お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

観自在菩薩

日ごろの仕事を休み、または家事をはなれて、

鎌倉や、京都に行く方もいるでしょう。

毎日の忙しさから離れて、気のあった仲間と、または一人で、

寺を巡り温泉でゆっくりすると、こころがやわらかくなるものです。

 観音さんは、

わたしたちの苦しみ悩みや罪業をかぎりなく救いとってくれる菩薩であるとされます。

 ここで言います「観自在菩薩」は、観音さんと同じことです。

「観世音菩薩」ともいいます。

「観自在」には、世の中の多くの人々から観られつつ、

多くの人々を観て救うはたらきが自由自在であるという意味がこめられています。

「観自在菩薩」とは、玄奘三蔵法師による翻訳(ほんやく)です。

それ以前には、「観世音菩薩と訳されていました。

  「観世音」とは、この世の人々の苦しみ悩み音声を観察して、

かれらの苦悩を救いとるという意味があります。

 「観音」は「観世音」を短くいったものです。

日本では、どちらかというと、「観自在」より「観世音」または「観音」のほうが、

一般には普及しています。

般若心経のはじめの言葉としてでてきます。

写経のご案内

写経 写仏会

どなたでも参加できます。

場所:長谷寺〔電話:046−247−7884〕
日時:基本は毎月1日と15日(8月はおやすみ)

(土日にかかる場合や、行事等があるときは変更します)

(必ずHP上のカレンダーでご確認ください)


   午後1時 般若心経唱和・法話・引続き写経
   午後3時頃 お茶会

   午後4時頃 終了


費用:納経料 1,000円(写経道具は不要)

(別途 蓬莱山倶楽部 入会費1000円 初回のみ)

平成23年10月14日の写経会の様子です。←クリック

平成23年9月15日の写経会の様子です。 ←クリック

正座が苦手な方も椅子で写経が出来ますのでご連絡ください。

   

▼▼お電話でのお問合せはこちら▼▼
TEL : 046-247-7884
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)

メールでのお問合せはこちら

choukokuji@gmail.com

 

住職:加藤英宗

  お席の準備がございますので、ご連絡いただけるとたすかります。

1月3日

IMG_6987.jpg

1月3日 四季のヨガに引き続き、

写経(写仏)会が開催されました。

 

ひさしぶりの 昼間ヨガ

そして、おたのしみの、写経(写仏)です。

多くのみなさまと楽しく、

「かきぞめ(?)」ができました。

 

おこしくださいましたみなさまありがとうございました。

1月3日

IMG_6987.jpg

1月3日 四季のヨガに引き続き、

写経(写仏)会が開催されました。

 

ひさしぶりの 昼間ヨガ

そして、おたのしみの、写経(写仏)です。

多くのみなさまと楽しく、

「かきぞめ(?)」ができました。

 

おこしくださいましたみなさまありがとうございました。

楽さまざま

IMG_6339.jpg

ある方は、写経がうれしくて

ある方は、写仏がうれしくて

ある方は、顔料がうれしくて

ある方は、お話がうれしいの。

 

終わってからの お話のために 

みんなで お菓子を持ち寄って

大学芋を作って持参されたり

豆をおいしく煮てきたり。

写経のために着物でお越しになられたり、

観音さまといっしょに観音様を描いてみたり。

 

写経と写仏の願いはおのおの でございます。

 

いちどためしてみてはいかがでしょうか?

http://www.choukokuji.jp/article/13964571.html

おまちいたしております。

290901写経

IMG_5233.jpg

平成29年9月1日 お写経です。

真夏から 少しずつ秋へと移る

この時期は、筆の進み具合も善き

ものでございます。

 

写経されるかた、写仏をされる方

さまざまに、ゆっくりと 「とき」

をかみしめながら、今を生きる。

 

観自在菩薩さま と共に

般若・・本質は何かと考えた。その時!

