勉強会

曹洞宗の住職、副住職を対象とした研修会に参加してきました。

正確には、担当だったので、 講師ではなく、進行をしました。

人とのつながり、命のつながりをテーマに、4時間の激論でした。

私たち 住職ができること。

しなければならないこと。

研修をとおし

多くを学び

長谷寺が進んでいる方向性を再確認しました。

かなり遠回りをしているような気もするのですが

一歩 一歩 あゆんでまいります。

(てゆーか、家族の生活だけは、なんとかせんと・・・。)


 本日 厚木警察署にて 講習も受け

厚木市からも委託をうけてまいりました。

報告おわり。

http://ameblo.jp/blueline2011/

 

かん

寒 です。

厚木もいよいよ 雪ですね。

冬といえば「スタットレスタイヤ」

軽トラとステップワゴンの夏タイヤは、

倉庫整理のために、廃棄したため

常時 冬タイヤを装着しています。

 

おおやま(大山)も雪景色です。


エプソンプリンター EP801の修理の見積もりがでました。

廃インクパッド交換に約3500円プラス事務費1500円(だいたい)

で修理ができるそうです。

廃インクとは、 インクヘッドのクリーニング回数をカウントした数で

自動計算されているものです。 


境内整備(墓地花壇)

墓地花壇.jpg

どんどんすすんでいます

境内整備。

花壇に、土がはいりました。

相模原の 土に、腐葉土をまぜ

しきつめています。

(鈴木さんいつもありがとうございます)

 

朝のお経のおわり、朝日が上がる前ですので

ちょっと、画像が暗いかな?

(大山は、地域一番で 日があたりますので輝いていますね)

手配布(原案)

印刷を行い、近隣に配布を考えています。

今回の特集は、寺子屋。まだまだ、原案です。

未修正 序所に形にしていきます。


私案の原案 ここから

長谷寺で寺子屋を始めたのが今年の9月からです。たのしい講座もあり、一人も来なかった講座もあり。毎回ドキドキしながら、開講しています。

 

 「こんなところにお寺あったの?」とまだまだ言われるほど、知名度のないちいさな小さななお寺ですが、厚木市に長谷という地名の由縁のお寺。長谷寺(ちょうこくじ)です。御本尊様は聖十一面観世音菩薩様で、奈良の長谷寺さん直系であり、鎌倉の長谷寺さんとも御縁があります。大山を見渡す高台にありバス停の名はそのまま、「観音坂バス停」と言います。バスの車内ではちょっと、変わった車内放送を流していますので、一度聞いてみてください(笑)

 

 さて、寺子屋ですが、その昔、(学校も公民館も児童館もなかった頃の話です)お寺で読み書きそろばんを教えはじめたのがきっかけで、やがて、知識のある人とともに子どもや地域の方々に教え始めたのが始まりなのは言うまでもありませんね。現在では様々に細分化がすすみ、学業は小、中、高、大、テレビでも放送大学がある時代になりました。役場の代わりとしての機能があった時代には、住職が変わるたびに、宗派が変わる時代も長かったようです。変わったところでは、伊豆の修善寺は弘法大師が開祖と言われていますが、現在は曹洞宗の寺院として開いております。 同様にこの長谷寺も元は真言宗の寺院として誕生しましたが、現在では曹洞宗の寺院として法要を行っています。

 

 さて今までにさまざまな 講座を開いてきましたが、一番人数が多い講座は、「写経会」です。毎月十五日の講座ですが、般若心経の台紙に専用の用紙を置き、写すように筆で一文字、一文字記していただくのですが、心の乱れがそのまま文字として残るところが良くもあり、悪くもあり。ほとんどの方が「筆をもつのは三十年ぶり!」とか、「硯(すずり)で墨をするのが初めて」などなど、ドキドキしながら写経を楽しんでいただいております。

 日々のあわだたしい時を忘れ、ひと筆、ひと筆、墨を入れていきますと次第に集中し、心がおちつき、書き終えた時のすがすがしさを、実感すると共に、やればできる。というあたりまえのことを体験することができます。来年からは、要望により一日と一五日と、月に2回の開催となります。参加してみませんか?(席の都合のため予約をいただいております) 文字のきれい下手を論ずるのではなく、「ていねいに」書くことをこころがけてください。

 

