なめらかに

10月1日、

子ども110番の写真撮影の為にお寺さんに おうかかい

10時から13時半までpta関係が3件。

午後1時から写経ではおわってからのお話はたのしく共にできました。

午後3時からは、お隣の寺院の本葬儀の準備でしたが、遅れて参加。

午後4時からは裏メニューのピアノ。ちびっ子生徒さんと先生。

午後7時からは本堂で、四季のヨガ。初参加の方も4名とありがたいことです。

午後10時には、過密を叱られ・・・。

 

ゆっくりすると なめらかに 過ごせます。が、

今は、やることを1つずつ。

動画の練習

動画の練習をしています。

構図 流れ 撮影 編集 発表。

やってみました。(練習ね)

https://www.facebook.com/video.php?v=697224490362866&l=3824930460969154723

企業研修禅

企業研修禅.jpg

このたび、企業研修を長谷寺で 勤めさせていただきました。

話題も多岐にわたり、禅を組むのももちろん

世代、役職を超えて、自己の研鑽を重ねておりました。

長谷寺におこしくださいましてありがとうございました。

人生の過ごし方

昨日は 講演する機会に恵まれ

お話をしてまいりました。

事務局さんと相談で決まった お題は

「人生の過ごし方」

という、大きな課題への法話をいたしました。

時間としては、50分。

 

1は 私のこと

2は 人生の過ごし方

3は 坐禅の基本

4は この体が出来る事。

 

このような内容で お話をいたいました。

最後は、みんなで握手をして終了。

講演依頼.jpg 

 

2500年前からの悩み。

この現代も、悩みは尽きない。

 

人生の過ごし方。

死ぬことへの不安を

どうするのか?

自分 自身の事として、シッカリ

理解すること。これが大切。

無明(しらない)ということが 問題点。

場所をかえて

th_IMG_20140901_131723.jpg

お寺は、お手入れの最中なので、本日の

写経会は、庫裏(食事や、法要の控え室)を使いました。

 

和のこころ まんさいの室内ですが、照明だけ、

ちょっと。というのは、施行した本人だけが

気にしていること。

 

自然な光と、LEDの光で、写経するには

適した、光量を確保です。

 

私は、自分の宿題をしておりました。

校内清掃

PTA主催の小学校 校内清掃に参加しました。

校内清掃.jpg

2014年08月28日

小雨の降る中、多くの皆様と、学校の清掃ができました。

この箇所は、通常、児童が入れない箇所です。

 

夏休みの最中だからできる 大人の清掃

というのも アリ でございます。

事が・・

いろんなことがありすぎて、

過回転。

平常運転へ。

新宿、歌舞伎町へ 物を取りに行く。

PTA活動

スライド作成。

子ども座禅会。

親子座禅会

読み聞かせの会

本人に内緒で「お寺結婚式」

 

何から書いて良いのやら・・。

書いて見よう。

どうしても読書感想文を作らないと

ならないが、読む気力が無い人へ。

 

すらすら読める人には、

無駄。な方法です。

 

眠くなる。または、どうやっても、頭に入らない。

なんていう自分の今(現在だけ)の方法。

ココのページを見まして。

やってみたら、眠くならない。頭に入ってくるんですね。

読めない漢字は、検索し、そのまま、本に書き込む。

書く速度が低下するのは、「漢字」に画数がおおい為。

ならば、ひらがな で書き続きけると、書くのは早い早い。

目でみて、漢字をひらがなにしているので、読んでる。

それを、指にあるペンで書き続けて、ノートに記入。

ノートに記入した文字をさらに読むのでさらに入る

(自分の文字が読める程度にかけている場合)

ということで、人生の経験範囲外(興味がなかった範囲)

の読書をする場合には、有効な手段かもしれません。

(あなたにおすすめというわけではない)

th_5439.jpg

携帯電話の撮影モードで魚眼という項目で写しました。

10の悪魔

th_細文.jpg

 

お釈迦様が さとりをひらかれるのに 6年の歳月。

(法句経では7年の歳月)

その間、「あきらめさせよう。断念させよう」と悪魔が

常に、つけまわしていた。

ーーーーーーー

あなたにも経験がきっとあると思う

受験(テスト)勉強の最中。自分には才能がないんだ。と

「あきらめさせようと、断念させようと」

悪魔は はりつかれていた時の事を

 

ーーーーーー

瞑想(坐禅)をして 客観視することが大切。 

それが、実践的精進

そんな、場面。

 

 

軍隊という言葉をつかって悪魔の種類を説明している

 