すべてのことは、因果の中にあることを悟り

今現在の状態を素直に受け入れることが出来たので

苦しかった事、悲しかった事、うれしかった事が

ストンと納得ができました。

善く聞きなさい、シャークトプリアよ・・・・。 

 

この物がたりは、まだまだ続きます。

詳細は写経にて

写経仏

IMG_2844.jpg

4月の写経会には多くの皆様がおこしくださいました。

(天気もよく、お墓まいりも 多くなられました)

 

ゆっくり書

IMG_3574.jpg

写経会は午後1時からはじまります。

だいたい午後3時にはみなさん書き終わります。

 

ゆっくりと 山をたのしみながら 一歩(一筆)いっぽ 登る気持ちです。

がぁ、

あっちバタバタ、こっちバタバタとしていると、私の場合

つい、開始するが午後1時40分あたりになってしまい、

みなさんが書き終わる時間を逆算すると

猛烈な勢いで書き込む。そんな写経も

写真を斜めから写し、画像を小さくすると、キレイに見えたりします。

 

お寺からのお願いとしましては、

住職の都合もあり、ゆっくりと 書いてねぇ(笑)

鎮魂と復興を

IMG_3316.JPG

8名で写経を致しました

 

熊本の震災、鎮魂と復興を祈念して

6名様 団体で来寺くださいました。

聞けば、連歌 をなされている会の皆さま。

俳句と連歌の違いさえわからない私は

写経がおわった後は、私から質問攻めです。

 

俳句は、どちらかといえば個人競技

れんかは、共同作業 しかも、たのしい制約が

もりだくさん。でこれまた、たのしい。

そのお約束をうまく はめこみながら

統括管理人をされるのが、サバキ(漢字がわからん)

をされる方。 

 

どのみちも先に先代から学び次代に伝える。

そんな役を担当する時が私にも来ると思えば

今の、現時点での学びを大切にしたく感じました。

 

そして、初めてお写経をされる方も半数ほど

おられて、感想をお聞きしたところ

楽しかった。

最後まで書けた

墨の香がよい

何十年ぶりの筆

などなど、10色の感想を聞けました。

 

貴方がされたら どう感じるかな?

 

 

なお、写真にある、写経の向きですが、

手前の方々は、左(外)向きで

奥側の方々は、右(内)向きで

理由があって、そうしておりますが、

写真 うつりがわるいなぁ〜。と

さて・・・対策するか思案します。

 

鎮魂と復興を祈念して・・。

ぬくもり写経

冬わ狭く.jpg

お寺は寒くて当たり前。

誰に聴いても言われる言葉

 

いやいやいやいや、・・・否

ながねん お寺に住んでおりますと

やはり あたたかい お寺が いい・・・。

と 軟弱なことばかり 考えております。

 

ので、やはり、2月1回目の写経会

寒さ真っ盛り。 襖を付けて 狭寺での

お写経会を させていただきました。 

 

途中、「熱い」 という意見と共に

エアコンの温度を下げたり、

「寒い」という思いに、「囲炉裏に炭火」を入れたり

調節に余念がありません。

 

もっと 適格に 温度の調節ができるといいなぁ。

(もっと早くから調節しておけばいいのはわかっているのですが・・)

 

今回は3人でお写経をさせていただきました。

 

なお、人数が増えても 大丈夫でございます。

心が整う 長谷寺のお写経会

次回は、 2月15日 月曜日 午後1時からです。

 

三千枚

3000.jpg

1月29日に 御祈祷をつとめさせていただきました。

 

前回は写経1000枚の祈祷に続き

今回は、その後の2000枚と3000枚の2冊分を

満願成就として、奉納し、御祈祷いたしました。 

 

ご自宅で一人続ける事はなによりも難しく

己の言葉を実行するという 信念が

目の前に記された、時の重みとして

実感致します。

 

一文字、一文字に想いを託して。

為 命輝幸願

IMG_0182.JPG

10月15日 お写経の日だったのですが、

朝からコンクリート練りを始めてしまい

写経の時間になっても、全然終わらず

大変失礼をいたしました。

 

お写経にお越しくださった方々は

願いを込めて1時間かけて 

成就することを願いつつ。

 

応援することが、願うこと。

誰かにの為に、未来の為に

自分の時間を、

命の時間を、詰め込む。

ああよかった。

写経のhanasi.jpg

本日は、お二人で 写経会がはじまりました。

それから、50分ほどしてから、二人増えて、

4名様でのお写経です。 なんと、県外からも

おこしいただきました。(ありがとうございます)

さらには、行きは自動車、帰りは自転車という方も

おられたり、はじめての方が2名と 新しいことがたくさん。

 

さて、写経よりも、おたのしみにしている方も おられる?

