お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

2909禅

IMG_5737.jpg

 

きもちよくすわる。

ととのえてすわる

ととのうまですわる。

一時停止するためにすわる。

自分をみつめる。

おごりはないか

うぬぼれはないか

自分を忘れていないか。

 

ただすわる。

共にすわることで

ととのうことがあります。

 

ひきつづきの茶話会は

毎回 もりあがるのは

自己をみつめたから。

2908禅

IMG_5289.jpg

8月の座禅会は、住職の都合により9月3日に実施しました。

(H29年9月分は、25日にあります)

 

まずは静かに すわる

初めて方も 久しき方も 定例の方も ありがとうございます。

 

終わってからの お話です。 

広島と長崎の違い 3600km国道の旅

お灸のはなし 三足のワラジ 富士3 陰徳のはなし

教えるために、見えない所でものすごい努力をしている件

自分でやって見せ やらせてみて ほめてみせ

アンガーマネジメント 建設的に怒る(叱る?)

 

ともに坐したからこそ できる はなし。

独坐が大切 対話も大切。今を大切に。

2907禅

IMG_4762.jpg

前日に、今年収穫のスイカを奉納くださいました。

そして、本日の座禅2部会にて、皆で頂戴いたしました。

畑に植えたスイカの種から伸びたつるの先端に出来た

このスイカは、見事に 甘く 自然の恵みを分けてくださいました。

鳥につつかれぬよう、イタチに盗られぬよう大切に育ててくださり

ありがとうございます。観音さま にかわって感謝の意でございます。

さて、坐禅ですが、7月ということもあり、空調を入れたのですが、

おわってみれば、外の方が涼しくかんじました。

朝晩は涼しくすごせていますね。

 

伊豆の集落でのんびりした話

あじさいの剪定が難儀な点

雨の日の屋外プールは貸し切りの件

ETCレーン追突の件

AIの話もでてまいりました。

 

夜坐は その後がおもしろいのであります。

次回は、議題が用意されております。

みなさまの智慧を拝借させていただきます。

2906禅

IMG_4288.jpg

 

一か月はアッという間

静かにすわり

改めて 思い返す。

 

チャレンジをいっぱい すると

経験がいっぱい ふえて

失敗もいっぱい 重なって

ちょっと凹んてみるもの

 

禅のいいところ。

さあ、あなたの一か月はいかがでしたか?

 

長谷寺の坐禅会は毎月1回でございます。

2904禅

IMG_3160.jpg

4月の坐禅会です

私にとって

今月は激動の月でした。

一つの役職が終わり

一つの願いを叶えるために

努力を始めました。

 

今月の再確認

己を見つめ

来月を楽しむ

 

来月はちょっと早くて

5月23日に開催いたします

2903禅

IMG_1129.jpg

IMG_1130.jpg

6人集まれば

6人分の人生があり、

たった ひと月 なのに、

えーっ と。いうほどの事があり、

ケガをされても治る怪我でよったと感じたり、

同期がガンになってて、はじめて感じる不安や

純粋に人生を楽しめる年齢の方もおられたり、

新たな職場に転勤して本来の業務に戻るかた

土と楽しく格闘している方もあり、

 

一か月、じぶんなりの せいっぱいを みなさま

楽しんでおられます。

 

もし、 

人生、楽しんでいないようでしたら

長谷寺の夜坐に 来ませんか?

