設置1

IMG_0630.jpg

タンクに穴をあけます。

雨水が入る穴と

あふれて出ていく穴。

 

 

IMG_0633.jpg

完成形が このとおり、

雨水 縦樋に、分離装置(雨ポイント)を入れ込んで

分岐、付属のホースでタンクに招いて入れて、

あふれる前に、戻すホースもとりつける。

戻り用の、ホースは直径が細すぎるから

改善の余地ありありです。

 

下側の穴には、蛇口をつけてみました。

蛇口が使えるように

ブロックを 2段ほど使っています。

さあ、これで、効果は いかほどか?

 

やってみるとわかる問題点は

改善するための 智慧のづくり

 

まずは、やってみる。

 

参考として 横浜市

http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/gesui/tankjosei/

 

大阪府

http://www.pref.osaka.lg.jp/kankyohozen/amamizu/jyosei.html

寺とも報告

寺とも 報告です。

はじめて来寺してくださったみなさんが多く。

お寺の周りで、迷うこと 2周 

屋根はみえても、それからが・・・(笑)

 

ゆるく あつまる てらともですが、

本日はセンターに机を並べました。

S__17334288.jpg

トン汁を持参くださいましたので、

みんなで、いただきます。

 

 

S__17334284.jpg

音楽を奏でる方、

茶道をつとめるかた

 

S__17334292.jpg

そして、あゆころちゃん体操

指導できる方もおられたり、

かなりむずかしくて、

頭の体操になりました。

 

 

S__17334282.jpg

最後は、観音様にごあいさつ。

ゆっくり お経がながれ

ひとりひとり、ゆっくりと

お焼香と、今日まで、元気にやれたこと

さらに、これから、元気にすすむことが

できますように、 ごあいさつです。

 

いつもは静寂の寺院も、楽しく

おはなしが ひろがり、

隣接する、写経室にまで

かなり 音が響いていたもようです。

 

おてらを楽しむ。

小さなお寺なりの

楽しみ方を。 

 

次回は、あなたも ゆるりと

おこしくださいませ。 

家ポンプ

IMG_0597.jpg

雨水タンクを移動するのにも、

最大500リットル入りますので、

約500キロ。 動くハズもありません。

水を移動してから、本体を移動します。

 

ということで、購入したのが

ホームポンプ。

真水用の 低価格品。

必要にして十分です。

ホースつないで、コンセントにさすだけ

(始動用のスイッチもありません)

 

あたりまえですが、とっても ラク に

水を移動することができます。

(モーターの性能上、少し時間はかかります)

移動(設)中

IMG_0605.jpg

樹木のための、雨水を溜める

タンクをあっちこっちに 

移動しながら、固定箇所を

検討しています。 

 

あっちにもっていって

こっちに移動して、

そっちにいっても、

やっぱり、もとの場所に

戻ったりしますが、

置いてみる。 

しっくりくる場所は

置いてみないと

わからない。

さくらさく

IMG_0581.jpg

 

桜さく、樹木葬墓 

キレイに咲いております

が、その奥の、芝生が気になっております。

 

枯れるのか?

心をキレイに

2017-02-04

IMG_0579.jpg

富士山と 山中湖 です。

ひさしぶりの景色。そして うつくしさ。

 

あの日 あの時とかわらぬ 堂々とした

そして 美しさ。

 


 

ものごとは心にもとづき、

心を主とし、心によってつくり出される。

もしも清らかな心で話したり行なったりするならば、

福楽はその人につきしたがう。

――影がそのからだから離れないように。


この国の人は、この国が好きなのだと思う。

美しき 景色を 美しいままに大切に残す。

 

必要以上に伐採することもなく

必要以上に壊すこともしない。

精霊が宿る この国を

とても 大切にしている。

 

先代の尊き想いが

今、美しくひろがる。

未来へ届きますように。

 

清らかなればこそ、

悪き事をしないこと。

 

心を清めてくれる。

寺とも開催!

