パステル教室

パステル.jpg

第二回(事実上の1回目)のパステル教室 の開始です。

先生あわせて5人です。(とびいり1名含む)

一番遠いかたは、本日、埼玉からおこしくださいました。

(大丈夫か?)

現在、大爆笑しながら、描いています。

 

福昌寺さんの坐禅会は 男性が多いそうですが

長谷寺では、比較的、女性のほうが多いみたいです。

(というか、本日、パステル みーんな女性です)

(男性 求む!)

 

 

夜ヨガ

夜ヨガ2.jpg

夜ヨガの 本日は、ゆうやけが うつくしく(午後6時ごろ)

 

夜ヨガ.jpg

ちょっと、筋力系? 

ゆるりとするには、緩急が大切ですね。(ごご8時ごろ)

8時30分の終演にむけて、

ゆるやかに、

そしておだやかに

クロージングにはいります。(ここからが、いちばん気持ちいいのだぁ!)

詩吟の紙面に

詩吟の会報の紙面に、生徒さん(幼児の部)が掲載されました。

本日も、発声練習から導きます。

sigonn.jpg

(画質調整に失敗・・・)

先生の指導は、易しく適宜の補正も的確で、

個々の、体調にあわせて、柔軟に教授いただけます。

 

(いがいと、全身運動なのですよ・・)


 

 

その後、詩吟幼児の部なのですが、

塗装に目がいってしまい、

集中できません。

たのしそうな方へすでに心はうわのそら・・・。

そうそうに、子供の部、終了で

 

こども塗装の部へ移行。しました

パステル教室

パステル教室.jpg

今日はパステル教室のプレ版(模擬教室)をしていただきました。

パステル展示.jpg

まずは、横浜で個展に展示した作品郡を見学です。

はじめての方には、なにもないと、イメージがわきません。

パステル完成.jpg

プレ版でしたので、せんせいに手ほどきをいただきながら

材料の使い方、色のぼかしかた、心のおもむくままに

この方法や、あの方法。基本的な作り方を学びます。

(ので、1作品目は、みんな、同じ画風)

2作品目からが、本領発揮です。個々の心のおもむくままに、

指でなぞって いきます。


アトリエ 千樹 代表 佐藤智子 より

 

 私がパステル画材に出会ったのは三年前です。初対面の訪問先の奥様がその日にパステル教室をするというので飛び入り参加させていただいたことに始まります。二ヶ月後位に、同じ先生から受講していた知人から何かのお礼でパステル画を頂き「なんてキレイな色なんだろう」と思い、再び描いてみたくなったのです。

  描き始めたらどんどん作品が生まれ、それを見た友人から「これからは自分が発信する時代だから個展をしなよ!」と後押ししてくれました。すでに厚木市内で3回、8月には横浜で展示をさせていただきました。

  今思うと、私は、小さな頃、画家になりたかったのです。絵本ばかり見ていた私は、図工の成績だけは良かったのですが、中学生になる頃、他の人と自分の絵を比べるようになり、思うように絵が描けなくなってしまいました。しばらく絵の世界から遠ざかっていた私ですが、ご縁に導かれるように、今こうして絵を楽しんでいます。

  そもそも何事も、人と比べる必要なんてないのです。

  キレイな色のパステルを思うままに削り、指で優しく紙にこすりつける。そんな単純な作業と様々は色の組み合わせを楽しむことで、日常の緊張や枠から開放されて子供のように遊んでいると、ワクワクしたあの頃の気持ちと、穏やかな心が甦り、みんな表情がイキイキしてくるのです。

  高齢者施設や児童館、主婦、若いお母さんにパステルをお伝えすることで、誰もが持った光を取り戻し、元気になっていく様子を見られることが、私にとっても喜びであります。

 パステルを描くことで、ひとりでも多くの方が笑顔になって頂けたらと思います。

  同じものを塗っても、描いても、その人にしか描けない。その人にしか出来ない素晴らしい作品が出来上ります。

  誰もが アーティスト!!

  まわりなんか気にせず、うまく描こうなんて思わず、色遊びを楽しんでみませんか?

  まずは楽しんでみる。このご縁に、心からの感謝をこめて


10月からの新講座です。 料金は1010円です。

毎月2回、 第一水曜日と第三水曜日の10時から開始です。

 

お隣さんの

お隣さんの相続事情

相続事情.jpg

ヨガでお寺におこしになっていただいた方が実は

司法書士さんで、講座をお願いしましたところ

女性司法書士の会の みなさま が集まって講座を開いていただくことになりました。

その方がとても熱い方で、

なぜ学生の時代に社会に出てから必要なことを

学生の時に教えないのか!