びっくりするくらい、人生の道は

100通りだってあることが実感できます。

 

今の自分をかくにんする日、そして

次の自分をそうぞうする日。

長谷寺の坐禅会。

 

来月もおまちしております。

2902禅

実に、このお寺の電気スイッチは不可解です。

消そうとすると、別の所がつきます。(笑)

坐禅の前に東司(トイレ)までの通路の

電気をつけると、なぜか消せなくなる

直観的には消せない

微妙な場所にスイッチがありまして、

今回は、廊下の電気が点灯した状態で つとめましたが

これも、また良いものです。

IMG_0689.jpg

障子の不思議さ、部屋を仕切れるけれども、

あかりが届く。

常にみていると、もっと使える方法があるはずなのに

まだまだ、楽しみつくせていないことのひとつです。

 

IMG_0690.jpg

身を調えることは、案外むずかしいことです。

こうして写真でみていただき

各自が自分で調整するのも

また 一つの方法

 

IMG_0691.jpg

 

おわりましてから、 座談会ですが、

午後7時から午後9時までの座禅会ですが、

はじめの40分が坐禅で

のこりの80分は座談です。 

 

囲炉裏にあこがれて創った手作りの火鉢の炭で

おもちくださった おもち をあぶって

いただきました。

 

禅の後で 火力が落ち着き(弱って)すぎていて

それこそ、ゆっくりと、膨らむ姿をみながら

 

おはなしをいただきました。

これが、80分。あっという間に

すぎてまいります。 

 

一カ月に 一度の座禅会。

坐禅は自分をみつめなおす時間。

できたこと、できなかったこと

こころのもやもやも

かくにんしてみる。 

 

7人 7色。普段の普通の生活も

他人にとっては、ものすごく新鮮な事で 

悩みをポンとうちあけてみたり、

納得できないことを話してみたり

それをサラッと受けて答えたり。

 

こんなことやってみた、または

こんなことをやってみたい。

 

御自分へのご褒美が 

長谷寺の ざぜんかい 

つみき

平成28年12月禅

IMG_0112.jpg

IMG_0113.jpg

年度末、 こころの ふしめとして

御来寺くださり、共に禅を組むことができました。

ひさしぶりの方もおられ、はじめての方もおられましてさらに 

 

IMG_0126.jpg

終わってからは、けん玉による、積み木を披露してくださる

達人までおこしくださりました。

(日本シニアけん玉連盟 監事さんです)

 

IMG_0129.jpg

完成形が、これ

見事にバランスを保っています。

しかも、金に塗られているけん玉は

摩擦抵抗が少なく

厳密な補正を、いともたやすく

こなすところが、達人さんです。

 

心をとぎすまし

こころを、解き放てば

こころ、ひろく

あんじゅう す。

自分をみてみる

IMG_6131.jpg

IMG_6132.jpg

当たり前ですが、禅を組んでいる自分の姿は見ることができません。

だからこそ、写真で撮影した自分の後ろ姿を

こうしてみてみると、客観的に感じることができます。

 

静かな本堂での坐禅の最中、

「・・・カシャ」と 鳴る音は

自分の姿を映す音。

映った姿が

心を表す

 

己を静かに見つめる時間

 

この日に障子張りを

無理やり 完成させたので

 

写真うつりが好いので

個人的には障子に目がいってしまいます。

 

(すぐに穴が開くのですけども・・・)

火の粉(子?)

IMG_6129.jpg

いよいよ 寒さを感じながの

禅の季節です。

 

暖をとるのは、ファンヒーターや、エアコンが設置してあるのですが

あえて、炭をつかっています。

 

パチパチッと 新調した炭が

跳ね回ります。

ので、安全を考えて 上に網をかぶせてあります。

それでも、火の粉が飛ぶのを

いたずら心で、撮影してみました。

 

火の玉ではなく、「火の粉」です。

 

さあ、楽しむ 坐禅の準備が整いました。

背を正す

IMG_3780.jpg

IMG_3782.jpg

平成28年6月25日

6月の座禅会を開催させていただきました。

 

静かに座る。一か月を見直す。

やり過ぎていないか、怠けていないか?

