五蘊皆空

 

五蘊皆空.jpg

五蘊皆空(ごうんかいくう)

私たちの身心は五蘊よりなるもので、定まった本体がなく無我であることを言う。

 

五蘊

我々の存在を含めて、あらゆる存在を5つの集まりの関係においてとらえる見方。物と心のあつまり。物質と精神。五蘊とは仏教で物質と精神とを5つに 分類したものをいう。環境を含めての衆生の身心を5種に分析したもの。色 受 想 行 識 の5つである。

色 物質一般 あるいは身体。身体および物質。

受 感受作用 感覚・単純感情を言う

想 心に浮かぶ像で、表象作用のこと

行 意思 あるいは衝動的欲求に当たるべき作用

識 認識作用 識別作用 区別して知ること。意識そのもの


色は身体に関して、

受想行識は心に関して。

これを合わせて「身心」という。


無我 

我ならざること。 我を有しないこと。 われというとらわれを離れること。 我でないものを我とみなしてならないという主張。 われという観念、わがものという観念を排除する考え方。 アートマン atman 我  


空(くう)

うつろ。原語はふくれ上がって中がうつろなことの意。転じて無い。欠けた。またインドでは数字のゼロを意味する。

もろもろの事物は因縁によって生じたものであって、固定的実体がないこと。縁起しているということ。存在するものには、自体・実体・我などというものはないと考えること。

映像の研究

写真用のプリンターを購入し、

いろいろと 失敗をくりかえしながら

法事のたびに 協力していただいています。

(みなさま ありがとうございます)

 

背景に何を選び集合ポイントをどうするか?

(位牌側に移動していただくか、位牌を移動するか?)

印刷した時に 全員が入る構図は?

(撮影時とプリント時の枠が大幅に違うので)

どのくらいズームにするか?

フラッシュを焚くか(漢字が違うか?)

(逆光なのか特殊な光量か?)

顔が かさなっていないか?

目をつぶってしまわないか?

そもそも カメラが古すぎるのか?

バッテリーは持つか?

試行錯誤は続き。 なぜか現在 頭の中は動画を手持ちでいかに撮るか?

という点に きています(なぜ?)

http://www.youtube.com/watch?v=Kle8h_vgAm8

 

 

http://www.youtube.com/watch?v=bGfv7crXw98&list=PL6B427D3BBF2325C9&index=5

 

昭和の辞典

昭和56年6月末までは 特別定価が16500円のオビ付の

初期型を平成25年に古書店にて購入しました。

 

大辞典.jpg

なんと、上のお兄ちゃんが、もくもくと勉強しています。

この夏の暑い中、 エアコンを付けない家で 汗をかきながら

本人が勉強をしていると、親は 叱れません。

逆に、自分を叱ることになり・・・。

と、いうことで

自分のために 辞典を購入しました。

http://www.choukokuji.jp/article/14879726.html

の中に記されていた、推薦の辞典です。 たとえば・・・。

 


 

一期 (いちご)

一生涯のこと。

人の一生。この世の生涯

修行のための 一時期のこと。

比叡山では、12年間山にこもることを1期とし、高野山では6年を1期とした

 


 

というように、平文にて記載されているため、とても読みやすい。

醫光寺


『醫光寺 MANDA LIVE 2013』
日 時  7月28日(日)
     12:30 OPEN 13:00 START 16:00 CLOSE
会 場  瑠璃山薬師院醫光寺
     (徳島県吉野川市山川町久宗150)
出 演  ・楽踊楽座
     ・marine breezy
     ・LEE LEE LEWIS
チケット 前売券 2,000円 当日券 2,500円(小学生以下は無料)
     ☆フリードリンク制
連絡先  瑠璃山薬師院醫光寺

http://ameblo.jp/jikaihiwada/entry-11569138892.html


 

住職塾 東京会場 第一期生の和田 慈海さんよりイベントのお知らせです。

今回 参加できませんが、次回は どうにかなるんじゃないかと・・・。

 

 

固い頭

 

頭がかたーく なっていることを実感します。

5リットルと3リットルのバケツがあって

4リットルを作るには?

 

全然考えようとせずに、検索してしまいました。

らば、

http://atodeyomu.info/archives/96

 

あーら簡単。 回答の方法もこんなにあるんですね。

別の方法もあるのかな?