第7回 寺友TERATOMO 開催!! 
平成29年2月10日(金)  10時〜15時 長谷寺本堂にて 
どなたでも参加できます!
お気軽にお越しくださ〜い♪


(写真は以前のものです)

teratomo1.jpg

teratomo2.jpg

核家族化が進みお隣ご近所の方もどなたがいらっしゃるか わからなくなっているこのご時世。

おじいちゃん、おばあちゃん、
ママ、パパ、お子さんベビちゃんまで
お寺を通じて色んな方が世代を超え性別も超え地域も超え繋がりたいそんな想いから始まりました寺友

お寺は先祖供養はモチロン、昔は学びも遊びもそして家族の問題の相談も誰もが安心して頼れる場所だったんです。
だからこそ今一度お寺に集いあいましょう

長谷寺本堂
こちらにいらっしゃるのは十一面観音様
ご縁を繋ぐ観音様でございます

ただゆったり本を読むもよし
その場を共にする方同士お話するもよし
本堂に入ってくる風を楽しみながら寝てみるもよし
お家ではかどらない勉強やお仕事をしてもよし
先輩方からのお話で人生の教えや学びをえるもよし
お子さん・ベビちゃんからは溢れるほどの元気をもらうもよし

teratomo3.jpg

今回も住職によるお話や「茶道体験」「写経体験」なども出来ます。

お寺でいろんな体験や集い合うみんなとゆっくりまったりお話する時間はとても贅沢

本堂からみる大山・丹沢の山並みが美しいのでそちらも楽しんで下さいね

参加費 自由料金(お気持ちお願いいたします。)

お好きなお時間に顔を出して下さいませ。
お帰りもお好きなお時間でお帰り下さい。

小さなお子さん用のおもちゃもあります。
お茶・お菓子の用意あります。
持ち込みももちろん可です( ´ ▽ ` )ノ

あなたのお越しをお待ちしてます!!

teratomo4.jpg

定期交換 扇

IMG_0606.jpg

定期交換部品です。

トイレの換気扇 

小さいながらも、裏方さんとして

健康を 増進してくれていましたが、

このたび、交換をいたしました、

壁には、筒状の穴があり、

そこに、サクッと 差し込んである

換気扇を ヌキ、あらたに

入れ替えるだけ。

回転も回復。

 

次のおたのしみは、分解してみる

廃棄する品でも

新品の品でも構造はいっしょ

なかみをみてみると、

コストと、作りやすさ

そして、耐久性を考慮した形跡を

みれます。

 

安全、安心、 ご自宅の換気扇

動きが悪くなっていませんか?

118

もしひと

よきことをなさば

これを

また また なすべし

よきことをなすに

たのしみをもつべし

善根をつむは

幸いなればなり

 法句経 118

 

善い事をして人に喜ばれたら

もっともっと、それを続けなさい。

そして

よいことをするための計画をたてなさい

よいことを積み重ねてゆくことが

人生を幸せにしていく。

おそろしいこと

困難にぶつかることよりも

人にうらぎられることよりも

つらいことよりも

悲しいことよりも

苦しいことよりも

もっとおそろしいことは

あきらめてしまうこと---

そこですべてが終わってしまうから

 

森田佳代子

1000ml

 

IMG_0488.jpg

愛用のEP−803AW

インクが減ってきましたので、

3セット目を購入しました。

1リッター単位で6本 という 笑える 量でございます。

 

http://www.epson.jp/products/ecotank/epm570t/

の最新の機種は

やはり 良きもののようで、

エコタンク 補充用 1本70mlで

黒は4500枚 カラーで7500枚の印刷が可能な模様です。

しかも使用色が少ないので、さらに エコ!

 

今、購入するなら、エコタンク搭載モデルですね。

http://www.epson.jp/products/ecotank/concept/

のコストシミュレーション、ですが一カ月あたり印刷枚数が

平気で1000枚を超えているので数字を入れようとすると

300枚までしか、シミュレートできませんでした。

それでも凄いコストカット額が表示されます!

 

しかし、現在EP−803AWには

強制的なるエコタンクがついており、

もうしばらく、各色1000ml分

使っていきたいと思います。


最近、プラスチックが割れてきましたが、印刷機能は快調 

耐久性抜群です。

知恵の

あらゆるものを超越しておおいなる

生命の根源的な所に目覚める知恵

迷いや煩悩が吹き消え、解消した境地へ

至る知恵が完成する真言を知りなさい。

 

悟りの知恵

火は煩悩にとらわれること

大水は世の中の難題のこと

悟りをもとめる心があれば

煩悩も難題にも流されることなく

苦悩を最小限に留めることができる。

 

心の音は耳では聞けない

外見を見るのではなく

心の眼、魂の眼で見る

本質の波動を観じる。

 

悟りを求める者 求道者

人々を救おうとする者

 

色 肉体など、目に見える物の事

--------

受 肉体が感じる感覚(苦?楽?)