常に自分を見つめ、共に学ぶ者と座ることで

自分の位を確認する。 

 

背筋の伸ばし方の相談を受けました。

通常は壁に向かって座りますが、

たとえば、壁を背にして座ってみる。

和の部屋の場合は、柱に背をつける間隔。

 

骨盤(おしり)と

背中と

頭を壁にあててみる。

これが、なかなか、あたらない。

私自身も、気をつけないと、頭が前傾していることがあります。

 

 

背を正す

暖を入れます

IMG_2079.JPG

修行道場でもおなじですが、

堂内が寒すぎる場合には

暖を入れます。

おなじように、今回長谷寺でも

炭に火を入れました。

 

暖房としては、基本的にファンヒーターを使っていますので

事実上。見た目の暖かさということになります。

 

しかし、道場では本当に 「練炭」だけて

温度を上げますので、スゴイ量を積み上げたりいたします。

 

冬は狭めて

冬は狭く.jpg

お正月の温かさから いよいよ 冬の温度となり、

お寺も 冬モードです。

なるべく暖房する面積を狭くすることで

より温かく 集中する 場を 作ります。

 

今回は、板でできている 襖(ふすま)を入れました。

 

禅のあと、囲炉裏を囲んで たくさんのお話しを

いただきました。 

またまた、住職の悩み相談です。

ええと、逆です 住職が悩んでいる事を

座禅に来てくださっている方々が回答するという

普通のお寺では考えつかない 

普通のことです

来寺くださっている方々も それぞれに多くの経験をつみ

その経験をもとに お題目に 答えていただきました。

 

お題目は、 これ  ですが、

最先端の話題にも、難なく対応されるのも

禅を組み 心を調えた 後だからかもしれません。

 

次回は2月26日

座禅の時間は午後7時より

英語の時間は午後8時から

と重なっておりますが、

本堂と庫裏にて、同時に進みます。

どうぞ おこしください ませ。

ただすわる

IMG_0276.JPG

IMG_0275.JPG

はじめて 行った坐禅はいかがでしたでしょうか?

 

自分を見つめる時間を 持つ

心を休める時間を とる。

ゆるめる 時間が ここにある。

9月1日禅

9月1日は 写経と座禅をいたしました。

188.jpg

8月、お休みをいただきましたのでにで9月は2回

その1回目です。 

 

静かにすわり、8月の激務を自らが慰労。

 

はじめて、乗った 北陸新幹線。

金沢駅が とっても 美しく 綺麗で 驚いたり、

 

どわーっと。出てくる思い出のかずかず、

暑くもなく、寒くもなく、とても快適に座ることができました。

 

金沢の 御寺院様、永光寺 様での坐禅を思い出します。

http://www.city.hakui.ishikawa.jp/sypher/www/section/detail.jsp?id=588

 

通常は、セキュリティーでガッチリと保護されている

坐禅堂で、早朝5時からの坐禅。 

今は、僧堂(修行道場)は閉箪していますが、

大改修された、専用の坐禅堂は快適そのものでした。 

 

窓ガラスはなく、障子を抜けてくる 自然の音(ね)色が

静かに心を豊かに やさしく つつんでくださる。 

 

 

長谷寺での坐禅でも 同様に感じることができるように

寺院内を調整する箇所は山ほどあると実感しました。

 

201507zen

DSC_1165.jpg

7月。暑くなってまいりました。

が、エアコンが壊れていることが判明し、

外の風と ともに座ります。 

 

一ヶ月間の ご褒美と して私はすわります。

禅はどこででも。いつでも できますが、

一ヶ月に1回は、みなで座ることで、

一人ですごしてきた日数を修正します

 

僧伽とは 集団または集会 など集まり

ともにはなしあうこと。 自分の考えと

他人の考えを聞いて、修正をする場。

 

長谷寺では、その間隔を1ヶ月としています。

常には、個々に禅を組む。一ヶ月に間に生まれた

問題点をみなさんに話して、意見を聞く。

そしてまた、一ヶ月、自分なりにやってみる。

 

問題がなかったならば、その月の座禅はまさに

自分で、自分によくやったね(笑)の ご褒美として

すわれたら。まさに至福でございます。

 