 

あるものでなんとかする。

お寺では、毎回 それなりに専用工具がないと出来ないような作業を

あるもので なんとかしようとする。

または、旧来の方法は時間が掛かり過ぎて即却下するような方法を

採用したりまします。(ただ お金がかからないだけだ)

 

タイヤとホイールの組み換え(車両からの脱着の意ではない)

フローリングの施行や、畳を分解して「わら」として処分

造船技術(木を削りなめらかな曲線がえがけた時のうれしさ(笑))

 

屋根の修理(ただ、の補修ですね。雨漏りすんのよ)

屋根.jpg

(かなり腰が引けています・・・)

 

やりたくで できてない 作業の一つが、やはり上総掘り

一人でもできて、みんなで行うとさらにたのしい企画

そして、もしも完成したら、 大笑い ですね。 

「 で き な い 」 と 頭が固定されていないだろうか? 

  


精一杯に 行動している人は 自主規制を

そうでもない方は、その体の性能を100%がどこか?

さぐってみてはいかがでしょう?

できない病にかかっていません?

あきらめ病にかかっていませんか?

はずかしい病にかかっていませんか?

 

どんなものででも たのしめることを忘れていませんか?


25年前、アセチレン溶接の免許を取得したとき、

溶接よりも、切断が楽しくて、なんでも切りたくで、

近くにあった鉄といえば 車で、サビて穴の開い箇所を

ふさぐために 取得したハズなのに、その車のボディーを

A4紙ほどの鉄板に全部切断したことがあります

(たのしかったなぁ〜)

(ただ、鋳物は切断できませんぞ)

混乱おめでとう

45歳になりました。(6月にね)

この歳なっても、まだまだ、はじめてのことばかり

やったことがないことばかりです。

やりたいこと と できることは別

ただ、やったことがない 事に対して

拒否反応がでてはいなか?

 

はじめてのことに めんどくささを感じてはいないか?

 

混乱することは めでたいこと 

と 言います。

新しいこと、驚きと不安をばねに挑戦していくこと

 

この体が あるらか できること。実際に行ったことだけが

経験したこと。バーチャルでは 知ったような感覚になっているだけ

まだまだ、

海は深く 世界は広く、 宇宙はもっと広い。 

はばたけ.jpg  

 あなたは まだ 生きている (実体験できる)

混乱 おめでとう 

かたづけは午後?

「祝い事は午前中 弔い事は午後に」

と言われたのですが、亡き主人の品物の整理は、午後にしなければなりませんか?

 

ご質問を受けました。

答えは、

「なるべく午前中からはじめてください」

と、申し上げました。

 

仏教的に、午前、午後とわける話は聞きません。(知らないだけか?)

片づけは、ものすごく (精神的な)パワーが必要ですので、なるべく

体力の温存している、午前中からはじめて、雑に扱わず、心を込めて

必要なものと、そうでないもの。あの方に使ってもらうほうが良い物や

(いわゆる かたみ分け)

もうすこし、手元に残しておきたいもの。など時間をかけるべきと思い

このような回答をいたしました。(間違ってるかい?)

 

長谷寺での人形供養は 午後の4時頃から開始します(午後だ!)

のは、夜坐禅の日、住職がかならずいる日に開催しているからです

仏壇の開眼供養ばかりではなく、抜魂供養(仏壇供養)も 行えます。

代の絶えてしまう御家庭や、引越し先に仏壇が入らない等どうしても

という時に対応できます。(いままでは、ご持参される方ばかりです)

 


次のステップとして、携帯電話などの電子機器の供養を考えていますが

木材の位牌、仏壇やお人形と違い、お焚き上げ にはできませんので

どのように対応するかが、決まっていませんので、保留中です。

 

ただ、自分も携帯電話を交換し、あれほど、毎日愛情を持って

(購入時に高いからだけか?)せっしていたの製品で、機種変更時に

処分できなかった品なのに、数カ月で想いが薄れた 経験から

 

亡き方のとのつながりが強い携帯電話も 処分することが出来ず

自宅に保存されている方も大多数だと思われます。

処分というと心が痛いですが、お寺を通して「あの方へ送り届ける」

という 方向での供養ができないか?と検討中です。

 

ただ、本当に御本人の 深い貴重情報が詰まった 品ですので

情報流出しないように管理しなければなりません。

どこまで、自分ができるのか?原子力発電所のように処分方法が

確立していないまま、すすめるわけにはいきません。 

携帯供養.jpg 

この件に関しては、 要検討 です。

具体的には、産業廃棄物処理業の免許という事かな?

