得度式

得度式.jpg

 

妙厳寺の本堂をお借りして得度式を厳修

15歳である彼を、仏法の師匠として導くために

生き様を見せるべく、なお一層の努力を心に念じました。


 

彼は 岩手県の寺院を希望していますが、

現時点での確約は、なにもありません。

そして、僧侶になるために多大な努力が必要であり、

さらに、学業の高校も同時進行しなければならず

ましてや、大学入学資金確保のため、

最大限の節約をしながら、修業を行っています。

 

全国的に、僧侶が不足しており、地方にいくほど

深刻な状況にあることは誰の目にも明らかで

地方の活性化を担う若い僧侶の育成と

長きにわたり育んだ個々の寺院歴史を重んじた上で

あたらしい発想の寺院運営が求められています。

 

長谷寺はその見本となれるのかどうか

住職としてその見本となれるのかどうか

どうでもいい存在

理性のある人に批判されないようにがんばりなさい。

 

お釈迦様が言われた言葉だそうです。

理性のある人からどう思われるか

ということだけに気をつけていく。

 

批判されても気にすることはないです。

世間からすれば、あなたはどうでもいい存在

無責任に言いたい放題なのですから。

 

見方を変えれば

理性のないひとにどう言われようが、

どう思われようが気にすることはない。

 

人間は不完全ですから、毎日学ばなければなりません。その場合、自分より能力のある、頭のいい、経験のある人から学ぶのです。だからそういう人々のことは気になるのです。そういう人に批判されたら、真剣に受け止めなくてはいけません。

吉田様

吉田様

いただきましたメールアドレスに返信できないためHPに記載いたします。

 

質問

個人で坐禅体験がしたいのですが、個人でも体験できますか?

 

答え

現在 おはなし坐禅会は、個人の方がおこしいただいています。

お時間があうようでしたらば、夜間ですがご参加いただければ幸いです。

(よろしければ、お賽銭を・・・よろしくなければ不要です(・・・汗))

 

実家の寺院 福昌寺(厚木市長谷1600番地)でも

毎週、日曜日午前7時から早朝坐禅を行っております。

(最近は2寺院相互に坐禅へおこしの方もおられます)


なお、長谷寺では個別での坐禅も対応できます。

御法要と同様に事前に日時の調整と

御法要と同様に五万円の御奉納をお願いしております。

 

坐禅で内面から心と姿勢を美しく調(ととの)えます。そして、

十一面観世音菩薩様にかわり住職が相談をお受けします。

その後、御祈祷(又は先祖供養)を行うと共に仏さまと

お守り(次へ歩むチカラ)をお持ちかえりいただきます。

(1年間の電話サポートつき)

 

 

 

居場所のチカラ

ともに生きる場  一人ひとりがその作り手

一緒にいるよ

まずは話を聴こう

「導く」よりも寄り添って

すきまが大事

時間を見方につけよう

煮つまらないで「だ・も・ど」

場のちからを信じよう

情報はひとりじめしない

自分の問題? 相手の問題?

自分の「ものさし」を疑おう

「敵ではない」というスタンスで

「正しい」ことは控えめに言おう

すべては生きていくためのプロセス

生きているだけでスゴイんだ


西野博之著 居場所のちから P168より。

 

ぼくらが求めているのは、その人を排除するための専門性ではない。どうやったらその人を受け入れ、一緒に生きていけるかを考えあうこと。

 

子どもの話を聴くとか、寄り添うとか、受け止めるとかいうのは、すべておとなが勝手に使っている言葉。こどもの方が話しを聴いてもらえたとか、受け止めてもらえたと思ったときにしか、成立しない。

こどもは、自分が発した言葉に一生懸命耳を傾けてくれたり、言葉にならない思いを受け止めようとする大人を身近に感じることができたとき、はじめて自分の問題に向き合おうとすることができる。

子どもが失敗できるチャンスを生み出すには、大人の精神的時間的余裕が大切。

 「敵じゃあないつもりだよ」 「生きもうけ」

里親型の児童ファミリーグループホーム

 

ガン患者の会

ガン患者の会1.jpg

がん患者の会のレポートです。

はじめての企画としまして、行いました。

昼の部は、参加者がゼロでしたが、

夜の部は、参加2名スタッフ2名、幼児1名の5人で話しをいたしました。

 

心が少しでも柔らかくなるように

ランタンのホノカな、あかりの中で

会がはじまりました。

 