 そして次が、「ゆるりヨガ体験」です、 東海大学と湘北短期大学で講師を務める先生は、厚木の街中にヨガ教室を持っているのですが、教室の生徒さんの意見でも、天井が高く畳敷きの寺院で行うヨガは、「まるで合宿のようで、気分でこころがやわらくなりました」などの意見もあり、住職の私も初体験したのですが、坐禅とヨガは基本となる根の部分がまったく同じであることを確信しました。先生の指導ももちろんですが、ヒーリングという、気を体感するという意味でも。一度は体験してみてはいかがでしょうか?わずかな時間でしたが、住職の私もぐっすりと熟睡してしまいました。

 

 

 日本トップレベルの技能者があらゆる技術を惜しげなく教授していただける講座が「友禅染本講座」。繊細であり、色を差すという孤高の技法は京友禅、加賀友禅、とはまた別の深化を遂げた東京友禅を頑なに守りあらゆる技法を会得し、下絵の構図だけでも勝負ができる。雑誌「美しい着物」にも掲載される本物の本職から直接指導いただける講座です。実費だけの料金(京都での洗いや色止めの為の窯蒸、何度も往復する送料含)です。(講師料はボランティア)。人が欲しくなる品ができあがります。 毎週月曜、午後1時から。5〜6回の継続が必要ですが、常時入講できるようになりました。実際に(超高額で)販売された下絵を使い、筆、染料、糊、すべて本物を使用します。

 

プリザーブドフラワー、本物の花を脱色、乾燥、再着色された品を使った永代咲き続ける花の講座です。毎月志向をこらした品を作ることができ、要望によっては、「仏壇専用」「正月専用」「誕生日専用」など希望をかなえてもらえる(かも?)アレンジメントです。先生としては初めてでも、元幼稚園の先生ですので、やわらか〜く指導していただけます。この講座だけは、保育がOKなのも特色の一つです。

 

詩吟教室は、相模原で教室を主催している先生に来ていただきました。詩吟の各種大会の地方予選を軽々クリアし、全国大会の常連であり、技法、技能、声量、発生、そして詩の意味を理解することの大切さ。子供(4歳)から高齢者まで指導実績があり、ムリなく個々に合わせて、優しく、楽しく、地声の大切さを実感できます。肺のすみずみにまで空気を取り込んでみましょう。まずは体験を無料でしていただけます。基本は木曜日の午後開催しております。お時間合う時おいでください。

 

キルトの会は、布を使った地域貢献活動です。月曜日の午前中ではあまりにも時間が短いという意見もあり今後日程の再調整がでてくるかもしれませんが、タオルをつかって人形を作成したり、今後はミシンを使って袋やバッグなど、お手玉、そしておしゃべりを楽しんでいただき、ひとときをゆるやかにすごしていただきたく企画をしています。無料。 

 

 おはなし坐禅会は、 痛いイメージ、罰のような坐禅ではなく、永平寺で体験する心が緩やかになる坐禅の提案です。もとは、ヨガ同様インドが発祥の禅はアジアを通り中国、韓国そして、日本にやってきました。暑い国から四季おりおりの国へおのずと、人の体も細い体から寒波に対応したからだとなり、坐禅の姿勢は苦痛以外のなにものでもなくなってしまっていますが、本来の坐禅は心のやすらぎの場を作る姿勢であり、そのためならばイスの禅でもいっこうにかまわないのは当然のことです。ひとそれぞれに合わせた姿勢を指導し、まずはユルヤカで広いこころを体験していただく。その次の禅はその次にまかせて。まずは日々の忙しさからポンと抜けてみる。お話をとおして。 夜のゆるやかな ひととき を 子供の頃にもどって・・・。

 

囲碁の世界

 子供の頃、両親が難しい顔をしながら、縁側でやっていた囲碁と将棋。その頃、将棋はなんとか理解ができて、弱いながらも楽しく打つことができるようになったのですが、囲碁は簡単なようで、とても奥が深くて5ならべまでしかわからなかったのを思い出します。平塚では囲碁の会がとても多いと聞き、長谷寺の緩やかな眺めの中で囲碁をしていただこうと企画をしました。住職の私は、現在9×9の小さな碁盤を先生に作っていただき、全くのゼロから勉強している最中です。「ダメ」という単語の発祥が囲碁からきていて、普段使っている意味と囲碁で使う意味がちょっとちがうこともはじめて知りました。ある方からは、「囲碁は、においが感じれると楽しいよ」と言っていました。住職の私は本気で碁盤のにおいを嗅いでしまいそうです・・・。優しく教えてくれる良き指導者。そしておそわりたいはじめて方、はじめ時です!。たのしく、くやしがりましょう。「賭け事は禁ね(笑)」

 

