お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

うがつ

今、本を読んでいて、「穿つ」という言葉の意味が理解できなくて、検索をしてみた。普段「うがつ」という言葉を「うがった見方」などと使うことがあるが、この使い方は本来まちがい、だそうで、

うがつ とは 穴をあける という意味が転じて 深堀をして本質に迫る という意味なのだそうです。

ということで「うがった見方」とは、「物事の本質を捉えた見方」という意味であり、否定ではないということをしりました。(が、広域に理解されている方が優先されていくのが日本語なので、今後も否定的な意味合いで使われ続けることで、結果 否定的な意味が正当となるのでしょう・・。

 さて、「仏道を穿った見方で見る」とは どっちの意味になるのだろう・・。

菩薩

bodhisattva の音写 菩提薩多とも書く

さとりの完成に努力する人 さとりの完成に努力する人 仏の智慧を得るために修行している人 自ら仏道を求め、他人を救済さとらせる者。  在家者出家者を問わず、発心して仏道を行ずる者


長谷聖十一面観世音菩薩様は菩薩様であり 仏となれるのに、私たちに寄り添い共にあゆみ、指し示す。

善友

ぜんう 善い友。良き友達の意味。善知識とも、勝友、善親友ともいう。普通修行上の助力をしてくれた人を言う。正しい道理を教えてくれる人。

 


よくはない友がいるのなら、そっと離れ一人歩むべきである。すべては因縁でつながるが、自分の行動は自分で決めることができ自分から離れることもできる、他人の悪い行動はたとえ自分の悪の原因とならなくとも、関節的な原因(縁)となってしまうから。そっとはなれることを勧める。

 

 善き友がいないのならば、寺に行ってみる。自分の悩みを聞き善き指針をしめしてくださる。そんな少し先に悩みを克服した人達が集まる所だから。

善とは何か?

おしゃかさまが80歳で入滅する時、話された。

「私は29歳で善を求めて出家し、ここに50年余となった」と語っている。35歳で仏となった釈尊であるから、その時以来、善を求めて求道生活を必要とするはずはなかったであろう。それにもかかわらず、仏となる以前も仏となった以後も、生涯かけて「善とは何か」を探求しつづけたのである。

 聖徳太子の解釈によると、修行の結果得られた善(善根)は、あらかじめ果報を期待して得られたものであるから、なんらの果報も求めず、ひたすら身に修めていこうとする善(習善)にくらべて、はるかにも劣るものであると 説明をした。

 


 

 駄菓子菓子 修行を行じないよりは、はるかに善きことである。(と住職は思う)

どこが中道か?

中道とはなにか

検索すれば出てきます。「中道とは」

引用すればーーーー

琴の弦(緊緩中道)

パーリ語経典に、どんなに精進しても悟りに近づけず焦燥感・絶望感を募らせていたソーナという比丘が登場する。彼は、過度の修行により足から血を流すほどであった。それを知った釈迦は、ソーナが琴の名手であったことを知り、以下の説法を行った

「ソーナよ、どう思うか。もしあなたの琴の弦が張り過ぎたならば、琴の音色は快く妙なる響きを発するだろうか?」
「いいえ、そうではありません、大徳(釈迦)よ」
「ソーナよ、どう思うか。もしあなたの琴の弦が緩すぎたならば、琴の音色は快く妙なる響きを発するだろうか?」
「いいえ、そうではありません、大徳よ」
「ソーナよ、どう思うか。もしあなたの琴の弦が張りすぎず、緩すぎもなく、丁度よい度合いを持っていたら、琴の音色は快く妙なる響きを発するだろうか?」
「そのとおりです、大徳よ」
「ちょうど同じように、ソーナよ、行き過ぎた努力は高ぶりを招き、少なすぎる努力は懈怠を招く。それゆえソーナよ、あなたはちょうどよい努力を保ち、感官にちょうど良いところを知り、そこに目標を得なさい」

弦は、締め過ぎても、緩め過ぎても、いい音は出ない、程よく締められてこそいい音が出る、比丘の精進もそうあるべきだと釈迦に諭され、ソーナはその通りに精進し、後に悟りに至った。

 

引用おわりーー

 