第一の軍隊は 欲望

第二の軍隊は 嫌悪

第三の軍隊は 飢渇

第四の軍隊は 妄執

第五の軍隊は 睡眠

第六の軍隊は 恐怖

第七の軍隊は 疑惑

第八の軍隊は 強情

第九の軍隊は 誤解からの尊敬や名誉

第十の軍隊は 自己を褒め他人を軽蔑

 

勇者でなければ これに打ち勝つことができない。

勇者は打ち勝って 楽しみを得る

法句経 439より。


 

古い聖典に出てくる話を見ると。

さとりを開いた後の釈尊に悪魔が

寄り添い、深く、快楽を使って。

呼びかけたり、誘惑をしている。

 

と、いうことは、、試験日が過ぎて、 

こころが緩んだ時の事を指している。

こちらの場面のほうが、誘惑から抑えるに

手間がかかりそうであり、悪魔の誘惑に

お釈迦様は自分を常に律していた。

 

 

悪魔はいろいろの姿で現れるが、本性は

「これは 私の物である 」といって 執着すること。

その我執のために、悪魔は種々の姿で現れる。

我執がなくなれば、悪魔は消え失せる。

あきらめない

th_あきらめない.jpg

あきらめないこと。

2006年の書籍をブックオフで買いました。

 

野口健さん 彼は清掃登山を通して。

私は、厚木という基点をもって活動す。

 

あらためて。日本を美しく。

こころを美しくするために。

こころの やみ を照らすがごとく。

清掃に専念。

 

富士山は世界遺産か?

到着帳2

th_到着帳.jpg

おかげさまで、到着帳。1巻目がまきおわりました。

2巻目に移行いたしました。みなさま御来寺 ありがとうございます。

 

到着帳

お盆合同供養。

th_墓地現在.jpg

この3年間で、かなり墓石がふえました。

ご先祖様が永代にわたり

おすごしいただけるよう供養をしております。

 

やがて、私も同じように、お返しする身体。

生きてる「あなた」には精一杯

そのお体を、楽しんで いただきたい。

 

いま、自分はどんな状態か、

客観的に見る方法として、

目線を変える、ご先祖さまからの目線。

爺ちゃんだったり、ばあちゃん。だったり、

恩師だったり、そんな方からの目線で

自分のありのままの姿を見てみる。


そして

自分の今を報告する。

元気でやっている事。

ちょっと、出来ていない事。

全然できていない事。

 

そんな、報告をみんなで 行う会を

8月10日。午後1時と2時に長谷寺本堂にて行います。

お盆の合同供養会。 

 

お位牌と、お写真(小さい方)をお持ちください。

無い場合にはご先祖様や恩師のお名前を受付にて

記述してお申し込みください。

 

どなたでも ご参加いただけます。

今年も田舎に戻れそうにない方など、どうぞおこしください。

(台風も 参加しそうだ・・・。)

(安全確保は自己判断で)

ちちの宿題2

th_床前.jpg

いよいよ。フローリング 工事の開始です。

今回、ふすまの敷居(引き戸用の溝)があり、

4ミリほどの、段差がありますが、自分施行

という業者さんですので、

自分という施主に、事前に了解を得ています。が、

削るなり対策をしても、斜めな箇所が発生します。

(というか、それだけ フローリング部材が

その場所だけ しなる のか?そして、ギシギシと

音が出ないのか?)

できあがってみないとなんともいえません。

 

既存のフローリングの上にそのままフローリングを

うちつけますので、全体強度はあがりますが、ギシギシ音

対策として、底面に接着材を塗布するのが 本来ですが、

面倒なので、一切つかいません。そして、今回は、工具の

エアーツールを用意しなかったので、釘(フローリング用くぎ)

を金槌(かなづち)で、1本1本、手打ちをしていきます。

 

 時間が数倍かかりますが、急ぐ仕事ではないので、

ゆっくりと、数日に分けて楽しみながら・・・。

th_床後.jpg

やってみました。

父の宿題

洗濯機01.jpg

毎日3回は動いている(5回?)洗濯機。

それなにり大型ですが、

それなりに 内部が汚れます。

分解は専門の・・・。と書いてありますが、

電源を抜いてあれば、感電することは

ありません。

分解作業は 知識を得るのに最適です。

この洗濯機になってから分解清掃は

4回目。慣れたものでございます。

市販の洗濯機を洗う洗剤もあるのですが、

内部にたまった、砂を含み、洗剤で練り込まれた

異物は、浮かび上がることがないので

やはり、分解、そして、たわしで

ごしごし で十分きれいになります。

 

工具はプラスドライバー 1本と

10ミリのレンチ1本。だけでした。

 