 だれもが、なにか一つは長けた技能をもっているものなのですが、それは、本人にはわからないものです。自分では当たり前にしか思えないから・・・。ちょっとしたこと、マッチで火を熾すことも、箸(はし)を使うことも、出来ない人にとっては、あこがれの技術です。 こんなことを、やってみたい、あんなことできるから、寺子屋で先生できるかな?などなど、初めての先生を始めてみませんか?自信満々の先生でも、初めての日はあったはず。あまり気にせず、お寺に問い合わせてください。

 

今後予定されている講座

 健康講座、骨盤?ゆがみ、血流、老廃物、骨を正すには、私の普通を外から見てみることです。良いならOK。工夫したほうが良いところがあるならば、その方法を知っておく。やらなければこうなって、よい姿勢ならばこうなる・・・などなど。健康に関する質問ができる講座を予定しています。そのからだを大切にしたいですもんね。坐禅の基本も良い姿勢です。永くすわるには、骨盤のリセット方法を知っておくことはとても大切なことです。

 

お経を読む会

 ただ、無心に、お経を、ゆっくり、読んでみましょう。いつもは難解で何を言っているのかわからないお経も、文字を読むと、「ああ、そういうこと?」など納得できるものです。まずは、ゆっくりと触れ合っみましょう。故人の教え、歴史をひもとくように、ゆっくりと読んでみましょう。悩みの相談時間もとります。

 

 

 

なお、12月27日午前11時から合同法要を行います。今年できなかった年回供養や、お正月に帰省が出来そうにない方など、ご先祖様に報告、感謝の気持ちを込めてご供養しませんか?

○○家先祖供養、または、○○○○信士など記していただき、当日、又は事前にお申し込みください。合同でのご供養を行います。

 

シフォンケーキ講習会

 2回開催しました。 講師は住職の私、シフォンケーキはこてこてしていないところが良く、卵の味、粉の味、砂糖の味を純粋に確かめられ、工程もすくなく、工夫したポイントも多岐にわたり、相当数焼いたこともあり、ほとんどの事に対しては答えることができます。甘さは、控え目に設定しています。

 

粘土の「お地蔵さん」手づくり

 

粘土を現在厳選中、紙粘土もあり、瀬戸物と同様に練る土もあり、さまざまなものがあります、お地蔵さんをどこまで簡略化することができるかを研究中。です。

 

今後やってみたい(先生を募集している)講座

ソロバン教室

 昔やりましたよね、ぱちぱち。今、なくなりましたね。小学校でも

  

茶道教室

 ただ、お茶を飲む。のどを潤す この単純ともいえる動作を、茶の「道」にまで昇華させたのが茶道です。本気の茶道と、やわらかい茶道。2つあってもいいのではないでしょうか?

 

着付勉強会

 和の基本の和装です。日本に住んでいるのなら、和服もいいものです。正式な着付けももちろんですが、

すこし気楽に着こなすのもまた楽しいかと。

 

過去にだれもこなかった講座

 行政書士による遺言講座、エンディングノート お葬式の教室・・・・。うーん。個別に相談もできます。


ここまで 

 

墓地の整備

お寺の正面の敷地が 墓地用地です。

参道(おまえりする道)の両側が墓地になるのですが、

ちょっとさびしいので花壇を作っています。

 

墓地の整備.jpg

完成すると、参道両側が花壇になる(はず)です。

ただ、お寺には花壇に入れるだけの 土(ねこはいる・・)がなく

相模原の方から分けていただきました。

 

長谷寺には 軽トラがあるのですが、

それだけでは、不足することが(過積載)

予想されたので、実家のお寺から

「2トントラック」を借用。←あるからスゴイ

相模原の畑にいったところ、ユンボを使って

大改修中。 土納袋に入れるはずが、

直接がっちり(2トン分)直接のせていただき

意気揚々として寺に戻ったところ(使い方合ってる?)、

わずか、2割しか使わないことが判明!

(8割どうしよう・・。)

相模原に戻すことも考えたのですが。

あまりにも良質な土のため、

土納袋に人力で入れて保管することに決定!

雨がパラパラ降ってきたので、

緊急処置で、お隣の 

おにいちゃんとおねえちゃんを助っ人を

お願いし、ガンガン詰めて、どんどん、保管したら

1時間もかからずに完了

人力のすごさを思い知りました。

(その後、体が痛いのは 中年の証拠!)

(一人でやってたら、きっと、4時間はかかるはず・・)

 

お手伝い感謝!!