自己紹介をして、症状や現状をお話いただきました。

スキルス性 セカンドオピニオン、シスプラチン、医療費、介護保険、知識、ベッドの差額、いかに生きるか、いかに死ぬか。やりたいことリスト、目標。会いたい人に合っておく。やりのこしたことはないか。ただ涙が止まらない。空元気、前向きでいられる、NK細胞、病気をオープンに、受容できない、怒り、泣いたら笑う。泣くと溜まっていた物が流れる。友達にも話せない。年配。タマガワ温泉。効能、尊厳死協会。安楽死と延命処置、なにが不安なのか、みんなの智恵、ガンの事、病気のこと、制度、知識を持つ、自分の本音は言わない。うつ。突き抜ける。自分がどう生きたいか。すこしでも家族が、楽しいかった。いい人生だった。寿命。 心配、もちかえる。想い。経験。

 

ランタンのあかりは、よわよわしく思えますが、

ゆれながら、しっかりと熱き こころざし と共に

燃え続け、みんなの話を照らしてくれていました。

 

書道の先生

寺子屋先生を常時募集しておりますが、

今回、書道の先生の打診をいただきました。

まずは、お寺でゆっくりと相談できたら、

さいわいです。

(まだまだ、募集してますぞ(笑))


このHPを携帯電話では どのようにみえてるかな??

 

防災イベント終了

防災ボラ3.jpg

厚木市消防本部より、

救命救急隊本体の方がきてくださっていたのですが、

緊急出動してしまいました。

ので、本署の皆様が代務をしてくださいました。

(写真はロープの結束指導の最中ですね)


 

主催あつぎ災害ボランティアネットワーク

共催 厚木市民活動ネットワーク

講師 厚木市消防署職員 厚木市協同推進課

 

 

おはなし坐禅会

8月18日 夜 おはなし坐禅会 開催。

 

今回は3名様におこしいただきました。

(写真なし)

 

表題にあります、「おはなし 坐禅会」 

「おはなし」が先に書いてあるのがミソで、

坐禅会なのに、お話がとっても大事。


こんかいは、かなり深い話までいってしまい、

時間延長で、3時間コースになってしまいました。

深くお詫びもうしあげます。

(なるべく、2時間内で修めます ゴメンナサイ)

 

たくさん話をしました。 また話をしていただきました。

まずは、お題目 「夏休みの思い出」はなんですか?

家族で疲労困憊の富士山登山。

念願30年のエジプト旅行記

旅行先でエレベータ緊急停止 孤立!

などなど、多岐にわたる、おはなしをいただきました。ひとつひとつが面白く、辛かったり、ためになったり、だれもがたくさんのエピソードがあり、このお題目だけで、講演ができるほどに、深い話をいただきました。

「初心は3つある」おはなし、

「ドーナツの真ん中はMU」のおはなし。そして、

「引きこもる」はなし。さらに

英語講座 開催のおはなし。「10月11日 夜7時から」です。


坐禅は、椅子でも十分な効果が期待できます。身体の不自由な場合にはそれに合わせた坐り方を推奨いたします。たとえ短時間でも心に集中し、自分をみつめ、未来をみつめ、過去に感謝し、今を生きる力を増していただければとてもうれしいです。 終了は午後9時です。次回は9月5日です。

平成二十四年九月寺子屋 講座案内の PDF

20120900.PDF

 

安居に必要なもの

安居に必要なもの、準備していただくもの

 

応量器一式

 生涯使うものです。食事に使います。漆塗りの木製品

 落下し大破した場合、修行即中止、退去を命令されます。

袈裟

 曹洞宗の様式があります。黒色の事

 夏物、冬物 春秋物 があります。洗濯ができる物が良

袈裟袋

 手作りもできますが、様式があります。

大衣

 曹洞宗の様式があります。黒色の事

 夏物、冬物 春秋物 があります。洗濯ができる物が良

 (一着10万円ほどしますので、冬物だけで乗り切る人もいます)

改良衣

 曹洞宗の様式があります。黒色の事

 夏物、冬物 春秋物 があります。洗濯ができる物が良

絡 子

 曹洞宗の様式があります。黒色の事

 夏物、冬物 春秋物 があります。洗濯ができる物が良

座 具

 曹洞宗の様式があります。黒色の事

 夏物、冬物 春秋物 があります。洗濯ができる物が良

 

着 物(白衣意外無地(紺・茶・灰等)色(2枚以上)

 夏場は毎日洗濯することになり、裾は擦れて薄くなります

 本当に消耗します。夏物や冬物が必要になります。

 

半 襦 袢 (5枚前後)

 季節によって厚さが違います。

 暖を取れない冬場には、厚物を。

 疲労軽減の為夏場には、薄物を。

 

手 巾 (黒色)

 新到者(初めて修行する者)は黒色を用意します。

 法戦式をすぎると茶に替わり、住職になると、自己責任で色を選びます。

 

足 袋 (5足以上)

 とても消費します。製造元によっては、とても縮みます。

 持参する前に洗濯し、履いてみることを薦めます。

 

作 務 衣(黒色 2枚以上)

 夏物、冬物がありますが、頑丈なものを用意ください。

 糸などで各所を補強しておくことをおすすめします。

 