想 感じたものに心が動く(辛?幸?)

行 動いた心は行動を起こす(復習?感謝?)

識 多くの体験で善悪が判断できるようになる。(経験値)

 

目に見える物の世界を成り立たせている法則の事を

漢字に訳した時に目に見えない ものの事だから 空と訳した。。

法則と訳した方が現代ではわかりやすのか・・・。

法則がある。

今 生きているこの世で

この生命のあるうちに

理解しなければならぬもの

実感しなければならぬもの

そうしたものが、

この生命の奥にある

それを おしゃかさまは

「空」と表現した。

「法」とも表現した。

そして、

そこに永遠の真理がある。

と、説いた。

 

根源的な働き。

 


 

 

たとえば

おおぞらに むかって ボールを投げる

勢いは徐々に衰えて 停止

下に向かって徐々に 加速

ほぼ 同じ勢いになって戻ってくる

 

あたりまえ。 

 

眼には見えないけれども

眼に見えない法則がある。

パーソナルに

2017-01-22

IMG_0477.jpg

 

未知の領域はたのしさ倍増です。

いままで編集は、オープンオフィスをつかっておりましたが

このたび パーソナル編集長というソフトを購入し

パーソナルに編集をして 印刷してみよっかかなぁ。

と、たくらんでおります。

同封されておりました書籍

パソコン編集入門という

編集の基礎からソフトの使い方 便利な機能などが

しるされており、まず第一の項目

 

新聞づくりにはルールがある

というページで 

「なるほど!」

眼から うろこ が ボロボロと

 

英語の先生ではないですが

学んだ分だけ前に進めるものでございます。

 

あらたなる 領域を 楽しんでまいります。

はるの香

2017-01-21

IMG_0470.jpg

芝生はまだまだ 茶色ですが、

長谷寺にも春がやってまいりました。

 

小さなお寺ですが

多くの皆様が 植樹してくださった

じゅもくの中に、河津桜がありまして

さらっと撮るとわからないのですが

拡大してみると、

IMG_0468.jpg

と、 きれいに、さきはじめました。

 

河津桜をを直接見に行ったのは

もう何年前かな?

月日の流れるのを

とても早く感じます。

 

http://www.kawazuzakura.net/

永代仮設で

20年も考え続け、

20年間 断念し続けた 事項

新規階段を 一念発起。

設置しました。

 

あっちに相談 こっちで物色

するうちに、工事現場で使う足場パイプ用の

仮設階段はどうだろう。ということで

検索しましたところ、良い物がありましたので

購入設置しました。

 

IMG_0344.jpg

の、ですが、

適当と言えば適当ですが、

階段を下りると

家にぶつかる 仕様でして

一段手前で横に飛び降りるという

一般の方は 使用禁止(ダメだろこの設置は!)

という覚悟(方向?)で設置しました。

手すりも実にシンプル (危険すぎる!!)

IMG_0342.jpg

 

住人としては、なぜもっと早く設置しなかったのかと

不思議になるほど、忍耐強く 遠回りをしていたなぁ

と、登り降りするたびに、「楽だぁ」と声にでてしまいます。

 

「注 でも、みなさんはつかっちゃダメなのヨ」

 

頭で考えることも大切ですが、

やってみると、すごい簡単なことも

たくさんあると おもってしまう

このごろ。

 

どうせムリ とアキラメを

だったら こうすれば?