と、熱い話になり、思わず私は、

社労士票.jpg

なんてのを 受験する(だけ)ことになりました。

すんごく難しいらしいので、

試験会場の「見学」という学習方法を採用いたしました。

EPSON006.PDF ←相続事情パンフレットのPDF

ピアカウンセリング

ガン患者の会.jpg

8月20日(月)に2回開催いたします。 悩みを抱えている方が

わずかでも気が休まれば、さいわいです。

EPSON002.PDF

上記チラシのPDF板です。

 

子ども寺子屋1

早朝 子ども寺子屋

第1回目を開催いたしました。

 

今回は 南毛利小学校の生徒さんと、厚木第二小学校の生徒さんがやってきました。

宿題の内容を見ると、ナゼこれほどまでに量が違うのか?と首を傾けたくなるほど差

があります。

 

熱くなる前に、そろって行う事の大切さを感じることができました。

次回は、7月24日 午前8時30分からです。

一人で不安な場合には、家族のみなさまでおこしください。

(大人の方へは、お茶のご用意もいたします(いつもある・・))

 

前回ごあんないした、読書感想文についてですが、

感想文の選考の時はどの基準なのか?

という目線の違い、先生の意図と子どもの心の差を

埋めるための説明がありました。

 

そして、掛け算九九の 遅さの解消方法も実際に披露され

たしかに劇的に早くなっていることに驚きです。

 

簡単な方法なのに、

効果的!

 


人の話なんか聞くな!(堀場製作所会長)  もくじ より

少しの勇気でもっと自分を活かせる! 

 

人の話なんか聞くな

成功している人は、実際「人の話は聞いていない」

なぜ人の話を聞きたくなってしまうのか

聞く(ヒアリング)と聴く(リッスン)とは違う

人の話を聞くだけでは、自分のスピードは活かせない

「お伺いを立てる」の意味を間違えていないか?

社長の話なんか聞くな!

人の話を聞きあう会議は最悪だ

イエスマンなど必要ない。ただし強烈なイエス(支持)は大事な意見

賛成、反対と好き、嫌いば別物

「最後まで話を聞かないとわからない」ではビジネスを勝ち抜けない

人の話を隠れミノにするのはタチが悪い

「いいヤツ」は「仕事ができない人」と同じ言葉だ

自分のことをけなさない

少しの「勇気」でもっと自分を出せる、活かせる

自信がないと人の話は聞けない

相手を話上手にさせるのが、これからの時代の聞き上手

 

まずは自分に問いかけてみろ

君は何がやりたいのか

何がやりたいのか。好きなのか。楽しいのか。

自分の中の「やりたいこと」を探す方法。

自分の内なる声に耳を傾けてきたか

自分のやりたいことは自分で育てていけ

何事も「おもしろくしてやろう」という意気込みで取り組め

必要なのは信念と価値感

無理して仕事をしんどいもの、イヤなものにしていないか

自分ですべてを決めていく覚悟をする

自分で決めることと、自分ですべてやることとは違う

競争しなければ、自分の長所がわからない

他人の評価を気にすることはもうやめよう

他人の芝生は青くて当然

本当に自分を変える必要があるだろうか

問題を自分で解決するクセをつけろ

 

自分の「信念」「使命感」に基づいてまず動け

フルパワーで走れ。もっと自分の力を信用しろ

「好きである」ことは何よりの説得材料だ

なぜ、やらなければいけないのかを考えよう

なぜ、やりたいのかを突き詰めよう

迷いや不安を感じつつ進むと必ず行き詰る

ブランド志向が落ちこぼれをつくる

思い入れ

夏休み特別企画

夏休み特別(寺子屋)企画

 

みんなで お寺にあつまって、

夏休みの 宿題をやりませんか?