良い案があれば、おしらせください ませ。

31歳でも

31歳でも

不屈

の精神を忘れないでほしい。

法話は法を確実に説け

 悩み多くナイーブな精神を持って苦悩する一人の青年が「悟り」という頂上を目指して必死で歩み続けています。彼の名はゴータマといいます。彼の行く手は人跡未踏の深山であり、どんな危険があるかも知れません。しかし、ゴータマは6年間の苦闘の末に、ついに「悟り」の頂上に立ちました。

 人々はこの偉業を称讃し、ゴータマを仏陀とおよびします。仏陀の開かれた道は「仏道」と称され道に迷わぬようにあちこちに立てられた標識は「戒律」といわれます。悟りの頂上へ至るくわしい案内書や地図は「教法」となずけられました。 

 この道を教え案内する役目の人を「教師」または「僧侶」と呼んでおります。仏陀は迷わず、おそれずにこの道を歩んで来いと仰せられます。戒律と教法に従い、歩みを進めるならばだれでも頂上へ達することが可能なのです。

 そうは言っても、見るからに大変険しい山道であり、落石や雪崩もあり、足を滑らせれば谷底へまっさかさまになること必定です。しっかりした道案内のできる頼れる人についていかなくては、こころ細くてとても一人歩きできそうもありません。さてだれについていったらよいものやら・・・。

 布教伝道は自らのためではなく、他のためである。他のためになるのは、それが法に準ずるからである。だから所詮は法のためにするのが布教の帰結である。

 布教伝道は、決して自分の名誉とか利益のために行うものではありません。自分自身の魂がたとえ救われずとも、世の人々の心の苦悩を救おうとするのが正しい布教の姿であると道元禅師は諭す。

 「菩提心を発すというは、己れ未だ渡らざる前に一切衆生を渡さんと発願し営むなり」(修証義)

法話の教室.jpg

法話の教室 より。

 

津軽三味線

 素晴らしい時間を 共にできました。

ヨガ、写経、坐禅にお越しいただいている方、実は

津軽三味線(津軽にこだわらない)を17年続けている方でした。

 

7954.jpg

ゆるりヨガ 30分前の時間 ご披露 していただきました。

 

10月 19日 予定の おつきみ 会 への

参加 と ご披露を写経会が終わった時点でお願いしました。

その時の表現が ちょっと・・・。

「それまでに こちらから、見学にいきます」と言いたかったところを

「それまでに、みせてください」 という表現をしてしまったため。

じゃあ、オーディションですね。というあまり笑えないような事になってしまい

(ごめんなさい・・・)

夜ヨガの時に、友人と共に お寺においでいただき、

本物の音を 魂の声として、きかせていただきました。

ヨガにおこしくださったみなさまを圧倒する

「 ド 」がつく迫力です。

 

もちろん 参加決定でございます。

おつきみ会が たのしみでございます。

みんなで、お寺で 発表会。

 

備忘録(補)

地域の事業の参加 挨拶、挨拶と言うが、「こんにちは」だけでは気持ちはつながらないし、簡単に良いこと 思うことで判断した方がよい。 良いことしか教えない親 何も伝えよとしない親 努力しない親 サポートの必要な親 サポートしない方が良い親 いろいろいることも知っておきたい おはよう おじさん あいさつ 近所づきあい 親同士が仲良くする 会ったらかならず挨拶をする 会話「最近どぉよ?」 おはよう。こんにちは などの日常の挨拶 登下校の時間に家の周りの掃除などをして、声をかける。 掃除 「おでかけですか?」 ほんの少しのきっかけから、どうだこうだと関係を築くよう、おなかかあら努力し、無理せず挨拶等「良い」と の目を感じさせる。 コラー。おじさん。 スキンシップをはかること。 一緒に風呂に入る 興味を持たせる

自分の子供に対して、強く抱きしめ、そっとおろして、歩かせる。 遊ぶ あそぶ して見せる 地域のスポーツクラブで大人と子供の対戦試合や交代発表会等の交流をする 公共施設に大人と子供が遊べる遊具を設置しコミュニケーションの場をする 市全体で一年に一度祝日を設けて。親と子が参加できるイベントを開催する 自治会ごとで親子の交流をもてるようなイベントを実施する 良くはなしを聞いてあげる 話を聞く(質問をする) とにかく話す 話をよくきいてあげる。 通学路でのすれちがいには、かならうお互いに挨拶をすること 挨拶をしっかり 話す いつも笑顔で 認める 親の仕事姿を見せる(手伝う) 同じ目線の高さになる 相手を認める 尊敬できる所をみつける 信じる たくさんほめる ほめる がんばったことをほめる 地元でホームパーティーを開催する。 趣味をもってその会などに参加する 地域の行事に参加する 家族同士のコミュニケーション 夜回りを地域の人達とやるこによりコミュニケーション 自治会など地域の会に入る 地域の寄り合いに積極的に参加する 自治会、子供会の参加 地元のお祭りの参加 朝市に参加する まつりに参加 祭りの回数を増やす 公民館で朝市を行う ラジオ体操 二世帯三世帯住宅の推進 生まれ育った故郷で骨をうずめる 消防団に入る 地元にいきつけの飲み屋を作る 買い物は近所で買う 近所の掃除  きれいな おくさんねー 近所の商店で買い物をする 調味料を借りに行く 夕飯のおかずをおすそわけ 近所に留守を伝える 回覧板を必ず手渡しする 会話 いつも笑顔 一日一回、隣の家に顔を出す ゴミ拾い 近所の掃除 町の掃除をする 外に出る ランニング 散歩さ 散歩。 家でいない 登下校時に犬の散歩 大人は、子供が「すげー」と思える大人になる。 言葉のほかも必要 信頼関係 手打ちソバ教室でふれあう場を作る スポーツを行う 外での遊び方を教える 空き地をつくる スポーツ環境施設の整備 本物の悪い人の講演みたいのを聞かせる 駄菓子屋の復活 コンビニの廃止 物々交換等 傾聴 無理に誘わない 楽しく会話をする(特に聞く) 親しくなる おだてる ほめる 席をゆずる