帯   (角帯、マジック帯どちらでも結構です)

 腰紐(こしひも)をしてから帯をしますが、実務優先です

 経文の声量を優先するため、収縮するマジック帯が推奨されます)

 

座 布 (黒色)

 坐禅を行うときに必要です。自分の身体にあわせた調整が大切。

 「物・心・身」の調整が済むと、何時間でも坐れます。

 

髪剃り、替え刃 (浄髪用。刃は目詰まりしない構造のものを5個程度)

 昔は、一枚刃がありました、4と9のつく日に浄髪いたします。

 古い刃は衛生面でもお勧めできないため、替え刃が必要となります。

 

筆記用具

 多くを学びます。各自ノート、筆箱、などメモできる物が大切です。

 

洗面用具 (歯ブラシ 歯磨き粉等)

 

 

洗濯用具  (物干し用蛸足(ピッチ付)・洗剤

 あたりまえですが、自分で洗濯します。タワシは必須

 

下 着  (パンツは白色が好ましい。シャツはU首にて白の物を各5枚)

 着物が透けて柄が見える事があるため、白色を推奨

 

タオル (ハンドタオルの白、バスタオルは不要)

 多量の汗、洗面、浴室、で使います。劣化後は雑巾にします。

 

頭 陀 袋 (黒のもの)

 カバンの代わりでもあります。

 

印 鑑 (通帳を作りますので銀行印として使用します)

 

保険証

 

裁縫用具 (最低限の物で結構です。糸、針 等)

 着慣れぬ衣を踏み、破れることが多く、補修を自分で行うために必要です。

 

履 物 (運動靴 ・ 下駄又は雪駄(鼻緒は白))

 

雑 巾 (白タオルを三等分に折って縫ってください)

 

布団一式 

 

傘  (黒く少し大きめなもの)

 

寝間着 (パジャマ等、スエットも可 ガラ無し)

 

転出証明 

 


以上 布を使用するものに関しては手作りが可能だと思われます。

(1年ぐらいかかるかな? 私もやったことがない・・)

既製品はそれなりに高価ですが、頑丈な物を選ぶことが一番大切です。

 

修行僧の得度(とくど)

http://www.choukokuji.jp/article/14525728.html

 

お寺の下は?

おてらのした.jpg

8月17日現在の 本堂の 階下です。

ほぼ、毎日、休みなく、(土、日、なく)鈴木さんは、

お寺の階下の壁を撤去し、じゅうたんをハガシ

床の合板ををはがし、掃除を行い

断熱材を押し込み、仮の床を設置するところまできました。

 

 

お寺の下2.jpg

ちなみに7月20日には床がこのような状態でした。

 

住職の私の一番の楽しみが、

ものづくり、そして、ものこわし

壊してみないと、作り方がわからない。

作り方を学ぶと、やってみたくなる。

ということで、

5センチの断熱材を敷き詰めています。

 


せっかく、必要にせまられて、床を張り替えることになって

とっても楽しい作業を めんどくさい と言って

人に頼んでしまうのは、あきらかにモッタイナイことです。

あの人ができることならば

自分ができると信じること

 

できない?

防災イベント

災ボラ3.jpg

上記資料のPDFはこちら→  災ボラ3PDF.pdf

8月19日(日)午後1時半より

南毛利公民館(なんもうりこうみんかん←とよみます)で

防災イベントが開催されます。

若干の 空きがある模様ですので、

ご参加いただければさいわいです。

 

じつは

あつぎ災害ボランティアネットワーク

立ち上げの時に、コアメンバーだった

のですが、本業のお寺に本腰をいれなければならず、

現在、かなり、ご無沙汰している状態です。

 

今回、お寺に一番近い公民館で開催ということで

ぜひともふるってご参加ねがいたく、ご案内いたします。

 

内容は、

1 心肺蘇生法とAEDの取り扱い、ケガ人の運び方、ロープ結束方法

2 市職員の被災地支援ボランティアの講話

3 試食 非常食を簡単に美味しく食べる智恵

4 防災クイズや展示品の紹介  です。


担当されている土橋さんは、救命救急のスペシャリストとして看護業務に永年勤続された方で、被災時に、専門職だけでは、手がまわらないことを痛感している方でもあります。市民の手が必要な時に、市民自身が独自に活動、行動できるように、今、実践しなければならない!。と定年されてから、本腰をいれて活動されている方です。過去長谷寺で、救命講習の講師をしてくださったのも土橋さんです。

 さらに防災設備を専門に職業とされている方もいるのですが、営利事業と思われるのもイヤだということで、そっちの話にはあまり口を出さないのですが、本職だけあって、現在の非常食の目覚しい発展、そして、現在備蓄されている「乾パン」の凝固品をいかに、おいしく、やわらかく、飽きずに、公平に分けることを試食というコーナーを設けて、広報してくださいます。

 防災クイズで、私が担当だった時に、毎回お話していたのが、消火器のおはなし。質問します!ABC10型(一般に自宅にある消火器のこと)はどれくらいの時間「噴出」する能力があるとおもいますか? と、問いかけると、

3秒 だと 0人

10秒でも 2人ぐらい

30秒で だいたい手が挙がりだして、

1分 の方や

3分ぐらい出るでしょう・・。という方もいます。

答えはしらべてみましょうね

そんなもんです。 ちょっとしたことですけども、

多いのが、火の中に消火器を放り込んでしまう事

人間は動揺(パニック)する動物です。事前に学べることは、お早めに!

