除夜の鐘

除夜1.jpg

除夜の鐘、準備として、ランタンを参道に置きました。

が、足らなかったので、ガラス瓶に、ロウソクを入れた

ものも2つ混ざっています。が写真では意外とわからないものです。

 

今回、住職の体調不良ということで

除夜3.jpg

はじめて 子どもたちが、主催しました。

多くのみなさまとともに 除夜の鐘を打つことができました。

ありがとうございました。

 

が、裏事情をはなしますと、何と 打ち始める20分前に

子ども全員が睡魔におそわれ 全員ダウンという状態

除夜2.jpg

無理やりおこして、 108 でした。

 

三佛

12月29日

 

お葬式を 厚木の農協さんでいたしました。

 

今回 初めて 3人で行いました。

 

三人といっても、 子 2人とともにです。

 

私の両側で緊張している二人。

 

初めて 背中に受ける視線。

 

御通夜 そして、お葬式 終わって釜前まで 同行。

 

その後は、住職一人は最後まで。

 

迎えにきてくれた お母さん(かあやん)を見て

 

緊張が糸がほぐれた瞬間の写真が 是です。

 

二人.jpg

 


 

何度となく、つとめさせていただいた、お葬儀。

住職の私でさえ、毎回緊張の連続です。

亡き方の想いを 後世に伝えることはできるのか?

送る方々の想いと共に送ることができたのか?

常に自問自答。

 

だからこそ、心を込めて

葬送の儀 つとめさせていただきました。

 


集骨のあとの設斎にて

 

「感謝の握手」 そして 「励ましの握手」

その手のぬくもりは、永遠の宝物。 

あの人とは叶わないけれども・・・

 

 

こころ残り

12月29日。

心残り。

 

高血圧で、薬を飲んでも、一向に収まる兆しがなく

夜、眠ることもできず

胃がとても痛みます。

どうしたらいいでしょうか?

たたりでしょうか?

 

 

という御相談

じっくりとお話を聞きました。

 

自分の人生をゆっくりと振り返っていただき

心残りがみつかれば

そのためにできることへのアドバイス。

気が引けてしまうことへも

観音さまは、共に歩んでくださいます。

 

まずは、先祖様への感謝の気持ち

そして、お墓参りを お勧めいたしました。

 


人生、いろいろ、過去を振り返ると、取り返しのつかないこともあり、それをひっくるめて、わが人生。生かされていることへの感謝。生んでくれた親への感謝。そして、こんな子でごめんなさい。と素直に謝れるのも誰もいないお墓の前なのかもしれません。じいちゃんも、ばあちゃんも上からみててくれています。今を大切に生きること。前を見て歩むこと。そして人生の先輩として、こうしちゃダメだよ、こうすると良いよ。と一言アドバイスをしていただけたら・・・。年齢という経験値。もっともっと、悩んでいる子の為に、ひと肌、脱いでもらいたい。

 核家族化がすすみ、80年の経験を伝えるのは、今です!

 その地区のじいちゃんとして、子どもたちへ

 昭和一桁の頑固さは、両祖父母の志。

 明治時代の古きよき時代を生きた

 両祖父母に育てていただいた その志を 伝えらえるのは

 今を生きる あなたの出番!

 

あまり気構えることなく、

にっこり笑って。

今できることを

少しずつ。

 

かんのんさまは、 今も静かに見守ってくださっています。

 

創造的思考

カップヌードル博物館 改め 安藤百福発明記念館

安藤百福.jpg

昨日、行きました、博物館  追記です。

創業者 安藤百福 氏 の想いがよくあらわされているのが この

カップヌードル博物館(ミュージアム)です。

 

ーーーーーーパンフレットよりーーーーーーーー

 

ここは、子どもたちにひとりひとりの中にある

想像力や探究心の心の芽を吹かせ

豊かに育てるための体験型ミュージアム

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し

地球の食文化を革新した日清食品創業者 安藤百福(ももふく)の

「クリエイティブシンキング=創造的思考」を

数々の展示を通して体感することができます。

見て、さわって、遊んで、食べて、

楽しみながら発明、発見のヒントを学び取り

自分だけのクリエイティブシンキングを見つけてください。 

ーーーーーーパンフレットよりーーーーー

 

当初は、軽いきもちで、カップヌードルを作ろう!