 


お墓は永代お休みになる場所です。

より良い 霊園 となるよう。

改良が続いております。

良きアドバイスありましたら、ご連絡ください。

 

「蓬莱山墓苑」新規募集中です


備忘録(皆既月食)

列地蔵

お地蔵さんの作成を依頼していました中間報告です。

列地蔵.jpg

紙粘土、軽量粘土、オーブンで焼ける粘土

さらに 着色 服の模様の入れ方、目は書く?ストローで押す?

などなど、自分ひとりではつくれませんので

近所のみなさまといっしょに作っています。

 

手前の4つは オーブンで焼くタイプで 重さとしても

コレがよかったのですが、

乾燥時間が短かったためか、

割れてしまいました。

失敗は、成功の元ですものねぇ

焼き地蔵.jpg

(シフォンケーキを焼きあげる電子レンジで お地蔵さんも 焼く!)

 

自動二輪

ひさしぶりに 雨の中を二輪車で移動しました。

いつも 車で移動していると感じない些細な事

体験することになります。

 

仏教も同じで、普段なにげない生活の中で

ありのままを感じることができるかどうか

それだけのことであり、

 

4輪自動車では感じることのないマンホールや

金網(グレーチング)など鉄類はすべて、氷と思って

タイヤを通過させる などなど。。

タイヤが通るライン上の落ち葉ひとつでも、

大切に認識するようになります。

一瞬、一瞬が 生であり・・・。

 

そこまで繊細に道路を見るようになると

おのずと、4輪自動車での運転動作も

やさしい運転にこころがけることになります

 

禅を組むと、自分を見つめることになります。

どちらも おなじこと 


お体を大切に。

xpから7へ

パソコンの本体を変えました。

子供のパソコンを 拝借・・。


 おといあわせフォームより 質問がありました

 

座禅ってなに?

短く言うと、普勧坐禅儀 をみていただきたい

道元禅師が中国から帰国されて、はじめに書いた

禅についての 説明です。


修行道場である、永平寺にて、夜坐の後半に 読み込む 経典です。

備忘録

追いつけない

いろんなことがあって、 記録がおいついていません(涙)

ご法事、お葬式、そして、写経や囲碁、うーん、どれから書こう・・。

 


まずは、プリンターが お仕事を終了しました。

印刷できないだけで、すごく不便です。

その昔、パソコンが発達すれば、紙を使用することが

極端にすくなくなるので、 環境にいい。 というふれこみ

がありましたが、現実は、大量消費しています。

(ついでにリソグラフは致命的・・・)

次期、プリンターを 精査しております。


人形供養の件

届いております。(連絡ができずごめんなさい)

まだ、抜魂式ができていないお人形さんが

おられます。(しばし、おまちください)


受験の件

いよいよ、ダブルでの試験です。

曹洞宗の試験のほうは、落第決定ですが、

もうひとつの方だけでも、合格したい 

11月は、2件の試験を!!


HPが長い という 件

「ホームページ見たよ」というありがたい言葉の次に

「長い・・。」 ・・・・ごめんなさい。

もうしばらくすると、アメーバという場所へ移動でき

このHPは、より格式をもった・・・(無理?)


人間ドックの件

あなた! 行ってますか?

私、3年ぶりかな? 明日行ってきます。

(現在すでに断食中)


写経の日です

写経の日です。

と、いうことは

シフォンケーキも焼く日です。(なぜ?)

写経の後にごゆるりと していただく ためです。

 

の、 

まえに、 南毛利小学校のみなさんへ お話です。

2クラス。 ふすまと 障子を はずして・・・。

(準備中)

内観

縁がありまして、東横イン というホテルに宿泊しました時の

おはなしです。

その時は、部屋がとれなくて、

にっちもさっちもいかず、東横イン さんの場所を

お願いしたのですが、

(いつもは、もっと安い場所・・・。)

中で、気になったのは

「内観」という言葉

 

1階にパンフレットがおいてあって、さらっと見て、部屋には書籍があり、

 

元は、仏教用語のようです。

ちょっと「内観」をネット検索すると

いろいろでてきます。

でも、

たしかに効果はあるだろうなぁ〜。と感じます。

基本は坐禅をしている状態のことであり、

坐禅をしていると、おのずから、

そのような、ことが、どんどん出てくるものだからです。

 

曹洞宗では

「それに惑わされぬこと」

と教えます。

 

それを、研究し、どの状態から

どう アドバイスすると、どうなるのか

ということを、医師免許を持つ人たちが

研究している。ということ。

 

人の心をスっピンにした状態で 

悪用すると、効果てきめん、

あぶないです。

 

良薬とすると、効果てきめん

ものすごく効くのです。

(おそらく自分が感じた坐禅の楽しみが これです)

 

薬は 作用と 副作用があります。

もうすこし しっかり 学ばないと、内観については

書けないことなのかもしれません。

(でも、1週間 寺を空けて研修てことは どうかなぁ)


 

日常私たちは理論武装しすぎているのか?