 

LED電球

長谷寺を常時、照らしていた、外灯が切れてしまいました。

はじめは60W電球が2つ

その後12Wの電球型蛍光灯が100円で購入できたり、

その後8Wの電球型蛍光灯を2つ使っていたのですが、

いよいよ、寿命となり、お寺の玄関が真っ暗に。

ということで、今回購入しましたのがLED電球。

1個600円弱でした。消費電力は2.9W

LED電球.jpg

電気器具の都合で100の性能は発揮できないのですが

とりあえず、夜間でも お寺の正面は安心してお参りができます。

あなたはどこにいますか?

聖徳太子

日本に仏教が伝えられたのが、西暦538年ごろといわれています。

みなさんも良く知っている聖徳太子の時代に、争いのない平和国家の建設を目指すために制定された「17条憲法」には、その中心に仏教が位置づけられていました。

 その第一条には「和をもって貴しと為す」という国の基本理念を立て、その理念を達成するために、第二条には「篤く三宝(さとった人、さとりの法と、さとりを目指す人の集まり)を敬え」として、仏教が憲法の中心になっていたのです。

 それから後、1868年の明治維新による神仏分離令という法律ができるまでの1200年以上にわたって、仏教が「国の宗教」として位置づけられていました。いいかえたら、仏教には和をもって「いきいきと生きる」教えがあって、その教えによれば、人生の道、いや人生の道ばかりではなく、国を進む道さえも開かれていることをしめしています。

 仏陀・釈迦の教えをもとにして「いきいきと生きる」ことを伝えようとするメッセージです。たった一度の人生ですから、いきいきと生きたいものです。

 少年少女の仏教(朝日新聞社書籍編集部) まえがき より

伝えること

私が生まれ育った寺院は、幼い頃、薪のお風呂でした。

毎日、風呂を洗い、杉の葉っぱを集め、日曜日には

、のこぎりに目立てを行い父親が山から木を切り出し、

斧で薪を作り たまには煙突のススを落とし、

マッチの使い方、火の尊さ火の怖さ、

やけどという火の痛さ。様々なことを

学びました。現在の長谷寺は、火をおこすことは

かなり難しいほど高級住宅街の一角へと さまがわりし

子へ「火」のぬくもりを伝えることができていません。

 

夏休み、わずかな時間でしたが、子どもに

マッチの擦り方、新聞から薪へ火を移す方法

を教えることができました。

火の訓練.jpg

まだ、煙が出ていますので、空気の流量と、燃焼物の量、乾燥具合

そして燃焼温度など伝えきれないことの方が多いです。

火の訓練2.jpg

この美しさ。火の粉の複雑な動きから、子どもたちは何かを感じてくれたら・・。

美なのか、恐怖なのか、愛情なのか、流体力学なのか、環境問題なのか、

固形物が気化して燃焼する不思議なのか? 「親は木の上から立って見守ること」


あなたは、何を次の世代へ伝えますか?

その膨大な経験をいかにして伝えますか?

私たちの身体はお返しするもの。

ご先祖様から引き継いだ想いを、この時代に

どのように伝え残しますか?

どんな経験をさせてあげますか?

 

人の一生は短い・・。

父を想い

夜坐0807.jpg

5人の皆様と 夜坐を楽しみました。

参加者の中に、父親の御命日が今日の方がおりましたので、

今回 、オヤジ シリーズの話でした。

父親はどんな人だったか?

どんな趣味をもっていたか?

などなど。

永年の想いがこみあげて、とても一言で言い表せないのが親であり

「半年かけて、説明できるようにまとめてきます」という返答もあったりしました。

 

ほめる技術

ほめる会

ほめるという難しさ

裏読み

愛語

 

川ジャンプ

川ジャンプ1.jpg

川ジャンプ5.jpg

川ジャンプ2.jpg

川ジャンプ3.jpg

川ジャンプ4.jpg

こども3人をつれて、川に行ってきました。

はじめての子は、ライフジャケットを付けて

もらいました。普段、プールで泳げても、

流れがある場所、足がつかない場所は おぼれたり、

とても不安です。今回は、波と塩分がないだけ ユルイ かも。


大人は私だけでしたので、

溺れている子を助けるには

自分が救命胴衣を常時着けて

いっしょにあそびます。

ちょっとはずかしいけど。命を助けるためには、気にしません。

最後は、みんなで、一人50個ずつゴミひろい。

ぜんぜん綺麗にはなりませんが、この場所を使わせていただいた

感謝の気持ちです。(子どもたちに、とどいたかな?)

