お寺、寺院、水子、神奈川県、長谷寺、歴史、写経、紫陽花、祈願、供養、 歴史、壷月、

H30てらとも

平成30年6月19日 午前10時半〜午後3時頃まで

長谷寺てらとも開催です。

おてら で お友達をつくりませんか

IMG_0138.jpg

おてら でゆっくり まったり 。と

 

てらとも過去履歴もご覧ください。

お茶とお寺

IMG_6233.jpg

長谷寺のおたのしみ方法はいくつもあります。

写経や詩吟、座禅も楽しみのうちです。

てらとも は、お寺でお友達をつくろう という企画。

企画なのに なにもしない というのがコンセプト

 

そして今回は、寺カフェ

おちゃを飲みながら、特技ある方が集まって

お茶を飲みながら 音楽や占いやマッサージや、

パンを持参する方、写真を業としているママさん。

赤ちゃんといっしょ、ペットといっしょ。

お茶をのみながら、お寺でゆっくり。

 

この写真は、この日のためにギターを練習。

おひろめでございますが、

左右に先生級の方といっしょなので

本人は間違えがわかるようですが、

聞いている私たちには

「どこが?」という感じで

とってもなごやかな演奏と

みんなで合唱でした。

御来寺ありがとうございました。

 

観音さまは 音を見る。笑顔がひろまる おてらかふぇ でした。

次回は、来年の2月ごろかしら??未定でございます

8回寺友圓成

第8回 てらとも 無事に終了いたしました。

 

午前中は、ご参加のみなさんは

少なく 「どうなるか?」

と思ったのですが、

昼ごろから、徐々にご参加が増えだし

S__24805387.jpg

午後には、お寺にも慣れ、

本堂正面 畳に横になり、熟眠されているかた

S__24805394.jpg

観音様の塗り絵されているかた、

 

純粋に話に花を咲かせているかた

梅をザラメで煮込んでお持ちくださるかた

そして

抹茶を大量投入したシフォンケーキを

めしあがりいただきありがとうございました。


中には、

「うわさに聞いていた、この会に参加したかったの!」

という かたもおられ、まだまだ、広報が至らない点も

実感したところでございます。 


ゆっくり おてらで お友達を つくる。

「笑顔のてらとも」 

長谷寺へ御来寺 ありがとうございました。

 

IMG_4042.jpg

寺とも報告

寺とも 報告です。

はじめて来寺してくださったみなさんが多く。

お寺の周りで、迷うこと 2周 

屋根はみえても、それからが・・・(笑)

 

ゆるく あつまる てらともですが、

本日はセンターに机を並べました。

S__17334288.jpg

トン汁を持参くださいましたので、

みんなで、いただきます。

 

 

S__17334284.jpg

音楽を奏でる方、

茶道をつとめるかた

 

S__17334292.jpg

そして、あゆころちゃん体操

指導できる方もおられたり、

かなりむずかしくて、

頭の体操になりました。

 

 

S__17334282.jpg

最後は、観音様にごあいさつ。

ゆっくり お経がながれ

ひとりひとり、ゆっくりと

お焼香と、今日まで、元気にやれたこと

さらに、これから、元気にすすむことが

できますように、 ごあいさつです。

 

いつもは静寂の寺院も、楽しく

おはなしが ひろがり、

隣接する、写経室にまで

かなり 音が響いていたもようです。

 

おてらを楽しむ。

小さなお寺なりの

楽しみ方を。 

 

次回は、あなたも ゆるりと

おこしくださいませ。 

てらとも28年度

EPSON00410.jpg

寺友28.pdf

今年もやります!

おてらで おてらを たのしむ

ゆったり のんびり お気軽に

おこしに なってね

てらとも了

16730.jpg

11月20日 開催されました、お寺で友達になる日 「てらとも」

ぶじに開催することができましたので報告いたします。

 

一枚目の写真は、 住職による、楽しい仏像の解説その1です。

今回は、初回ですので、本尊さまであります、11面観世音菩薩様の

解説をいたしました。

菩薩さまは、みんなの為に活動される人。

皆さまに為に活動して あなた こそ。菩薩さま。

菩薩さまの あなた を応援してくださるのが、

11面 ひとり ひとりのほとけさま。 

その ひとりひとりのほとけさまを 自分でやってみる。

という話。

まずは、先の先まで見通して完成形が見えている自分。

そして、応援してくれている 3人の自分

失敗するぞ!と おどかす 3人の自分。

ならば、こうやれば、成功するでしょ?ってアドバイスしてくれる3人の自分。

最後は、失敗しても いいんじゃね?と大笑いしている 自分。

 

観音様になりかわり、人の為になることを やってみましょう。

というのが法話の内容でございます。

 

16740.jpg

今回、写仏は 筆ペンで 描きました。

下書きはあるのですが、なぜか、書いている自分に似てくるのが不思議です。

 

16736.jpg

ワイワイ もりあがっている部屋からほんの少し先の場所ですが、

なぜでしょう? うるさく感じることもなく、写経に集中できる空間です。

 

子育ての最中で、自分の時間をなかなか確保できない 

おかあさんも、子供をみんなにあずけて 

有意義な 時間をすごしておられました。

 

16739.jpg

ということで、ご自分のお子様は無事子育て完了された先輩

おかあさんが、じょうずに、たのしませてくださいました。

(プライバシーの関係で、ソフト加工しています)

 

16735.jpg

今まで、長谷寺では 裏千家の皆さま ばかりが

お点前をしてくださっていましたが、

今回、御縁がありまして、表千家の お点前にて

御茶をたてていただきました。 

 

なお、この着物は、高校生の時、

祖母にお祝いとして作っていただいた物で

この着物を着ると、学生時代に戻って

元気になれる のだそうです。

 

ばーちゃん。のおもいが よみがえります!

 

 

16734.jpg

今季 初出しの 住職手作りの 囲炉裏を囲み 

赤くあったかい炭をいじくりながら(灰をいじる?)

たのしい 時間を友(共)にすることができました。

 

次回は、(年末、年始をはさみます)

平成28年の2月9日に開催いたします。

おてらをたのしく たのしむ 「友」 として

どうぞ 来寺ください。 

 

あらためて、ご参加くださいました皆さま ありがとうございました。

寺友かいぎ

てらとも

198.jpg

平成27年9月25日 2回目の「てらとも」の内容を ねりこみました。

 

みんなが たのしい時間を 共にできるように

そして、あつまったみなさまが友になれるよう

かんのんさまといっしょに たのしみながら

先人の知恵が 若人につながるには どうしたらいいか?

 

今だからできることをいっぱい 練りこんでいます。