おもいやり 外出などの際に付き添ってあげる、散歩 ひなたぼっこ 横断歩道をわたる手伝い 手料理をふるまう 声をかける 定期的に巡回する 日常生活のサポート 子供たち幼稚園や保育園の園児との交流 小さい子とのコラボレーション 話を聞く 同じ話でも初めてきいた事のようにリアクション 企画もの 生きがい支援、得意分野を活かせる事を探す カラオケに誘うなど、歌をうたう 自分の趣味に巻き込む 特技の披露 地元のまつりを開催する 笑顔 教える なんでもやらす 悪いこと 良いことを 小さい時に教える おこるところはしっかり怒る 旅をさせる だめだめ いわない 時には自由に

 

わたぼうし

CP900

プリンターを購入しました。

cp-900.jpg

コンパクト フォト プリンター です。

http://www.choukokuji.jp/article/14865591.html

のページに書いた やり残したことというのが、写真撮影です。

 

今回、さらに 格上げして、撮影と同時に印刷して、手渡しするには?

ということで、検討していましたが、検討から施工まに時間が

かかりすぎてしまいました。 

法事も、棚経も、思いの深い方への御供養です。

正装をされている方も多く、日ごろ写真に慣れていなくても

この日ばかりは、身を正して。

という事で、集合写真 そして 今回はさらに、

「即日渡し」を検討していました。

 

いざ、実物を見てみるとコンパクトにするために、

運搬し、運用となると、不具合が発生しそうな構造

(お寺に設置するなら、問題ない)

もうしばらく検討を 考えます。

 

ただ、お寺として進むべき 方向としては、合っていると思われ

一つひとつ 解決していける課題だと感じています。

 

cp900 十分なる画質と、速度での印刷が可能です。

 

23年前の椅子

棚経を通して

たくさんのみなさまとお会いしています。

 

神奈川県内でも一日に200キロ走ったりしますので

赤い 軽自動車では、疲労が たまる ということで

例年通りのビッツ君で移動をしています。

トヨタ初の3気筒エンジンはダイハツ形式のエコ仕様

低回転時の振動がものスゴイ。

 

ということも、あって、スムーズに回る4気筒エンジンの

赤い軽自動車を買ったのでありました。

(でも、トヨタの品質は特筆。疲労軽減効果絶大)

 

さて、時間をみつけては、

ごにょごにょと 軽自動車で

楽しんでおります。

椅子0.jpg

今回は23年前に購入した椅子 

がまだまだ、手元にありまして(超長期保存)

それを、赤い軽自動車につけてみました

椅子1.jpg

座高が 異様に高く 典型的日本人の体形(胴が長い)の私は

小学生時代に首を痛めていたため、ヘッドレストをとても大切な

品と感じていました。が、その当時の軽自動車は、小型軽量化

を重視した構造のため、シートが小さいので、ヘッドレストを上昇

させても、まだ、たりない。

(衝突時は、体が浮き上がった状態で、ヘッドレストにたたきつけられることがある)

当時、さんざん検討した結果、 シートだけは、自分の体に合った

ものを別に買おうということで、購入。設置、使用。その後、

軽自動車から、普通自動車へ乗り換えると共に、倉庫で長期保管

今回、軽自動車のシートが体に合わないために、取り付けることにしました

(シートレールだけは再生産していだたき、設置しました(価1万円))

 

ここの会社の椅子は、

腰の事をとても大切にしています。

ファッションではなく、人間工学に基づいた

設計なため、カタチが特殊。ただ、背骨が

坐禅をしている時の姿勢と同じになるところが スゴイ。

 

そして、全く別の車に乗っているかのように

ダイレクトに挙動がわかり、さらに楽しさ倍増です。

(もとはポルシェカレラ用に設計。を市販した品)

 

体を本気で見つめて

本気で作った品には命が宿る。

本気で作る

本気で生きる

 

体に合った服を着るように、

椅子も体に合ったものをお勧めします。

その「おからだ」 大切に・・・。

柿山伏

6年生のお兄ちゃんは 毎日の朗読が課題です。

今回は 柿山伏 ですが本人は眠くて、眠くて。

そんな朗読を聞きながら、検索すると柿山伏

でてくるんですね。 

しかし今回 皆様には楽しそうな

http://www.youtube.com/watch?v=attpU9EhMfE

をチョイス。 

日本の 

深さ 楽しさ、

わかりやすさ。

素晴らしい。

 

お兄ちゃん。がんばれ!