坐禅をすると。すこーん と「素」になれる

親へ感謝も、木や、落ち葉1枚も 輝いて感じる。

それは、だれもができることなのに 時間に

世間に、体裁(ていさい)に、追われている

 

坐禅を御自分で やってみる 

今回はうまく表せないので、

あらためて、記述します。

 

ゴムの鶴

友禅本講義の件です。

生徒さんの書き込んだ 鶴 

生徒さんが、泣きまして

先生が先生のゴム糊の固さで

本気で書き込んだ鶴です。

ゴムの鶴.jpg

ゴムの糊で書かれた鶴が、ネット上に出ることはおそらく 稀 なはずです。

この糊の細い線は、素人ではえがけない。

生徒全員で、「おぉぉ〜」とため息。


先生は細い線を描くために、より細い口先に硬いゴム糊に調整してあるので、

生徒の私達では、押し出すことさえ、「難」

それを、押し出す量と、移動する速度、 ぶれずに進むには、

地道な努力が・・。

坐禅は如常

ざぜんはにょじょう と読みます。

 

午後にお越しいただいた人形のご相談の後

夜の7時まで、就寝。

と書くと、サボリ にしかみえませんが、

お人形さんの力に押されすぎです。


本日、ざぜんがありました。

体調がわるかったのも

吹き飛び、静かにどっしりとすわれました。

(本職だから あたりまえ?)

45分間の坐禅でしたが、

そのうちの30分間は、すこーんと抜けたように

集中していたのか、まったく記憶がなく

こころをやすめることができました。

 

本日、おこしいただいたみなさま、ありがとうございます。

坐禅も たのしいぞよ。。

アメーバ?

アメーバを(焼津で)研究中!!

と、書くと 本当に研究しているみたいですね

http://ameblo.jp/choukokuji/

でも、まだまだ、設定がわかんないんです。

いましばらく「学ぶ君」


すこし、利点は、アメブロだと、携帯電話から書き込みと写真がそのまま添付できることが、わかりました。

(という程度の基礎知識もない状態・・)いぢくる。

 

不可能だと思ってあきらめない・・。

 備忘録

加藤大英老師

私の師匠の加藤大英老師への電話がありました。

このHPを見て連絡をくださいました。

ありがとうございます。

師匠は、富士見が丘高等学校で長年教員をつとめ

同時に 福昌寺を檀徒45件から450件の寺院へ

成長させた僧侶兼 古文の先生です。

本日はその高校の教え子さんからの

お電話でした。 あらためて 感謝です。 

 

HP修正

ホームページの修正を考えています。

なかなか着手できずに日々だけが

過ぎていきます。

アメーバというHPや

ツイッターや

フェースブック

ユーチューブ

さまざまな物を複合的にリンクして

ネットの世界が進んでいるのを

わかりながら、わからない。


じっくりと、腰をすえて、新しい概念を取り込むだけの

余裕がないのか、頭が固くなっているのか?

自分で自分にストップを掛けているのが

てにとるようにわかる。


スティーブ・ジョブスの志を あなたにも・・。

3点

   点と点をつなげること

   愛と喪失

   死について



自分のための備忘録 

 

チラシ

11月3日 一部の地域(長谷寺周辺)に、新聞による墓地広告を差し込みいたしました。おそらく過去例がない形式での、チラシです。石屋さんのちらしに、寺子屋の日程を11月号と12月号をのせました。しかし、異様に小さくなってしまいましたので、虫眼鏡持参でお読みください・・・。

荷物の整理



日々をすごしていると

常に蓄積されていくこととして

良い意味として 経験

悪い意味として 荷物

本日はその悪い意味での 過去の荷物、必要だと想い残しておいた品を

整理し、あらたな場所を確保するために、あるものを使って

棚を作り、荷物が置けるようにしました。

が、 ぜんぜん、おわらない・・・。

(カヤック 一艇分を 処分・・・・。涙)

   ↑

カナディアンカヌーは現存 (笑)

 

あっという間に、午後となり、

本日、囲碁の会でございます。 住職は、生徒となり、レクチャーをうけながら

囲碁の初 けいこ。です。基本は、目の数を争うものであり、

白石が上位。黒石が下位。下位の者より打ちはじめ

あっという間に、負けるのが定石で

負けを数多く経験することが上達の早道で

先を見る目。経験を多くつむことと、歴史を学ぶこととは

かさなっているとかんじました。

と、 打っている最中に、

先日来た小学4年生の生徒さん 3人がやってきました。

前回は140人。きましたので、

いろいろと、説明することもなく、逆に質問を掛けて、帰した為に、

生徒さん3人がやってきました。しかも、今日で4回目の来寺

今回は智慧がつき、一度電話をしてからやってきました。(えらい!)