見方を変えてみよう。

出会いを大切に

出会いを大切に

ゆらめき

IMG_0425.jpg

お寺で使っているロケットストーブ。煙を抑え

燃焼効率を上げるために高温を維持するように

工夫されています。高温を維持するために、保温力のある

パーライトが入っているのですが、

高温で燃焼を続けた結果、内部の筒の損傷が

相当に早いことがわかります。

 

ステンレスの曲げ部分には穴があき

ステンレスの筒の部分は波打っていました。

分解、破損部分を撤去 

在庫の部品で、再構築

外がわの部分も交換します。

IMG_0431.jpg

ある方から、鉄に穴をあけるのは難しい 

という質問がありましたが、

グラインダーに、鉄用の切断砥石で作業を行うと

アッというまに、切れます。

筒が入るように、細かく切り込みを入れ

針金をうまくつかって、固定します

 

初めて作った時は試行錯誤しながらでしたが

二度目だと、あっという間に完成。

うれしくて、さっそく火入れです。

IMG_0432.jpg

今回、手元にあったものを使いましたので、

口径が違っていたり、L 字ではなく、T 字のタイプを

使いました。

 

壊れた部分 これを、定期交換部品と考えれば

あまり気にもなりません。 

部品もそれほど高い品でもありませんし、

 

工夫しながら、作り直すことは

とても、たのしく、また、火を扱えることが

うれしく、 ゆらめく 炎 は

神秘的で、 不思議で

とっても魅力的です。

これから

年末に、機械が故障いたしまして、

 

IMG_0407.jpg

HPの更新が途絶えておりました。

 

不安定ながら、回復いたしましたので

更新。を、さかのぼって 

記載してまいります。

困りごと

あさ 

三番目の娘が

この 動画 を見ていた。

私は 音声だけ 聞いていた

あっちこっち 聞き取れなくて

直接見てみた らヴぁ とっても 耳に残った

まる一日 同じフレーズが 流れ続けた

と いう 話を 家族にしてから

リズミカルな 動きを 再度見ていたら

妻に 怒られた

「うるさい」 と

どうやら 頭の中で なり始めてしまったようだ

 

表題は

赤ちゃんが 泣きやむ cm だそうな

 

https://youtu.be/7sP7MHMWFC0

 

kincho の 困りごと

うつりかわり

IMG_0175.jpg

朝は、晴天。

前日の雨が空中の埃を落とし

スカッと、キレイな大山がみえます。

 

IMG_0184 (1).JPG

日没には、おおやまのシルエットと共に、

雲が夕日に照らされます。

 

IMG_0179.jpg

ふと、後ろを見れば、お寺の裏側まで、夕焼けの美しさが

満ちておりました。

 

何気ない一日も、じっくり、ゆっくり観察すると

驚く日々の積み重ね

 

うつりゆく今をかみしめる。

小さな草

IMG_6211.JPG

 

やってみたかった 芝生 です。

今回 造園やさんにお願いをしましたので

冬を迎えますが、順調に 根をはっています。

 

冬をむかえますので、芝生は茶色をしています。

 

みなから 「手入れが大変だよ」

 

と言われた、手入れを しています。 

小さな時に、ちょっと 抜くと、後が らくちん。

 

遠くにカスミがかかったお寺が見えますが、

実は、とっても、近い場所。

写真てえのは、不思議なものであります。

 

小さな草に目線を合わせると

小さなお寺が、巨大に見えてまいります。

いまふうの?

IMG_6099.jpg

お寺の正面が見える場所ですので

意外と良いところに、あります。

樹木葬墓

しかし本堂からですと、

樹木にかくれて、

どこにあるか

わかりません。

 

 

洋風?和風? 

・・・・・・今風? 

押入れがテレビ台

IMG_6003.jpg

押入れを改造してみます。

棚を外し、壁を塗り 今回はカラーボックスを

大量に買い込み、裏の板は接着剤で強固に固定

ならべて、テレビを乗せれば完成形です。

IMG_6004.jpg

必要にして十分な、空間ができあがりです。

(今回はニトリの製品をつかってみました)

渋沢栄一

IMG_6064.jpg

ふらりと立ち寄った所にあったチラシに目がとまり

行ってました。祈念館

祈念館の裏側には、立派な銅像が山並みを

眺めておりました。

IMG_6069.jpg

日本の高度成長を助け

尽力を続けた。

今の日本を生きていたのならば

何をするのだろうか と

ひとり、考える。

 

現代に生きる自分に

なにができるのか

彼の目線に

少しでも

近づ

骨材入り

IMG_5918.jpg

階段の床を塗りました。

 