1990キロ

楽しく乗っている 17年前の赤い軽自動車の件

今回は、軽自動車検査協会に行ってきました。

その昔は、様々な諸元を持参し、自分で計算した

強度計算もいまや、協会がサクッと計算してくださいます。

という、ことで、検討した結果、検算できましたとの

ごれんらくをいただき、いってきました。

主ブレーキありは 1990キロまで

主ブレーキなしは 430キロまで。

牽引量.jpg 

という結果でした。

何を言っているかと言えば、

赤い軽自動車の倍の重量のキャンピングトレーラー

でも、法律上OKだと 書いてあるのです。(本当か?)

(運転免許としては、750キロ以上は牽引免許が必要です(が取得済))

 

車検証には記載事項の変更だけですので

書類代 60円とハンコ だけで、実物や

トレーラ連結装置など、一切見ません。

が、

上記の記載をしてもらいました。

(遊びは続くよどこまでも・・・・)

田舎に帰ろう

 

田舎に帰ろう

 

諸説はありますが、お盆と正月だけがお休みだった頃、自分たちだけが休むのではなく、ご先祖様もおよびして、ゆっくりしよう。そして、ご先祖様も来ていることだし、お坊さんにお経を、ということではじまったのが棚経です。お正月は年の初めのめでたさが優先され、逆にお盆にはご先祖様に重きがおかれました。

ご先祖様は、いつも私たちのことを心配しながら、見守ってくださっていると思います。

 

 「今、元気でやってるよ」 

 

ご先祖様にとっては、この言葉が最高のご挨拶です。

じいちゃん、ばあちゃん。ひとりでもいなかったら、生きることをあきらめてしまったら、今の自分がいない。ご先祖様がガンバッテくれたからこそ、私たちは今を過ごせているということを。

 先祖がないわけではなく、先祖がいてくれたからこそ、今がある。そして、「ちょっと大変だけど、今、元気でやっているよ」と、お墓で一声かけてくれたら、最高の恩返しです。今年こそ、ちょっと無理して、ちょっと足をのばして、「田舎へ、そしてお墓詣りを」してみましょう。

 どうしても戻れない時は、長谷寺で合同の供養を。811日午後3時から、みんなで、みんなのご先祖様へ、笑顔のご報告会を開催します。どなたでもご参加できます。

傘修理set

傘は直すか?.jpg

二番目のお兄ちゃんは、ちょっと、雑。

でも、人生の楽しみ方を知っている気がします。

 

物は こわれてあたりまえ。

壊して、壊れて、はじめて 強度がわかる・・・。

 

って。 

んなことまで考えてつかってないなぁ・・。

 

 

通学時 傘を 取り出すと

ぽっきり折れて、取れてる。

10年前に買った 傘修理セット

いまごろ役に立つとは。

 

ココから悪戦苦闘

部品はあるのですが専用工具がないので

作業に苦戦。

ペンチ2つで、ごにょ ごにょ と。

 

その後、お風呂場で、布の面を ボディータオルで洗浄。

 

壊しても 直して 使える こと。

(というか、買ってもらえないということ)

を、理解して、自分でなおすことまで 教えていく。

さらっと 修理しているように見せるのが大人の役目で

子供ながらに、自分でも出来るハズ と感じとってもらえたら

それはもう、最高の教材。

 

大きく育て。

そして、人生を精一杯 楽しみなさい。


私も 親に育てていただいた。

物を修理しながら、使う

又は、別の素材として再利用する。

先輩方から おそわった、エコ技術

後輩に教えるために、今があり、

物を粗末にしない、物の命を大切にする。

あるもので なんとかする 努力。 技術 発想力。

 

貴方の技術を、次の方へ送るために お寺はあります。

先祖に感謝。じいちゃんの ばあちゃんの「おもい」を 

忘れていませんか?