なんて考えで、行ってみたのですが

とんでもない。 

創業者 百福さんの 思いを今に伝えようと

次の世代を真剣に育てようと、日清の智慧の結晶のような施設です。

 

カップヌードルのマイカップのデザインからはじまり(3階)

カップヌードルパークで子ども自身が 工場を偽体験。(4階)

ワールド麺ロードで、簡単にお腹を半分満たして、(4階)

おわりかとおもいきや、博物館のブースへ(「2階)

 

はじめに インスタントラーメンヒストリーキューブ その後

「百福シアター」を最前列で見る。

百福の研究小屋を忠実に再現。ありふれた道具で世界的な発明が生みだされた場

そして安藤百福ヒストリー

 

メインのクリエイティブシンキングボックス。

 

 

 6つのキーワード

1 まだないものをみつける

     世の中にはまだ無いが、「あったらいいいな」というものを探す。

2 なんでもヒントにする

     アイデアのヒントは身のまわりに転がっている

3 アイデアを育てる

     発明はひとりじめせずにみんなで使ってもらう

4 タテ・ヨコ・ナナメから見る

     いろいろな視点を発見する

5 常識にとらわれない

     生活の中でアタリマエと思っていることを疑う

6 あきらめまい

     一度や二度の失敗にもくじけない


 

 見る者の五感に訴えかける手法で表現。

次のボックスから何がでてくるのかという期待感、ワクワク感を重ね合わせ

創造性(クリエイティブ)を育むうえで欠かすことのできない

6つの要素を体感することができる


 

 

 長谷寺に作りたいけど、このクオリティーは

とても出せない。横浜にありますので

生き方を学ぶ上で大切な施設として、広報します。

すごい、百福さん!

 

 

博物館

えびなさん.jpg

 

カップヌードルミュージアム

http://www.cupnoodles-museum.jp/

 

みんなで、カップヌードルにデザインしています。

 

一人は、チキンラーメンのひよこ

 

ひとりは、えびなさん、

 

ひとりは、あゆころちゃん

 

そして、 ●●

 

などなど、たくさん書きこんでいます。

 

社会勉強にきました。

 

いろんな場所で、いろんな たのしみ方

 

おてらでも たのしみながら 学べる 場にしていきたいです。


 午前中は天気が良いので撮影会(?)をしました。

撮影か.jpg

さんた

 

 

1225

 

車の燃料を入れにガソリンスタンドによりました

店員さんは、みんな、サンタクロースの衣装です。

 

私は法事の帰りなので、真っ黒の衣装(改良衣)です。

 

「メリークリスマスー」

 

と店員さん。 私は 「はい」

 

中を覗き込んだ店員さんは、

 

「お寺は、クリスマスしないんですか?」

 

と聞かれますので。  「いたしません」 と

 

子ども 3人は、きっちり アキラメております。が

そのしわ寄せは、祖父母の方へいくのでございます。

 

ーーーー

 

来年度の 修行僧募集を考えています。

今年は、初めてこととは言え、反響におどろいた次第で

極小寺院では対応できず 現在は 一旦停止中です。

 

課題図書をいくつか用意し

その書籍の感想 まずは、送っていただく。

その後、相談をいただく方法を考えております。

 

 

現在考えているのは、

 

稲盛和夫著 生き方

河口慧海著 チベット旅行記

三田紀房著 ドラゴン桜 

 

の三冊。  

 ドトールにて.jpg

ーーーーーーーーーーーーーチベット旅行記よりーーーーーーーー

 

私は例の理論上で秘められぬ事があるといつも、断事観三昧に入って事をきめるのであります。その例の手段を取ろうと思ってそこへ廓然無聖とすわりこんだ訳です。そもそもこの断事観三味ということはおよそ事柄が道理で極められる事はその道理によりて善悪の判断を定めると言うことはむつかしくない。ところが理論上において少しも決められぬことで将来に対してどういう事が起きてくるか、未定の問題のついては何かひとつ決めておかないとならぬ事があるそれは、私は仏陀の坐禅を示された法則に従ってまず無我の観に入るのであります。その無我の観中発見された観念のある点に傾くのをもって執るべき方法をいずれにか決定するのでござります。そこで仮にこれを断事観三昧という名をつけたのでござります。すなわちその方法によって向かうところを決しようと以ってそこに坐りこんで坐禅を組んで我を忘れて坐ったのですが、その時は、どのくらい多くの時間を費やしたかも自分ながらわからなくなったのでござります。

 

 

明治30626日 日本を出発し、

明治3374日 チベット国境の山脈を僧衣のまま単独登頂し

そのまま越えて雪中を密入国に成功した頃の文章。(この人とんでもない行動力!)