 

心配事のなくし方

正しい心配事のなくし方

 

「人にして遠き慮りなければ、必ず近き憂いあり」 論語

 人として、遠くまで見渡す配慮がないようでは、きっと身近な心配事が起こる。

 

意識の線を広げる

「遠き慮り」という言葉は、「遠慮」とは少しニュアンスが違います。

「慮り」という文字を「おもんぱかり」と読めまい学生も増えていますが、慮は「配慮」の慮であり、「思慮」の慮。つまり「慮る」というのは、「思いめぐらす」とか、「よくよく考える」という意味です。

 「慮」という1文字に表される感覚を、私は学生たちにいつも意識するように言っています。先のことを思いめぐらすと、見えてくるものがあります。

 たとえば、大学生は夏休みに、子どもたちとキャンプに行ったりします。ところがここで慮りが足りないと、ミスが起きてしまいます。遠くのことを慮っていれば、安心してキャンプに臨めるし、身近にある心配事を排除することもできるのです。

 「遠き慮り」には、練習が必要です。最初のうちは、なかなか遠いところまで思慮をのばすことができません。

 そういう人に必要なのは、具体的にしみゅれーショーンをすること。キャンプに行くのなら、こういうときにはこうすると、さまざま

なケースを考えておくのです。あらゆる場面を想定し、意識の線を広げておくことが必要です。

 例えば、子どもが怪我をした時のために、どんな準備をしているか、薬箱を持っているか、その中には何が入っているかなど、チェックが必要な項目が書き並べます。

 特にキャンプのように子どもたちの意の死を預かるときには、広い方向に意識がはられていないといけません、。意識の線がのびていないと、本当にケガをしたとき、想定外のことに慌てて、パニックになってしまうからです。

 こうして考えていくと、保護者の連絡先をまとめた名簿が必要なことや、医療施設がどこにあるかを把握すること、川の近くに行くのはやめておこうとか、様々な問題が浮かび上ってくるはずです。

 救急用品は準備したか、連絡系統は大丈夫か、考えが足りない部分や空白だった部分も見えてきます。

 こういうときは、2~3人で「慮りシート」を作ってリストアップするのが効果的です。

 全方位的に配慮すべきことを、数人で考える。一人では考えがまとまらなくても、3人くらいで「遠き慮り」を意識すると、「念のため、これも準備しておこう」とか「保護者に質問されたときには、こう答えるようにしておこうか」とか、一気にまとめることができます。

 そうすれば「なんとなく悩む」とか「なんとなく心配」ということがなくなってくる。ぐちゃぐちゃ悩んでいる時間があるのなら、リストアップしたほうが話が早いのです。

 

目標から逆算して考える

 話しあった内容をリストアップし「慮りシート」の中に書き込んだら、心配事は端からつぶしていきます。

「こういう場合には、先生に電話しよう」

「手段は、”TEL"と書いておけばいいね」

「これ以外のことが起きたときは現場で対処方法を考えよう」

 システムさえはっきりしていれば「近き憂い」はなくなっていきます。

 孔子は、先の事を考えて行動することの大切さを説きましたが、現代においてこれは予見力であり、心配事をなくす方法です。

 心配事が有るとき、感情的に処理しようとする人が多くいます。友達に、悩みをぐちゃぐちゃと打ち明けます。話すことで「すっきりした!」と気分が楽になりますが、それでは解決になりません。ただ、しゃべっただけ。実行性が薄いのです。

 悩みの相談をする時間があるのなら、友達と一緒に「慮りシート」を作ったほうがいい。感情的な解決ではなく、「是が起きたらこうなる」と明確にして、具体的に考える。これこそが、正しい心配事の無く仕方です。なんとなく先行き不安を抱えている人も、「慮りシート」で心配事を明確にしましょう。

 例えば、「勉強ができない。だから、受験がうまくいかないかもしれない」という心配事があるとします。そういう人は、あらかじめ志望の学部を決めてしまいます。目標を決めて逆算し、「じゃあ、今の状態はどうか?」と考えていくのです。すると、「今の偏差値ではダメだが、一年後にはこうなっていたい。そのためには、こういう努力が必要だ」ということがわかります。

 ある程度の「長期的」「中期的」な目標を決めれば、わけのわからない不安は消えます。今、自分がしなければならないことがはっきりするからです。

 目標は、途中で変更したっていいのです。「この大学はやっぱり無理」とか「もうちょっと上を狙おう」とか、自由に変更していいのです。ただ、先を見すえた目標を持っていないと、漠然とした不安に押しつぶされてしまいます。 