おせじきかい

その昔、おせがき と言われた 法要は 今

おせじき という名称に変更されて、開催されています。

H25せじき1.jpg

 

阿難さんの お話です。

甘露門というお経は おせじき の

為に生まれた言っても過言ではないと思います。

 

諸説はあります

阿難さんと目連さんのお話が混ざって現在に至っており、

阿難さんは3日以内に死ぬことを知らされ、

一器と加持飲食陀羅尼を唱えた事にはじまります。

その事を、甘露門という 経文として明治時代に再編集し

現在曹洞宗で、おせじき会で 読まれています。

 

別の書き方をすれば

一人で修行(または金儲け)してんじゃねーぞ。

困っている人に目を向けて、理論でなくて

実際に動きなさい。 という事です。

 

現在でいうところの ボランティア です。

一人ではできないから、みんなで、みんなへ。

 


 

一器の浄食を奉持して、一切の餓鬼に施す。

一碗の食事を持ち寄って、困っているすべての人(物)へ施す。

その功徳(食)をいただいた方は、みんなの為に努力する。

 

おせじき会は

功徳を施す日でもあり、

その功徳を受けて、

他の方を救う努力を始める日でもあります。

H25せじき2.jpg

そして

まわりまわって、ご先祖様へ、

まわりまわって、自分の所へ、

本日は、おせじきにおこしいただきましてありがとうございました。

来年も 7月4日です。

棚経

本年度はじめての 棚経に 行ってきました。

お父さんに ちょっと 早めに お戻りいただき(天国から?)

お飾りをして、みんなで、出迎え。そして

和尚さんと一緒に お経を上げました。

もちろん、平日ということもあって、 夜の6時30分以降でないと

みんながあつまれないから という要望もあっての

日付としては かなり早めの棚経です。

 1年経過すると、子供さんの成長にびっくりするんですよね。

みんなで お経を読んで、お線香をあげて、ちょっとお話をして

気が付くと 1時間経過していました。これを 20分に短縮しないと

次の方に迷惑がかかりはじめます。 要 改善です。

 

光陰 矢のごとし 

 

さらに、今回、赤い軽 で行ってみましたところ、

駐車や狭い道は問題ないのですが、切り替えして

Uターンなどに、苦労することが判明

(タイヤがデカくて、前輪の切れ角が少ない)

 

軽自動車ですが4気筒エンジンの滑らかな回転は良いのですが、

アイドリング等、低回転時のトルクの無さ。すぐにエンストする

ヘタッピな運転技術(というか、かなり高度な運転技術を要求する)

ということを実感しているところです。

 

という意味では、軽トラはとても良くできています。

粗雑な感覚はありますが、低回転時のトルクの太さ

豆タイヤの為、前輪の切れ角の広いこと。

(共に手動変速)

 

ということで、棚経の移動に軽トラを検討中です。

(ナビがついてないから、ダメかな?)

さらに、1つわすれたことがあります。

フリースポット

フリースポット0.jpg

フリースポットを設定している お寺は 少ないみたいです。

そして、昨日、遠方からわざわざ接続に来られた方が

おられた模様です。(不在にいたしましてゴメンナサイ)

 

かなり古い機械から、新型に設備を変更してから

設定が複雑になって、現在、運用ができていません。

(電波は飛んでいるのですが、ネットに接続できない)

 

新型になってから、「串」が入っているみたいで、

どうもよくわからん。 (犯罪抑止らしい)

 

時間をかけて設定をし直す(配線を引き直すか、端子の再築か?)

ところから、はじめないとならないため

平成25年9月ごろまで、

フリースポットの運営はお休みいたします。

各位ごめんなさい。

 

9月17日

9月17日 午後1時より午後4時半ごろまで

鶴見大学記念ホール(大本山総持寺参道横)

申込み制 (長谷寺に メール にて 申し込みください)

入場無料ですが、長谷寺の車で移動します 燃料代として100円を

募集人数 8名(車両の定員とします)

法話 特派布教師 福島県 長秀院 住職 渡辺祥文 師

声明 総持寺 維那寮と大衆

特派布教.jpg

 


布教師 養成所で 私の担当講師をしていただいている方の 法話です。

本物の法話を 私も聞きたく 思っており、ここに、一緒に行ってくださる

人を募集します。


チラシをスキャニングする時 ズレてしまい

修正をしたのですが、枠が ななめだと

とても違和感がありますね。 

人間の眼はとても繊細なセンサーにつながっていて

微妙な差も判断できる とてもすばらしい物

なにげなく 使っている繊細な、その体を大切に。

 

 

如何是文字

如何是文字

如何なるか是文字

いかなるかこれもじ

文字というのはいったいどんなものですか

 

家族5人、同じ部屋で寝ています。

川の字から 洲 の文字に近く、仲良くねています。

が、 昨日のことです。

大きなお兄ちゃんは、小学6年生。にしては、巨大児である。

そして、それなりにバスケットボールが上手いらしい。

要は 筋肉がついている という点。

 

隣で寝ていたはずなのに、暑かったからか、寝返りを

うちまくり、私の場所を侵食してくるのです。

 

筋肉がついている手や足は、寝返りをする時

凶器と化します。

 

ゴロン。

「うっ」

私の胸元に 足が見事に ヒット!

