ようこそ 蓬莱山 長谷寺 へ 

 IMG_5381.jpg

お問合せ・ご相談はこちら

DSCF7113.jpg悩みの相談、葬儀の方法、先祖供養について、

わからない点やご相談などございましたら、

お電話もしくはメールにてご連絡ください。

  • ご先祖様への供養はどうやるの?
  • 宗派が違うけども法事はできますか?
  • 私のお葬式お寺でできるの?

このようなご質問でも結構です。

  ● 人生をたのしみたい。

  ● 今日、だれとも話しをしていない。

  ● なんかつまらない。

         など人生相談も本気でお受けしております

 

▼人生相談受付はこちら▼▼

http://www.choukokuji.jp/article/14045218.html

▼▼お問合せはこちら▼▼
TEL : 046-247-7884
受付時間 : 9:00〜17:00

(法務優先の為何度かかけてください)

神奈川県厚木市長谷1288番地

宗教法人 曹洞宗 長谷寺

→ choukokuji@gmail.com


 

長谷寺蓬莱山倶楽部

倶楽部?


2021年06月14日

才能開花

長谷寺の御本尊様は、なぜ11面なのか?

起源は仏教として成立する前のヒンドゥー教の時代まで遡ります

 今回は、時代をさかのぼることを止めて、現代において多方面に広めてみます。11の顔を11の人格として捉えれば、多重の人格を表現したのが11面の観音様。積極的に変化を推奨していると仮定すると、見え方が大幅に変わってきます。父であり、夫であり、会社員であり、電車では乗客であり、実家では次男である。だれもがその場に合わせた人格となっていることがわかります。当たり前であり、逆にこれが出来ないと、不器用な人と揶揄されることがある。

 精神病理学上の多重人格とは、1つの人格の時に行った行為を別の人格の時に覚えていない状態の事を指しますが、どの人格も自覚していて意識的に切り替える。普段行っている事を意識して行うこと。これによって自分の中に秘められた才能を解き放せ、と訳す。

 例えば、日中は保母さん。夕方からはボクシングジムに通う等。温和で愛に包まれた優しい性格と、攻撃と防御を武術として

 


2021年06月11日

運動性能

 

芝のお手入れをしています。ねこさんも同席します。20年を共にした猫さんから1歳未満になりました運動性能が違います。自宅内では「ねこをかぶって」いますが、芝の上で全力開花時の動画です。うん、やっぱりスゴイ。

https://youtu.be/3NkWjntBloY

地面を蹴って飛び上がり、姿勢を制御しながら、移動する目標に追従。落下が始まってから着地の為に身体をひねり補正を開始。柔軟に着地。

2021年06月10日

影富士

富士山の影

永く不思議に思っていたことを調べました。

IMG_3966.jpg

ホームページ 再構築を検討していて、履歴を見ていて

忘れ物のように、確認していなかった事をしらべました。

 

富士山の影であることを立証するために、グーグルマップを開きまして、富士山と長谷寺を結びます。

 

IMG_3969.jpg

 

実際には大山等、丹沢山系に阻まれて見えませんが、直線に引くと55キロ

 

IMG_3971.jpg

 

撮影ポイントに合わせる 影方向と同一でした。納得。

富士山は見えませんが、本堂の正面に富士さんはございます。

2021年05月31日

智慧

純粋に受け継がれ続けている智慧にはやり方があります。その智慧を純粋に授かるには、心を散らさず乱さず静めて集中する必要があります。そして自分で自分を受け止め、自分で自分を使いこなさなければなりません。その智慧を自由自在に使いこなす入口が、禅の道で行を修めることです。

 この智慧は、全員が豊かに持っているけれども、知ろうとしなければ気づくこともありません。

2021年05月21日

仏教は

仏教は、

しなきゃいけないものではありません。

悩んだ時、納得して穏やかになる方法を

教えているのです。

知りたい、学びたい、会得したいと思うものです。

2021年05月21日

行持道環

仏祖の大道かならず無上の行持あり、道環して断絶せず。発心・修行・菩提・涅槃、しばらくの間隔あらず、行持道環なり。

仏陀と祖師方の悟りの修行にはからなる最上の修行の持続がある。繰り返して、切れ目がない。やってみたい、励んで身体を用いて鍛錬する。迷いから目覚めて、心が安らぎにつつまれる。これには隙間がないから行持道環といいます。

 お釈迦様の受け止め方にナルほど!と納得できるから、代々受け継がれて今に至っているのです。「発心」なにそれ?知りたい!学びたいと、好奇心が湧いたら、やってみるはじめてみることが大切です。「修行」 始めは固定観念みたいに、自分の殻があるから、上手くいかなくて悩んだりするけれども 「菩提」 コツみたいなものがつかめてくると嬉しくなってきます。「涅槃」 そしてなるほど、これをつたえたかったのかーって実感できます。