禅を苦と思われている方。

苦を見つめると、何が苦で

ならば、苦の改善方法が

見えてくるものです。 

まずは すわる ことを

おすすめいたします。

次回は 2015年9月1日 午後7時からです。

2015年4月禅

201505zen.jpg

201514zen2.jpg

きなこもち

はだのそば

くきわかめ

逆腹式呼吸

みつみねさん。

 

たくさんのおはなしをいただきました。

かんのんさまも 楽しそう

次回も お待ちしております。

たのしくすわる。

th_2011.jpg

th_2003.jpg

平成26年最後の座禅会 12月7日につとめさせていただきました。

おこしくださいましたみなさま、ありがとうございます。

遠くは、二宮町から

近くは、温水から。

 

古くからの方も 新しい方も

初めての方から、他寺院で積んでる方も。

 

個々に楽しむのが 長谷寺の坐禅会です。

すわりおわってからの おはなし は格別!

ポンと出た話が自分の昔の体験と繋がったり

(つながらなかったり) まず、ココしか

聞けないお話が またよろしいものです。

 

しずかに坐る。だまって坐る。集中してすわる。

その反動も重なって、たくさん おはなしできるものです

 

本日の特記事項は

NHKのコンクールで自分が書いた台本で

今年 全国20位以内に 入った件。 

 

あふれでる才能。存分に出してね!

かんのんさまも おうえんしてます。

お話会と坐禅会(H26)

夕涼みお話会と坐禅.pdf

th_スキャン 2.jpg

夕涼みおはなし会と坐禅会

 

南毛利小学校で読み聞かせをしている「おはなしポケット」のメンバーが「おはなしポケットピース」として児童館や学童保育、保育園などでも活動しています。

 今回、おはなしポケットピース初の試みとして、長谷寺にて夕涼みおはなし会をします。夏休みのひと時、親子で絵本や語りに耳を傾けてみませんか?

 おはなし会の後には、長谷寺ご住職による「親子坐禅会」が行われます。

親子での坐禅は、夏休みの良い思い出となることでしょう。

多くの方のご参加を、こころよりおまちしています。

 

日時 平成26年8月24日(日) 

17時30分〜18時45分 夕涼みおはなし会

〜 休憩 〜

19時〜20時30分頃 親子座禅会

 

会場 長谷寺本堂(厚木市長谷1288番地)

参加費 無料。 

お問い合わせ おはなしポケットピース 藤井 046−250−1399 まで

 


 

業務連絡。

通常、長谷寺で坐禅をされている方々に申し上げます。

当日は、先生役になっていただく可能性が「非常に!」高いので、

御対応をよろしくお願い致します。

26年7月禅

th_DSC_0762.jpg

th_DSC_0763.jpg

7月。

坐禅におこしくださいましてありがとうございます。

最大級の台風が日本を。そして、

関東を通過する、直前の座禅でしたので、

参加を辞退された方もおられましたが

通常どおり 厳修させいただきました。

 

書き込み日は、7月17日。

坐禅日は、7月10日。

ずいぶん遠い日のように 感じています。

まるで 光陰矢の如し です。

H25年8月禅

平成25年8月禅.jpg

8月の坐禅会です。(平成25年8月25日)

この月は、お寺の住職にとってはいろんなことがありすぎて

ゆるやかな心ではなく、時間に追われる心になりがち

そんな時、夜の坐禅は 心をゆるやかに やわらげます。

写真にあるように、イスでの坐禅も おすすめ 致します。

 

ちょっと暗くて、ほのかに明るい本堂は、心をときほぐす。

この坐禅会の3時間前に行われたお人形供養の

(人形の)みなさまも須弥壇でいっしょに坐禅です。

厚南坐禅会

H25厚南坐禅会.jpg

厚南幼児園の 年長さんにあたります。菊組のみなさんが

お寺にやってきました。 18名でしっかり坐禅をしました。

 

「ばちーん」 という警策の イメージが先行し

全員 ド緊張の中 お寺に徒歩で到着です。

さっそく法話ですが、6歳児用のお話ってなんだろう??