次回の個別見学で、このお寺を希望したのですが

抽選にもれてしまい、質問ができない為に

みずからやってきたそうです。(さらに、すごい!)

さまざまなことを質問され、けっこうタジタジになりながら

丁寧に答えました。


 

 

3時を過ぎたので、みんなで

お茶をすることにしました。

 

こんどは、私が 生徒さんたちに質問する番です。

本日の対談者

 

生徒さん1

生徒さん2

生徒さん3

住職

囲碁の先生

庭師の師匠

石屋の新人

の7名です。

 


まずは 年齢あてクイズ。から

生徒さん方は 小学校4年生ということで

10歳が2人 9歳が1人

住職が42歳

さて、庭師さんはいくつでしょう?

ヒント 「生まれは昭和6年だよ」

といってもなかなか計算できません。

「今は昭和だと86年だよ」というヒントで 答えがでました。

逆に、庭師さん10歳の頃はどこにいましたか?

という質問に、 「栃木県の日光の近くだよ」というお話をしていただき

囲碁の先生は、「東京の下町、江戸川の近くで、戦争で焼夷弾が落ちてきて、長野に疎開したよ」

という、生徒さんにとっては、想像もつかない、経験を直接伝えてもらいました。

好きな食べ物や

嫌いな授業や

遠くの旅行はどこまで?

なりたい職業は? などなど。

みんながおどろいたのは、学校で英語の授業が普通に行われていることでした。


世代を超えて、お話しができる場所、それがお寺の本来であり、

私が目指しているお寺でもあります。

わずか数時間でしたけども、

あたたかな夕日と緩やか大山を眺めながら

楽しく、

いっぱいの笑顔につつまれたひとときを

かんのんさんが 笑顔 で見ていてくださいました。


楽しいと つい 写真をわすれるんだよねぇ。

休憩処

境内(けいだい)に休憩できる場所をつくりました。

眺めが良い場所ですから、ゆっくりお弁当もって

おこしください。のへ〜っ っとできます。

休憩処.jpg

 

あつぎマラソン

はじめて あつぎマラソンに参加しました

が、

おとな禁断の 1キロだけ!

2番目のお兄ちゃんと参加しました。

(親子1キロまらそん)

 

エントリー最終日に申請したので

スタート位置での順番はゼッケン順ですから最後部 

 

おにいちゃんは、スタート直後からバスケットで鍛えた

ステップで、どんどん抜いていき、私は、のんびりと

てくてく走り。1キロ先のゴールでは、間がひらいて

しまいました。

 先にゴールしたであろう、お兄ちゃんは、

なんとゴール手前で、係りの人に止められ

おとうさん がくるのをアキラメ顔で待っている姿がぁ

「手をつないでゴールしてください」 って知らなかったぁ

結果 6分をすぎてしまいました。

(大会記録は3分30秒)←親子の部ね。


おわって、東京農業大学の文化祭に初見学。

地元で、一番近い大学なのに、入り口が

わからない。ということで、30年前の記憶で

正門へ行くと、にぎやかさの微塵も無く

 

「ここは閉鎖してます」

 

細く開いたゲートをすり抜け延々と歩き

なんの飾りもない校内をあるき

到着した場所は一番奥。

「が、現在の正門でした・・」

もちろん中は、にぎやかで、1番目のお兄ちゃんは

「僕。大学行きたい!」って、小学4年生には

かなり刺激的だったようです。

「じゃあ、しっかり勉強しようね」と一言

「うん」


おだやかな秋風の中、

 

法事もなく・・・。

 

大正100年

大正100年.jpg

 

先日 ご法事に うかがいましたら、カレンダーに目がとまり

ああ、大正100年なんだなぁ。

と、なぜか関心してしまい、ぱちりと撮影しました。 大正時代は短くとも

昭和、平成に移り行くとも、願いはかわらず、善い一日を。


 

愛語の生き方

 

 お釈迦さまは、弟子たちに四つの教え「四摂法」(ししょうぼう)を示されました。

布施(わけへだてなくあたえる)、

愛語(やさしい言葉を用いる)、

利行(善い行いで利益を与える)、

同事(他者を理解し協調する)