 

毎週 水曜日の午後に、お寺に常駐してくださっています、

山口さん(定年まで小学校教師を36年の実績!)のはからいにより、

平成二十四年の夏休みのあいだ、

 

毎週月曜日 午前8時30分より 午前9時30分まで

長谷寺 本堂におきまして、

夏休みの宿題をみんなで集まって、やりましょう。

と、いうことになりました。

対象は 小学1年生〜 小学6年生まで。

費用は、お賽銭として100円程度を観音様に奉納ください。

(お菓子や、プリント代にバケマス)

 

日程は 月曜日 

7月 24日 30日  

8月 6日  13日  20日  27日

の6日間です。

 

時間は8時30分から 9時30分ごろまで。

涼しい朝に、集中できる1時間を予定しています。

(これなら、終わってから遊びにもいけるゾ)

 

場所は 長谷1288番地 長谷寺の 本堂です。

(自分で机を出して、終わったら自分で片付けよう!)

 

もちものは宿題、筆記用具、と悩める頭(笑)

(又は苦手な教科書)

 

基本は、夏休みに出される宿題です。 

しかし

今回重点をおくのは、 読書感想文 と 掛け算の九九 です。

 

もともと、山口 さんは、教員生活を36年続けたエキスパートです。

先生からみた、読書感想文の選考基準を的確に教えてもらえます!

住職の私も目からウロコ。

自分の子供にも間違った指導をしていた事が判明!

「それは、アラスジ を書いているだけじゃないの??」

 

課題図書は最もお勧めできない理由は?

粗筋でない読書感想文の書き方とは?

図鑑を見て読書感想文を書くには?

楽しく書ける感想文の極意を伝授!

それは来ての おたのしみ・・。


 

掛け算の九九は小学2年生の二学期に習う科目です。

山口さんは、教員時代、3年生を受け持つと約1割の子どもが

掛け算の九九ができないまま進級してきていたそうです。

(4年生になると逆にプライドが邪魔してしまうみたいです)

 

割り算は掛け算を逆にしているだけでもあり、

すべてにおいて、掛け算は数学の土台になります。

簡単に、そして、おさらいとして、掛け算の九九のしっかりと

マスターする事を、夏休みの課題にしてみてはいかがでしょう?

 

国語については とにかく 読むことがいちばんです。

長谷寺では夏休み中、朝日新聞の「こども新聞」を購読することにしました

おてらの本堂には、こども図書コーナーもあります。

とにかく、いっぱい読むことが大切です。

(インターネットの世界も実は活字での表現力がとても重要!)

 

そして苦手な漢字は、単元を飛び越して学び始める裏技も伝授します!

 


 

基本は、夏休みの宿題をもちよって、みんなで学ぶ場です。

もし、このHPをみて、見守ってくださる大人の方がおいででしたらば、

午前8時頃 おあつまりいただき、 午前10時頃、解散で

おてつだいいただければ、とてもうれしいです。

 

長谷寺住職。

先生紹介

 

写経会 (担当 住職)

 毎月一日と十五日の講座ですが、般若心経を清書してある台紙に専用の和紙を置き、写すように筆で一文字、一文字記していただきます。墨の香りを忘れていませんか?

ヨガ教室 (講師 亀田 里奈)

 大学の講義のかたわら、お寺でヨガを教えていただいております。昼の部はゆったりと。夜の部は仕事帰りの皆様がお集まりいただいております。

友禅染教室 (講師 成田 華仙)

 せっかく作っても着物は年に数回しか見れないですが、暖簾(のれん)ならば毎日見れるということで、大掛かりな作品が進行中です。

プリザーブドフラワー (講師 谷川 しのぶ)

 毎月、新作が完成します。御贈答用に手作りされる方もおられます。見本があるのに、やっぱりオリジナルの作品になります(不思議)

詩吟の教室 (講師 石井  煕岳 )

 生徒さんが増えて机がたりなくなってきましたが、机を購入します!。楽しく(恥ずかしく?)練習できますよ。自作の詩も吟じることができます。

健康講座 (講師 早川 みちる)

 椅子に坐るとき足を組みませんか?私は組みます。すると簡単に骨がズレルンデス。でも簡単に骨を直せるんです。簡単に直す方法を簡単に学びましょうね。

キルトの会 (ミシンはできる住職)

 今回お休みをすることになりました。もう少し工夫をしてからご案内します。いましばらくおまちください。

おはなし坐禅会 (本気の住職)

 坐禅をしている時間より、お話をしている方が長いのがちょっと不思議。静かに坐れる人、音楽が止まらない人、熟睡する人、椅子の人。ひとそれぞれの坐禅が進行します。

囲碁の世界 (素人だ住職)