チベット旅行記 第18回 雪中旅行 より。(ロケーション 1393)

職務質問

御法事は お寺で行う場合と

自宅で行う場合があります。

 

お寺の場合には、準備万端ととのえてお待ちしますが

 

自宅のばあいには、いってみてのおたのしみ ということがあります。

 

それは、駐車場です。

 

今回、1時間前に到着し、駐車場をあっちこっち探したのですが

 

なかなか、ナイ

 

そのうちに、 おまわり さんに、職務質問

 

「どうしました」

 

駐車場の事をはなすと、

 

「ならば、交番へどうぞ」

 

ということで、そのまま 連行

 

 

 

交番.jpg

交番の駐車場をお借りして法事をいたしました。

という、

はじめて体験。 ありがとうございます。

北陸新幹線

12月24日 法事にて

 

御法事でした。

10時からでしたが、道を間違って、5分遅刻

遅れついでに、皆さまの1年間を おひとりずつ

聞いていきます。

 

 大半の方は、一年 なんてあっという間。

仕事が忙しいかた、

定年を迎え、自分のスケジュールをこなすかた

痛めた膝を養生しながらの生活や

ボランティア に精を出す方まで

 

さまざまで、法事の後に、

 

「来年の抱負」  を聞いてみました。

 

人の世話をします

プリウスの電子部品の調整の為に、休日が無かったので、来年こそは、趣味の時間がとりたい方。

そして驚いたことに、

「来年は、北陸新幹線を作ります」 なんて方もおられました。

 

なんでも、電車を製造している部門というのが今年統合されたらしく

小田急線を作っていた東急車両というのは 来年からは JRの車両として

納品されるそうです。

 

そして、北陸新幹線は、長野新幹線のように 小さくはなく

フルサイズの 新幹線が納品されるもようです。

 

神奈川厚木にいると、新幹線は、東海道新幹線と思ってしまいますが、

東北新幹線のMAX の大きさに 驚いたのを思い出します。

 

ばあちゃんの 法事は、家族親族の一年の報告と来年の抱負の

発表の場として、 無事に終了いたしました。

 

技術屋の爺ちゃん、飛行機を作っていた爺ちゃんの回りには

親族も技術系が多い? なんて感じてしまいました。

G 4

G4 からご案内が届きました


 

 

長谷寺の 「おはなし坐禅会」におこしいただいている 柴田さんから

ご連絡をいただきました。


http://response.jp/article/2012/10/17/183272.html


17%

12月22日

 

前日の、21日は、

入院前に 修理を依頼していた 車両の引き取り

灯油 70リッター 購入

浄髪(じょうはつ)

打ち合わせ。他。

相談 ドラゴン桜、貸し出し。

 

17%.jpg

その合間を、見ながら、チベット旅行記を読み続ける。(17%)

 

 

冬至のゆず湯 。全員で入るには、ちょっと狭い。お風呂。

一緒に 食事ができることのうれしさ

 

みんなで 5人 川の文字になって休む。

 

強烈に感じたことは、病院とちがって、 お寺の寝室は、深々と冷える。

 

なにげない。

一瞬が、 幸せに感じる。


 

携帯でも17%.jpg

(携帯電話でも、文字が最適に変換され、読点が同期)

12月20日

夕焼け1220.jpg

 

ひさしぶりの、夕焼け

 

いいですねぇ。

 

 お寺の夕日はいいものです

(もち論、極寒に感じる)

 

午前中、退院。そのまま、納骨の法事。

おわって、詩吟の教室が1と2。引き続き、空手の教室。

 

 

 

.......空手?

 

 

 

空手0.jpg

 

いつの間に?

ということで、今回。

初のこころみとして

空手教室開講。

(先生だけが速い)

 

住職 不在でも  寺は 動いてた・・・ という件。

(あたりまえですね)

 

入院16日目

なんだかんだ 言っても、入院最終日です。

お隣さんは、夜中ずーっと。うなされていました。

 

手術は、寝ているから一瞬。

「終わってからが長い」(←痛みが)

 

という、実感を おしええていただきました。

 

心配するそびりをみせない家族

あえて、おどける 息子。

叱れるほどの体力が戻っていない

おとうさん。

 

なんと来年、娘さんは、

この東海大学の看護科に決定しているそうで、

さながら、実習をみているかのようで

 

「おとうさんが、先に 体験しちゃったよ」

 

などと、申しておりました。

 

背中の腫瘍を ドッカリ 採って、

しっかり元気になって、

 

とうちゃんがんばれ。!!


  

快適な(雑菌から隔離)生活 からか

昨夜は眠れず ずーっと。キンドル という件について

しらべておりました。

 そうです。アマゾン です。

タブレットパソコンA1と アンドロイドフォン があり、 アマゾンで書籍を購入していると

その先は、やっぱり キンドル。

 

今回は、無料の 書籍を 調べました。

チベット旅行記 

法句経 萩原雲来

武士道の山 にとべいなぞう

般若心経講義 高神覚昇

日本国憲法 日本国

絶景万国博覧会 小栗虫太郎

聖徳太子 内藤湖南

人格の養成 にとべいなぞう

古寺巡礼 和辻哲郎

建築の本義 伊藤忠太

教育の目的 にとべいなぞう

教育の事 ふくざわゆきち

家庭習慣の教えを論ず ふくざわゆきち

こぞうさんのおきょう 新美南吉

あたらしい憲法のはなし 文部省

 

など、無料枠から 1600冊 眺めて ピックアップ

(無料枠だけでも、6400冊あるみたい・・)

 


入院15日目

なぜに、2週間の入院のはずが

16日間になってしまうのか?