という疑問と共に、勉強の場 生き方を学ぶ場、命を伝える場と

かなり高度な話をさらっと・・・(今回はあまりわかんねぇかな??)

観音さまのこと。を説明してから。

 

焼香の方法を説明。そして

みんなで、観音さまに御挨拶

般若心経の流れる中緊張はピークを迎え・・・

 

その後、 坐禅のはじまり。です。

今回、 年齢の関係で、座蒲(ざふ)は使用できないと考えて

事前に 2品用意しました。

H25厚南坐禅会2.jpg

1つは 目で見るための座蒲 そして

1つは、実際に座るための座布団

 

今回は、この座布団に骨盤(おしり)だけ乗せ、

保育園用語の 「おとうさん座り」(あぐらだね)で、

行いました。 背骨の置き方、頭の置き方。

説明はしたけど・・・・。全員の緊張感が増幅

してまして、まったく聞こえてないみたい・・・

H25厚南坐禅会3.jpg

みんなしっかりすわれていますね!

(あれ? 先生を指導している写真だ・・)

 

坐禅のおわりに天蓋(てんがい)のはなし旗の話、そして

ハスの花の話をして みんなで帰っていきました。

 

 


坐禅は自然に長く集中できる座り方です。

これができると、小学1年生になってからの

集中力、椅子に長くすわる事ができ

先生の話がより聞こえる はずです。

 

頭を 机に近づけた猫背で勉強を続けると

重たい頭をささえるために肩がコル。

集中できなくて、とたんに勉強がイヤになる。

だからこそ、正しい姿勢はとても大切。

 

さあ、キレイな姿勢で勉強をしっかりネ。

住職

7月禅

7月15日 夜坐をおこないました。

おこしくださいました人数 6名(と住職)

今回、写真の手配を忘れました。

(というか、暑くて、動きたくなかった・・?)

とにかく、暑い。あづい。

みなさん汗 だくだく でございます。

 

仕事を切り上げてお越しくださった方

前夜に眠れず、逆に坐禅中に睡魔と闘った方

忙しすぎて、無になるために来た方

プロジェクトがひと段落、気持ちよく座る方

かなり早くお寺におこしくださった方

海老名サービスエリア特製メロンパンを持参の方

始まる寸前まで準備が完了しない方(私だ)

体調不良で挨拶されて、戻られた方

などなど、多岐にわたるみなさまと座ることがでました。

 

今回もいろんなお話がでました。

一人ひとりのおはなしは 真 をついていて

参考になることばかりです

 

2度目の、ありがとう。

この一打席の為に

最後の夏

炎天下の屋根

仕事が離れない

親族と映画鑑賞会

ボランティアのこり

お盆はみんなでひとやすみ

終戦 68年

秘密の練習は12歳

 

ひとつひとつの話に 奥深さがあります。

(が、わからんように書いています)

ただ座るだけで、クモリが取れるからなのか

これほどまでに、真剣な話になるのかと

いつもスゴさを感じます。 

あらためて御来山感謝致します。

 

十一面観世音菩薩さまと一緒にすごす、坐禅会。 

本日は7名の観音さまの お話でした。

8月は25日 です。

(次回は、ちゃんと、お題目を考えます・・・(本当か?))

6月禅

201306禅1.jpg

201306禅2.jpg

夜坐 ですが、始まりの時間、外が明るいですね。

 

今回、参加していただきました人数がなんと 

2ケタ!(はじめて?)を迎えました。 あらためて感謝いたします。

 

日中にふらりと散歩にきてくださった方も、

改めて、夜 お越しいただき、坐禅を楽しみいただきました。

 

 

今回のお題目は、 坐禅!だれのため?