 夏休みに子どもさんを対象に囲碁を教えようかという話が出ています。思考力が劇的に変わるのが囲碁の世界です。初心者もOK

シフォンケーキ講習会 (調理師 住職)

 なんと 相模原でケーキの講習会を行うことになりました(だいじょうぶか?)器具が違うと焼く時間が変わるからなぁ・・・。(希望者)

エンディングノート (書きました住職)

 金銭よりも、想い優先。自分の生い立ちや、好きだった遊びや親への想いを、専用ノートを使って記入していきます。

お葬式の教室(コーディネーター住職)

 終活と言われるようにお葬式の事を考えるのはもはやタブーではありません。自分の生き方を立ち止まってふりかえる大切な機会です。さまざまな人生があるように様々なお葬式があっていいのです。本気で考えてみませんか?

 死亡保険の話(住職ではなく 加藤英宗)

 小額短期保険の試験に合格しました。なぜ私が試験を受けたのか?それは、少しでも安心して過ごしていただきたいからです。メリットとデメリットがあります。

粘土の「お地蔵さん」(チームお地蔵さん)

 水子供養のとき、形に残したい方からの要望ではじめました。笑顔を残せます

ソロバン教室(講師 募集中)

 算盤と書きますね。暗算ができると自信が持てます。電卓に負けない子どもを育てたいですね。四つ玉と五つ玉がありましたっけ?

茶道教室 (講師 募集中)

 とにかく道具が高いから、と敬遠してしまいますね。基本を知っておくだけでもいいのではないでしょうか?

着付勉強会 (講師 募集中)

 ゆかたの季節ですね。綺麗な着方と崩れたときに直す方法さえ分かるといいですよね。粋な和装にゲタを鳴らして鮎まつり・・・・。

パソコン講座 (講師 募集中)

 ノートパソコンをご持参していたき、習うことになりますね。知りたいことは私もいっぱい。初級?中級?高級?

司法書士による遺言講座(調整中)

 揉めてからでは遅いんです。遺言の種類とそのメリットとデメリット。どういう場合に効果を発揮するかを知る講座で実際に書いてみます。


寺子屋6月号の裏面にざっくりとした内容を記載しました。

夜は冷えました

ゆるりヨガ 夜の部がありました。

初めての方も多くおこしいただき ありがとうございます。

(ちっちゃな お寺でごめんなさい・・。)

ヨガ禅.jpg

日差しは、真夏ですが、まだまだ、風は春のかほり が残っています(寒い)

ということで、夜の ゆるりヨガは、身体をゆるくするためにも

室温を多少上げ気味で行っていただいております。

ので、 入口の扉をシメました。

今後は、本堂内の照明の光量を徐々に落とせるように したいですねぇ。

(ちょっと明るすぎるね)

 

写真中は、ヨガの時間に、坐禅のポーズをしています。

「ざふ」がないので、身体の堅い方は、背中がちょっと 〇め。

ゆるりですので、痛くなる前の姿勢を維持することが大切です。

次回は、昼の部7月18日  夜の部7月25日です。


来月は扇風機が必要かな?

http://kaden.zoku-sei.com/

月曜学校

午後に 寺子屋 月曜学校は、1年生専属で

先生がおられます。

月曜学校.jpg

今日は、先生 ひとり に生徒さん一人。 (と、おかさん ひとり)

で、ちっちゃい、こども寺子屋のはじまりです。

 

出来上がると嬉しい

出来上がると嬉しいもので、

二番目のお兄ちゃんと、水遊びをしていたら

川あそび.jpg

かあやんから電話があって

「できた〜っ。おいで!」

 

と、言うことで、川から カヌーとおにいちゃんを引き上げていそいで帰宅

 軽トラ船.jpg

 

友禅染の のれん 完成でした。

 

紅葉.jpg

水鳥の周りには、水辺の涼しさが描かれ

紅葉には、金粉かほどこされ(紅葉の周り)

華麗な作品に仕上がっています。

 

作品を手作りすると分かるのですが(写経もいっしょ)

どの箇所を見ても、書いていた瞬間を思い出します。

微妙なかすれ、うまくできた箇所、そうでもない箇所

懸命に補修した箇所。本人にしかわからない

深い味わいがあります。

こちらも、もちろん、さまざまな技法をちりばめて

あります。


来週は、先生が北海道で個展のためお休みです。

再来週から、新規の作品が始まります。(なにかな??)

ご期待あれ!!