写経会第2部の、おはなしの部です。ひとりひとりから、

お題目を いただきまして、観音様といっしょにお楽しみです。

1 俳句

2 シナリオ

3 落語

4 老後

 

ばらばらのお題目にタップリみんなで大爆笑。

深い内容から、オイオイというお話もアリアリで、

内容は 来た人だけの お楽しみでございますが、

毎日毎日「あぁよかった。」と、痴呆になっても言える人生って

なんか スゴイなぁ〜 と感じました。

 

貴方は自分の「人生」に悔いを残していませんか?

やりたかった事を そろそろ やってみませんか?

長谷寺のかんのんさまが全力で応援いたします。

無畏施でございます。 

話せる写経

5570.jpg

2015年5月1日 写経会

お写経に、はじめての方がこられると、

おわった後の お話が すこぶるもりあがります。

えええっ。 という話や、 ちっちゃい 悩みの相談やら

共に写経を記されたみなさんは、心も おだやかですので

受けいれてくれる、心も広がっていますので、とっても

はなしやすい (聞いてくれるんだわね)

 

ある方は 大型連休中のひとときを

暑くも寒くもなくて、 障子を開けての

おしゃきょうでございます

かさなりまして

IMG_20150415_132613.jpg

本日開催されました、写経会 です。

準備が間に合わず、

勝手知ったる このお寺。

ドコに ナニがあるか 把握している皆様。

机を出して

写経セットを出して

座布団を出して、

午後1時から はじまった所で

住職やっと帰寺

少ししてから、さらに法事に出かけましたので

事実状 ヘロヘロで、

お越しくださった皆様との楽しい会話

というよりも、ボーっと しておりまして

大変申し訳ありません。

 

(そんな時もあります 涙)

また、おたのしみに お寺におこしください。

守破離

守破離1.jpg

写経は すこし敷居の高い 「行」 でもあります。

しかし、十分に楽しむこともできる というお話。

 

修行時代に、写経と言えば、「罰」だったなぁ〜 と

思い出します。が、今こうしておこしいただいている方の中に

「すがすがしい!」と言われる方もおられます。

 

専用の和紙に、同サイズの 台紙には心経がプリントされています。

この台紙の文字は ある種 書いた方 独特の文字です。

はじめは、一言一句間違わぬよう、真剣に書いていきます。

はねるポイント、おさえる所、そして、のびやかな直線など。

漢字の美しさを再認識しながら、文字が進んでいきます。

この段階が 守 

 

やがて、文字がおちつき、台紙の文字からはみ出して、

自由な大きさになりはじめ、型は あくまでも型であり

ガイドの役と理解したときが、 破

 

そこから、自分本来の文字は なにか?

太文字なのか、細いのか、繊細なのか、大胆なのか

薄い墨か 濃い墨なのか?研究つくされ、やがて

到達した 自分だけの 文字。 それはあきらかに 離

 

 

写経 という 狭い範囲といえども、楽しみ方は千差万別。

基本を習得しつくしたからこそ 進める エリアがあり、

 

定年までつとめあげたこは、まさに 守であり

その後、殻を破り独立する方、ボランティアする方などなど、 破

そして、生産活動でなく 別の角度から社会に恩返しを始めるのが 離

かもしれません。

 

写経。まずは、やってみること。

そして、合わなかったら、途中で、終わりにしても構いません 

もしも、完成したら、自分で自分に自信がつきます。

それはまるで、フルマラソンを走り切ったように

富士山を登り切ったかのように。

自分に自信がつくのも写経の良いところ。

 

まずは、やってみること。

あなたの チャレンジ を応援します。

次回の写経会は 平成 25年 9月の2日です。

 

写経に映写

6月1日の写経を前日に繰り上げ、5月31日に行いました。

写経後映写.jpg

今回初の試みとして、写経の後のお茶の席で

映写の時間を設けてみました。

 

曹洞宗では 多くの映像を制作しておりますが、

残念ながら、DVD化されるわけもなく

8ミリフィルムや、VHSなど 

その時代の機材がないと活用できません。

 

今回は、VHSビデオテープを借用し、曹洞宗の道場の一日

特に、食事の面、典座といいますが 食を通して、生きるという

根本的なことを 見ていただきました。

 

前半はかなり、修行時代の裏の話をまぜながら

(これをチャチャ とも言う)映像を見ていたのですが

しばらくしてからは、内容をじっくりと感じる時間となり

感謝、生き物、素材 命、を感じていただけたかな?