という、哲学系が入っているようなお題目です。

 

もちろん大半が「自分のため」

ですが、中には ちょっと異なる 御回答もあったり、

いたしました。

 

坐禅の最中に撮影音がして驚かれた方もおられましたが

こうして、自分の背中を客観的にみてみると

お隣さんと 微妙に姿勢が異なっていて

修正できるものかもしれません。

 

いすでもできる、長谷寺の坐禅会

次回は7月15日です。この日は、

7月5日~15日まで棚経 の最終日 

住職はヘロヘロになっていると思われますので

熟睡禅となりそうです。

 

5月禅

DSC_0263.jpg

携帯電話を交換したら、撮影機能が落ちました。

暗部ですと、ピントがあいません。

 

さて、本日は、8人で坐ることができました。

ありがとうございます。 土曜日初開催ということで

みなさん、若干早く到着

住職は、掃除の真っ最中。

坐禅ですので、それほどの準備はないのですが

みなさんと共に、仕度をととのえることができました。

感謝です。

 

初めてのかたもおられたので

10分ほど坐禅の説明を

そして長谷寺形式で如常に行いました。

 

本日のお題目は

1 坐禅で感じたこと

2 好きな色

3 自由にどうぞ

の三問でした。

 「だいすき」「好きだった人」「数字を数える」「1年間」「静寂」「涙」「音楽」

始めての方の感想では、どうやら坐禅の時間は 半分に感じたようです、

逆に言うと、通常が倍速でお仕事をされていたのかもしれませんね。

 

好きな色は、さまざまな色がでました。ナチュラルな色ばかりかと思えば

オレンジやピンクなど、又は色というより「木」の色ならば何でもなどなど

色は人をあらわすのかもしれません。(私は、2色?)

 

広報あつぎ ゆだねる がんばらない 自営 親切な気持ち 行動力 なんでもないふり

すべてにおいて評価判断をしない。あるがまま。ルピー。

おはなしの最中に出てきた。単語です。

(さて、どんな内容だったのかは、来た方のおたのしみ(笑))


おはなし坐禅会は、

坐禅をしている時間よりも、お話をしている時間の方が長い

ちょっと変わった坐禅会です。

月に1度の開催です。

しかも夜ということで、

御参加いただくみなさまにとっては

敷居が高いかもしれません。

 

ゆっくり、リラックス してすごせるように。

居眠りしてもOKの坐禅です。

次回は、あなたも、いかがですか?

 

 

課題

遠方より.jpg

本日は6人で坐りました。

最遠方の方は、埼玉からおこしいただきました。

 

囲炉裏に 炭を入れ

暖をとりましたが、

いかんせん、

さむい。

 

 

課題がみえかくれ。

心をみつめると、

まだまだ できること

まだまだ、やれること

みえてきます。

 

そのまえに、まずは、ドカッと坐ること。

 

参禅ありがとうございました。

 


夜坐

11月坐禅.jpg

神奈川県の厚木市も 冷えてきました。

本日はストーブ二台で、暖をとりながら

8人で禅を組みました。

(直近が人形供養でしたので、準備がすすまず、囲炉裏は省略)

午後7時からでしたが、ちょっとフライング気味に

10分前から坐る方続出。ありがたいことです。

定刻 定時に開始 終了。

 

温まった部屋をそのままに、テーブルを出して

「おはなし」のはじまり。です。

今回は みなさま 2周できました。

 

1周目。今年の目標達成割合。

あっという間に、あと一ヶ月です。個々の目標とその達成度合いを

お話いただきました。

2割・・。達成!。5割かな? そもそも考えてなかった?

などなどひとそれぞれです。

いやぁ。1年。あっという間ですから、なにか1つでも 

すこしでも目標に近づければ。いいのではないでしょうか?