 

川みたいだった

二番目のおにちゃんの感想は

「すごい! 川みたい」

薫風.jpg

作者は けいこ

作名は、薫風(くんぷう)


大きな作品ができあがりました。

大好きなバラが おおぞらに舞い上がるように 大胆に そして優雅に描かれています。

この構図は、オリジナルで作者自身が思い描いたものそのままに作られました。

様々な技法を駆使して描かれ、毎回、違う作業をこなし切りました。

 

一番大変だったことを聞いたところ

「全部がたのしかった」 と、おっしゃられていました。

 

二番目のお兄ちゃんが学校からもどってきて

一言

「すごい! 川みたい」

と 素直に感想を言いましたので表題としました。

写経は7人で

法事のため、写経の開始時には間に合いませんでした。

が、中盤には、お寺に帰着しました。

本日も、 観音様同様、

外を向いての写経をしていただきました。

 

遠くは、相模原、近くは、お隣さんまで、おこしいただきました。

好きな色 を質問したところ

青系の色を好まれる方が多かったですね。

青空をイメージされる方

心がブルー。と表現される方

ジーパンの色を想定される方

もちろん 白や黄色などさまざまな好みの色を教えていただきました。

(私は黒という 設定です)


 

家内安全

先祖冥福

家内安全

病気平癒

家内安全 (あっ、名前がない!)

諸縁吉祥

家内安全

職業成就

など願いをこめて、1時間半お経を書いていただきました。

1時間半という尊い時間を費やして一つ書き上げる。

ただお守りを購入したのとはわけが違います。

代えることのできない尊い時間をかけて記していただきました願いは

ゆるぎない信念となって、自らを応援してくださいます。

 

あなたも、わたしも、できる こと。

小さいことからはじめてみよう。

めんどくさいことも丁寧に。

自分の人生を丁寧に。

有意義な人生を。

あの人にも。

私にも。

詩吟はお菓子持参?

法事から戻ると、詩吟のみなさまは

お茶タイムでした。

各自、自分の好みの品をみんなで

わけあって、おいしそう・・・。

 

詩吟は、おなかに力を入れるので、意外と

汗かきます。 声を出すという作業は全身運動だったりします。

しかし、自分の肺活量は自分が一番しっていますもんね。

適量の運動になっているみたいです。

詩吟はお菓子持参.jpg

昼下がり、学ぶと共に笑顔が響きます。

フレームブーケ

フレームブーケ.jpg

ほんじつの プリザーブドフラワーは  額縁風の台に花をさしていきました。

(毎回どんどん変わります)下の写真は、いっしょに来たけんちゃんの

キメのポーズです。(かっこいいいでしょ?)

フレームけんちゃん.jpg

本日も 講習がおわってからの お話が多岐にわたり、

ディズニーランドのあそこの場所には、ジュースを買うと入れるから

ぜぇったい おすすめよ。 などなど、情報交換が

続きました。

(私は、うちわ の版下を黙々と作成しておりました)

みず鳥を描いて

即 乾燥.jpg

水鳥? でしたっけ? いよいよ。のれん が完成です。

もうすこしで完成です。

今は、空中に浮いているようにみえますが、

水の文様があざやかに、おやだかに 描かれると

そこはもう、水面にしか見えません。(本当か?)

 


と、書きながら、土曜日(みなづきのつどい)の疲労が2日後に出てきて

かあやんに 「寝てなさい!」と怒られて、私はねていました。

 sinnkenn.jpg真剣に1.jpg真剣3.jpg

イキイキしてる??

健康講座の日です。

5人でお寺いっぱいに楽しんでいます。

健康にはゴム.jpg

微妙な瞬間に写真を撮ってしまいました?

 

寺子屋一覧表

長谷寺では、初めての先生を募集しています。

2011年9月からはじまった寺子屋です。まだ一年経過しておりませんが、

少しずつ前進中です。


写経会

キルトの会

ヨガ教室

友禅染教室

プリザーブドフラワー

詩吟の教室

おはなし坐禅会

囲碁の世界(碁会所)

シフォンケーキ講習会

イキイキ健康講座

ウォーキング 講座

粘土のお地蔵さん

お経を読む会

そろばん教室

茶道教室

着付教室

パソコン講座

行政書士による遺言講座

エンディングノート

お葬式の教室

造船所

田舎ソバ打ち体験

餅つき大会

 

 

夜の部 ヨガ

夜のヨガ.jpg

夜の部 ヨガ が開始されました。

 

始まるまでの時間、「映画 道元」を鑑賞しました。

 里奈先生から 「ヨガと禅は親戚だよね」の言葉に、

みんなで「うんうん」とうなづいてみたりしながら 開始です〜。

本日は 新たに お二人がご参加くださいました。

まだ、まだ、大丈夫です。あなたもいかがですか?

