お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

今という時

2019年03月02日

IMG_3462.jpg

形あるもの いつかは 壊れる。

ということで、水没したまま作動していた2号機が 終わりをむかえ

一号機の不具合は、ベルトの破断だったので、2号機から移植し

1号機を再使用開始です。アナログ時計の利点。ひとめ みれば

時間がわかる点。

 ついで不動となった 2号機の中身を拝見してみました。

IMG_3464.jpg

当たり前ではありますが、文字盤の下には、カレンダー用の文字盤が

全体を見るとなぜか、驚きに変わります。

見えない箇所が 見えるということ。

マジックではなく、理詰めで動いている

私たちをとりまくすべてが、

無駄なく一つ一つが精巧な縁で支えられ

今があること。見えない(見えていない)縁で

支えられて、私たちも今という時(とき)をすごしています。


今という一瞬を大切に

▲このページのトップに戻る