五色砂利を洗う

 庭に撒いたはずの砂利がいつの間にかなくなっている。そんな経験をお持ちの方もおられるのではないでしょうか?お寺の境内整備ばかり約50年続けていると、いろいろと無駄に経験を重ねることができます。今回は、五色砂利を再利用しようというお話です。

 「五色砂利」を購入した30年前は、寺院再復興の最中で敷地には「何もない」という状態でした。樹木もなく、駐車場も泥だらけ、お寺ではなく仮のお堂はとりあえず作ってはみたものの、庭も、墓地もない状態でした。

 何もないならとりあえず、今後の手間を考えると、石庭だ。ということで、敷地にブルーシートを張りまして、五色砂利を入れました。近所のホームセンターから20キロ入りの五色砂利を運び込みますが、軽トラの積載制限は350キロ。17袋しか載せることができませんので、何度も往復して敷き詰めた思い出があるからこその再利用です。

 ちなみに、ブルーシートを貼る理由としては、砂利が土の中にどんどん浸透してしまい、数年すると、土の庭に戻ってしまうのを防止する為と、雑草の繁殖を防ぐことが目的です。結果、見事に雑草の繁殖を抑えることができました。が、歳月の経過はすごいもので雑草はなぜか生えるようになります。

 ブルーシートは直射日光にあたらなければとても頑丈で、ほぼ劣化しません。よって、下からの土ではないのです。ではどこから来た土か?実は雨や風に運ばれて来た土が堆積し雑草の種とともにそこから生えてきます。こんなところでも大自然を実感し、「すべてにつながりがある(縁起)」というお釈迦様の言葉を思い出します。「その状態となるには原因と間接的な原因(縁)がある」その30年分の汚れを落とそうというのが、今回の作戦です。

 

ふるい(ステンレス製 園芸フィルター粗目)でざっくりと土や小石と分離。

コンクリートミキサー(まぜ太郎 amz-30y)に砂利と水を投入。

水は雨水タンクから(スイコーホームローリー500L)

砂利の移動には一輪車(ノーパンクタイヤ推奨だよ)を使用します。

 

3回ほど水を入れ替えながら、ガラガラと洗うことをくりかえすと、綺麗な状態に戻ります。水は泥水になりますが、土の部分にゆっくりと撒けば、土と水は自然に吸収分離されます。

 

 コツとしては、少量ずつ行うことです。石や水は自分の想定よりも重いものだということと、短期間で終わらせようと思わないこと。(と、自分の体力との相談です(笑))一輪車はノーパンクタイヤへ交換をおすすめ。欠点は積載時に少し重く感じますが、毎回空気圧を点検する必要がないのは利点。さあ、ゆっくり、やすみながら、楽しみながら自宅の庭いじりを、はじめてみませんか?

▲このページのトップに戻る