自分も含めてなかなか続けることができない。

 

つづけることができないなら、みんなでやろう

と、あつまったのが サンガとよばれてて

日本では 集落に一つお寺が建てられた。

 

人間の力が強大なわけではなく、さまざまご縁で

今を生きることができていることを素直に感じる。

その、上でやってみたいことについて、やってみる。

どちらかといえばみんながイヤがることよりも

みんながウレシがる事の方が プラスポイントが

たまる。嫌な事すればマイナスポイントがたまる。

(みんながウレシイが基準)

業(ごう)という表現だったり、カルマ という

表現だったりするけど。行動が全部記録されていく

その記録を持参して帰宅した時、自宅で家族が

みんなが見ていた。と、すると?

いい事やって来たらば、 笑顔で迎えてくれて

ヤバい事やってたら、小言を言いたくなる。

 

この自宅を身体を返して帰宅する場(死後)と読み直すと

ヤバい事やってたら、そりゃ地獄にかんじませんか?

 

じゃあ、ヤバいことって何よ? ていうか、

指針みたいなのがあるの? あるんです。

摂律儀戒 (しょうりつぎかい)

ざっくり、悪いこと以外をやりましょう。

ていう。ざっくりとしたお約束が。

 

これじゃわからん ということで

この場合は?とかあの場合は?とか

おしゃかさまに、はじめの頃は聞いて

いたのですが、自分の身体を使える時間も

かぎられているから、別の方法として

みんなで相談してやってごらん。

と、サンガ、日本では集落に寺院ができた。

で、こんなときにはどうなの?

と、いろいろ検討したところ、曹洞宗では

とりあえず 16個のお約束を守ろう

という方針で 基準となる 約束ができた。

(この約束を守る人の名を戒名と呼ぶ)

しかしこの約束が、簡単なのもあるけど、

人によっては意外と難儀なものもあって、

簡単に破ってしまう。

(例、激怒しちゃだめ とかねぇ)

破ってしまったのはしょうがない。

破ったことをそのままにせずに

「ごめんなさい」と自分で反省。

坐禅とか瞑想とかマインドフルネスとか

しかし、速攻性を感じないから謝る場を

サンガと言って、寺院といったり

して、じゃあ改善方法を考えて

それをやってみよー。と相談の

担当として住んでいる人を住職

と言ったりします。

 

失敗を、素直に謝って「ごめんなさい」

でリセットする場がお寺で、パソコンも

リセットすると、調子がよくなるように、

自分のココロの調子を整える専用の場所です。

(整えるのに、坐禅や写経や読経や掃除等)

ココロが焦るのは、素直に受け止めていない時

でも自分では何で焦っているのかわからない

わからないのをひとつひとつ解くには

相手がいてくれると手助けになります。

 

じゃあ、気持ちよく前に進むにはどうするよ?

というのは、また今度。

▲このページのトップに戻る