ご予約不要ですので、時刻に直接おこしください。

キルトを休止

月曜日の午前中に行っていました

キルトの会ですが、都合により

6月から休止にします。

いままで、みなさまありがとうございました。

 


おもいとしては、家族を亡くし、家に一人こもってしまって

大きくて複雑なこの思いを誰にも打ち明けることができず

孤立してしまわぬよう、気楽にお寺に来れるものを考えて

何か・・。と考えていたのが 一点

 

そんな時にお寺にやってきたのが大量の着物でした。

「おしょうさん、これイラナイから あげる」

着物はほどくと、ほかの品にすることができ、

今風に言えば、リサイクルできる布

それを使って、何かできないか?

 

という 2つの思いがかさなって始まったのが

キルトの会でした。

しかし、作品に目が行ってしまい、完成することが

命題となり、つまらない場になってしまいました。

 

今回、

基本にもどって、みんなが 気軽に集まれる場を

あらたに創造していくために、

キルトの会を 休止とします。


ご迷惑をおかけいたします。

 

 

 


よりよい案が うかびましたら 報告の上、開始いたします。

 

現在、雑案としては、

 

純粋にゆっくりする場として 喫茶去(きっさこ)

勉学をともにこなす場として 学習の間

住職の趣味を行う場として 造船所

キルトの延長の場として 風呂敷作り


喫茶去 とは、2つの意味があるそうです。 

1つめは「まあ、お茶でもどうぞ」という意味

2つめは、「顔を洗って出直して来い!」という怒りの表現。

 今回は、1つ目の表現になり、

「眺めのよい寺でおいしいお茶とケーキをどうぞ」という意味になります。

喫茶店の利点は、1杯の品が席代とも言えますので、この1杯があるから

どれだけ長くお寺にいても大丈夫という安心感にもなります。

 

2つ目は、学習の場として、お寺を開放するという件。

建築士を勉強していたとき、図書館は常に満杯、

ファミリーレストランで、長時間勉強していたが

最後におちついて集中できたのが本堂でした。

ここは、本当に集中できますので、高効率です。

高校生や資格取得に向けて、自宅以外で安定して学べる場

宿題や学校での遅れを取り戻すための補助

 

 

造船とは、船を手作りするということで

なかなか、自分ではできないと思っている心の

リミッターを解除することでもあります。

丁寧な指導で、必要十分な舟が完成します。

 

最後は、風呂敷づくり、 集まった着物をほどいて

縫い直し、大きめの風呂敷に作り直す。

エコなカバンでもあり、なんでも包める包装紙

それをパッケージングし、DVDを同封し千円で配布

DVDには、住職渾身の般若心経を3パターン収録

祈祷バージョンは 太鼓で極速の読経

通常バージョンは、普段の速度

安楽バージョンは、睡眠導入の為に

もちろん、シフォンケーキ作成のコツがテロップ入りで

見ることができて、何度でも見返すことができる。

 

風呂敷と言えば軽いものですが、難しく言えば

お袈裟(おけさ)作りでもあります。

郷里の御寺院様に、先祖供養のために御奉納はいかがでしょう?

曹洞宗の御寺院様ならば かならず喜ばれます。

これを「糞掃衣」と呼び、

道元禅師が「袈裟は糞掃衣であるべき」と諭しているためです。

 


などと、いろいろなことを思案しています。

妙な案が出ましたらば

choukokuji@gmail.com までご連絡ください。

 

重ねて キルトの会 の休止 申し訳ございません。

すがすがしく

詩吟001.jpg

すがすがしく 詩吟の時間です。

普段は なかなか深呼吸をしません

肺の奥まで、そうですねぇ、ろっ骨の間を開くように

ぜん体で呼吸する感じです。

その中から、詩の思い、時代の流れを感じながら吟じることの楽しさ。

今日は3歳から70歳台の方まで、そろいました。

月に3回の教室は、来週の木曜日の午後1時からありますので

見学がてら、のぞいてみてはいかがでしょう?