 

バッシ。

「ああっ」

私の頭に平手が入ります・・・。

 

これ以上、危険な場所にいる必要もありません。

逃げるように、すいている箇所に移動です。

 

朝、 気持ち良く おきあがる おにいちゃん。

もちろん なーんも 憶えていません

 

まあ、育っている のを実感しています。


さて、ここから いかに表題にまで

お話をもっていくか?

 

喫茶

山僧請他喫茶

山僧、他を請きて茶を喫せしめ

さんぞう かれをまねきてちゃをきつせしめ

 

厚木市文化会館の 展示室にて、

華道の発表会がありました

神奈川県内の流派が一同に、2日の展示を3回転。

その最終日に お伺いいたしました。

華道展示.jpg

様々な作品。

一つ ひとつにものがたりがあり、

思いが あり、 そして 花の美をより 表現し 心おだやかに、

力強く、展示してありました。

 

花は生ものであり、二度と同じ作品はできず

心も常に移り行き、日々の生活はなりなっています。

その一瞬を切り取って、あらわす。

作者の方からの想いをお話いただきながら、

みることができました。

 

 

長谷寺では午後の3時はお茶の時間です。

だれがいても、飲めます。(たぶん)

10時のお茶は、割愛です。 でも、3時のお茶はあります。

(・・・・・・たまに準備できてないこともあります)

 

日中、外での掃除は、とても体力が必要です。

知らず知らずのうちに、大量の汗が出ていて

熱中症 ということにもなりかねません。

デスクワークとは、ちょっと違うです。

 

場所はお寺の正面。

ホームページに掲載されているように

常時 休み処は 開いています。

が、日中は日向なので、午後3時には

お寺の正面で、ひとやすみです。

 

そんな折、いろんな話がでます。

人生のこと、草のこと、日常のこと、

 

お茶をのみながら

ゆっくりと過ごす

そしてまた、ひと しごと。

 

次世代の為に、良い花が咲きますように

話を通して たくさんの経験を共有できるのが

喫茶去 の良い処


山僧請他喫茶

中国へ渡った 道元禅師 

そこへ 食材を買い付けに来た 老典座に

質問がしたくて、お茶を 差し上げた。

 

なぜ その歳で 重労働をするのか

なぜ、経典で勉強をしないのか

なぜ、坐禅をしないのか を質問した。

 

老典座は「まだ、何も知らないようですね」と。そして続けた

「弁道修行が、文字が 何かも知らぬようだ」とも。

 ・・・・話は続く。

 

他不是吾

他不是吾

(他は是れ吾にあらず)

(かれはこれわれにあらず)

(他人がしたことは私がしたことにはならない)

 

布教師という 養成所に 行ってきました。

全国各地から推薦された布教師が 修錬をつむために

やってきていました。見学を入れると81名。

2年目、3年目 4年目 6年目という方もおられ、

研鑚に研鑚を重ねておられ、見事なる 法話を聞けました。

 

私が布教師を志したのは、長谷寺が寺院の形としての枠が整い

いよいよ、内面。魂を入れる時がきたと感じているからです。

修行としての型は学んでいても 僧侶としては とにかく勉強不足であり、

実は仏教の事を良く知っているわけでもないのではないか?

ならば、先に進んでいる方々が先生になっていただき各方面の

寺子屋の先生をしていただいておりました。

 お地蔵さんのように、自分は悟らす、みなが先へ という感覚です。

 

長谷寺で寺子屋の先生をしていただいている方々は

教える難しさを実感しながら、自分の志を 命の言葉を

毎回 熱く伝えてくださっています。

日々、精進を重ねておられます。

では、住職の私はどうなのか?供養だけが主体なのか?

そうではないはず、人の生き方を説いたのが仏教であり

そのことを、していないのではないか?

 

「他人がしたことは私がしたことにはならない」

 

全国から集まった81名の僧侶の研鑚の場では

一人ひとりが、皆の前で法話を行う、そして皆で真剣に

良い面、悪い面、改善したほうが良い面を記録し、

最後の日に、全員分を手渡される。 

もちろん私の法話も同様である。

 

今回、講師老師から

「評価対象外」と、指摘いただきました。

81番目として、今後どこまで、登ることができるのか

下、一番から、上一番へ、長い道のりが待っている。

 

 


 

他不是吾

道元禅師が書かれた 典座教訓の一節です。

中国へわたり、老典座に

なぜそんな大変は仕事を自分でやろうとするのか?