ちょっと前までは、本堂の周りの軒下はコンクリートが

打ちっぱなしで、表面がツルツルで雨が降ると、

本気で滑るような、処理のままでした。

おかげて、住職の私自身も何度、いや、何十回と滑ったことか・・・。

ということで、現在では専用の塗料で対策済みで

すべることは、ありません。で、専用というのは

 

骨材入り

 

という、お寺で使うには、「表現として」、ドキッとしますが、

ざっくり、砂が入った 塗料のことです。

これを、刷毛(または、ローラー)で塗っていくのですが

進めていくにつれて、刷毛に骨材(砂)が入り込んで

モコモコになってしまうのは、初心者の基本(涙)。

ということで、毎回補修の為に、ヌリヌリするのですが

今回、塗装色を間違えて発注してしまい、1年間放置

してあった塗料を、階段に使いました。

 

本堂では、シルバーグレーですが

これは、グレーでして、

これは、これで、白とグレーの色差で、段差の違いがわかりやすく

じつは、とってもよい。というのが、塗ってからの実感。

 

失敗という経験値は

実は、失敗という先入観なだけて、経験値が広がる と考える。

できることを

IMG_5921.jpg

役がありまして、中学校にうかがうことが多いです。

ここの中学校は、住宅街にありまして、外周はすべて道路。

この道路はそれなりに交通量があり、安全を考えると

生徒さんは掃除できない。 

 

しかし、お寺の基準で見ると、どうしても気になる。

気になるのなら、勝手に掃除をしてしまえ。

ということで、さっそく 清掃してきました。

校長先生には、一言挨拶。

「掃除したら、帰りますよ」

ということで始めると、落ち葉も多いけれども

アスファルトの素材なのか、砂や砂利も多い。

今回は、はじめてということで、表面の

落ち葉を あつめてきました。

IMG_5922.jpg

このお寺の軽トラも、 青パト登録がされていますので、

どんな団体が、掃除しているんだ?

という顔で、見られるのも、防犯活動の一環でもあり、

 

地域の為にできること。

悪いことでなければ、 やってみる。

 

さんじゅじょうかい

不規則動詞

不規則動詞

http://gakunentop.client.jp/fukisokudoushi.html

本日の英語の時間は、不規則動詞 を行いました。

 

英語が好きな人は、発音が好きになってくる。

不規則動詞は、声に出しながら おぼえてください。 

 

不規則動詞

 

次回の英語の時間は、

12月16日

1月20日

2月24日

です。

障子の半分

障子をはりかえましょう。

74枚あるお寺の障子

そのうちの、52枚を張り替えます。

(12枚は、見えない箇所だから来年にもちこし)

 

11月にしては、暖かいので、

障子の張替をします。

 

この52枚は、お寺にこられるみなさんが

見る箇所なので、

一層、真剣に作業します。 

まずは、はがします。

 

先日つけた雨水用のタンクの水を活用します。

500リットル

少しの雨でも、かなり効率良く水が貯まります。

この水を、「じょうろ」でまんべんなく注ぎます。

水をかけて、重ねて、また水をかけて重ねることを繰り返し

糊が ふやける のを待ちます。

IMG_6036.jpg

もともと、簡単にはがれるように、極薄になるまで

糊を薄めていますので、簡単にはがれます。

 

乾燥、点検の後、部屋にとりこみ

夜は 障子をはります。

IMG_6046.jpg

糊を刷毛で

毎日設定

wifiの設定がわからなくて、

ほぼ毎日設定を調整しています。

が、まだまだ、思うような

設定ができなくて、

毎日難儀しています。

 

有線で設定してみたり

プログラムをダウンロードしてみたり、

携帯電話からアクセスしてみたり、

はたまた、HDDレコーダーの設定や

(これが、旧式だから、設定がさらにわからない・・)

 

そして、アクセスポイントが4点あるので

個々に設定が必要。

ルーターとアクセスポイントの差異を

まなんだり、HPの更新は

とまっていますが、

つねに、なにかをやり続けています。

が、はたして成果らしいものまで

届かない。

届かない理由があるはずで、

それを見つけるのに

時間が、かかっているだけで、

1つひとつを、確認していくことが

結局 早かったり、します。

 

1つの事に集中して、時間をかけて

現在は、設定を繰り返す毎日です。

▲このページのトップに戻る