弦の張りを調節するということを細かく見れば

楽器に 弦が無い状態から取り付けユルユルの状態や 弦を張り過ぎて切れる状態、この極端ではない。ということ。極端ではなく、その丁度中間。中間にも、張り過ぎ、ユル過ぎがあるように、より良い状態とはどの状態の時なのか絶えず調整を続けて、工夫する。湿度や天候の変化、素材の性質、特性も含め最も適した状態を探し極める。この極めるということは、両極端の極めとは違う。違うという事を理解するには、実際に変化させないとわからない。

 「ほどほど」とはなにか?現在が極端なのにこれが普通だと感じている時、逆の極端まで変化させることで、中間が見えてきます。絶えず調整を繰り返す。それでも見えてこない時、観音様という第三者の目線で見てみることが極端から逃れる最善の方法。御自分自身が観音様に直接話しかけた時、住職は強い味方となって共に最善点を探します。どうぞお電話連絡の上長谷寺へ御相談ください。


ご相談は? 

http://www.choukokuji.jp/article/14045218.html

励ます

長谷寺では7月4日に「おせじき会」があります。

時代の流れもありまして 「おせじき」と記しております。

他人に差し上げる物として、仏教では 3つあり、法施 財施 無畏施 があり、法施は先に学びそれを教え伝えること、財施は物やお金などを分けること、無畏施は、励ましを与えること。

 この励ましとして、自分が今まで多くの人たちから贈られた、「はげまし」の言葉を募集し、整え発表は7月4日を予定します。 

 自分も多くの励ましの言葉をいただきましたが、一番残っているのは、修行に行く時に師匠から贈られた言葉「不退転」という言葉でした。直訳ですと「すすめ」となるのかもしれません。今の時代、他人に送ればまさに「人を追い込む」言葉かもしれません。しかし、修行道場とは、そういう所だということ、その気構えがないのなら務まることがない場所なのだということを、暗に伝えようとしたのだとおもいます。

 この言葉があったからこそ、進ことができたのも事実でした。今があるのもこの言葉があるからでもあります。貴方に贈られた言葉をぜひとも次の世代に贈っていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 無畏施 贈られた 励ましの言葉 贈りたい励ましの言葉 募集

choukokuji@gmail.com まで。

仏壇の付属

お仏壇を新たに購入した際、ご自宅におもむいて、本尊様やお位牌に魂入れをします。末永くみまもりくださり、そして感謝の気持ちをこめて水を差し上げ花をたむけ、蝋燭をつけて、お線香を焚いて手を合わせる。ここで注意してほしいのが、火の元です。その昔の方々は庭でたき火が出来た時代がありました。いつの頃からは、危険となり、環境問題として火を扱う方法を伝えることをやめてしまいました。多くの経験を通して学べる事も 経験がないと、ひどく怖がったり、散漫になったりするものです。そんな時に安心材料としての、消化器です。

これからお仏壇を御自宅で拝む時は、消化器も付属物としておすすめいたします。

くさむしり

携帯電話にカメラ機能がこわれてしまい、HP更新のきっかけが失われていまして、すこし凹んでいます。

 さて、今日は草むしりを行いまして、1時間行うと、30分休むを繰り返し、なんとか目標箇所の草をむしることができました。むしるというよりも、土を掘り起こすように根から土ごと持ち上げてから、土を落として根だけ回収を繰り返します。ゆっくりと時間をかけただけキレイに整います。心を浄めるのも、時間をかけて ていねい におこないます。草むしりは、心の汚れも取り除いてくださいます。

やってみよう2

IMG_3953.jpg

やってみよう。

IMG_3929.jpg

 お寺の車 ビッツ君も12万キロを超えまして、冷却水が水漏れしてきました。ウオーターポンプは定期交換品ですので気軽に交換してみました。気軽にできた理由は、交換しやすい部品構造になっていることです。30年前の経験ではガスケットがアスファルトシートでハガすのに手間がかかり、綺麗にはがさないと、水漏れの原因になってしまいます。 しかし、今の品は、ゴムの品質が高くなったのは、ゴム製のOリングをサクッと交換して終了。 とても簡単。

 同じ事でも、時間を経て行うとまったく別の感想になるものもあります。お寺のイメージも昔と今は激変しているものもありあす。 お寺にあそびにきてみませんか?