 

2週間の入院ではなく

2週間の治療 そして前後に 1日がついた。

 

けっか的に、16日になる 。ということでした。

(いまごろ わかっても・・)

 


昨日は、入れ替わりで、お父さんが新規入院、

そして、本日午前中には、さらに2人が帰宅され、 この部屋の最長老 となりました。

 

1人は、退院

1人は、転院

 

・・・現実です。 

明日、私は家に帰れる 

ことに感謝をしながら

 

一日を過ごします。

 2人同時に.jpg

 

写真的には、人が写っていないですが、

午後には、各部屋満室。

面会者でラウンジいっぱい。

とにかくスゴイ病院です。

 

 


はてなー


入院14日目

 

 

病棟のラウンジに、

 カード.jpg

ポツンと、おいてあるのは、

臓器提供意思表示カード 

http://www.jotnw.or.jp/donation/donorcard.html

 

私は、現在 未記載

なにか、ひっかり なにかに こだわりがある。

わからない。

 

ips 臓器 記憶 思想 仏教 人体 治療 交換 部品 修理 同一 不同 意志 時代 現代 思考 思慮 未満 未熟 高度 大器 大局 率先 いのち 脳死

 

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1044272185

 


手紙.jpg

手紙。 いただきました。

 鉄筋工として、来日したのが、今年の7月の灼熱の時。高層ビルを建築する炎天下の現場にむかい、頭痛に悩みながら毎日をすごしてきたことでしょう。現場にもどられました。ざっくりと切った右の耳。縫合してあるとはいえ。あんせい

 

 


ドラゴン桜が 難しくて(内容が濃くて(←深すぎて))進みません。という報告


退院の日が決まりました。 20日 午前中です。


 

一般質問の時間です。 看護師さんに

 

「センター試験って受けたことありますか?」

 

と質問してみました。 

中学を卒業して、専門学校へ 通ったそうです。

その時には、看護師を目指していたということですね。

そのまま進級し、本気での受験はは看護師の試験だったそうです。

この、東海大学医学部付属病院に入ったのも、試験ではなかったそうです。

 

学生時代に 友達が、試験勉強をしているのをみて

いつも「すごいなー」って感じていたそうです。

 

私は、長く勉強続かない方だから

とは、言いながら、サラッと

第二言語に中国語を選択していた所が

やっぱり スゴイんだなぁ。

お話をしていて、感じました。

 


 

実に、私も学生時代、勉強らしい勉強をしてこなかった。

40歳になってからのペンダコ なんて恥ずかしいものです。

もし、時間があるならば、もし、余裕があるならば

そして、もし、気持ちがあるならば、年齢に関係なく

目標に向かってチャレンジしてほしい。

 

その、きっかけに なれたら、私は嬉しい。

輝く笑顔の きっかけの スイッチを質問し

あなたの スイッチ のきっかけ に。

 

 

今日は、あまり、文章にノリがないですね。

退院へのカウントダウンからか

すこし現実味モードへと、

移りつつあります。

あと数日の

入院の

日記

入院13日目

蛇口 (じゃぐち)

 洗面所.jpg

朝食を終えて、歯磨きに行きました。

廊下に洗面台は4つ (各室にも1つ)ここは 約20人程の方が使うのかもしれません。

先に、初老の方が車椅子で歯磨きをしておりました。

 

う 〜  。 ずーっ と水を流してる。

 

歯磨きはゆっくりとすすんでいる。

刺激しないように、指摘されたように感じず

どうやって、流れ続けるお湯を 改善できるか?

 

と、考えても 答えがでなかったので

そっと 止めて、

その横で、普通に歯磨きを開始しました。

 

 

 

さて、最良の方法は?


 

鉄拳 振り子

 


入力.jpg

そろそろ現場復帰にむけて「仕事の予習を!」 

ということで、新たなパソコンが届きました。

新型のベッドは、 上下自由。

簡単にテーブルと高さを合わせることができます。

(本来の目的は、治療用←あたりまえ)

 

どうも、プログラムソフトをインストールできないみたい。

サポートから お電話をいただきました。(感謝)

 

んなこと、やってましたらば、

悪友くんが  病気全開 の為に 

 「 根 松 」 (←ただの おかし)をもってやってきてくださいました。

前日まで、どっかの、選挙事務所で 陣頭指揮を

とっていた模様です。

 

「負けた・・・」  と、燃え尽きていました。

    おみまい ありがとう ゆっくり 休んでね 「感謝」


 