 暫定的でもいい。目標をもって、そこから現状を逆評価してみましょう。そうすれば、なんとなく鬱々としている気持ちからは、離れるはずです。

論語.jpg

斉藤孝著 図解 論語 「正直者がバカをみない生き方」

P25 正しい心配事のなくし方 編より。


目次

正しい仕事の得方

正しいチャレンジ

正しい心配事のなくしかた

正しい失敗

正しいトラブル対処法

正しいイノベーション

正しいリーダーとしての在り方

正しい信頼され方

正しい部下とのつきあい方

正しい友の作り方

正しい人の見方

正しい協調性

正しい心配

正しいキレ方

正しい突き落とし方

正しいプレゼント

正しいモテ方

正しい学び方

正しいワザとしての引用力

正しい基本

正しい智恵のつけ方

正しい理解

正しい楽しみ方

正しい努力

正しい柔軟性の保ち方

正しい姿勢

正しい現状維持

正しい自分の作り方

正しい軸の作り方

正しいスタイル

正しい人間性のチェック

正しい満足

正しい在り方

正しいバランス

正しい反省

正しい安定感

正しい信念

正しい判断

正しいやめどき

正しい「個」のつくり方

正しい「個」の保ち方

「正直者がバカを見る時代になったのではないか」 そんな不安が、この国を覆い始めています。

多少の不運があっても、それを飲み込んで次のステップに行く。どんな時にも誠実さや誠意を持った生き方をつらぬいていく。「自分は自分の生き方を貫いた」「人との信頼関係も得られた」「有形無形の満足感が得られた」 そう 思える人生を論語とともに歩んで欲しい。  あとがきより。


 

納得して習得する

 日本では 小学校と中学校が義務教育です。中学校を卒業すると、就職することも、できます。もちろん、高等学校へ進学する方も多く大学へ進むかたも かなりの数になります。より高度で専門的な教育が盛んに指導されますが人間としての基本、「あたりまえ」 の事とはなんでしょう?

 生きるということは、問題とぶつかることです。食欲、物欲、名誉欲、金銭欲、睡眠欲なんてものありますね。毎日、いや毎分ごとに問題がでてくるのですがそれをひとつひとつ 解いていく過程を楽しむ余裕があればすごく気楽に生きられるのです。しかし、私たちは問題に出会ったらお手上げだ、どうにもならない。そう思ってしまうことが弱みであり、苦しみであり、問題なのです。

 お釈迦様がそういう問題をなんとか解決するために出家して修行して、さとりという心を開放した状態を発見したんですね。ざっくり言うと、「不安定なもの、不完全なものに対して不安を持たない」ということ。壊れてほしくないと思わない。「壊れないものはない」ことが当たり前と理解ること。そのための心の訓練を受けると、心は安らぎを感じるのです。心から不満という状態が消えてしまうので、苦しみも一緒に消えてしまうんです。 消えてしまうと、何をやっても、やらなくても、楽しさしか手元に残らない。

 お釈迦様を教えの師匠と納得し その教えが本物だと納得し さらに教えを体得した僧侶だと納得し、習い始める時を、はじめて「帰依」と言います。お釈迦様の教えを信じたくなければ信じなくてもいいんです。信じたければ信じてください。 長谷寺では帰依しなさい!と命令はしませんから・・。

 

帰依=納得してから習得すること。

22歳のきみへ

22歳の君(きみ)へ。

成人して2年の歳月がたちましたね

中学校の義務教育が終わると社会は意外と冷たいものと実感していると思います。

私も中学を卒業し、修行という、いわば就職をしたわけです。

楽しい高校生活はアリマセンでしたが、夜間高校に行きました。

昼間の修行で疲れ果てた身体には、教室の机は広大なベッドのように

熟睡するためにあるものと錯覚していたのを今でも思いだします。

その反動もあって、40歳をすぎてから、本気で建築士を目指し、

初めて指に「ペンだこ」ができました。

年齢は関係なくヤレるものですね。

 

22歳のきみへ

苦しい思いもたくさんしたでしょう。

義務教育を終えると世間は意外とつめたいものです。

もういちど高校に行ってみるのもいいものですよ(笑)

 

昨日、末期ガンの阿部さんがお寺にやってきました。

何か先生をやっていただけませんか?

とお願いをしていた結果

「ガン患者の会(ピアカウンセリング)」 として、

皆で悩みを打ち明ける時間を設けることになりました。

(8月20日(月)午前9時と午後7時の2回)

阿部さんはさらに、通信教育で中央大学法学部を卒業した

努力の人です。学費は年額8万円(スクーリング代別途)

第一線の教授の授業を受けることができるし、

分らないことは大学院生が勉強会を開き、丁寧に教えてもくれるそうです。

 

住職の私も実は、通信教育で 各種大学に入学しましたが

残念ながら、1校も卒業できませんでした(卒業者は1割とも)

とても努力が必要なのも体感しています。 しかし!