                                                                                   

2周目 おはなし何でもOKの周では、

なかなか言えなかった想いや

自分の悩みであったり

鎌倉寺院のトンネルの話。

ファーストライブの主催主演などなど

 

やわらかい灯りにつつまれて 観音さんの前にあつまると

優しくて、あたたかくて、ゆっくりと聞き、ゆっくりと話せる

のかもしれません。 静かにすわり、やわらかな時間を

明日の力に代えて。

 

止静(しじょう)

止静 坐禅の始まりを指す言葉

大衆が止住し寂静となるさまを言う

 


 

止まっている人には、始まりの合図

過剰にうごく人には、止まれの合図。

 

 

ともに、動作は同じこと

坐禅の始まりを指すことば 止静

 

 

ともにめざすべき道は 中道

どちらにも効果があるのが 坐禅

 

 

止静 一度、止まって、自分をみつめる。

過剰なのか不足なのか。見極めることはとても大切

 

 

しかし、真剣に問わなければ 答えは見えない。

 

 

止静 自分をみつめる禅のはじまり

夜坐をたのしむ

夜坐0927.jpg

夜の気温がグーッと冷えるようになりました。

温度調節のために、正面の開度を調節しています。

 

本日は6名の方と共に坐禅をさせていただきました。

より、ゆるやかに、より集中できるように 堂内の輝度は

かなりおとしています。(画像的には、増感してます)

 

ねむくなること。ぐっすりねちゃうこと。いっこうにかまいません。

たのしむ禅から、徐々に本筋に進むものです。

 

今回初めての参加の方もおられ

恒例の、こどもの頃の「秘密基地」はどこ?

という質問をしましたらば、なんと、くすの木の上に家を作った!

というおはなしをいただきました。

うーんすごい!

 

そして、褒(ほ)めた事。というおはなしをみんなでいたしました。

 

坐禅体験

健康厚木推進リーダー主催(厚木市)の坐禅体験会が終了いたしました。

坐禅体験2.jpg

小さいお寺ですので、今回、30人のみなさまと坐禅をいたしました。

8月2日受付開始 8月10日の時点で23人の応募ということもあり、

残念ながら参加できなかった皆様の多かった模様です。

この場をお借りしてお詫び申し上げます。

(でも、長谷寺の規模では30人が限界なのよ)

 

早朝から、掃除開始(前日までまったく準備せず・・)

汗だくになりながら、3時間みっちり掃除。

9時にスタッフ集合。9時30分には、参加者のみなさまが集まり出し

10時には、駐車場満席。そして、体験会を開始。

 

お寺の説明

坐禅のやり方

響策の意味

坐禅中の心の置き方

そして、30分間の禅

自分の心との対話をしていただきました。

(この事前説明時は「おはなし坐禅会」の導入と同様の説明をしています)

坐禅体験.jpg

じっくり、すわり、昔のこと、今のこと、わすれかけていたこと

感謝のきもち、ありがたい。おとうさん、郷里のこと、心にうかぶものを

そのままに、すわっていただきました。

 

坐禅がおわってから、席替えをしました。(より話やすくするため)

2班にわかれていただき、坐禅の最中に感じたことを、個々にお話していだきました。

一人ひとりのお話にみんなで、耳を傾け、その心のやさしさをみなで共有していただきました。

(年代が違えど、長野県上田市でご近所さんと長谷寺で出会ったり・・)

(防空壕のはなし、 お墓で陣地遊びしたこと、塔婆をばきばき折ったこと・・・(涙・))

 

みんなゆっくりお話していただき、おわってからは、ありがとうの握手会です。

(ここら辺ではすでに坐禅やったことを忘れて、みんな大笑いで、握手してます)

 

「次回も 是非 やろう!」 という声が出たことが

住職として、なによりの ご褒美です。

 

この場をお借りして、お越しくださいました皆様、ありがとうございました!!


何人かの方から

「借りている身体」という、法話を聞いて「ビックリした」方や「納得した」方など

さまざまな反応がありました。 

 

 その おからだ、 たいせつに、せいいっぱい!

▲このページのトップに戻る