であり、その実践行を強く願われました。

 今、私たち曹洞宗は、四つの教えのうち、特に「愛語」の実践をかかげました。愛語とは、慈(いつく)しみの心より自然に発せられ、相手を思いやるやさしい言葉です。自己中心の欲や偏見からのものではありません。

 あじわい深い聖句があります。

 

人によろこんで与えたい

やさしい言葉一つでもいい

思いやりの心が自然と湧いて

相手の身になってしてあげたい

 

 「人によろこんで与えたい」これは、布施行の実践です。「やさしい言葉一つでもいい」ここには愛語の実践が願われています。愛語は言葉一つで人を生かす大きな力があるのです。「やさしい言葉」は、「思いやりの心が自然と湧く」利行、「相手の身になってする」同事のそれぞれの行いに重なり溶け合っていきます。

 やさしい言葉をこころがける愛語の実践はとりもなおさず、布施・利行・同事のそれぞれの教えと一つになった実践行に他ならないのです。

 私たちは、日々の生活の中で、いつでも相手を思いやる慈しみの心を忘れず、出会うものすべてと穏やかに接しながら、絆(きずな)を深め、愛語の生き方につとめましょう。

詩吟体験2

詩吟の日です。

本日は生徒さんが3人に増えました。

(よかったぁ)

ということで、めでたいので

シフォンケーキでお祝い(お茶?)しています。

 

詩吟2.jpg

ちょっと 画像をちいさくしてみました。

基本となる資料を基にしっかりとした指導。

でもこの笑顔が ぐぅぅぅぅっど

 

看板に加筆

お寺の看板に 加筆することにしました。

 

お墓の名前が「蓬莱山墓苑」

お寺の名前が「長谷寺」

寺子屋の名前が「蓬莱山倶楽部」

私のなまえは「・・・」書かなくていい?

 

ということで、お寺の看板に 蓬莱山墓苑と追加することにしました

 

看板加筆.jpg

写真の転送ミス(携帯電話の電池切れ)で下の画像が灰色・・

毛利台小学校

毛利台小学校の4年生の生徒さん

全員でお寺にきました。

 

十一面観世音菩薩様のこと

長谷のこと

そして、私が小学校第1期卒業生なんてことをつらつらと

説明し、宿題も2つ出してみました。(わからんだろうなぁ)

小学生の授業.jpg

 

という最中に、シフォンケーキの講習会も同時進行

シフォンケーキ講習会.jpg

わが むすめ さんも、お手伝い。

 

欠席の25日


うーん。

やっぱり、欠席してしまいました。(法務最優先の為)

再試験の申請をしました(次回は11月25日)←かならず出席だぁ


ならば24日のお地蔵さんのことを少し書きます。

午後3時から お寺の近くの

子育て地蔵さんの縁日で、いってまいりました。

お地蔵さん小.jpg

ご近所さんで、毎日のごとく、お掃除をかかさず

この地「さかした」でお地蔵さんは、子供の通学を

見守り続けています。今も昔も、集合場所なのは

かわりなく、

「わしゃぁ〜、昭和9年の小学校入学の時、ここから学校にいったものだぁ」

という、なつかしい一言も、

ありがとうございます・・。

ということで、ぜんいんで 集合写真を とりました。

(住職は撮影係りだからいないんす)


長谷寺の本堂では、友禅染めのまっさいちゅう。。

友禅糊づけ.jpg

本日は糊付け、

ゴム糊を使用するのですが、

糊を作ってくれる職人さんが、店を閉めてしまい、

今は、京都の数件の職人さんから買い付けて、

みずから、ブレンド調合し、それから徐々に乾燥させて

水分を飛ばし、適度な硬さになってから、絹で2度 濾(こ)したものを

数日まえから、私たちの為に、用意をしていただいた品です。

(友禅は(手を抜かないならば)準備がとても大変なのです)

 

かなり難しい、下絵を 選択した生徒さんは、すでに涙 眼・・。

的確な指導の基に、初心者軍団は、おそるおそる 糊を下絵の上に

乗せていきます。

なお、糊を出す為の口先(真鍮製)を作る職人さんは やはり店じまい。

物を大切に扱いましょう。


お試しで作成した

友禅染めは 額を付けていただきました。

おためし友禅.jpg

下のは、同じ日に 作った生徒さんの品。(ここまでで完成)

 

それを

額に入れるだけで、

ぐぐぐっ っと。価値が上がる気がします。

(撮影が下手・・)