初心の方でも適度な達成感を味わえるのも

先生(全国大会多出場)の 凄さ かもしれません。

 

次回は、5月24日です。

 

囲碁を提案

囲碁を日々研究しているお二人が

技を競い、石の置く場所一つで

相手の心を読む。

 

先の先の為にはこの場所は

諦め、別の場所を構築をはじめ

柔軟に一手を対応する。

 

お一人は小学校の先生でした。

小学校でも囲碁を教えておられ、

囲碁を通して子どもの力を伸ばし

生き方を伝えた方です。

 

そこで、提案がありました。

小学生が夏休みにはいり

こどもたちに囲碁をお寺で教えてはどうか?

ということです。

 

囲碁という遊びを通して、人生の学び方、失敗の仕方、

回復するためにどうするか。連携の方法や。先の先の見方など

いっぱいいっぱい まなべたらいいですね

(ついでの宿題も終わらせてしまおう・・・)

囲碁001.jpg

将棋もできます。

 

写経会

時を同じくして ガンの手術を終え、

じょじょに体を元の生活に戻す一助として

写経におこしいただきました。

ありがとうございます。

 

思いは ともに 家内安全。

自分の体を思うとやはり家庭が心配で

心配しても仕方がないけど

やっぱり心配で、 その心から

わずかに離れることができるが

写経でもあります。わずか300文字未満ですが

筆を走らせ、無心に 文字を刻む。

 

今、生きている 証でもあり、

写経は 長谷寺に永代奉納されます。

 

私の思い を 書き記す。遺言ではなく 

時がきて、思いの詰まった写経紙を

1時間以上時間をかけて記した証は

 

家庭を温かく包みこむ。

 

次回は6月1日(毎月 1日と15日)午後1時からです

ヨガ(昼)

なーんて気持ち良い日なんでしょ?

心地よい風が お寺の本堂を吹き抜ける中

ヨガの教室がはじまりました。

 

まだ、田の中には、水が入っていませんが、

太陽の日差しのあたらない場所では

涼しさ倍増です。

まだまだ、夏にはなって ないことを実感できます。

 

ヨガの良いところは、本堂の畳に大の字になって寝ることからはじまることです。

住宅の2倍の天井高につるされている、天蓋(てんがい)が風に揺れて

それを見ているだけで、心の糸がほぐれていくのを感じることができます。

 

いま おすすめは、絶対 昼の部です。

それは、これだけ大きな場所で 5人です。

どれだけ、体を伸ばしても、手足が人と当たらない。

 

里奈先生のゆっくりとした口調が

体も こころも おだやかに してくださいます。

 

 昼ヨガ.jpg

 

写経観音

写経観音.jpg

本日は天気もよかったので、いつもと逆向きになって

写経をしていただきました。

観音様の目線で 観音様になりかわって お写経をしていただきました。

外は晴天、暑くも寒くも、なく、です。

さらに、新しい事としては、3歳の 「けんちゃん」 も一緒にきてくれました

いつも、境内の整備をしていただいております鈴木さんと一緒に

庭木の手入れのお手伝いをしてくれました。

花がさきほこった後、桜、桃などは、ぐんぐんと枝を伸ばしていきます。

この時期に剪定をすると、来年の花芽を傷めることがないのです。

けんちゃんは、じいちゃんが切ってくれた枝を太鼓のバチがわりに

いい音色をだしていました。(写真がない~)

 

(長谷寺は車道から奥に入ったところにありますので静かな小さいおてらです)

友禅染


本日は生徒さん 3人です。

いよいよ。たのし、むずかし の顔料を 「差す」工程です。

三人とも別々の品、別々の色を、自分で作っていきます。

成田華仙先生指導のもと、製作工程がすすんでいきます。

紅葉を描いている人は、1度目は薄く色を差し

今回、色に深みを持たせるために、蝋をあたため、

専用のホウキのような刷毛でロウを表面にチラす。

これを 「ロウたたき」といいます。

その上からさらに色を載せていきます。

 

 色は、何色もの顔料を、乳鉢と乳棒で混ぜでから濾します。

 濾す.jpg

顔料は、比較的高価なのに、友禅の場合には、それを「濾す」ときに

溶かし(微細に粉末化)きれなかった顔料は、不純物として取り除くため

損失が多くなります。

濾す2.jpg

が、布に色を差したときに、キレイに生地の裏側まで

透き通るように「しみこみ」ます。

 