とおもいます。 短期間で返却しなければなりません。

 

次回の平成25年6月14日(これも変則的ですね)も

別のビデオを借用予定です。 

 

写経の後の映写のお話でした。

心を写す

あゆチャンネル。6月号 紙面用 原稿 修正版 5月21日 記す。 

 表題 心を写す  

 文字がうまく書けないから。と写経を遠慮する方もいます。しかし上手く書く必要はありません。丁寧に書くことを心がけてください。人生を急ぐ方は文字が走り、じっくり歩む方は、しっかりとした文字が・・。御自分の心の在り用がそのまま文字に表れます。

  イキナリ書き始めたいところですが、硯で墨を擦っていただきます。ゆっくり、5分でも10分でも1時間でも。心がおちつくまで・・。墨の香を忘れていませんか?お寺に写経で使う全ての品がありますが、お好みの筆を用意いただきますとさらに心おちつきます。日ごろの忙しさから離れて、心をゆるやかにしてみませんか?「かんのんさま」がお待ちしております。

 6月は14日 午後1時〜。小寺の為席数に制限があり、お電話にてお申込みください。住職。


 という文章に修正。さて、締切に間に合うか? 合わぬか?

5月1日の写経会

平成25年5月1日 写経会

250501.jpg

写真のUPが遅れました。

温かくなってきましたので 障子もはずし

ゆっくりと 写経をしていただきました。


 

あゆちゃんプレス6月号に掲載する記事を書こうと思っているのですが

なかなか。思うような文書になりません。

  

摩訶般若波羅蜜多心経を写経をします。

長谷寺の法事ではこのお経を全員で読みます。

はじめての方に合わせた速度でゆっくりと読みます。

時間にすると約5分。これを書くと約90分程かかります。

早い方は45分程で書きますが2時間を超える方もおられます。

お寺に全ての用意がありますので、イキナリ書き始めたいものですが、

ゆっくりと墨を擦ります。1分でも5分でも10分でも心が落ちつくまで、

ゆっくり硯(すずり)で墨を擦ります。

そして一筆、また一筆と、心の揺れと共に和紙に文字が溶け込みます。

健康増進、世界平和、皆の笑顔の為。願い事は様々です。
 写経を登山に例えた方いわく。

書き始めの一合目はうんざりするほど道程は長い。

一文字一文字、記すうちに5合目、8合目を過ぎたころ、

ゴールが見えてきたとき、自分もやれば出来ること、

自信を持つことができること。達成感を味わうことができます。

これも写経の効能なのかもしれません。

 まずは、やってみる。 かんのんさま と共に 長谷寺


 

なんての。を 予定していますが、はて、どうなるなることやら・・・。

 

写経3/15

定例の写経会を無事に開催いたしました。

 

開催最中に、地下の「飾り縁」をコーナンに買いに走りました。

同時に地下の施工も進んでいます。

 

 

写経会か終了してからの お話

本日のお題目は、「自分のお雛様」という事でお話をいただきました。

年代によって、おひなさまも 変化していることがわかります。

 

7段飾りの頃の方

御殿飾りの頃の方

ガラス飾りの頃の方

そして、雛様が右か左か?などなど。

時代によって変化しているのがよくわかります。


前日にありました。布教師講習会でのこと

とある先生が、

「学生が経を読んでいない」

と悲しんでいた。

自分に置き換えて、はたしてどうか?

あらためて、学びなおす。

 

まずは、 経を模写すること。

はじめの一歩。

次回は4月1日です。

 

食べれない?