汚れを見せれる場所としては、

洗濯機02.jpg

こんな感じで、ドラムの裏側は、それなりに汚れています。

4回目に初めて分解したのは、この画面でみえている、

6本に伸びている基台と、ドラム本体を繋ぐネジを初めて外しました。

とんでもない密度のゴミがたまっていました。。

 

たわしでは効果がなく、マイナスドライバーでごしごし。

そのあと、たわしでこそげおとし、水で流して完了。

分解した時に、できるだけ電装品は触らないことが

組戻すときに、安全と、安心をもたらします。

(2層式なら4台ほど、洗濯機を破壊処分しています)

 

さくさくと組み立てて、乾拭き。最終点検をおこない、

アース(漏電時に逃がすための電線)を確認。

電気プラグをコンセントに接続して試運転。

水漏れ、不具合を再点検して 終了。

 

おとうさん用 夏休みの宿題 でした。

(喜ばれますぞ(笑)おすすめでございます)

ねこさん。

大山猫.jpg

昼間の暑さで、どこに隠れているのか わからない猫さん。

夕方になるとやっと でてきます。

 

撮影の練習をしてみました。

大山と、お墓と、お寺を入れたいのですが、

配置として無理なので、

大山と お墓と、ねこ になりました。

 

タウンニュース用 没 写真として。

法句77

教示せよ、教誡せよ。

悪しきことを遠ざけよ

かれは善人に愛される

しかし悪人に憎まれる。

 

常に指導をつづける。悪意のあることを行わなければ、

彼は善人に愛される。しかし、悪人には憎まれる。

 


写経の茶話会

8月は、1度 の写経会が開催されました。

といいながら、7月と8月は ハイシーズン。

近隣の御寺院にて、おせじき 会があり、

各寺院にて、合同で、供養をいたします。

ということで、 写経会の時間がすぎてから長谷寺に戻りますと、

そのまま、茶話会が続いておりました。

 

毎回、終了後の茶話会(さわーかい)にて

毎度の住職の無茶フリに

参加者はかなり鍛えられており、住職おらずとも

おはなしの華が 「 全開 」 でありました。

 

と、言うことで、次回は9月1日(月)午後1時より でございます。

(たぶん茶話会は、午後2時半頃には移行します)

( ↑ 最近、写経の速度が高速化しておりますが、定速でも問題ございません)

(漏れてくる話が、おもしろすぎて、筆が笑う可能性があります)

苦行

ガンダーラ釈迦苦行像

 

 その苦行はもの凄いものであった。断食によって骨と皮だけになったという。その苦行の物凄さを示すような、恐ろしく実写的な彫刻がガンダーラでいくつもつくられた。「インド本土はさほど残っていない。ガンダーラでいくつも作られたということは、写実的なギリシャ的思惟の影響であろう。

 苦行の過程を示す「ジャータカ序」のうちの叙述は次の通りである (ゴータマブッダより)



読み進む 

速度が遅くとも、

続けて行う。続行すること

今は、何のためかは、分からなくても

時が来て、瞬間的に 会得す。

 

 

あなたにとって 苦行(学業)の先には、何があるのか?


見つつ、見ず

 「チュンダよじつにラーマの子・ウッダカはこのようなことばを語った^^^「見つつ、見ず」と。なにを見つつ、見ないのであるか? よく磨かれた剃刀の面を見るけれども、その刃を見ないのである。これが「見つつ、見ず」といわれるものである。ラーマの子・ウッダカの語ったこのことは、劣って卑しく、凡夫のことであって、聖に非ず、意義のないことで、剃刀のことのみを暗に含めて考えてそういうのである。しかし「見つつ、見ず」ということを正しく語る人が語るならば、「見つつ、見ず」ということを正しく語るべきである。では、なにを見つつ、見ないのであるか?「このように一切の相がそなわり、一切の相を円満し、滅なく増なく善く説かれ純粋円満なる清浄行が明らかにされた」と、じつにこのように見るのである。「ここでこれが除かれるべきである。それはこのようにさらに清浄となるべきである」と、このようにそれを見ないのである。「ここでこれが加えられるべきである。それはこのように円満となるべきである」と。このようにそれを見ないのである。これが「見つつ、見ず」といわれるものである。」


難しい本を読むと眠くなる。

眠くなるということは、

読み込めていないということ。

込めるには、

書く事。

かけないならば、

打ってみる。

 

現状。私は、まさに「見つつ、見ず」である。

ゴータマブッダ1冊目より。

(漢字も所々、読めないぞ!)