さ、て 恒例の 「 一般質問 」の時間です。

 

担当医さんに

 

 「 国家試験って 難しいですか? 」

 

と質問してみました。

キャハ 大丈夫よ。試験はねー、8割の方が合格するのよ。

と、ともに 一番の難題は、

 

医学部に はいること」

 

という率直なる意見をいただきました。

そりゃそーだ。


NHK world


入院12日目

朝靄.jpg

朝霧。

 

前夜は、ドラゴン桜を7巻まで。

ひさしぶりの漫画本はたのしく、読んでいたのですが

深い話をサラッと書いてあるので

読み込むと、時間がかかっています。

10年前の書籍とはいえ、

まったく知らないことばかり。


9時前に 担当の先生に回診いただきました。

視力良好、不都合減少 体力温存 進捗良好 です。

 

先生にやっぱり 「 一般質問 」 しました

 

「 お医者さんになるのに、たくさん勉強しましたか? 」

 

という質問をしてみました。

勉強じたいは、問題なかったのですが

はっきり、

「お金がかかりました」

と(凹んで)申していました。

大学6年かん。そして、その後にインターンの2年間は

お金が出る一方なので、とにかく

家族に迷惑をかけました。

とのこと、

 

「これから 返して いきます 」と

小さい声で 

おしえてくださいました。

 

医師になるには、とにかく お金がかかるということ

もちろん、国立大学は別ですが・・・

 


  9÷0= いくつだとおもいますか?


入院11日目

眠れました!

というか、消灯から、起床まで、ベッドにいました。

 

なんじゃそりゃ・・

という書き方ですが、ほぼ肉体を動かさない日々ですので、

体に力がたまっております。ので、眠れないならば、ということで、

深夜はラウンジ(休憩所)で黙々と読書です。

 

 もちろん部屋にも読書灯があるのですが、気になるじゃないですか、

明るい所へむかって移動するわけです。先日は、ラウンジよりも、

廊下の明かりが強力でしたので、その下で読書をしておりました。

 

ホテルのように温度が一定で、とっても静かで、

人通りもほとんどいない廊下にイスを持って行って

でもそのイスに慣れないから、床に自然と正座。

背筋がのびてそして本を持つのは重たいから、

イスを机がわりに使うと、1時間2時間は、あっという間。

(途中、足がいたくなるから、立ちます)

きっと看護師さんたちは 「おかしな患者さんだ」と

おもっていることでしょう・・。

 

そ、れ、が。 初めてずっと、ベッドにいることができたんです。

 

という、大した話ではありません。

 


朝食を配膳してくださる担当の方と少しお話をしました

 

「朝、何時にくるんですか?」

 

そうねぇ、7時からだから、 家を出るのは、6時半かな?

でもねえ、外が暗いし、眠いし大変なのよ。

 

と、いうことで、「お勤めは何年になりますか?」

とききましたら、なんと14年! 長老さん でございます。

 

この病棟が新築されてから約5年。その前からずっと、

配膳を担当されており、その昔の病棟の病室は、

4人部屋ではなく、6人部屋だったので、真ん中の人は

とっても肩身の狭い窮屈だったことを教えていただきました

 

新築 感謝 配膳 感謝 です。

 


千羽鶴.jpg

午後には、千羽鶴をおもちくださいまして

ありがとうございます。

労力たるや・・・

頭が下がります。感謝

 


 

ステロイドの大量投与 2クール目の山場を越えました。

全く実感がありませんが、免疫力は最低なのだと思います。

口内菌の繁殖を実感し、歯磨きを食前、食後に行い、

極力、衛生面に気をつけるぐらいが個人の対策


5×3と3×5は いっしょですか?


入院10日目

入院も10日を超えると、根っこが張ってきます。

読書速度も 病棟速度に ズレてきます。

 

16歳の教科書を読みつつ

正面の 床には、15歳の学生さんがやってまいりました。

治療の内容はわかりませんが

やっぱり、4時間の手術を朝から受け、その後24時間絶食

という状態でした。

私は、手術など、外的な治療ではないので、

なにか、ここにいるのが、はずかしいような、気になります。

 

 


廊下で立ち話をしました。

年齢55歳位のおとうさん。

首の脇に 「しこり」 があって、ちょとみてもらおうと思ったら

ノドにガン発見、幸い外部への転移は認められず

早期の処置。ただ、ノドは、切りたくない(穴をあける)

ので、放射線治療で 「焼く」という療法

 

「ほら、首が 黒く焼けているでしょ?」

 

たしかに、たくさんの斑点のような焼けた痕

これもワイシャツを着てしまえばわからないからねぇ〜 と

実は息子さんが首の横(同じ所のしこりを皮膚科で切開してもらったのがきっかけで、おとうさん、本人も受診したそうで、そしたら、ストライクで、開業医から紹介状で、そのまま東海大学病院へ・・・。という次第です。

首に穴を(呼吸用)あける障害者3級になるそうで、

どうも、やだ。という思いが

ひしひしとつたわってきました

 

「ちょっと、仕事ばかりの人生から 方向を変えようと思うんだ」

とも、

「3年間 休職できるから・・。まあ、復帰はするけどね」

など、デカイ会社かな?