 濾す3.jpg

この写真を撮影したあと、先生から・・。

「塗るのではなく、刺すイメージで、生地を斜めにぜす筆を立てる」

と基本を確認しながら、指導がありました。

 

基本を忠実に行うことは、

先人の智慧の結晶を受け継ぐことでもあり、

生地を水平にすることで、繊維へ、色素が偏った拡散を防ぎ

目的とした場所を的確に染めるためです。

ついつい、人間に合わせて生地を斜めにしてはいけないのです。

 

 


 

建築士の試験のときは、神奈川大学の教室で

製図盤を自分が書きやすいように斜めに固定できる

器具を自作してもちこみ、

4時間坐ることもなく、(椅子はあるのに)ガッチリ

製図試験をこなしたときのことを思い出しました。

(これは、休憩無く、短時間で完成させるための技法です)


 

友禅は、手を抜いた(失敗した)場所がとても目立つため

手間を惜しまず、1つ1つの動作に理由があり、確実に

行うこと。

華仙先生の言葉に

「秘伝はありませんが、手を抜かないことが大切なのです」

ただ、

もくめ.jpg

これは、かなり熟練が必要で、素人に、これだけ大きなものは 無理だそうで、

簡単そうに見える技法こそが、純粋で難しい・・・。

薔薇を

月曜日の午後1時からは友禅染の教室です。

友禅0319.jpg

バラに色をつけていきます。はじめは淡い色から、じょじょに変化を!。

一人の生徒さんは、今回あえて、着物とせずに、毎日見ることのできる暖簾(のれん)を選び、自分でデザインして、自分の好みの色を入れ、四季を問わず自宅に飾れる、全世界でただ一つのオリジナル作品を、高い技術的指導をうけながら、ご自分で作っています。。なんとも贅沢な時間を、たのしい会話と共に、お茶をしながら進んでいきます。 だれの為でもなく、自分の為に真剣に入れた(差した)色がそのままに作品になる。完成したその時、今日差した色が箇所がそのまま思い出となってよみがえる。まさしく禅の世界です。自分を見つめ、自分を磨く。人生をたのしみましょ。

着物を反物に

月曜日の午前中はキルトの会です。(1回100円←消耗品への貯金)

キルト319.jpg

新しく お一人がキルトの会に参加していただきました(ありがとうございます)

先週から、着物を ほどいて、反物にしなおす作業が続いています。 

その昔、 着物は普通に、ほどいて、反物にしてから洗濯して、板に貼り付けて、乾かすことは、普通の作業であったそうです。

若い人の感覚では、よくもまぁめんどくさいことを・・と感じてしまいますが、その手をかけた着物を無条件に捨ててしまわないなように、又は、手をかけてあるから、上品なものとして、タンスに閉まっておくことのほうがモッタイナイ。

 今日は、着物を1着と 帯(おび)を1枚、分解し、オビは、ガラが美しく、リックサックになることが決定しました。

着物を分解してきて気づいた点は、手を抜かずに縫い上げてある点、手縫いで、負担のかかる場所には、当て布がしてあり、しっかりと縫い込んである。これは普通の作業であって、

「母は、よく縫ってくれました」と、3人が3人お話いただきました。私は、祖母に縫ってもらったことを思いだします。手作りの良さ、物を大切にする心、時間をしっかりとかけて、心を込めて作った着物には、思いがこもっていることを、分解しながら実感しました。

 

次の品になれるよう、一枚の布にする作業をみんなで、たくさんの話をしながら、続けました。

もしも使わぬ、着物を捨てようとするならば、 お寺に御寄贈ください。

来年にむけて、手作りのお雛様や、かばんや、小物、座布団のカバーなど別の品に変わっていきます。


着物は呉服か?

友禅染

新しく生徒さんが加わりました。

そして、かあやんは 

裏拭き(うらぶき)と友禅地入れ(ゆうぜんじいれ)を自分の手で

させていただいたもようです。

(前回は先生が行っていた作業をどんどん自分でやることができる)

これは、

友禅はけぬり.jpg

これが乾くと、いよいよ。色を差す(刺すように)作業に入ることができます。

 

友禅染は、1つの技法だけではなく、

柄により、技がまったく異なり

そのすべてを会得した先生だからこそ

どのような柄であっても、 染め方を教えていただける。

本気の本物の本職の技を 直接指導。 


進取の気持ちを持つ (みずから進んで事をなすこと)

▲このページのトップに戻る