 

22歳の君へ

本気で人生を演じてみませんか?

あたなはその舞台の主役です。

成人を迎えることで、保護者からの枠をはずれ

自分の定めた目標に向けて進むことができます。

だからこそ命の声を聞いてみてはいかがですか?

本気の声を聞きにきてはいかがですか? (特別枠として)

--------------------- 

あなたが誰であろうと、またどこにいようとも、心の持ち方次第で、あなたは変われる。

そして

人生は簡単ではない。人生は厳しい。いや、非常に厳しい。

そして

人生は意外と みじかい・・・。

-------------------

22歳の君へ。

夜行バスで来寺という方法も

「できない」

「できない」は理由にならない

 

 怠慢な人というのは、物事をきわめる努力をしない。ちょっと難しかったり面倒だったりすると(ほんとうは、会得したり体得したりする価値のあるものには、多少の困難や面倒はつきものなのに)、すぐにくじけてしまい、目的を達成する手前であきらめて、安直で、結果的には表面的でしかない知識を得たところで満足してしまう。たとえちょっとでも、我慢して努力しなければならないくらいなら馬鹿でいい、無知でいいというわけだ。

 こういう人はたいていのことを「できない」と考え、「できない」という。実際に、真剣に取り組んでみれば、ほんとうにできないことなどそうたくさんはないのに。こういう人たちにとっては「難しいことイコール不可能」なのだ。というより、自分の怠慢さの言い訳に、そう考えるふりをしているのだ。

 かれらは、ひとつのことに一時間集中するのも苦痛だ。だから、どんなことでも、最初に受け取った通りに解釈する。いろんな方向から考えてみることをしない。結局、深く考えることをしないなのだ。こういう人が、洞察力や集中力を兼ね備えた人を相手に話しを始めると、たちまち自分の無知と怠慢が自白のもとにさらされ、ちんぷんかんぷんの返答しかできなくなる。

 だから、最初に難しいな、面倒だな、と思った時にくじけてはならないのだ。逆に奮発して、一人前の大人なら、誰もが知っていなければならないことをは、徹底的に知ってやるぞ心に言い聞かせてほしい。

父から息子への手紙.jpg

「わが息子よ、君はどう生きるか」 内 P24より抜粋。

 

年間50万円

少子高齢化や過疎化の影響で、兼務寺院は三千ヶ寺超までに増加、

このうち38%の寺院が年間法人収入50万円以下と報告されている。

曹洞宗 宗議会報告より。


 

速報であり、私自身、元となった資料を確認していないが、

理解できる数字です。

この寺院等への救済策は現在とられていないという点

任命された住職の力量に任せられているという点

修行が満了し、上記の住職となる前に、

寺院運営という経営の観点の習得が必要という点

 

そして過疎の村を復興する起爆剤になるための寺院として

ITの活用、宿坊、悩みの相談、などなど。課題は多く

高く強い志を持ち、知識を習得した 僧侶の育成が必要である。

修行僧募集3

長谷寺のHPで一番多く 検索されているのが

 

「修行僧募集」

http://www.choukokuji.jp/article/14270311.html

 

ですが、さまざまな方から連絡があります。

お坊さんにはなりたくないのですが修行はできますか?

おそらく2年間耐えることができないと思います。

普段の生活では理不尽と思われることも多くあります。

一般的にいえば「試される」ことですが、理不尽にしか感じません。

その先を見れるかどうかが大切です。

 

本当に0円ですか?

準備に40万円以上が掛かることがわかりました。

ただ、2年間の生活にかかわる費用はかかりません。

(40万円は、衣などが持参品個々に高価です。直接法衣店に採寸後 注文)

 

 

サイズダウン

車両の変更を予定しています。

オデッセイの劣化と燃費の為です。

次回の車両は、2台に差別化するかもしれません。

 

1台目は、ミライース

おもに法事や、葬儀への移動手段として活用する予定です。

2台目は、アルファード 又は、グランドキャビン。

壇信徒送迎用となる予定ですが、高価なため保留中です。

 

オデッセイは高価な車両ですが、

あちらこちら修正がでており、燃料も多く消費するため

今回サイズダウンを予定しています。

(大型ですが多人数の乗車ができないタイプでもありました)

 

10年前は、葬儀の時、住職が高級車に乗っていないと

形にならない、と言われたものですが、現在ではあまり

気になりません。

(そもそも大きく格式を重んじるお葬式は減りました)

 

http://car-life.adg7.com/

 