と 問うと、その老典座は

「他人がしたことは私のしたこと(修行)にはならない」

と 返された。 「他不是吾」

 

 

9月5日の日程

9月5日に 新企画を たくらみます。 詳細は未定です。が、たぶんやります。

内容は、カレンダーの 9月5日あたりをクリックしてみてください。 

 

誕生日

わははははは。

祝 誕生・.jpg

こっぱずかしい やら なんやら。かんやら・・・。

ありがとうございます。 

新帰元

長谷寺では 新帰元 は、 通夜と葬儀の時にしかつかいません。

 

この体を 

あらたに 

元のところに

かえす

 

という意味で、借りているものを かえす ということで、

今まで使っていた、自分のもの思っていたこの 「からだ」

さえも、かえす 時がくる(きた)ということで。

その日であるがゆえに、新(しん)と付きます。

 

 

弔い100年塾

形式 対 形

深さ 魅力 誇り

生き方で行き方

めんどくさいこと

たいへんさの中に価値がある

やらないことをやる。

 社会的な.jpg

 1日は24時間 平均寿命を90歳、サラリーマンが18歳から60歳まで

9時から17時まで仕事をし 人が社会に貢献できる 面積。

(ざっくりとした図(土日が休みだと、さらに薄く書くの?))


 

死が怖いから自殺する

100年カレンダーに向き合えない人がいる

死ぬときに何を思い出すか? 物やお金ではなく 人の役に立った事

手助けをしたことを思い出す。幸せの指標

コアの部分

ホスピタリティー =身を修める  日本人の原点にもどる

 

葬という文字を分解すると、草 死 草となり

草の上に死体を置きその上に草を乗せること。

この文字から死人と葬る人がいれば、葬は成り立つ

死人と葬る人がいれば、あとはオプション。

一世代前のお見送りに 様々ハード(資材、建物)ソフト(サービス)が付加された

現在のおみおくり 付加されたハードやソフトに価値を見いだせない。

デコレーションされた価値の排除

結果

元来持ち合わせていた葬送の本質を踏まえた儀礼まで はぎ取られてしまった。

葬送の本質

 時代は変われどカタはかわらず

 しかし、時代と共にカタチは変化し続けていく

プロセス

葬送のホスピタリティー、

流れゆく供養の中で

葬儀という一点にその先の種をまく

 

基本的なこと、葬儀とはなにか?

何を大事にしてきたか?

嫉妬の心

担当者の言葉を聞き動く 打ち合わせを行いお客さんと話をした時間が長い人が主であり、その人が担当者であり、年齢や地位などは関係がない。

葬送の形を共に考える

サービスと ホスピタリティーは違う。

良い葬儀とは

葬送の本質を踏まえた儀礼はどんなものか。それを現代的に解決するには?

活き活きと生きる

自分の一番の グリーフケアとは?

終活と弔い

死別1年後に何を想うか。

 ジャッジしないで ままに、 きく

 築地本願寺1.jpg

築地本願寺 講堂にて 弔い100年塾 記録として。

自問自答

17年前の車を諸経費 こみで 20万円。

うれしくて、 室内全部分解清掃して 乗っています。

(分解大好き(笑))

 

赤い車は目立つ! 安全面では最高でございます。

しかし、「軽」ということだけで後方の車間を詰められる。

んなことを実感しながら、

本日 2件の御法事は 赤い車でいきました。

の、帰り道。


藤沢の国道を走っていると、路肩に寄せることなく、

ポツンと止まっている軽自動車があります。

弱々しくハザードランプが点灯し

「こわれててうごけません」 という

ちょっと悲しげなたたづまい。

中には2人いるけど、なんとも。

流れで、そのまま追い越して から

U ターン。

真っ赤な車から 出てきた坊さん

白い着物と 改良衣と、雪駄履き。

( ↑ これ 超 目立ちます) 

安全を確認してから

ひさしぶりに、力いっぱい ワゴンRを

押しました。(ボディは かなりペコペコする)

まあ。いつものごとく力を入れるたびに大声で

「どりゃ〜」とか「おりゃ〜」とか、

まぁうるさいこと・・・ 

(安全面ではこれもかなり有効 意思表示です)

 

近くのコンビニまで、押しました。

 


今回は、それなりに交通量が多い交差点だったという面もあり

発煙筒も三角板も使うことなく移動しました

 

ATセレクトレバーは、エンジンがかからないと

PからNへは動きません。が、

安全装置を外す基礎知識があると、動きます。

これが、車種によって解除方法がさまざまで、

もたもたやっていると、追突の二次災害がぁ !

ということで、

故障車の支援を推奨するべきか(希望)

故障車の支援は無視するべきか(現況)

自問自答は続きます。

▲このページのトップに戻る