 すると、さらにおもしろくなって、じゃあ、ココをかえてみたらどうなるかな?なんて好奇心がわいてくるから、またまたやってみるのです。これを行持道環といいます。

 目の前に滑り台があるとします。昔は滑ってみましたね。大人になると恥ずかしくて最近は遠ざかっていますが、滑り台があるとなぜかワクワクします。滑っている時の気持ちってどんなだろう?やってみる?と階段を駆け上がってみる。低く感じていた頂上に立ってみると意外と高く感じてみたりしてチョッとドキドキします。上手く滑れるか?ズボンが汚れないか?回りから変な人と思われているのではないか?なんて考えるよりも、滑ってみようと滑りだす。下がりながら移動をする不思議な感覚と共に風を感じ、歩かずに移動できる不思議な感覚。これはスゴイと思った時には下まで到着。あっという間でもあって、もう一回と階段を駆け上がる。今度は少し助走をつけてみたり、摩擦を考えてみたり、重くしてみたり、工夫してくりかえしたくなる。 

 永平寺の坐禅堂で感じた禅の感覚に、皮膚が感じる世界が急速に広まって、頭の中で考えていたこと、次にしなければならない課題など、全部おいて集中する。気持ちよく坐る。気持ちが整うと課題が浮かんでくるので、それへの対応を考えていないようにしたいのに浮かんでくる。これには この方法がいいかな?と決めて足をほどいてやってみる。やってみると、また課題が見えてくるから、結果を受け止めながら、また坐ってみる、失敗の理由を考えて、改善点を考えて、実際にやってみる。成功しても失敗しても、別の方法だとどうなるか?行う事を持ち続け、お釈迦さまの受け止め方をもってくりかえす。

 

仏道の考え方はとにかく 素直に感じて、素直に納得して、素直は対応策を見つけて、 素直にやってみる。 結果を素直に感じて、素直に納得して、素直な対応策を見つけて、素直にやってみる。楽しみながら、行い続ける。これが仏道の環、行持道環なり。

2021年05月10日

いこう

http://choukokuji.net/

いこう の方法がみつからないので いけてない。


2021年05月01日

弁道

弁道 仏道に精進すること

 

坐禅が仏道の最要として、行動の基とするのが長谷寺の方針です。

2021年04月06日

観音大祭円成(令和3年度)

 

 開催するか内献にするか揺れた長谷観音大祭ですが、今に即した方法を模索しながら小規模ではありますが実施することができました。

 窓を拭き、畳を新調しお堂を浄め、トイレを整え【和式からすべて洋式に変更しました)て換気扇を8個増設し、障子はすべて収納。(草むしりは間に合わず・・)風の流れを考慮しながら窓を適度に調節。 新調した畳には座布団が似合いますが、椅子を適度な間隔で開けて並べます。風が流れ蜜らぬように最善を検討して、当日を迎えました。

 当日は小雨がわずかながら降ると共に、風が適度に行きわたる 疫病抑制には絶好の天候になりました。そもそも、長谷寺は風が流れ気持ちよいお寺です。今日は無風かな?という日でも、お寺に来ると風を感じることができます。(時には強風と感じる!)

 御来寺についての判断は皆様にお任せをしましたが、多くの皆様がご祈祷の申し込みをいただきました。疫病退散、商売繁盛、健康増進、病気平癒、交通安全、身体健全、世界平和。ひとり一人が皆の為に、みんながみんなの為に、よりよく生きる。生き切るために何ができるのか、観世音菩薩の威神力。長谷から厚木をまもり、神奈川を護り、関東を日本を世界を護る。大きな願いを託しての御祈祷。

 個々の願いばかりではなく、多くの功徳を持つ観世音菩薩の徳願を「祈祷札」に納めさせていただきました。 事前申し込みいただきました皆様には順次、お送りさせていだきます。

 皆のココロに、笑顔が広がる。福がひろまる。栄え明るくと。 請願は 願わなければ得ることが出来ない 願うことで、工夫が生まれ、皆で相談しながら工夫を続けることをお釈迦様は伝え、観音様はヤル気を授けてくださいます。


ヤル気と幸せが詰めこまれた

    観音大祭御祈祷札 授かれます。


お申し込みは

お問い合わせフォームからお願い致します。

住所 氏名 願い事をご記入ください。

祈祷料 参千円 (送料含)

 

2021年02月14日

優しく守る

IMG_2754.jpg

(写真は私事権保護の為ソフト加工)

午後10時頃 パトロール実施中 街灯の無い路上にて高齢男性を保護、「自宅から徒歩にて出たが帰れなくなり何時間歩いたかわからない」住所を聞き検索するも、特定できず。警察署に依頼し、その後ご家族と連絡がとれたもよう。

 自分もこの活動があと何年できるのか?自分が捜索してもらうのはいつからか?そんな遠くない先を感じながら、裏方として深夜のパトロール実施しています。(だれもほめてくれないから、ちょっと自慢だお)

IMG_2709.jpg

住みたい街は子を育て、高齢になっても安全安心

▲このページのトップに戻る