 

25日は受験


趣味が受験?の私は、

今期 土地家屋調査士 と電気設備の2種 ともに、受験の申し込みをしながら

「欠席」という、大失態をおかしており、10月の25日の受験と 11月23日の受験には

なんとしても、参加したい(って合格したいと かかない・・・)。

 

という、ことで、しばし、HP更新が遅れるかもです。


 

21日は、小野の小町神社へお参りしてきました。

台風の影響で、被害甚大。

 

小野神社.jpg

屋根に損傷ありです。

 

 

どんぐりひろい.jpg

お参りというよりも、娘が、お兄ちゃんが遠足で「どんぐり」1個

 ひろってきて、自分のどんぐりがほしくてほしくて、山にとりにいってきた。

というのが正確。

(当日は、「風邪」という設定で保育園をお休み・・

 ちゃんと?鼻水垂らしてますから…)

 

境内整備.jpg

長谷寺は 境内整備が進んでおります。

 (娘さんはぷらぷらしています)

 

 

10月20日

備忘録 参加者はありませんでした。

たぶん広報の仕方が悪すぎるということで

必要なことにはかわりありません。が、これもひとつの勉強です。

備忘録 はじっくりと温めることにしてみます。

(高い?ということかな?)


午後は 石井先生による 詩吟です。

体験に おひとり きていただきました。

(ので来週もあります ↓ )

「10月27日(木)午後1時より」

俳句の先生で、同じ時間に、厚木市主催の俳句の会があるそうですが

こちらへおこしいただきました。

文化的な教室をお寺ですることにとても賛成していただきました。(感謝)

声は出さねど、基礎のある方は

進歩も早いみたいです。(住職はすでに、おくれぎみ・・)

詩吟体験.jpg

 

お電話で、

「詩吟をやっていますが、同じ時間帯ですので参加できず残念です」

という方もおらえました。お時間調整がつけば、「おこしくださいませ」 です。

 

「胸で声を出すのではなく、お腹から声を出す。」

 

相模原で教室を持っている先生ですので

指導は的確。でも楽しみを忘れず

基礎の形はさらっと、

「実際に声をだしてみましょう〜」

 

日常で、大きな声を出すことはほとんどありませんから。

(住職は、さんざん、だしてるなぁ(だからか?寺、防音工事済))

肺に多くの空気を入れる。ということが急にはできないもの

ですね。勉強になります。

裏声ではなく、地の声を出すという

演歌や、歌謡曲とはまた違う、声の出し方になるようです。

 


おわって真ん中のお兄ちゃんは、学校の遠足に(徒歩ね)行って来ました。

つかれたー 。って夜はぐっすり。

「どんぐり」の季節になっていることを、教えてもらいました。

子供から 教わることも 山のごとし、ですね。

 

ちょっと。したこと、忘れてたこと、知らせたいこと、伝えたいこと。

ありませんか?


ロボットクリーナーの中間発表は、至極 極楽です。

充電した電源が切れるまで、もくもくと掃除を続けてくれるのは

当たり前なのですが、床をより広く掃除してもらいたいために

床にあった物を片付けるという副作用のために

部屋が更に綺麗に広くなる。

まあ、電源コードなどには、めっぽう弱く

袋小路みたいな所で ちから尽きていたり、

センサーの感度調整によっては、畳の帯に反応して

反転してみたり、

和式のトイレに転落してみたり・・。

まいにち、けなげに うごき続いてくてれいます。

(そすると、通常の掃除機をあてても、あきらかに ゴミが少ない)

 

これは、おすすめ商品です。

 

2局目開始

囲碁2.jpg

2局目が開始されました。

1局目は先手(黒?)が勝ちでした。

 

「6目半」 という単語も知らない住職には「???」

真剣な勝負は真剣でおもしろい。

定例は 隔週、水曜日の午後1時より午後5時まで

次回は11月2日に開催します。

 

私も囲碁を勉強させていただきます。

さあ、 人生をたのしみましょう

 

「八段の腕」!! おまちしております・・・

 


結果発表! 

2対2で引き分けになりました。

おこしいただきましてありがとうございます。


追、来月 ヨガの体験が決定しました!!

各位ありがとうございます。

大局開始(囲碁)

igo.jpg

 

対局が開始されました。

すこし肌ざむいので、 炭をおこしてみました。

白熱中(炭は赤熱中?)

ふらわーの日

本日は、ぷりざーぶどフラワーの日です。

子供さんといっしょに きてます。

▲このページのトップに戻る