お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

仏壇の付属

お仏壇を新たに購入した際、ご自宅におもむいて、本尊様やお位牌に魂入れをします。末永くみまもりくださり、そして感謝の気持ちをこめて水を差し上げ花をたむけ、蝋燭をつけて、お線香を焚いて手を合わせる。ここで注意してほしいのが、火の元です。その昔の方々は庭でたき火が出来た時代がありました。いつの頃からは、危険となり、環境問題として火を扱う方法を伝えることをやめてしまいました。多くの経験を通して学べる事も 経験がないと、ひどく怖がったり、散漫になったりするものです。そんな時に安心材料としての、消化器です。

これからお仏壇を御自宅で拝む時は、消化器も付属物としておすすめいたします。

▲このページのトップに戻る