今という時

2019年03月02日

IMG_3462.jpg

形あるもの いつかは 壊れる。

ということで、水没したまま作動していた2号機が 終わりをむかえ

一号機の不具合は、ベルトの破断だったので、2号機から移植し

1号機を再使用開始です。アナログ時計の利点。ひとめ みれば

時間がわかる点。

 ついで不動となった 2号機の中身を拝見してみました。

IMG_3464.jpg

当たり前ではありますが、文字盤の下には、カレンダー用の文字盤が

全体を見るとなぜか、驚きに変わります。

見えない箇所が 見えるということ。

マジックではなく、理詰めで動いている

私たちをとりまくすべてが、

無駄なく一つ一つが精巧な縁で支えられ

今があること。見えない(見えていない)縁で

支えられて、私たちも今という時(とき)をすごしています。


今という一瞬を大切に

無駄に楽しむ

IMG_3443.jpg

カーナビの液晶画面が故障したようで、エンジンをかけると延々に画面を押してしまうのか左に移動してしまうので、低価格カーナビを探して購入しました。すると奥行が極端に短くて驚くとともに 取扱い説明書も全くなく 配線も色を調べながらつなげたり 取り付けねじも日本の規格に合ってないので 奥側に画面がなってしまったり ラジオの周波数も日本に設定するのに苦労したり。とっても無駄に楽しいです。

IMG_3487-.jpg

そのかわり ホームページやら なにやらいろいろ見れて、カーナビ地図もそのままグーグルの地図だったりと、要は車両用につくった格安アンドロイド携帯というやつ(の中国版)です。まだ日本語入力ができないので、日本語キーボードをダウンロードするのが次の課題だったりします。

 20年前の車にも、早すぎる世の中の動きが 無駄に押し寄せてきています。

座布団 厚

IMG_3356-.jpg

お座布団を寄贈いただきました。

大きく新しいままに

カバーにつつまれて

大切に仕舞われていたことがわかるほど

変形していますが、

みなさまにお使いいただくと

やがて、左側の現在使用している大きさに

かわる(のか?)とおもいます。

 

今後、さまざまな厚みの 座布団がでてまいりますが、

ご承知おきいただきますようお願いいたします。 

 

寄贈あらためて ありがとうございます。

キエーロ作成

2019‎年‎1‎月‎30‎日

IMG_3310.jpg

キエーロを 手作りします。断捨離最中のため

材料となる在庫がかなり少なくなっており、

現存する部材で工夫しながらつくります。

まずは、横板ですが、床をリフォームした時の余り

フローリングの板が4枚ありましたのでそれを活用

182pですのでざっくり、110pで切断すると

短い方でも72pで切断できます。

インパクトドライバーと、古いネジを活用して、

適したように組みこんで枠は完成。

IMG_3323.jpg

屋根ですが、波板がないけどポリカ板があったので

それを活動して、屋根をさくせい。

蝶番も旧宅から外したものを活用して出来あがり、

IMG_3321.jpg

これだけの大きさがあると、とても入れやすい。

スコップで多少掘る。中に生ごみさんを入れて

スコップで砕くように土となじませ、少し水も

いれてから、土をかぶせる。

次回はスコップで多少掘る場所をズラすことで

前回の品と遭遇することもなく、微生物さんに

お願いをすることができる。(もようです)

http://www.choukokuji.jp/article/16067186.html

ぜろ%

IMG_3299.jpg

いっぱい 使っています。

とても、調子の良いプリンターですが、

規定のカウント枚数を超えてしまいますと

ゴミさんです。

 

ごにょごにょ っとすると、ゼロ%に

できたり、できなかったり、今回は

1080円でございます。 

 

さあ 初心にもどって 

もうすこしがんばってくださいまし。

わたしも

もうすこしがんばろうとおもいまし。

あなたも

もうすこしたのしんでくださいまし。

純白な花と

S__70402056.jpg

真っ白なお花と共に来寺くださいました方へ。

 

おそらく このHPをご覧だと思われます。

事前にご連絡いただき、来寺くださると、

御法要ができます。今回、書類の不足により

妙なことになっておりますので、報告として

UP致します。

 