など、廊下で立ち話をしました。 

人生いろいろ、体調もいろいろ。 治療方法もいろいろ

 


志に燃えてやってきた看護師さんが、現実と直面して理想を

くだかれながらも、けなげにサポートをしている姿が そこにあります。

 

「看護師なって よかったことは?」 には即答出来ない。

 

私は、7年目だから、もう・・・

これから1年目の子がくるから聞いてみたら・・

 

ということで、聞いてみました所、

 

「非日常を経験できます」 と 「たくさん人と会えます」

という2点をいただきました。(言葉につまりながら・・)

 

どんな仕事にもどんな人生でも辛い箇所がある。

 

入院9日目

初老の紳士の代わりに、お隣さんは、20代の中国の方がこられました

来日半年、不運にも、耳の手術、4時間コースだそうで、

日本語、片言、漢字なら無問題 という感じです。

 

中国から持参したタブレットパソコン アイデアパットA1

なぜか、私のタブレットと 同機種(共に最安品)

日本国内で、当時 購入価格 約1万円

原産国内で、日本円換算価格 約4万円

 

という感じでした。 為替レートの関係もあり

若者は、自分の道を信じて、外国で就職を選び

今回は、東海大学、第3次救急病院指定の最先端医療を受けることに

と、いうことで、昨夜は眠れなかったみたいで、

日中、ぐうぐう休んでいました。(午後からオペ)


と言う間に、お向かいの じいちゃんも 40日入院し無事に

退院していき、私は、この部屋中堅クラスとなってまいました。

 

午後には、新規で、若者が到着

ベッドは常時満床という現実があります。

 

 

病室.jpg

ここがわたしの スペース です。

永平寺では、これだけのスペースがあると3人分?

(ということは、4人部屋×3人で 12人がぁ〜)

そんな経験からか、妙に、広く感じる 4人部屋です。

 


さらに お見舞いありがとうございます。

見舞花.jpg

かなり!にぎやかになってまいりました。

ありがとうございます。

 あっくん.jpg

こんな、絵手紙もいただけると、がんばんなきゃって。

(あっくんとは 猫さん のことのようです・・)

入院8日目

同室の方々が退院の準備をしています。

この部屋から、不在者投票は私のみ

不在者投票.jpg

不在者投票をいたしました。(内容は ないしょ)

 


 

お隣の紳士は、午前中に無事に退院なされました。

タバコなど吸わなくても、咽頭ガン

お年は50代、本人いわく

 

「50、60は、はなたれ小僧だょ・・・

それなのに、穴ぼこあけちまってどうしょうもねぇ--。」

 

近い未来、喉を物が通らなくなった時のために

ノドに空気弁、そして、胃に直接栄養を補充する管を

つけるための入院でした。

 

ノドの弁は、全開にすると、流量が多すぎて過呼吸状態となり

頭が痛くなってしまう。まったく声を出すことができない。

適度に調整する術も一緒に習得

 

胃ろう もそのひとつ。感染を防ぐ消毒の方法

確実に栄養を入れるための方法など、対策をならい

やらねばならぬ仕事へと、戻っていきました。

毎日、ノドの痛みを麻酔で調節しながら  ガンバレ!

 


腎代謝内科の先生が来ました。

 

甲状腺ヨード摂取量 検査結果

バセドー病として矛盾しないが、治療すべき値にまではなっていない。

バセドー.jpg

「TSH値」は、ほぼ ゼロですのでアクセルを故意に踏む

動作はホルモン的にはしていない。

 

それなのに、FreeT4値が、基準値上限いっぱい。ということで

遺伝的なものとは言い切れないが、身体の固体的性質として

バセドー病として矛盾しない。が現在は治療必要はない。

 

ということになり、ドッカリ ストレス(アクセル)をかけると

簡単に基準値を超え、今回は目に症状が出たという事

 

目への治療の事も 追伸いただきました、

おなじ症例でこのステロイドパルス療法をして

話す事が出来なくなってしまった人がいるのは事実です。

とにかく、安静にしててください。 と クギを・・・。


さて、恒例の、一般質問に入ります。

 

「医師を目指したきっかけは何ですか?」

 

今回の、先生はかなり焦っていました。

何故 そんなことを・・・。と

 