いじめのたね

いじめの種を蒔かない。

育てない。

花を咲かせない。

てらかふぇ2

th_DSC_0807.jpg

おてらかふぇ はじまり はじまり。(アンデス音楽披露)

思い立ったら

おもいたったら、行動しましょう。

ということで、イヤな思い出が詰まった所へ

行ってきました。(あの頃はつらかったなぁ〜)

th_DSCF7336.jpg

永平寺 雲堂(僧堂)です。

午前11時頃つきましたので、昼の食事の最中でした。

永平寺での撮影は、僧侶を写さなければ自由です。

だれもいないように写しておりますが、

実は

th_DSCF7357.jpg

大勢のみなさんが、参拝の為に階段を 

のぼっております。

(つかれた?)

 

th_DSCF7448.jpg

全国からお参りにこられます。

20年ぶりのご挨拶があったりいたします。

(三重県から 団参で お越しになれていました)

 

 

今も昔もかわらず 行を 重ねる 場でした。

思ったら立ち上がって自分で積むのが行。

点検中

th_5172.jpg

日中に、2時間ほど、時間ができましたので、

周辺のパトロールを実施しました。

1つ気づいた点は、とても小回りが効くこと。

あっ。と思っても、ハンドルをグリグリまわすと

とってもよく曲がります。

 

今日は、休日の 中間でしたので、

行楽にいかれる方が多かったのか

住宅街には 車も人も、少なく、

歩いている方々は、のんびりと

すごしている印象でした。

 

さらに、1つ、 子どもさんが、

禁止してある柵を乗り越えて遊んでいたので

大人のお約束として、注意をいたしました。

しかられるのも、学習です。

しかるのも又、学びです。

th_5168.jpg

G

ドクターG

という番組を留守録でみました。

http://www4.nhk.or.jp/doctorg/

「症状から病気を 覚えるのではなく、論理的に結論に行きつけ」

なにか、心の中が すっきりとしました。 


自分には、自分の道があり、

隣の芝が きれいに見えていたにすぎない。

どの道のイバラの道であり、道を歩むには

幾千もの症例を学び、論理的に枝を進み

結論たる、病名に行き着く。

 

仏教もまったく おなじだ。

と。

お釈迦様は、論理的に 説明をしきったから凄いのであり、

だれもが納得する答えだったから、今でも続く教えであり、

原因があるから結果として出ているだけでそれの原因を

突き止めることが大切というあたりまえのはなし。因果。

 

ドクターG を拝聴して、自分なりの答えが見えたという話。

B級品

ホームセンターに行きまして、

フローリングを束で9セット買ってきました。

今回、グレードで言えばB級品。

お寺の地下階に使ったのは、特A級品。

お寺は、今後も永年使用する予定の建造物ですし、

多くの皆様に使っていただけるよう・・・。

 

今回はガタが来ている、庫裏の臨時改修ですので

B級品で十分。ということで、格安品を選択。

th_DSC_0783.jpg

適材 適所 でございます。

(さて? 施工の時間は あるのだろうか?)

魚哲学

さかな.jpg

魚哲学の書。


 

かもよ?

th_DSC_0781.jpg

 

 


 

今、余裕がある人にお薦め致します。

しかし 全開で生きている人には、薦めません。

 

ぐれぐれも 燃え尽きないように 願います。

感謝

th_DSC_0780.jpg

7月15日、お写経におこしいただきありがとうございます。

住職 急な法務の為不在にいたしまして申し訳ありません。

この写真は、御参加くださいました方が手作りで

つくって奉納していただいた袋です。 ありがとうございます。

 

長谷寺にある小さなカメにハスの花は入れ替わりながら

咲いております。その花を描いてくださいました。

ありがとうございます。

 

7月17日、早朝のハスの写真を添付いたします。

th_DSC_0776.jpg

7月の峠こえる

7月にはいってから連日の法務、なんとか終了。

完全に放電してしまったので、充電にはいります。

まずは、キーボードの練習からです。


人間は生きている限り、われ個人である。われはわれである。おまえはおまえである。それ以上でもなければ、それ以下でもない。どう生きるかは、われが自分で決めることである。自分で決めるものであるとすると、卑小なものである個人は無限に尊い。「唯我独尊」といえるわけである。人間の発見がここに神話的に象徴されているのである。(ゴータマブッダより)


パソコンのOSの変更はいろいろな面で新たな発見があるもので、しばらくは練習として文章の入力をかねて 更新を開始します。各位ごめんなさい

(このPCで画像を貼る方法がまだわかりません)

備忘録(自分へ)

自分へ、

ゴータマブッダ 3冊を読み込み 感想を作成し、8月中に提出のこと

▲このページのトップに戻る