お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

揺心

心が落ち着かない時。

 

 人の言うことに左右されて、心が落ち着かない。という相談がありました。私にもそんな時期がありました。自分に自信が持てない。そんな自分が換わることができたのは、お釈迦さまの教え。まずは、ありのままに見ること。自分の現状を素直に見てみる。いわば、ダメな自分をしっかりと把握、確認する。正確にみて、それを納得すると、心がドーンとおちつきます。その方法が、坐ること。寝るのではなく、立つのでもなく、すわる(坐す)。これがとても効果があります。イケてない自分を、ありのままに見つめる。でも、自分なりに努力してきた今までのことに納得する。

 さて、ではそこからどうするか?今までの自分から変わるには、一つでも違ったことをやってみる。そうすると、それが失敗だったか、成功だったかは結果という形で帰ってくる。効果がなかったのなら、この方法ならば効果はないということが分かってスッキリする。その時によーく考える(坐る)。じゃ、ほかのやり方でやってみる。そしたら、結果という形で帰ってくる。そしてよく考えたり検証したりする(坐る)それをふまえて、またやってみる。どんどん変化していくことの楽しさは、経験値という自信がついてきます。

 まずは素直に見つめる時間(坐禅)を大切にしてください。

1)問題点を確認

2)なにが問題点なのか理由を集める

3)その問題点を解決する方法を考える。

4)出てきた方法を実際にやってみる。 →結果となって、さらに次の課題(苦)も同様にくりかえす。1を苦 2を集 3を滅 4を道 苦集滅道 これを四諦といいます。宗旨宗派にこだわらず、あたりまえの事を、善く生きる方法として、おしゃかさまを学んでみませんか?

▲このページのトップに戻る