写経 暗?.jpg

写経の最中に今年初めてのシフォンケーキを焼きました

いや、焼こうとしたのですが、

砂糖が見つからなくて お店に 買いに走ったり

バニラオイルを入れ忘れたり

電子レンジのオーブン機能 余熱しておいたのですが

時間がたちすぎて、解除され、温度低下を知らずに

45分 焼いても事実上 35分ほどしか焼いていないのと

同様で、結果、 だめだめさんの

シフォンケーキが完成してしまい。

おこしいただいたみなさまは、各自

「食べれるか」「食べれないか」を判断していただくという

写経の後の お楽しみ(?)がありました

 

各位ごめんなさい。


 

5足

靴と写経.jpg

靴と写経。

本日 おいでいただきました方は6名。

うち、おひとりは所要の為に早退。

ということで、5足の靴です。

 

まさか、自分の靴が、WEB上に掲載されるとは

だれも知らず。

お寺の中では おごそかに 写経が行われており、

本日は、風が強いため、正面の戸を閉めております。

撮影の為に、開くと気が散るので

外で撮れるもの。ということで

靴を撮影しました。

 

脚下照顧


 

 

写経の前に、おいもをいただきましたので

写経最中に、芋汁をつくり

写経終了後 皆様と頂き

3歳子の詩吟も聞かせていただきました。

 

終わってから、恒例のお話です。

 

筆で書くとき指が震える件

全国で一番になりました。

手作りハンコで写経に押印

詩吟でカラオケに自信がついた話

「ひばち」の冷えた想い出

雪深い日、プロパンボンベを交換する話

 

 

昔なつかしく、忘れていた 想いがこみあげてくるのも

心がゆるやかに ほどけた 証かもしれません。

本日は、御写経ありがとうございました。

次回は、11月15日です。

6人でポン

午後1時。の直前に大雨が通り過ぎ

むしむしの厚木市長谷のお寺には、いるだけで大汗。

なのに、高台にあるので、風が通り、

肌の汗を乾かし、涼しくなれます。

 

本日は、6名さま が来寺くださいました。

初めて参加されるかたもあり、

常連さんもあり、

筆を持参される方、筆を持つのもひさしぶりの方

さまざまです。

 

今回、新品ですがダイソーで2本100円の筆を混ぜておいたところ

「とても書きずらかった、から古い筆に変えました」

という方がおられました。

そーなんです、ボロボロに見える筆のほうが使いやすいのが

あるんです。

ボロボロの2000円から、

新品の50円のものまで。

まさにさまざま。

 

ひさしぶりにシフォンケーキを焼きましたところ

バニラオイルを入れ忘れ

純粋プレーンの香りで完成してしまいました。

お味はどうでしょ?

 

さて、今回のお題目は、 

「夏休み(7月とか8月ねぇ)はじめての事」

という件でお話いただきました。

千葉県の断層にはカニがたくさん居た件

被災地へ青春18切符で行って涙した件

動物高度医療病院は超高額で驚いた件

5万人コンサートでゴマ粒程に見えた件

げんきにすごせた件

写経にやっと日程があって来れた件

おとうさんが定年した件

などなど、多岐にわたるおはなしがでました。

ほんとうにさまざまです。

 

私が席をはずした後も

フリーのお話は1時間続き

大笑いが本堂をこだましていました。 

あらためて御来寺ありがとうございました。

(さつえい忘れました)

 

次回は、10月1日 月曜日です。

お好みの筆を探し出しておくことも

たのしいことかもしれません。

写経会2名参加

内田様、6月15日の写経会 ご参加連絡ありがとうございます。

いただきました、メールアドレスが、未達となりましたので

HP上から、返信いたします。当日は13時より開始いたします。

ゆるやかなるおきもちで おこしください。 住職。

1月13日写経

今年はじめての写経会でした。

5人で 書き始め(住職含) 

いつものごとく 最中にケーキを作り始め。ケーキ完成と同時に 写経も終了。

囲炉裏を囲んで、お話会です。

 

参加していただいた方から、皆様へプレゼントがありました。

 

ちりめん布で出来た、可愛らしいケース。

お正月の期間を利用して、ジュエリーケースを手作りで

32個作成し、その一部を持ってきていただきました。

 

旅行などで、宿泊したとき、指輪など、小物を収納するのに便利な品で

バネなどを使わないのに、しっかり締まる。

 

おもわず、手作りの方法を教えていただきました。

さらに お願いをして

そして、1月23日キルトの会にて 限定5名ですが、

(材料 一切の用意が大変だから)

特別教室をしていただけることになりました。(材料費500円は当日集金)

ジュエリーケース.jpg

すでに、5名 申し込みがあるのですが、

わかる人は、見るだけでもわかるのかも?