ボクの家系はみんな医者でしたから・・

でもあんまり勉強しなかったなぁ・・

だから何回もダブっていますけど・・

 

と、ちょっと、困惑ぎみに答えてくださいました。

 


岩手花.jpg

岩手県より、無事にお花届きました。

ありがとうございます。

 

コンサート会場

院内コンサート.jpg

なんと、突然ですが、夜に病院内で クリスマスコンサートがありました

学生さんたちによる手づくりの企画で、

厚木からは

ハンドベルアンサンブル、ティンカーベル さんのハンドベルの演奏を聴きました

ひきつづき

伊勢原混声合唱団による、合唱、ともに初めて、生で きけました。

 

学生さんは 患者さんと同じ目線で

入院生活の不安解消してく理念のもと

企画立案、ボランティア活動

せみなーの開催をしてくださっています。

 

手づくりの 写真立てなど

時間のかかったおもてなしを

いただきました

 

(が、一階は とっても寒くて、途中退場される患者さんが多数いたことが ちょっと残念)

 

人のために

廃棄.jpg

毎週、火曜日には、ボランティアの方が、各病棟をまわり

移動図書館を開催してくださっているそうです。

早速、お借りいたしました。

ハンコがおもしろかったので、写真をとりました。

 

「廃棄」

 

その本にも、命の言葉があり

 

「自分のためにではなく、人のために生きようとするとき、その人は、もはや孤独ではない。」

P34、日野原重明 いのちの言葉  より

入院7日目

網の中.jpg

1週間 たちます。

外は とっても 良い天気。

下階からの熱が上昇し、13階は、 「とこなつ」の様相

Tシャツ 一枚でも汗が 出ます。

 

昨日は、4階にある、眼科へ検診にいきましたところ

看護師さんに

 

「寒くないですか?」

 

と聞かれ大丈夫と答えましたら、実は早朝から事件があって

4階フロア全体にだけ、なぜか冷房が はいっていて、

かっちり冷えていたそうです。

看護師さんは、

「この病院いやになっちゃう、温度管理ができてなくて、暑い所と寒い所が激しいんだもん」

 

と、笑顔でおはなしされていました。(全然深刻じゃない・・)

 

24時間換気、しかも内圧を上げて外から雑菌の侵入を防ぐため、

上階の温かくなった空気を、さむい1階に直接持っていくわけには

いかないですものね。

 

もちろん、病棟は、どっこも、窓は 開きません。

避難所もしっかりと網が掛かっています。

 

網の中から、ひさしぶりに、大山を眺めました

右下には、小さく ドクターヘリが

羽根を休ませていました。

 


 

午後に、突然のおみまいありがとうございました。

とにかく じーーーっとしております。はい。

「ダメ」 って叱られてから・・。

 

さて、夜の7時に担当の先生が回診してくださいました

(まぁ早朝5時45分に採血てえいうのもスゴイと感じますが眠らない院内としては当然のことかもしれません。)

今回の治療、ステロイドの大量投与は、効果が確認できているそうで、

第一週目は、良好という結果でした ということで

第二週目に、突入することになります。


ここで、先生に やっぱり 「質問」 してみました。

 

「医師を目指したのはいつですか?」

 

想定外の質問にアセリながらも的確に答えてくださいました

高校3年生の時とのこと、

ちょっと思い出し笑いをしながら

あの日の決意から 今がある

とサッと振り返っている顔に 笑顔がありました。

 

実は農学部に行きたかった。そうです

でも、医師になってよかったとも、

さらに、眼科医になるとは全く

考えていなかったそうです。

今、とても充実している先生でした

(だって、土 日 も病院にいるもん!)

 


今後お寺に相談にくる若者に

ただ、私より、若い。というだけでも

なんともたくさんの選択肢があることを

学べる時間があることを、どうやって

伝えるべきなのか?感じてくれるのか? 

 

日本は学習する環境がよい。

治安がよい。そして教えてくれる先輩がいる。

その先輩方への橋渡しを私は行いたい。

 


今夜は、にぎやかな夜になりそうです。

新たな患者さんが廊下にむかって

 

「支配人よんでこーい」 って

ナースコール打ちまくってるからなぁ・・。

入院6日目

少しずつ、病棟にも慣れてきました。

見回りにきてくださった夜勤担当の

看護師さんに、1つ質問をしてみました

 

「看護師さんを目指したのはいつですか?」

 

小学校の頃とのことです。

スイッチがはいる何かがあったのだとおもいます。

それから、東海大学に入って看護を学び卒業後

東海大学病院の救急を6年担当し激務をこなし

この課に、来てから2年。落ち着いた振る舞いは、

荒波を乗り越え、心を磨き志を磨いた姿でもある


就寝前に、ラウンジで お話した方は、

喉のガンで治療されている方でした

ノドの痛み。お茶の温度さえ、

体温と近くならなければ、痛くてとおらない。

てき面なのが、ソースなのどの香辛料。

すこしでも入っている物は、激痛がはしる。

 