ご連絡くださいますようお願い致します。

拡大して見た

2019‎年‎1‎月‎24‎日

IMG_3252.jpg

家がなくなり、置く場所に困った品がなんと机にやってきて、HDMIでそのままパソコンの画面がデデーンと拡大されて映し出され、弱った目にはとてもありがたく 活用させていただいております。

 ということでHP再開で、過去に戻って作成開始でございます。

ナイものは無い

IMG_2496.jpg

 

IMG_3249.jpg

平成31年1月現在、法要時の控え室が「ナイ」為

ご不便をおかけしております。

法要の際、定刻まで 大山の景色をご覧いただき

おまちくださいますようお願い申し上げます。

(しばらーく すると、完成します)

春の足音

IMG_3216.jpg

‎2019‎年‎1‎月‎19‎日

寒いのが苦手な住職としては

長谷寺にも春が近づいて来た事が

うれしくて うれしくて 

焦りから、画像の焦点を合わせることなく

撮影しております。

(というか、携帯のカメラ機能に故障がある)

 

 

近づく春を探してみませんか?

3本の矢(ゴム)

2019‎年‎1‎月‎17‎日

IMG_3180.jpg

年代物の おくるま をメンテナンスです。

定期交換部品を交換すると元気よくはしります。

この赤い車には、ベルトが3本使われていて

そのうちの2本を交換しました。

外側からみると、問題なく見えるベルトも

ひっくり返すと劣化が進んでいたり、

IMG_3182-.jpg

ひっくり返すまでもなく切断直前のベルトだったり

ふるいクルマは変化があっておもしろいものです。

(ゆびが短く見えるのは気のせいです)(笑)

 

さて、ご自分のお身体もメンテナンスしましょ。

リフレッシュするためにも、まずは現状の確認を!

 

「正見は、真理に逆らわずに物事を観る術(すべ)を持ちましょう」と言うこと。「当たり前の事、事実を認める勇気を持ちましょう」と言った方がわかりやすいかな?。


追、ついでに冬タイヤ o2センサーやブレーキパッドや、エンジンオイルも交換。デフやミッションオイル、ブレーキフルードなどは未交換。

正座の友

2019‎年‎1‎月‎13‎日

IMG_3151.jpg

発注をいただきまして、正座の友を作成しました。

手元にある素材で作るので、適した当たりで

作ります(適当ということです)

写真右には、失敗作。足があまりに短いという

ことで、2作目でOKがでました。角を調えて

納品です。

 

長谷寺での法事は、現在 イスを使用しており

正座は写経の時など限られた時となりつつあります

世の中の変化に対応しすぎかな?

おもちゃでも

IMG_3149.jpg

おもちゃでも、たのしくお勉強の道具にしてしまうおにいちゃん。

このごろ

新年 となり、こころ新たに、と思いたいところですが、心に余裕がなく HPの更新ができていない状態です。気が焦るとでも言うのでしょうか、いろいろなことが複合的におきていて、一つ行うと 次に行うべきことが2つとなり、2つ行うと4つに増えていくような、そんな感覚です。じっくり構える心をもちたい このごろです。(HPしばらく 更新が不安定の状態がつづきます)

ヨガ休1月2日

1月2日 四季のヨガですが

都合によりお休みといたします。

朝の光が

IMG_2755.jpg

教場は

詩吟の教場ですが、いままで、庫裡(くり)にておこなっていましたが、事情により、本堂にて行うことにいたしました。

 各寺子屋講座は、(極力)通常通りに進めてまいります。

IMG_2623.jpg

重機導入

IMG_2620.jpg

足場建造

IMG_2531.jpg

ととのえます

IMG_2227.jpg

このたび、お寺の中の不具合をととのえることとなり、いろいろと変更することになりました。まずは、駐車場を調(ととの)えます。

IMG_2286.jpg

単管パイプで作ってあった、車庫を分解しますと、終わった後の景色が違って見えます。

IMG_2283.jpg

微妙にお隣さんが 良く見えるようになり、自分で作った箇所は、自分でなるべくもとに戻していきます。

▲このページのトップに戻る