キルトの会 毎週月曜日 午前10時より(無料)

お茶のみながら、ものづくりしてみませんか?

 

11月15日の写経会

11月の写経会 無事に終了いたしましました。

写経11月.jpg

今回 とびいりとして、石屋さんの部長さんが

参加いたしました(居たので半強制?)


今月も初めての方もおられ、写経の後の

茶話会は、大もりあがり 大会・・(趣旨が違う?)

今回のお題目は、

「来年、やりたいことは?」 という件。

設定として、貯金、時間制限、家族一切抜き!

ただ、短に、自分がやりたいこと、

実現できる できないは問題にあらず。

さ、 どんな回答があるか・・。

 

まずは、 ダイエット。という意見が多数

反応するように「私、13キロやせたの!」

という、報告が!。。。さてその、方法は

夕食の米の劇減(昼間や、朝は通常ね)

さらに、お散歩(犬さんとの日課)が

有酸素運動として効果的という、発表。

なお、プールは、痩せないという意見も

散見。(運動の後の食事が美味いからか?)

 

ついで、旅行。 習い事 山登りなどなど、

「永平寺に行ってみたい」という願いには

「あら、アタシの実家すぐソバよ」 いや〜。世間はせまい!

「500キロよ、すぐよ。遠足で永平寺に行ったわよ」

願い事は、言葉に出してみると、案外、実現するものです。


なお、多数のご意見により

写経会を 月に二回 に増加いたします。

1日 と 15日 に

(午後1時より3時まで、茶話会4時まで)

行うことになりました。

気楽にご参加ください。

なお

12月1日の人形供養は、午前10時から開催に修正いたします。

(としないと、1日の写経会 が 開催できないため、各位懺謝)

10月14日写経会

十月写経.jpg

本日、写経会を開催し無事に終了いたしました。

12名と住職で合計13人 過去最大の人数です。感謝。

 

やってみた結果、 まだまだ人数は「大丈夫」ということがわかりました。

やらなかった結果 シフォンケーキを13時45分から作り始め

14時10分から 住職は書写を開始し、14時30分終わり。

(私の写経だけ 「雑」)

 

半分以上の方が 初めての写経。筆自体が、小学生以来というかたも

勇気をふりしぼって、ご参加ありがとうございます!!

 

15時からは、たのしい 茶話会の開始です。

今回の 初企画として、 茶道未経験の方も含め、

全員、自分のお茶を、自分でたててみよう。

ということで、抹茶を用意、茶筅(ちゃせん)も用意して

自分ごのみの、お茶をたてていただきました。

(にがくても、自分で点(た)てると、苦いといえない・・)

10月写経茶.jpg

お茶の席で、アイスブレイク。お名前と、「2番目に好きな食べ物」を

みなさんにおはなしいただきました。私は、くるしまぎれに

「2番目は、シフォンケーキです」と・・・

本当に2番目かな???

ははは、そしてやっぱり、あたたかなシフォンケーキを

皆様にめしあがっていただきました。

(小さく薄くなっちゃってごめんなさい)

(次回は、2個作るように努力します!)

 

そして、全員で 握手会を開催。

握手しながらお辞儀をするからか、

「ゴツン」という音が本堂になりひびたときには

おどろきました。その後、大丈夫でしょうか?

 

この場をおかりし、改めて

おこしいただきありがとうございました。

 


 

墨を磨(す)る時の「香り」、わすれてませんか?

次回は11月15日 午後一時から 長谷寺 本堂です。

10月は14日 写経

10月の写経会は定例の15日を 1日繰り上げて、14日(金)開催です。

本日、緑ヶ丘の方から参加ご連絡ありがとうございます。

小学校以来の 筆 。 ドキドキ感を大切にしましょう。

ゆっくり、書けば、おのずと、落ち着いた文字になり

せわしなく書くと、ガサツな文字になります。

仏さまを 書くがごとく 気楽に、気を張って、

たのしみましょう。 ご参加 おまちしております。

申し込みは、046-247-7884 へご連絡ください。

 

▲このページのトップに戻る