イースから ミライースへ

送り盆

長谷田夕焼け1.jpg長谷田夕焼け2.jpg

大山を眺める 長谷の地は、とにかく、夕焼けがきれい。

この画像は7月16日の19時に長谷の水田から撮影しました。

携帯電話のカメラ機能ではうまく表現できませんが、

とても美しい贈り物を受け取ることができました。

長谷田夕焼け3.jpg

ご先祖様からの贈り物。7月16日 送り盆

45分前.jpg

 

←ちなみに45分前の色です・・。

カヌーマラソン中止

7月16日に予定されていました 丹沢湖での 

カヌーマラソンは、 主催者より、中止の連絡がありました。

本日明朝からの大量の雨により、流木があつまり

危険と判断されました。

 

うーん。ざんねん。


というか、自作の カナディアンカヌー 修理してなかったのだ・・・。

講習会

棚経の最中ですが、

午前中 講習会の講師をしてきました。

参加者は8名とスタッフ8名の16名(ぐらい)

 

今回は、時間の都合もあって

丁寧な説明とはいかなかった為

8チームのうち、1チームにミスが発生してしまいました。

監督不行き届きです。ごめんなさい。

 講習会.jpg

(プライバシーの関係上、写真にぼかしをいれました)

 

ひと様に、思いを届ける大変さ、

伝えるということの難しさを実感しました。

 

ーーーー

現在各御家庭を まわらさせていただいております。

棚経の棚のおかざりは、

各家さまざまです。

 

ご先祖様をお迎えるする方法は千差万別。

各地区、各家で独自に進化しております。

 

もし、自分が あちらの世界に行っても

戻ってきていい日があるということは

うれしくもあり、ちょっと恥ずかしいもので、

あの日、あの時の想い出をたくさん

た〜くさん。おはなししましょう。

 

ご先祖様を お迎えする日

長谷寺では 7月盆にて ご供養させていただいております。

(8月は、 本寺様のお手伝いの為、おうかがいが困難です)

 

なので8月12日に、お寺でみんなで 法要を予定しております。

まだまだ。未定箇所の多く、ご案内できないのですが、

 

郷里に帰省できない時、または、分家でご先祖様が無いと

思いこんでいる方などなど、じつは、

みんなご先祖様に守られているんです。

 

だからこそ、みんなで、感謝の気持ちをこめて

ご供養を8月12日に企画いたします。

初の 作法なため、 広報、いましばらく、おまちください。

 

 

 

 

安全運転

IMAG0462.jpg

24キロ オーバーです

心が ゆるんでいます。

 

7月15日の写経会は開催いたします。

 


 

心をなくしています。

ダメですね。

 

ここ数日、200キロほど毎回、車で移動しています。

焦りが心を削ります。

 

おっとりしているのが住職 がぁ

 

速度超過 棚経

座禅叩かれると痛い

座禅叩かれる痛い

 

坐禅は3種類の痛みがあります。

 

一つ目 響策(きょうさく)

永平寺などで、みる、肩をバチバチ叩くイメージのものです。

体験した方はいらっしゃいますか?

イメージだけにとらわてれいませんか?

素人さんが叩くと非常に危険です。

玄人さんが叩くと危険はありません。

長谷寺で叩くことはありません。

住職になるまで、修行時代に さんざん たたかれ、 又 叩きましたので、

十二ぶんに、会得していますが、長谷寺では叩きません。

残念ですね。

 

二つめ 足の痛み。

女性は骨盤の関係で、足を組むことに苦痛を伴います。

男性は骨盤の関係は、足を組みやすい形です。

さらに、禅の起源は、猛暑地帯のインドと言われ

身体の細い方が多く、確実に身体を安定させる方法として

坐禅がもちいられました。日本は四季が通しすごすため

耐寒性も必要であり、足に筋肉(贅肉?)もあることもあり

足を組むと痛みをともなうことがあります。

 

三つめ 心のいたみ

この痛みが一番大切であり、

一番の苦労どころです。

自分の行く道を

自分学び

自分で探し

自分で行動する

自分ができていない点

自分のやれていない点

自分が出来るのにやらなかった点

自分の目標をブレないこと。

自分からにげない。

自分を見つめる

 

それにくらべたら、物理的な痛みは 苦でもない。

ざんねんながらそれさえ、長谷寺では叶いません。

(坐禅終了後に、お話で 対応します)

(だから 「おはなし坐禅会」 なのです)

 

自分の怠け心を自分で叩く。是が痛いのである。

住職は その おてつだい

 

7月8日.jpg

花が咲く日まで・・。

更新停止

たなぎょう期間中 更新が滞るかとおもいます。

いましばらく・・・。

家族.jpg

せんのねがい

千羽.jpg

友人の甥っ子が 急性白血病になりました。

すぐに疲れる原因は白血病でした。

自分のやる気の無さなのではなく

病気だったのです。

しっかり、なおして、がっちりあそぼう。

 

まだまだフルパワーを出し切れてないぞ!

 

 

そのために、千の 願いを、みんなで手作り。

▲このページのトップに戻る