しあわせを

IMG_1180.jpg

令和2年10月15日 コロナ禍で中止しておりました写経会。ご予約制としてではありますが、はじまりました。

10月1日は、広報がならず、1名様での開始でしたが、本日は4名様(住職合わせて5名)にてお写経をつとめることができました。

 なんでしょう? 書く事のしあわせ。 書けるだけで、幸せを感じるのはなぜなのか、書きながら考えました。が、考えても浮かびません。実際に幸せを感じたから・・・。

 お写経が終わって 小さな茶話会で、その謎がとけました。お集まりくださいました一人ひとりが、再開を心待ちにしていたことを。ご自宅での自粛生活の中、集まることを控え続けた日々の事を思い出しながら、いかに普段の生活が楽しいことだったのか。

 お釈迦様が受けた感動。苦行だけでは さとることは出来ず。苦行をぬけたからこそ、普段の生活が しあわせ だと感じられるということ。贅沢を尽くすのではなく、ゆっくりと普段であった生活に整えていくことができればと実感したお写経会でした。

 

 窓をあけ、換気に気をつかったり、間をあけたり、そして人数調整のために予約制とさせていただいたりと、時代に対応しながら。お写経会、はじまります。

 遭えるしあわせを 友として。

▲このページのトップに戻る