ノドにあるガンを放射線で焼く治療を行い

内面全体がタダレタ状態ということで

就寝中、息が苦しく、タンを出すことになるが、

内部で壊死した皮がタンとして出すことになり

朝起きると、周囲にべっとりと飛んでいるのを

掃除にきてくださる方に申し訳ない・・。とも

 

それでもやめられないのが 「 タバコ 」

 


朝になり、ラウンジに行くと、8時前から掃除を担当

されている方と少しお話をしました。

 

「お仕事は何時からですか」

 

8時からなのだそですが、

扱う面積を4時間だと間に合わないから

早めに始めているとのこと。

そして、新規でお仕事に来た方も

どんどんとやめていってしまうそうです。

 

掃除は、やりはじめるとキリがなく

時間はかかるが、終わらせなければならず

ホコリをたてずに的確に掃除をされながら

話をしてくださいました。 さらに1つ質問を

 

「仕事をやめてしまう若い人に一言」

 

こどもたちには

「仕事をやめたくなったら、全部覚えてからにしないさい」

って言っているそうです。

1週間や2週間で仕事が全部学べるはずがなく

1年、2年とやるうちに、やり方を会得して

続くようになるんだから。。

 

 

私も子を持つ親として、育てられるだろうかと考える

 


午後には お見舞いただき ありがとうございます。

 

来た方全員から、無断外出をコッピドク 叱られました。

でも お話できるって

やっぱりたのしいねぇ

感謝!!

 

夕方、先生の問診があり、やっぱり外出の打診をしたところ

 

ダメ です」 と、一言。

 

この処置をしている最中、実際に脳炎にかかった患者さんが

いるという、前例をチームの先生方が経験しているということ

だからこそ、安静、隔離。入院ということ、しっかりわかりました

 

言う事 きかなきゃ ダメ です。 ね。

なぜここにきたか?

なぜ、私がこの病院にきたのか

わかった気がする。

 

入院5日目

入院5日目にして、病院を抜け出してみました。

隔離病棟でもありませんので

とくになんてことはないのですが、

1209夕焼け.jpg

キレイな夕焼けをみていて、ひょっと、視線をうつすと

そこには、行き慣れた伊勢原市立図書館が目にとまり

いそいで、着替えて、走ってみました。休日は閉館が午後5時

病院外観.jpg

そんな 途中に撮影したのが、病院の全景。

上から2番目です。

とても立派なたたづまい。


図書館にて5冊、お借りしてきました。

 

病棟の時間はゆっくりながれ、

       ひとり 走りまわっています。


 

あなたは、 走っていますか? あるいていますか? 止まっていますか?

日常生活を規則正しく行うこと それが禅そのものなのです

(って、書いてる私が、正しくない・・・)

北陸の朝

2012年12月9日、朝の 新潟県の現況を

送っていただきました。 すでにスゴイ雪

 

 新潟の朝.jpg

このじょたいでも、車には、標準タイヤ(夏)だそうで、

今年も 雪掘り部隊を 募集しております。

場所は新潟の 糸魚川市の山奥です。

ふっかふか の 雪 ですよ 〜

 

入院4日目

ドクターヘリ.jpg

地域の基幹病院です。

救急車はあたりまえ、

そして、ドクターヘリが

常駐している病院です。

風力風向旗が真横でも、難なく降りてきます(に見える)。

すごい技術の結晶です。


土曜日です。一時退院する方も多く、

基本的に外来がおやすみなので、先生も少なく

治療は基本的にはなし。で午前中は静寂 という雰囲気

 

午後になって お見舞いにきているご家庭がふえて

なにやら病棟はにぎやかです。

夫婦間の力関係が見え隠れする、お見舞い風景を

じっくり見学です。

 

大病院から退院する方は3通り。

完治 転院 死去    

巨大な建物の中で医師と看護師さんは

命と格闘しています。たくさんの心遣いと技術で。


追、非常階段を 延々と降りて行ったら、一階だけカギが掛かっていました。

延々と のぼって戻ったら、良い汗をかけました。

住職でなく十職であれ

無縁社会.jpg

長谷寺の課題図書がまたひとつ。

この中に記されている高橋卓志 老師がスゴイ

次回の課題書籍は 「寺よ、変われ」 高橋卓志書

 

「安心して悩める社会に」 自殺対策に取り組む僧侶の会

 

この中に、その昔、住職ではなく十職と言われたと書かれている。

 

(資格としては、10個もてたか?)

 

「お寺が救う無縁社会」 

深く 重く こころざしを高く!そして慎重

▲このページのトップに戻る